館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 叱る。
桜の季節が終わり、この春、社会人となった新入社員の若者は、

研修期間がそろそろ終わりかな!


今年の新入社員の特徴は、

「安全運転第一・自動ブレーキ」だと週刊誌に書いてあった。

「頭の回転は速いが、困難な壁は、ぶつかる前に、回避する」

こんな例えなんだそうです。


少子化の若者は、大事に育てられたせいか・・・

困難な壁にぶつかると弱い・・なんて世間では言われてますね。

統計によると、大卒新入社員のうち、

入社3年以内の離職率は、3割ぐらいだとか。

今の時期、社員研修なんでしょうが、その目的は、

若者のストレス耐性をいかに高めるかだとか。


まあ、私に言わせれば、親が悪いな。

今の親は、しっかり家庭内で、叱ること、やりませんもん。

ビシッとダメなモノ、ダメなことは、体罰を伴い、

(ケツを叩く程度です)

叱ることをやっていれば、社会に出て、ひ弱な社会人になりません。


私、ムサやスズが小さい頃、悪いことやれば、すぐ

「ケツ、出せ!」

ビシッと叩いてましたからね!


修道館の古くからの弟子は、良く知ってますよ。

「ムサシ、ケツ!」

私やのり子さんに、怒鳴られていたことを!


今、新入社員に、いきなり、ストレスを与える研修をすると、

パワハラだとか、ブラック企業などと言われるのだとか。

最近では、教育係りの人事担当者に、

「叱り方の研修」をやっている企業があるそうなんです。


上から目線で、怒鳴りつけるのはダメ。

どうやって、新入社員を前向きにさせるように、

うまく叱るか。


つまり、「新入社員教育のための教育」まで必要な時代だとか。


まあ、一番いいのは、軍隊ですな。

そう、自衛隊に1週間、泊まり込みで行かせるのがいい。

返事・気をつけなど、基本動作とか、

持久走、腕立て伏せなどの訓練。

夜は、テーマを与え、集団討論させる。


これが一番だと思うよ。

確か、陸上自衛隊は、企業の新人研修を受け付けてるはず。


敬礼、隊列行進、腹筋、腕立て、持久走。


これだけ、やって、怖い上官に、

「声が小さい!」 怒鳴られれば、まあ、いい勉強になるな!


高橋がなりさん、ソフトオンデマンドの元社長さんで、

有名な企業家ですが、彼の言葉、

「負けを認めるところから、スタートする」

「我慢して、嫌なことをやった奴が、結局勝つ」


社会ってのは、これが大切なんですね。


昨日のロードワークより
P4271008.jpg

P4271011.jpg
高田公園、桜が終わると、菜の花がキレイでした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。