館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
磨く・磨かれる
「男を磨く」  よく、こう言う言葉があります。

任侠道、はっきり言って、昔のヤクザの世界。

暴力団と違って、古い老舗の博徒団体でもあるヤクザ組織では、

若い衆、ヤンチャな10代の少年が、

住み込みで、ヤクザの組事務所で、掃除、お茶くみ、電話番など、

雑用をすることによって

「男を磨く」 なんて、言葉、使われてたそうですね。


ちょっと視点を変えましょうか。

元・暴力団組長であり、映画プロデューサーの安藤昇氏は

「男は男に生まれるんじゃない」
「女に磨かれて、男になっていくんだ」

こう著書で書かれたそうです。

なるほど、と思いますね。

男にとって、まずは母親。

母から、愛情だけじゃなく、時に、叱咤激励を受けて育っていく。

彼女ができてあたりから、親離れ・子離れが形成されていき・・・
恋愛経験の過程を経ていくと、つまり、時にふられ、
時に、女性と大きなトラブルに陥り、いろんな女性と接することで

男は一皮むけていく。

男には、ドンドン、いろんな女性に近づいていくタイプと
なかなか近づけないタイプがいるみたいだ。

私は、昔・・・高校まではそうだね、硬派だし、女性とは疎遠だった。

(でもね、大学生の頃から、180度、変わってしまったが。)

どちらが、いい、悪いではないが、
どんな形であれ、女性とのつき合いは、できるだけ、した方がいい。

女性を恋愛の対象とだけに限定するから、いけない。

年齢とか容姿、学歴は不問!

いろんな女性と気軽につき合う、前向きな姿勢が必要だな。

そこで、女性により、「男が磨かれていく」

それができると・・・モテる男に・・自然となるものかな!

「女に磨かれ男は、ホンモノである」

ちょっと忘れたが、ある本に、こんなことが書かれていたな!

金曜日の練習より
P9191422.jpg
体験練習に来た中学生の2人。

P9191423.jpg
練習後、レンとクレちゃんは、のり子さんの作ったラーメンの夜食。

P9201425_201409210542059af.jpg
土曜日のディナーは、イタリアン。

元・練習生のマリちゃんと!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うらやましすぎ~!(笑)
館長、修道館のアイドル、まりちゃん独り占めはずるいっすよ~!(爆)。

しかし写真だけ見ると、悪徳プロデューサーとタレント、この後某所にて・・・♪♪、って感じに見えますぜ。(笑)
2014/09/21(日) 11:38:06 | URL | 白鳥タケル #-[ 編集]
目を隠してもバレバレです(笑)

マリさん…

ご馳走さまでした!

次の写メは、天使のマリさん1人でお願いします。

2014/09/23(火) 12:10:41 | URL | ヨウへイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。