館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
与える幸福。
昔読んだ本に、こんな言葉があった。

「人には、もらう幸福と与える幸福がある」

子供の頃は、親・教師・先輩などから、愛情はもちろんのこと、
金銭、物品など、いろんな恩恵をもらって育ててもらう。

しかし最近の風潮として、もらいっ放し、もらい慣れている感じがする。
恩恵をいただき、そのお返しをする・・・こんな傾向はない感じかな。

女性は子供を産んで育てる時に、まず、授乳のとき
与える喜びを感じると言う。
赤ちゃんを大切に育てていく過程で、
「与える幸福」に目覚めていくのだろうか。

若い頃は、男からチヤホヤされて、もらうばかりだったとしても
やがて、この「与える幸福」に喜びを感じて
バランス感覚が良くなっていくのだろうか。

なら、男性にとって、与える幸福とはなんであろうか?

正直、私も良くわからないが、まあ、人を育てることだろうか。

格闘技を通じ、いろんな若者と関わって20年。

ヤンチャな喧嘩坊主が謙虚さを覚え、
ひ弱な子が、目力(めぢから)の強い若者に育ち、
暴走する傾向の子が、ブレーキをかけるタイミングを覚える。

プロのリングに上がった者は、かけがえのない
青春の1ページを心のアルバムに刻んでいく。

余計なお節介だったかもだが・・・
男女の出会いも、よく、プロデュースしたものだ。

(笑)

こんな若者との関わりの中で、私の存在は
多少なりとも、幸福を与えられたのだろうかな~・・・・。

作家の三島由紀夫さんも、こんな言葉を残されている。
昔、読んだ本の言葉を手帳に残していたので、紹介します。

「この世のもっとも純粋な喜びは、他人の喜びを見ることだ」

さあ、あなた、もらうのは卒業! 与えられる存在に!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
館長のおかげで格闘技の楽しさ・厳しさを学びました。

東京に行ってからもいれて、格闘技をやってきて11年、館長の元でやっていた格闘技が1番楽しかったし、一生、忘れません。

2015/06/26(金) 07:06:58 | URL | ヨウヘイ #-[ 編集]
貯金。
今のうちに、しっかり稼いで貯金しなさいよ!

子育てが終わると、「お金」の貯金より
「思い出」の貯金の方が大切になる時が来るものさ。

自分の歩んできた道が、山あり谷あり
崖もあった方が大きな貯金となっている。

思い出の貯金をおろす時。

うちの道場と仲間達が思い出されれば、
それこそが、道場をやってて良かったな!
と思えるものかな。

大阪のカワムラも、あの頃が懐かしいって言ってたな!
スパーリングをして初めてホンモノの格闘技の凄さを知ったとか、
洋平と一緒に行ったカニ食べ放題とか。

ハクトは、NKBのリングと合コンじゃぁ、
いつも無敗の王者だったもんね!

(^^)








2015/06/27(土) 08:11:22 | URL | 館長 #-[ 編集]
はい!

たくさんイイ思いをさせて頂きました。

2015/06/27(土) 11:01:12 | URL | ヨウヘイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。