館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦いから学ぶ。
私は、戦闘のプロ。

何も、私が絶対的に強いとは、言っていない。

実は、弱いのかもしれない。

でも、負けない。

どんな強者が相手であろうと、弱点があるはず。

その弱点を見つけ、切り込んで行きますよ。

戦いますよ、背中は見せないからね。

つまり、どんな巨大な相手からも、絶対逃げない。




こんな話、聞いたことありませんか?

貧しさから、必死にはい上がり、大きな会社の社長になる!

悲惨な幼児期を過ごしながら、優れた医者、偉大な政治家になった!


私は、こう、思います。

偉人と呼ばれる人は、幼い頃から悲惨な環境に負けないで

そんな環境のせいにして、道をはずれることなく、必死に戦い続け、

自分の努力の成果が上昇気流を呼び起こす事を、

ひしひしと感じているはず。


私の好きな言葉に

「努力の成果を知っている子供は、絶望しない」

どうです、いい言葉でしょ!

(言われた方のお名前は、忘れてしまいましたが。)


自分の努力が、いろんな物事、例えば勉強・運動・音楽などにおいて

結果を左右するのだと感じた子供は、

悲惨な運命に、負けない大人になると信じてますよ。


大人になって、困難な状況になっても・・・

巨大な敵が現れようとも・・・

正義に反する不当な敵に対し、徹底的に戦う、

「絶対、勝つ」とまで言わなくていい。

戦う前から、あきらめて

「戦ったって、負けるに決まってる」なんて、弱音は、絶対吐かない。


これでいいんです。

まずは、気持ちで負けない。

心理的に圧倒されない、しり込みしない奴になる。

相手の弱点も見えてくるし、戦い方もわかってくるもんです。


私は、18年、格闘技の道場をやってきて、数多くの・・・

過酷な運命を背負った、子供達と知り合い、

その子が、格闘技に出会うことにより、

たくましい大人に育っていく過程を見てきました。

母子家庭に育った子なんか、まだいい方です。

親に捨てられた子。

施設で育った子。

外国籍の子。


負の連鎖でしょうね。

壮絶な環境に育ったゆえ、心に闇を持つ子が多く

愛情に飢え、家庭のぬくもりを知らず育ったせいか

普通の生活が出来ず、いわゆる「ワル」

真逆な道を歩んで行く子が多いんです。


しかし、普通の子がやらないスポーツ。

格闘技ですね!

(普通の子は、サッカー、野球、バスケを選ぶ)


格闘技を通じ、様々な出合いを経て、

バランスのよい大人に変わって行き、

負の連鎖を断ち切る、立派な若者に成長していく姿を

この18年間に、数多く見てきましたよ。

(ダメな奴も・・いるんですがね)


もう一度、言いますよ。


「努力の成果を知っている子供は、絶望しない」


・・・・・・・・・・・・・

かって、うちの看板選手だったオータケ君。

アマチュアボクシングの戦績は、

公式戦 31戦22勝(14KO・RSC)9敗

主なタイトル

1999・2000・2002年、2005年
新潟県大会・北信越大会フェザー級(57キロ)優勝

2002年、全日本社会人選手権フェザー級3位入賞


修道館創生期の頃、多くの入門者の壁になっていた存在です。

うちの若い子は、皆、このオータケや、

ヨーヘイ、カツなんかの胸を借り、強くなっていったもんです!

20070520052906.jpg
オータケ、これは8年前かな、現役最後の試合前。

全日本の試合前だったかな、減量中の写真。

170センチ、57キロ。

キレキレの肉体ですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。