館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語。
今年、新たにチャレンジしたいことの一つが「英会話」。


このブログをご覧になった方から、

こんな批判、コメントがきそうですね


「何をいまさら・・?」

「えっ、アメリカで暮らしていたなら、英語できるんでしょ?」


普段の生活は、どっぷり日本語の毎日。

英語なんて、ドンドン忘れていく環境にあるのが、現実。


今年、お正月休みに行った家族旅行、グアム島で

つくづく実感じたのが、英会話能力の劣化だった。


去年、カツサンドで有名な、トンカツ屋まい泉・青山本店に行った時

店員さんが、外国人のお客さんに、流暢な英語で対応していたのを

思い出す。

あのオジサン、たぶん正社員だろうな~。

まさか、アルバイトじゃないだろう。

職種は、ウェイターです。

トンカツ定食をお客さんのテーブルに運んでいましたから。


また、上野アメ横近くの道路で、スケボーをやっていた若者が、

これまた、ほぼネイティブに近い、完璧な英語で、

外国人相手の道案内をしていたな。

大学生か、フリーターだろうか?

リーバイスのジーンズに、スカジャンを着ていて、

髪の毛は、茶髪というより金髪に近かった。

オラオラ系のヤンキー・ファッションとは違い、

ひと昔前の、チーマーと呼ばれていたヤンキーの格好していた。

(ヤンキーとは、関西弁・不良少年のこと)


今から、27年前か、マイアミ大学に留学中に、

大学の寮で、フランス人のルームメイトとテレビを見ていたら、

確か、CNNのニュース番組に、現役ヤクザがインタビューされていた

もちろん、アメリカ人のニュースキャスターだから・・・

英語でインタビュー。


当時流行っていた、ダブルのソフトスーツにパンチパーマで、

もろ、暴力団の幹部の方。


あまり上手ではなかったが、ちゃんと英語で質問に答えていた。

たしか、京都の老舗暴力団団体の幹部だったと記憶する。

フランス人のルームメイト、パットさんに、

「ヤクザ」の説明をしたから、覚えているんだ。

ジャパニーズ・マフィアでOKなんだが・・・

博徒系暴力団、テキヤ系暴力団の説明を

下手な英語で説明したものだ!



結論。

日本人の英会話能力は、

社会的地位や学歴、そして教養と比例しない。



まあ、受験英語じゃ、外国人に通じないのだ。

どうやって、勉強するか?


とりあえず、スピードランニング、やるかな~!

先輩にもらったけど、何もやってないのさ。


「いつやるの?」

「今でしょ!」

(古っ)


とんかつ
まい泉のトンカツサンド。

(お店のホームページより転載)

うまいんです!


今夜、お花見会場に来たので、

元・練習生のアキコとご家族様(新発田市より)

そして、ケンタ(東京より)

うちに寄りました。




もし、練習生の方、元・練習生の方々も、

高田公園のお花見会場に行かれるとき・・・

うちに連絡くだされば、お車は、うちに駐車してくださいね!

ご遠慮なく。


私は日曜日も仕事ですし、

のり子さんも田んぼで仕事なんで、実家に行ってますし、

スズノスケも外出するとかで、

うちに誰も、おりませんが。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。