館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
模倣。
模倣(もほう)とは、他のものをまねること。似せること。
他者の行動と同様・同類の行動をとること。

スポーツにおける技術の習得は、模倣から入っていく。

私の場合、野球だったら、小さい頃、
ジャイアンツの王貞治さんに憧れ、1本足打法を真似たものだ!

相撲だったら、
北の湖が、お腹を振って、相手のまわしを切る動きや
輪島の下手投げ。

剣道も、先生や先輩の技を真似して、カウンターのような
小手(こて)、引き際の払い銅を練習したな。

自分がいいと思うものを真似して、
反復練習で自分の形にしていくのが技術である。

つまり、模倣とは、1流選手になるための第一歩。

プロ野球の元監督で、3冠王の落合さんも、こう述べています。

格闘技の世界、対人競技でも、同様ですね。

対戦してみて、うまいな、凄いなと感じる技やフェイント。

動画映像でもいい。

これは使える! と言う技術は、ドンドン真似をすべし。

それが成長を促すことになる。

昨夜の練習より
P8081228.jpg
お帰り、ハルキ。

インターハイ・ベスト8は、まだまだ満足のいく結果ではない。

P8081227.jpg
龍介、仕事が忙しく、なかなか練習の時間が取れなかったとか。

さぁ、減量からスタートだな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。