館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お弁当。
お母さんの作るお弁当。

卵焼きや蛸さんウィンナー。

一時、流行ったキャラ弁。

皆さん、いろんな思い出があるだろうな~。

私には、苦い思い出がある。


私が、中学生の時、なぜか、給食がなくて、

3年間、昼飯はお弁当だったのだ。

中学生、多感な年齢である。

私が、中学2年の時、父は仕事の都合で、単身赴任していて、

同居してなかったのだ。

しかも、同じ頃、母が病気で長期入院ということがあった。

小学校6年の妹との2人暮らしが、1年間続いたのだ。


私は、13か14歳で、毎日、朝・昼・晩と毎食、

妹と自分のご飯を作っていた。


冷凍食品のコロッケを買ってきて

今なら、電子レンジでチンだろうが、当時、そんなコロッケはない。


スーパーで買った冷凍食品のコロッケを、

日曜日に大量に揚げておいて、

毎日、お弁当は白いご飯に、ふりかけパラパラ。

おかずは、2個のコロッケにソースをぶっ掛けたモノだけ。

これが1年間、月曜日から金曜日、私のお弁当だった。


たまに、カレーライスを作ると、

タッパーにカレーを入れて、カレーライス弁当も持って行った。


このお弁当、教室で人に見られるのが恥ずかしかったのだ。

ヤンチャで暴れん坊だった私だが、昼食の時間は、

なぜか、お弁当箱のふたを立てて、隠すように食べたものだ。


周りのお弁当は、お母さんの愛情たっぷり入った、

色とりどりのお弁当。

私のは、コロッケ2個だけのワンパターンのお弁当。

恥ずかしかったのさ。

まあ、繊細だったんだな、自分で言うのもなんだけど。


だから、今でも、冷凍食品のおかずは、好きではない。

お婆ちゃん弁当のような、手作りの煮物が入った、おかずが好き。


麩の煮たのが大好物だね、厚揚げやタケノコが一緒でさ。

でも、卵焼きが、一番好きだな。

今では、のり子さんの卵焼きが、母の味になっている。


私は、早起きなんで・・(毎朝4時には起きている)

たいてい、スズノスケ・のり子さん・自分の弁当は、

私が毎日、作っているのだ。

(卵焼きは、前夜、のり子さんが作っておく)

作ったあとは、ロードワーク、走りに行く。


スズノスケ、男じゃなくて、女の子だったらな~。

たまに思うよ!

おうちに帰ってきて、空になったお弁当箱に

「お父さん、毎日、ありがとう」なんて、

お手紙、入っていたら~、最高じゃん!

(苦笑)


昨夜の夕飯
P4241006.jpg
春の高校ボクシング大会で優勝した3人。

(キョウスケ・ダイチ・ハルキ)

カザマ・マネージャーが「麵屋しょうじ」に連れて行き、

おいしいラーメンをご馳走してくれました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。