館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
達成。
教育界において、ビッグネーム(有名)なのは、
最近は、カリスマ予備校講師の人ばっかみたいだね。

普通の教員、公務員たる教師は、ダメなのか??

いや、そんなことはない。

百マス計算で有名な、蔭山英男さんの著書を
何冊か読んだことがあります。

勉強の苦手な子、確かにいます。

「わからない」 「できない」が口癖の子供。

こうした子供たちから、いかにやる気を引き出すか。

どう粘り強さを身につけさせるか。

蔭山さんは、こう言います。

「わからない」 「できない」とすぐあきらめる子は、

「できた」と言う達成感を得た経験が少なく
自信が持てないでいる。

そんな子には、達成感を何度も味わせることが必要なんだとか。

その積み重ねで自信が持てるようになる・・・。


素晴らしい考えですね、純然たる公務員教師である

蔭山先生の著書を読むと、勉強になります。


ボクシングやキックボクシングでも、同じ。

よく、かませ犬みたいな弱い外国人と戦わせるのは、
自信を持たせるために、興行ではよくあります。

その積み重ねで、??世界チャンピオンとなった・・・
なんとか兄弟もおりますが・・・

一度、自信を持つと、時にグ~ンと伸びるのが
10代のファイター。

そして、幼児教育を少し研究した私は、
ゼロ歳時は、いい音楽を聞かせるなど・・・
早期幼児教育を勧めます!

英語と英会話は、もう、幼稚園・保育園の頃からやるのが当たり前!

私は、小学校5年生から、塾にて、英語を習っていて
小学校6年生の時には、中学校3年間の英語の勉強は、
すべて終わっていましたよ。

ボクシングやキックボクシングは、小学校高学年からやってください。

それまでは、水泳か、団体スポーツ(バスケ・ダンス)を勧めます!

浦川原
今日、午後4時から、浦川原夏祭りに

修道館のボクシング・キックボクシング体験コーナーをやります。

カツ館長・ヒロミチコーチと共に

キョウスケ、ヤジロベェ、レン、ソヤマを連れて行ってきます!

もし、お暇なら、おこしやす!

(今、京都の女性に恋してます!) (秘密)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。