館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏に向けて。
関東甲信越地方、「越」つまり、越後ですね、我々の新潟県だけは、

まだ、梅雨明けしておりません。


でも、夏休みが、もう、すぐそこだね。


さて、今朝の新聞にはさんであった学習塾のチラシに、

感動的な言葉を見つけました。

紹介しましょう!


塾の宣伝かもしれないが、ちからのあるお言葉です。

・・・・・・・・・・・・

「夏休みくらい勉強しなくてもいいんじゃないか」

この時期になると、よく聞かれるセリフです。

しかし、夏休みに勉強しない方がいい理由はない。

我々大人と違い、子供たちは、日々、成長の過程にある。

夏休みという貴重な期間に、その歩みを止めていいはずがない。

いや、全ての草木、動物がそうであるように、夏こそ成長の時だ。

子供達にとって最も勉強に適した季節だ。


成績で人生は変わらないが、自ら努力できる人は、

自らの人生を変える力を持つ。


人生が変わる瞬間というのは、テレビや映画のようなものではなく、

地道な日常の中に潜んでいる。


人は、ぬるま湯の中では成長しない。

人を成長させるのは、「熱い」か「冷たい」かのどちらかなのだ。

暑い夏を熱く過ごそう!

そして、この夏、生きる力の尻尾をつかめ。


・・・・・・・・・・・・・・

この塾のカリキュラムはわからないが、

塾長のこの言葉には説得力があるし、ホンモノの凄みを感じる。



まさに夏休みは、人が変わるために与えられたチャンスだと言える。

目標を決めましょう、この梅雨空の中でね。


001_20130707231047.jpg
七夕なんですね。

本町の雁木通りには、

市内の保育園児、幼稚園児の願いのこもった短冊が飾られてました。

懐かしい。

私の家でも、小さな七夕の飾り、やってますよ。

わたし、ノリコさん、スズの3人で作りました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。