館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記憶。
記録より、記憶に残る選手。


プロ野球なら、ホームランで様々な記録をたくさん作った、

ジャイアンツの王選手は、記録に残る名選手。

そして、人々の記憶に残るのは、ミスタージャイアンツこと

長嶋選手です。


記録を作った選手、それは永遠に称えられるでしょう。

時に、ギネスブックに載るかもしれない。


しかし、むしろ、人々がその人の活躍を鮮明に記憶していて、

ひとつの時代に・・・

まばゆいばかりの輝きを発して・・

疾風のごとく駆けぬけたヒーローには、

特別な思いが残るんです。


例えば、知る人ぞ知る。

しかし、世間一般には知られてない、ヒーロー達。


プロボクシングなら、1980年代後半に、

逆転の貴公子と呼ばれた、高橋ナオト。

世界タイトルマッチすら出来ず、

2階級制覇の元・日本チャンピオンとしての記録しか残らない。

しかし、あの、マーク堀越との日本タイトルマッチ。

カウンターの逆転KO勝ちは、今でも語り伝えられる名勝負。


ほか、記録より、記憶に残るファイターと言えば・・・

今なお、カリスマと言われる、辰吉丈一郎。


キックボクシングなら、私が子供の頃、テレビのヒーローだった

キックの鬼、沢村忠。


私、個人的には、やはり、教え子の魄人(ハクト)だな。

必殺のスマッシュで、

(フックとアッパーの中間、斜め45度にパンチを振りぬく)

対戦相手、瀬尾選手の顎を砕いた、タイトルマッチが記憶に残る。


プロキックボクサー、元NKB日本ウェルター級王者。

誰も知らないチャンピオンだろう。


でも、私は、あの試合、一生、忘れないだろうし、

テンカウントで、魄人が日本チャンピオンになった瞬間、

拳心館の坂本さんと、私、そして魄人、

3人で抱き合った一瞬の感動は、永遠に、私の宝物。


地元・上越市から、試合に同行した、新聞記者の伊部さんは、

今でも、あの試合、ノックアウトした瞬間、

カメラを撮りながら、鳥肌が立ったこと、鮮明に覚えているとか。



そして、昨夜も、新たな伝説が生まれた。

記録より・・

いや、バンクーバー五輪銀メダリストに、そんな呼び方、失礼ですね

でも、記録より、記憶に残る選手だな。

女子フィギアの浅田真央さん。


真央ちゃん、お疲れさま。


今朝、わたくし、テレビを観て、もらい泣き、しちゃった!


昨夜の練習より
P2210942.jpg
龍介、明日より、東京遠征へ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。