館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謹賀新年。
遅れましたが、明けましておめでとうございます。

今年も、よろしくお願いいたします。


「一年の計は元旦にあり」

毎年、神棚にお参りする際、その年の目標を誓ってきました。

10代、20代の若き頃は、自分がどんな人間を目指そうかとの

思いが強かったですね。

年齢を重ね、妻や子供など、家族の健勝を願う事が多くなり、

気がつけば、子供の独立が近づく年齢となっています。


人生80年と言いますが、疾風の如く40代を超え、

53歳、折り返し地点をはるかに超えた年齢となりました。

心身ともに充実し、働き、稼ぎ、肉体を酷使し、また気配りすること。

そう、社会に貢献できる時間は、限られていると実感しています。


その限られた時間を、いかにして歩んでいくか。

今年は、時間をかけて、じっくり考えてみようかなと。


何やら、意味深長ですが・・・

まあ、簡単に言えば、子育てが終わったあとの夫婦のあり方や、

今後のあらたな目標設定を考えてみたり、

また、ちょっと早いが老後の生活設計など。


道場経営の目指すべき、ベクトルの再確認。

強者の育成より、青少年の鑑となるべき道を切り開く・・・。


また、地域社会の抱える問題へ、何ができるのか。

これは、典型的な高齢化社会の抱える問題に対峙している、

我が町内のことです。

1人暮らしや老夫婦のみの世帯が非常に多く、

民生委員の方とお話しする機会から、

小さなコミニティの共存、共生のあるべき姿も

考えていく必要があるな・・との思いからです。


私自身、ちからのある人間ではありませんが、

一歩づつ、進んでいきたいと、思います。


平成26年1月5日  館長 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。