館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
活性化。
私の祖父は、大工さんだったのです。

私が幼い頃、祖父が縁側で、台所のまな板にカンナをかけているの、

じっとそばで見ていたことがあった。

長い間、使い込まれ、傷つき、汚れが目立ったきたが、

お爺ちゃんの手にかかると、新品のように生まれかわっていった!

カンナ屑がシュルと丸まって、地面に落ちていく様子を

何気なく、ずっと眺めていたのを思い出す。

木の香りも懐かしい。


使い古された、まな板をよみがえらす「カンナ」。

今、こんな大工道具は、滅多に目にすることないのです。


ふと思ったね、今年、53歳か。

なんか、人生の終点が見えてくると、体のいたる所が調子悪い。

コレステロールと肝臓の数値が悪いのは、困ったと思うだけで、

薬を飲んでるだけだから、不自由を感じない。

しかし、最近、特に困ったことは、肘の関節痛がひどくて、

手が伸ばせないのと、老眼が進んで、細かい字が見えないこと。

老いたこの肉体、カンナで削って、一皮むけて、

体を再生できるなら、ホント、お願いしたいもんだ。


体だけじゃない。

心の問題。

病んでいる、または、無気力、迷い道真っ只中の人。

こんな方、私の世代(53歳)は、少なくないのです。


再度、大工道具、カンナの話に戻ります。

繰り返しますが

「長い間、使い込まれ、傷つき、汚れてしまった、まな板」

「カンナをかければ、生き返る!」


気分一新、心を浄化させる、カンナのようになるには、

どうしたら、いいか?

正直、難しい問いなんだが、価値観を変えて見ることかな。


今、同窓会の事務局長をやっていて、

同級生がどんな生活をしているか、少し、冷静に見れるんだな。

お医者さんや社長ばかりでない。

零細企業で大きな変動もなく、ずっと地味に働いていたり、

リストラされて、必死にバイト暮らしの者もいる。


だが、身分や地位、学歴など、身にまとっている、

社会的条件を脱ぎ捨てていくと、自分のありのままの姿、

幼少時の、少年・少女だった「素」が現れる。

こんな一節、なんかの本で読んだな~。

生きる上で「素」に戻ることとは、

モノや財産から離れ、生活のシンプルな喜びを味わえるように

なることだ・・・

確か、そんな風に書いてあったと思う。

そして、「50にして天命を知る」だな。


自分だけの利益・利便の追求を、ちょっとだけ離れ

今まで、育ててもらった社会に対し、何が出来るかを、

どんな還元ができるかを、考えることも、大切だな。



昨日のロードワークより
001_20131216033223631.jpg
本町の雁木通りを走ってみたが、シャッターが降りたままの

閑散とした風景ばかり。



・・と思ったら、何やら、元気いっぱいの音楽が聞こえてきた!
003_20131216033402c92.jpg

「がんぎっこ」と言う、地元アイドルのイベントがやっていた!


002_20131216033539e51.jpg

元気、もらったね! 

いや~、いいことだわ。

地域活性のために、いろんなイベントが広がるといいな!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
がんぎっこ!

応援します!
2013/12/16(月) 09:43:50 | URL | 洋平 #-[ 編集]
洋平へ。
応援しないでくれ!

かわいい子、一人いるもん。

洋平に、さらわれちゃう!

今から10年前、吉川に悪い人、
いたんだな。

うぶな女の子をだます、結婚詐欺師がね!
2013/12/17(火) 05:01:22 | URL | 館長。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。