館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やすらぎ。
作家であり、早稲田大学名誉教授の加藤諦三先生。


最近、加藤先生のエッセイや本を読んでます。

心の琴線に触れた、お言葉、紹介しましょう。

・・・・・・・・・・・・

ストレスに苦しむのは、あなたが欲張りだから。

なんでもかんでもうまくいくことを望んでいるから。

ひとつうまくいけば、それでいい。

この世の中でうまく生きようと思うからストレスが生まれる。

この世の中を自分なりに生きたいと思ったとき、心のやすらぎが生まれる。

欲張りな人は、出発点を忘れている。

途中でうまくいくことが当たり前になっている。

鉛筆をけずったとき、勉強の意欲が湧く。

水道の栓をひねったとき、料理の意欲が湧く。


・・・・・・・・・・・

幸福な人には、満ち足りた生活があるな。


富や名声を得たい人。

夢や願望ばかりで、なんにも踏み出してない人。

あれも、これも、手をつけて、結局、一つのことに集中できず

満足な結果を残せない、トップを目指し走り続けている人。


こんな人は、満ち足りた生活とは、何かが、わかっていない。

私も、今、心にゆとりがなくて・・・

満ち足りた生活とは言えないかもだな。

ちょっと軌道修正しないと、いけません。

心の潤滑油、何か持たないとね!



さて、畑に水をやって、走ってきますかな。

(ナスがうまく育たない?)


この農作業が、最近、心のやすらぎになってるかも。

25年前、東京の赤坂・六本木で、プラプラしていた私だが・・・

こんな生活もあるんだな~ って気づかなかったのよ。

当時はね。

バブル全盛期、お金を稼ぐことがすべて。

見栄っぱりな、生活をしていたな。


今は、裕福ではないが、心は、多少、豊かになった気がする。

001_20130606052547.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。