館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個人と集団。
ビートたけしさんのコントで

「赤信号、皆で渡れば怖くない」

こんなフレーズがありました。


この言葉、集団を好む、ごく、日本人的な発想です。

個人主義の欧米人とは違い、日本人は、必ず何かに帰属し、

団体に所属していることで、妙に安心感を得ることが多い。


私は、〇〇高校、〇〇大学出身。

大手企業に就職している人のみが言う、私は、「〇〇勤務です!」

都会でお酒を飲んで、見知らぬ方と知り合えば・・

「〇〇県出身です」

集団主義、ここで問題になるのが、

最近の若い子の、コミニケーション能力の乏しいこと。

なぜか、集団の中で、自分の居場所・立ち位置を見つけられない。

そして、仲間を作れない。

上下関係がしっくりこないで、すぐに集団から離れてしまう。

(理由があまりにも稚拙な、学校中退、会社退職)

そして、中高年の独身者、特に、40過ぎの独身男性が増加してる

まあ、これも男女間のコミニケーション能力の問題かな~。


そして、集団主義の反対、個人主義。

アメリカに住んだとき、まず、ホームステイ先のお父さんから・・

会社が終わってから、職場の仲間と飲み会なんてしないよ!

職場をあとにすれば、もう仕事とは、サヨナラ。

ジムに行って、ウェイトトレーニンだよ。

そして、家族と夕飯だね!!


これ聞いたときに、日本とは違うな~と感じましたね。

残業を終えて、会社の仲間と飲み会することが「善」。

家族と夕ご飯なんて、週1回あるかないか。

そのほか・・18歳で必ず、実家を出て、自立すること。

大学の学費は、全部、自分持ち。

これも、アメリカ人の常識。

自立と自己確立がしっかり根付いた文化が欧米にはありますね。

これが、個人主義を支えているのでしょうね。


あとは、「孤独」を好むし、また、楽しむことも

欧米人は多いのです。

集団で旅行することより、バックパッカーと言って、一人で、

大きなリックサック一つで、ヒッチハイクするのが欧米人。

集団で、「卒業旅行」とか、夏休みの旅行で、

旅行会社のパンフレットを仲間で見ながら、計画するのが、日本人。


そうそう、マザコンなんて言葉、アメリカには、ないからね。

みな、自立の精神があるから、孤独に強いんです。

個人主義・集団主義

日本人は、どちらでもない、ひ弱な若者が、

段々増えているような気がする。


まあ、団体スポーツや音楽を趣味にすることで、

集団・和の精神を学び、上下関係を鍛えること。

孤独に耐え、武道精神を学ぶために、格闘技をやる。

男の子の教育には、これがいいんだけど。

(わたくし、女の子の教育、経験ないし、わかりません)



昨夜の練習より
001_201309140605437ac.jpg
マツモト、必死の形相、なかなか素敵だよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。