館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パートナー。
昼間、一緒に仕事をしている独身男性に
諭すように話すことがある。

それは・・・結婚を考えるような女性とは?
一番大切なポイントは、何?

家庭を築く、いや、子供や年寄りのいる・いないに関わらず、
生活を共にするうえで、妻に求めるモノは・・・

美人であることとか、心が優しいなんて抽象的な表現じゃない。

結婚生活をするなら、生活力のある・なしが
人生の幸・不幸を決めるものだと思います。

生活力のあるとは、経済観念がしっかりしているとか、
家事・料理など女子力があるなんてことでもない。

ずばり、妻・主婦・母となったら、一家の太陽になれるかどうか!

この「太陽」のような存在になれるか、どうかが
その家族が幸福へと導かれる、すべての源と思えるからです。

奥様が一家の太陽として輝いている家庭は、まず明るい。

太陽イコール、性格が明るいと言う意味ではなく
他の存在に光をあてて、輝かす存在であり、そして
おおらかな心で皆を包み込む、一家の中心となる女性。

これから知り合いたい女性、今、つき合っている女性が
喜怒哀楽を同じ目線で共感することが出来てること。
これが同じ価値観を持つと言うことであり、
これも絶対条件です。

なおかつ、太陽のような存在になれるかどうか。
これが生涯を共にするポイントのような気がします。

今、21年振りに夫婦2人だけの生活となって3か月ですが
こんな感想を言える、年月の積み重ねを実感しております。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これからも夫唱婦随で・・・
お過ごしくださいませ。

俺にとっては、今の女房が無くてはならない存在です。
え~まあ、館長&館長奥様ご承知の通り、これまでの15年・・・いろいろとありました(汗)。

別れ話も一度や二度じゃありません、つい最近もありました(滝汗)。

しかし、自分の人生のパートナーとして考えると、一生添い遂げる女性だと思ってます。

う~ん、たぶんこれからも何かしら問題があるかもしれませんが(直江津に引っ越ししたら歩いて飲み屋街へ行ける!)、適度に仲良く歩んでいこうと思います。

いや~本当に毎度館長の教えは共感を持てます、今後とも宜しくご指導の程、宜しくお願い致します!
2015/06/22(月) 09:27:35 | URL | 白鳥タケル #-[ 編集]
都はるみの歌 「夫婦坂」 
この坂を超えたなら
幸せが待っている
そんな言葉を信じて
越えた七坂 四十路坂

・・・・・・・・・

これさえ越えたなら、この坂さえ越えたならと信じ、登ってみると、そこにはもっと
急な坂道が待っている。

でも、気持ちを入れ直し、次の急な坂
をまた一生懸命登り始める。

夫婦とは、そんなもんじゃないだろか?

幸せを信じて、一緒にいくつもの坂道を登るもんさ。
2015/06/23(火) 06:03:13 | URL | 館長 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。