館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心を読む。
「商品を売ること」 じゃない、「自分を売れ」 

これ、セールスマンの世界では、良く言われる鉄則です。

私が営業の仕事をしていた時は、自分をPRすると言う鉄則よりも
心掛けていた事は・・・

「この人、何を望んでいるんだろう? 」
「なるほど、なら、こんな用意や準備をしてあげようかな!」

つまり、会話の中から人の心理を読むことなんです。
相手が何を欲しているか、事前に察知して満たしてあげること。

これ、実は格闘技にも通じる。

相手が何を狙ってきてるか、どんな攻撃を苦手にしてるかってのを
フェイントを使いながら探っていく。

動作のパターンを分析するので、心理を読むことに近い感覚があります。

年老いて、身体能力が衰えていきながらも、
なお、私が若い世代と対等に拳を交えられたのは、
こんな分析能力と心理を読む力、そして反射神経が通常の人より
ちょっとだけ優れていたからだと思います。

相手の望むことを察知して、満たしてあげること。

仕事をスムーズにするうえで大切ですし、
商売の原点でもありますね!

そういえば、この前、テレビのある番組でメンタリストのDaiGoさん
あの方の、人間の持つ感情を読み取る能力、素晴らしかったです。

優れたボクサー、ファイターよりも、今は、
メンタリストのDaiGoさんの方に興味がありますね!

(笑)

ダイゴ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。