館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
能動態と受動態(受身)
私は、小さい頃、そうですね~・・・幼稚園の頃かな。

泣き虫で、いじめられっ子で、引っ込み思案の子供だった。

(らしい!)

常に、自分から遊びに行こうと、言い始めるタイプでなく、

モジモジしてたり、誰かに声を掛けられて、外に出かける以外は、

一人遊びをする、おとなしい子供のようだった。


「自分が、頑張って、はじけなきゃいけない!」

小学校入学時に、団地から一軒家に引越しをして、

新しい生活を始めたとき・・・

無理して、そう、背伸びして、元気で活発な子を演じているうちに・・

いつのまにか、ガキ大将に変わって行った・・・。

そんな子だった。



それがきっかけで、何か、やろう!と 

自分から言い始める子供になっていき、

そのまま、大人になったときには、

自分が中心となって、何か、働きかける・・・

例えが飛躍するが、自分が震源地になって、

周囲に働きかけていこうとする、積極的な青年になりましたね。

例えば、私が、友人同士の旅行や、飲み会、合コンなんかの

「言いだしっぺ」になった。

そう、企画者、発案者になること、多かったです。


かっての、引っ込み思案の子供のままなら・・・

誰かからの、震動が伝わってくるのを、待っている

受身の人になっていたでしょうね。


受身のままなら・・・

苦しみながらも、自分が企画し、それが具体的に現実化されていく

喜びを味わうこと、なかったでしょうね。


事業を起こし、従業員を雇い、まとめたり、

田舎で道場を始め、ゼロからのスタートで、いろんなスポーツ団体に

掛け合い、大会に参加するような、人生を送ってきたが・・・

まあ、振り返ると、苦しいことも多かったが・・・

充実感もあり、人とのご縁が無形の財産になったかと思いますね。


これもひとえに、「受動態(受身)から能動態へ」と

人間性を自己改革した・・・そんな賜物と言えるのかも知れない。



昨夜の練習より
001_2013110706190850b.jpg
全国選抜予選・県大会まで、あと1ヶ月。

やじろべぇ、強化練習に入ります!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。