館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがとう
「ありがとうございます。」

この「ありがとう」 は、もともと 「有り難い」 から出た言葉。

有り難い とは、戦(いくさ)なので、物資や食料が不足し、

物がない、不自由なこと、から出た言葉。

だから、戦争を経験した世代の方、今は、お爺さん、お婆さん達。

食べ物だけでなく、物資がない、不自由な時代を経験された方々。

頂き物をしたときは、それは、それは御丁寧な挨拶があるはずです。


しかし、飽食の時代に育った子供は、

当たり前のように、ご飯が食べれてきたからね。

「食」に関して、感謝の気持ちがないのだろう。

余ったご飯は、すぐ捨てる。

バイキングなんかで、食べきれないのに、たくさん持ってきて

余りは、捨てる。

いや、最近の子は、言葉もおかしい。


若い子に、飯をおごってやると・・・

おい、俺、払うから、好きなモノ、食えよ!

「じゃあ、A定食で、いいです」

「俺は、B定食で。」


飯のとき、苦言は言いたくないが。

「・・で、いいです」じゃ、ないだろうって。

「A定食、頂きます!」

「B定食、ご馳走になります!」

こうやって言うのが、当たり前なのに。

まあ、注意しない、親が悪いね。


今どきの若い子は、そんなもの。

だから、私は、弟子の高校生ボクサーには、よく言うの。

一度、飯、おごってもらって、

翌日とか、次に、おごって頂いた方にお会いしたときは、

真っ先に、「先日は、ご馳走さまでした!」

こう挨拶しなさいと教えてます。

そうすれば、

「おっ、いい子だな、また、飯、連れて行ってやっかな!」

こんな印象、必ず持ちますからね!

修道館で鍛えられた子は、格闘技だけじゃなく

礼儀作法も、身につくんです!


今、詳細は、公開できないが、

あるサービス業に従事する青年が、一生懸命に働いている姿に、

「!」 

「うちの社員に是非、欲しい!」

ある社長に、こう言われたのです。

言葉使いが素晴らしいし、なにより、ガッツ、ありそうだから。

ヘッドハンティングとまで、いきませんが、

スカウトされて、この話、進んでいるんです。


間違ってなかったな、俺の教育。

ホント、こんな話、あるんですよ!


昨日の昼食です。
001_20131222013447c9e.jpg
ムサシ、朝5時半着の高速バスで、帰ってきました。

拓ちゃんと一緒に、母校のボクシング部のコーチに行きました。

お昼は、サンドイッチとフルーツです!



しかし、こう写真、見ると、拓ちゃんは、イケメンだな。

・・・ムサ、スズ、ごめん、「変顔」に生んじゃって!

(爆笑)

いや、生んだの、のり子さんだわ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。