館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
取材。
本日、新聞社の取材がありました。

今年の飛躍を期待するホープ、「ヤジロベェ&キョウスケ」

高校1年生コンビが、カツ2代目館長・ヒロミチ・コーチと共に、

約40分ほど、取材と写真撮影だったのです。

木曜日か金曜日に掲載予定です。

(上越タイムス)


私は、新聞社との段取りをするのと、コーヒーを入れる係。

裏方に徹してます。


1月11日から13日まで、新潟市の新潟南高校にて開催される

ボクシング選抜全国高校選手権予選・県新人戦。


いよいよ今週末。


風邪・インフルエンザに気をつけ、体調管理・体重管理が

一番重要な最終調整の段階。

ベストコンディションでリングに上がる。

自分の実力を100%出しきってくること。


勝敗は時の運、まずは、「Do your best!」


ベストを尽くすこと。


うちやま
WBA世界スーパーフェザー級チャンピオン・内山高志選手。


強い! まさにホンモノ。

ユーチューブで大晦日のタイトルマッチを観ました。

ダウンを取られた内山選手の苦戦と報じられましたが。

技術の差は、かなりと言うか、段違いのレベルでした。

それほど、内山選手のテクニックが凄かった。


もちろん金子選手のファイティングスピリットも素晴らしかった。

ただ、内山選手、ダウンして、しかもかなり効いているのに、

体重をのせず、冷静に左フックを振りきらないで打っている。

この左フック、タイミングだけを狙い、

体さばきしながら、打っているのが凄い。


それになんと言っても、内山選手の左ジャブの多彩なこと。

その当てる技術、タイミングが、絶妙な、凄いテクニックなんです。

あれは、金子選手がよけられないの、わかりますね。

あの打ち方、左ジャブの放ち方、顔にスッと入る置き方。

凄い・・奥が深いな~・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。