館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
順境、逆境。
イギリスの哲学者、フランシス・ベーコンの言葉。


「順境の美徳は節度であり、逆境の美徳は忍耐である。」


逆境の反対、順境。 

聞きなれない言葉ですが、自分にとって、良い環境であることかな。


いい環境で仕事をすることは、悪いことではないのですが、

いつしかそれが当たり前になり、そこに甘えて怠慢になります。

手抜きを覚えたり、誠実さに欠けてきてしまいがち。

そこで大切なのが、節度ですね!

自分でブレーキを効かせること、大事なことですねぇ!




ある、入社試験の面接で、

「過去の経験で、逆境と呼べるものは、なんでしたか?」

「一番困難の度合いが高かったと思われるのは、どんな時でしたか?」

こんな質問、よくあるんですよ。


新聞奨学金で大学生となった方なんか、良い印象なんでしょうね。

過去に苦しい経験を積めば、積むほど、

現在の困難は、それほど辛いものではないと感ずるようになるモノ。

困難から逃げないで、真正面からぶつかっていく。


例えば、朝3時、4時に起きて、新聞配達を4年間頑張った人は

困難に出会ったとき、踏ん張り、効きますよ、きっと。

親からたっぷり仕送りしてもらって、楽な大学生活を送った奴よりね。


また、大学の体育会出身の生徒は、就職に関し、一般学生より

有利だとも言いますね。

スポーツの世界で頑張ることも、困難な壁にぶち当たった時、

踏ん張りがきくからね!


順境、まあ、順調なときには、節度ある人間になりましょう!

逆境、辛いとき、逃げちゃダメだ。

1回でも逃げたなら、一生、逃げ癖がつくからね!


なにくそ!! 古い言葉だが、根性、ガッツだよ!!



昨夜の練習より
001_201312141829117d0.jpg
キョウスケ、巻き返しに必死の日々。



今朝の我が家です、雪模様の上越市・高田
002_201312141830206b7.jpg


003_20131214184105133.jpg
ボクシング部のコーチに行ってる拓ちゃんと、

私のパソコンのコーチであるキョウスケは、部活は、早あがり。

今日のお昼ご飯は、マーボー豆腐。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。