館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父親象。
子孫に美田を残さず。 

これは、西郷隆盛の言葉です。

財産を残すのは、子孫のためにならない。

一から始める苦労を知らない子孫は、良くない。

こんな思いからのお言葉なんでしょうか。


一家の大黒柱、父親のあるべき姿とは、何でしょうか?

疲れた体にムチ打って、家族サービスすることでしょうか?


私の子育てもあと、2年、スズが18歳の時までと考えます。

(大学進学となると22歳までは、仕送り等がありますが)

最近、つくづく思うこと、

それは、子供の自立を促すことが父親の務めなんじゃないのだろうか。

赤ちゃん、幼児が転んだ時、あえて手を出さないで・・・

子供の自立、1人で立ち上がるのを待つ。

すなわち、「人生、1人で生きる力をつけなさい」

本当に困った時に、的確な助言ができて、

万が一のとき、防波堤になれればいい。


毎週、やれ、ファミレスだ、ディズニーランドだ!

なんてのが、父親のあるべき姿なんかじゃないと思う。


まあ、母親の子離れの方が、ある意味、難しいのだが。

父はある意味、家族団らんという外側にいてもいい。

何せ、今の娑婆は、生き抜いていくのに、たいへんな時代だから。

働くこと、会社の存続・存亡すら、3年先すら見えない時代。

収入の右肩上がりなんか、公務員以外、考えられない。

深夜のスーパーのレジ、またはパチンコ屋の掃除のバイトの

主な戦力が、サラリーマンなんだよ。


だから、金を稼ぐことが一番。

家族のピンチの際、体を張って防波堤になるのが二番。

家族サービスなんて、あまり求めてはいけない。

私は、そう思います。


そんな父にだって、「忘我」の時間が必要です。

忘我、つまり、夢中になって何もかも忘れてしまう時が必要。

私にとって格闘技が、「忘我」

すなわち心の癒し、ストレス解消ですわ。

昨夜も、ヒロミチと軽く1ラウンド、スパーしたが、

その3分間は、仕事のしがらみ、忘れますもん。

集中しないと、あいつのパンチは見切れないから。


ある人は、音楽を聞くこと。

ギターを弾いたり、バイクに乗ってもいいだだろう。

釣り糸を垂れている時間が、癒しの人だっている。


忘我こそ、心の癒しであり、そんな時間がないと

ストレスがコントロールできなくなり、あらゆる病気の源となる。


昨夜の練習より

001_2014010905395246f.jpg
ハルキだけ、最後の調整に来ました。

体重は、ライトフライ級のリミット(49キロ)も切って、

バッチリです。

木曜日は、完全休養日。

金曜日に新潟市に移動。

土曜日から試合となります!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。