館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肩書き。
中学校の同窓会で感じたこと。

私は幹事だったから、宴席では、名刺交換なんてする暇も
なかったが・・・。

高校まで一緒の仲間だと、さすが進学校だったこともあり、
医者・校長先生・教頭先生・社長さんが多かったな。

さて、表題の肩書き。

なんか、現代社会では、あまり肩書きがモノを言う時代ではないかな。

医者なのに貧乏。(歯医者は、特に大変だとか)

弁護士なのに、仕事がないから食べていけない。

まあ、たいへんな時代ですな。

立派な肩書きがあっても、それにふさわしい人格が
備わっていないケースも多い。

社会一般では、あんな職業の方、凄いね! なのに。

未成年とエッチして捕まる教師。

使い込みして、ばれる銀行員。

酔っぱらって暴行事件を起す、警察官や自衛隊隊員。

肩書きの信用はガタ落ちですね。

世間では、ある意味、肩書で人を見るだろう。

「肩書きなんて関係ない」 こんな主張する人だって多いだろう。

しかし、仮にそんな肩書きを背負っているのなら、

それにふさわしい、品格・人格・実力を身につけなければダメだな。


私は、いち・工場作業員であるから、社会的立場では
低いレッテルなんだろう。

しかし、実力と教養は、東大出のエリートにだって
負けないよ!

あと、館長の肩書き。

4回戦のプロボクサー、3回戦のプロキックボクサーとやっても負けないさ。

それが、俺の実力だ! って、

言葉を発しなくとも、人から思える人間になりたいな。


昨夜の練習より

P8261286.jpg

P8261294.jpg

昨夜はムサとヤジの自主トレ。

ムサがヤジロベェを教えていた。

ヤジロベェ、この夏、伸びたな~!

あとは、ヒロミチとスパーを重ねていけば、
12月の新人戦、OKだろう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。