館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
座右の銘。
「座右の銘」


常に自分の心にとめておいて、戒めや励ましとする格言。

自分が生きる上で常に傍らにおいて「信条」と するもの、
自分が目指す「理想」だったり、さらには過ちを犯さないように
「戒め」とする 言葉


あなたには、「座右の銘」となる文章、名言はありますか?

さっと答えられる方、自分の目標が定まっているな。


長い人生でのスパンでの理想、目標。

今年、今月、今週、短いスパンの中で、

自らに課した目標、目的、ノルマ。

そして、今日、やるべき課題。


長短両方のスパンで何か目標が定まっている人には

「座右の銘」とも言える言葉、持っているもんですね。


これを探すのも、いい勉強だと思うがな。

歴史に学ぶのが、一番いいですね!



注:スパンとは、 ある時間の幅。

「10年のスパンで考える」
本来の意味は、 梁(はり)・橋梁(きょうりょう)などの、
支点柱と支点柱との間の距離。梁間(りょうかん)。径間 。



私がボクシングを始めるきっかけとなった、日本が誇る

偉大な世界チャンピオン・具志堅用高さん。


現役時代、新聞記者からのインタビューで

「具志堅さん、座右の銘はなんですか?」

世界チャンピオンは、こう言った。

「ハイ、左右の目は、1・5です!」

(笑)


ちなみに、最近、座右の銘じゃありませんが、私の好きな言葉は、

戦国時代の武将、武田信玄の言葉

「人は城、人は石垣、人は堀。」

「情けは味方、仇は敵なり。」


大きな城を築かなかった、武田信玄は、

部下、つまり人こそが城や堀に代わるモノであり、

一方で、部下に権限と責任を持たせ、

組織を堅固なものとしたそうである。


昨夜の練習より
001_20130614052425.jpg
ハルキは、本当にボクシングが大好きなんだな~。

昨日は、高校の運動会で、くたくたなんだろうが、練習に来たもんね!

やはり、ボクシングをやる者にとって、(右ききの人)

座右の銘は、「左は世界を制す」だな。

リードブロー、ジャブの出し方が大きな武器になる。


ヒロミチのノーモーションのジャブ、覚えたいな~!

豹や猫のような反射神経を持つ、この俺も、最近、全然、はずせないし、

毎日スパーリングしているダイチにも、まったく見えてないジャブ。

ハルキにも欲しいな。


002_20130614052447.jpg
これ、いい雑誌でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。