館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天才。
アマチュアボクシングで公式戦は、高校入学した年齢から。

高校入学と共に初めてボクシングを習い、2学期の終わり頃
初めて新人戦のリングに上がるのが、普通のアマボクサー。

でも、最近は小学生の頃からボクシングジムでずっと練習していて
15歳以下の幼年ボクシング全国大会で活躍した子供が・・・
いきなり、高校入学後の7月のインターハイで優勝とか、
全国大会の上位に高校1年生がたくさんいるのだから驚き!

その幼年ボクシングのエリート中のエリートが、
やはり、現・世界チャンピオンの井上尚弥選手なんだろう。
高校1年でインターハイを制し、高校3年時には
アマ最高峰の全日本選手権で優勝し、アマ7冠。
プロ入り最短の7戦目で世界チャンピオンなんだから。

しかし、過去には、もっと凄い、天才ボクサーがいたのだ。

私が高校生から大学生の頃だから、30年以上前のこと。

元WBC世界スーパーバンタム級王者、ロイヤル小林選手。

なんと、ロイヤル小林選手は子供の頃から大学生まで
(拓殖大学)までずっと剣道をやっていた。

大学卒業後の1971年4月から自衛隊体育学校でボクシングを始めて
半年後には、全日本選手権で優勝し!
なんと翌年、1972年8月ミュンヘン五輪に出てメダルまであと1勝の
ベスト8まで進出したのだ。
.
ボクシングを始めてから、たった1年4ヵ月後にオリンピックに
出場してベスト8なのだから、驚異の天才ボクサーだったのです。

ロイヤル小林
好きだったな~ロイヤル小林さん!

今週の練習より
PA291303.jpg
ハッシーも、上達が早い!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。