館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チケット。
ボクシングスタイルとしては、好きでなかったが、

人間的には、充分知的であり、

(なんと、早稲田大学卒業である。私は不合格だったのさ)

好きだったプロボクサー、佐々木基樹さん。

今は、引退されてるが、元・日本&東洋太平洋チャンプであった。


もう、10年前になるが、

日本チャンプ佐々木さんのスパーリングパートナーとして、

教え子の竜也が、お世話になったそうだ。

(竜也は、プロボクサーとして、5戦5勝で、無念の引退だった)


佐々木さんの、最新のブログにこんなのがあったので

転記させていただく。

(たまたま、ブログをのぞいたらだが)

・・・・・・・・・・

役者というのも、「夢追い人」という大きな一点において
ボクサーと同種である。

多くはそれだけでは食えないが、ほんの一握りの人間だけが、
地位と名誉と大金を手にすることができる。

似ている部分があるだけに、共感したり学んだりすることもある。

なるべく詳細は省いて。

「お互い頑張ろうな!」と励まし合っていた役者志望がいた。

俺は当然、応援の意味を込めて毎回舞台を見に行っていた。

しかしその彼は、ごく初期の頃一回か二回来ただけで、

あとは 「ごめん、その日は無理なんだ」と来なくなっていた。

ボクシングは一発勝負だからその日その時じゃないと見れないが、
公演は一定期間やっているので、自分のスケジュールは
どこか空いていた。

自分だけが見に行くようになってから数年、
また公演のお知らせメールが届いた時に、ついに返信で言った。

「ごめん、一度くらい俺の試合応援に来てから、
お誘いをくれないか?」

そのメールの返信を含め、彼からのお知らせメールは二度と来なくなった。

また違う役者は、劇団を退団すると同時に、
一切連絡が取れなくなった。

金の切れ目が縁の切れ目、なんて言い回しがあるけれど。
劇団の退団が縁の切れ目になった。

共通の知人と会った時、皆同じだった。

こちらがどう思おうと、彼等にとって自分はお客の一人だった。

人と人との関係性は、その後も残るものだ。

もう商売は終わったのに、お客としての関係性はどこか残る。

自分にはそんなつもりがなくとも、
相手からすれば面倒なのかもしれない。

ただ、寂しい気持ちと、その役者に対する残念な気持ちは残った。

その劇団の演劇自体は嫌いじゃなかったので、
それだけに残念でもある。


しかし反面、結果としては
すごく良かったのかもしれないと思う。

「今まで応援してあげてたのに」
っていう側の残念な気持ちが分かったから。

自分は、そういう不義理なことをするのはやめよう。


(中略)


もう一つ付け足しで良かったこと。

もっと後で無駄だったと残念な気持ちになるよりは、
先に彼の人間性が分かって良かった。


失敗や、残念な出来事から、学ぶ。

それができれば、失敗は失敗で終わらない。

・・・・・・・・・・・・

私は、かって東京で13年も暮らしたこともあり、

ボクサー・役者さん・ミュージシャンなど

「夢追い人」の知り合いも、多かったものだ。


「来て下さい!」と言われれば、

試合、舞台、ライブやコンサートなどに・・・

仕事やプライベートの都合がつけば、

なるべく行けるように努力してきた。


もう、連絡とれなくなった知人も多いが、

なるべく不義理は、してこなかったつもり。


最近だと・・・

この前のタケルの、ロックのライブや、

教え子の、イイトモのアマチュアボクシングの試合や

ヨナイのプロボクサーのデビュー戦かな。

(イイトモVS全日本アマ王者)

(ヨナイ、32才でのプロボクサーとして、デビュー戦)


「来て下さい!」と言われれば、なるべく行くよ。

まあ、ジャンルの好き・嫌い、じゃなくね。

そいつとの、人間性の結びつきを大事にしたいからね。

本人のボクシングテクニックや、

役者としての才能、

音楽センスなんて、どうでもいいんだわ。

(苦笑)

マジだよ、本人には、悪いんだがね!

それをやる奴の人間臭さが・・

どうしようもなく、足を会場に向けてしまうんだよね。

まあ、残念だが、会場に行けないことだってあるが。

誘ってくれた、そいつとの人間関係は、残るもの。


だが、誘って、こない奴もいる。


その人間性と、他人との関わりを大切にしない、

人間関係の希薄さが、ちょっとね。

第二の人生の、行く末を物語る気がするなと、危惧するわけ。


これは、とても大切なこと。

人との関わり、人とのコミニケーション能力が

人生を左右するからね。


だから、最近会った、教え子だったコウヘイやコウタの行く末は、

気になってしょうがないわけ。

(これから、バツいちになる予定なんだよ!)

(苦笑)

まあ、俺がいつでも、人生のアドバイザーじゃけんのぉ!

(広島弁だな)

なんたって、俺もバツ一、カザマもタケルも洋平も!!

あれ、洋平だけ、バツ2かな?

バツいち軍団の、修道館が、君らをバックアップするよ。


12月30日の修道館の忘年会じゃあ、

コウヘイとコウタが主役だな。

いや、ボコボコじゃのぉ!


016_201311171235538bb.jpg
コウタ(28歳)

003_20131110192905c33.jpg
コウヘイ(26歳)

ともに、高校時代の3年間は、修道館で頑張った、元ボクサー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
もっし、も〜し

私は、バツ1ですよ〜

バツ2ではないですよ〜(⌒-⌒; )

2013/11/24(日) 10:55:30 | URL | 洋へい #-[ 編集]
先日は有難うございました!
佐々木さん、良いこと書かれてますね。
俺もたまにブログ、拝見しておりますよ。

さて、館長殿のおっしゃられること、よ~く判ります!
俺も皆さんや友人知人にライブに来てくださいとお願いし、来てもらった時は、必ず何かで恩を返そうと思いますし、その気持ちを忘れない、と思ってます。

同様、逆に知り合いから誘われたりしたら、俺も行くようにします。
「ご縁」
これが大事だと!

人との繋がりの中で、人間は成長もできるもの・・・

12月30日の忘年会は、馳せ参じます!

PS・洋平も帰ってこいよ!(笑)
2013/11/24(日) 11:44:01 | URL | 白鳥タケル #-[ 編集]
洋平へ。
すまん、どうも、イメージ的に。

いいオトーちゃんになりなさい!

銭稼いで、父と夫を使い分ければ、
家族円満だよ!

子供には、男の背中を見せて!

奥さんには、男の前の・・チンチ〇、見せてれば、OK牧場よ!!!
2013/11/25(月) 04:31:12 | URL | 館長。 #-[ 編集]
タケルへ、ライブ感想。
私は、シロートだが、

ボーカルとギターのテンポ、あってないような気がしたが・・・

ドラムはいいんだけど、テンションマックスのポイントが、微妙に、ずれているような気がした。

ヘビーメタルだと、シャウトでごまかせるが・・・
ボーカルがしっかり歌う、ロックだと??

まあ、ど素人のコメントだから、気にしないで。
2013/11/25(月) 04:37:54 | URL | 館長。 #-[ 編集]
まだまだ館長の牙は抜け落ちてないな( ̄▽ ̄)

生涯現役!

2013/11/25(月) 10:39:12 | URL | 洋平 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。