館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結果と過程。
プロの世界、プロフェッショナル・スポーツは、結果がすべて。

勝者は生き残り、敗者は去るのみ。

これが鉄則です。


しかし、アマチュアスポーツは違います。

結果よりも、プロセス(過程)が大事。

たとえば、学校の部活動、ここが原点でしょうか。

レギュラーになれなくとも・・・

選手じゃなく、補欠やマネージャーだって、

感動を共有すること、できるんですよ。

たとえ、試合に勝てなくたって、勝利を目指す過程が大切。

みんなで協力しあい、目標に向かって努力する姿があればいい。


これはスポーツだけじゃないですね。

例えば、入学試験。

受験生がどんなに頑張ったって、テストの点が悪ければ

「不合格」 

入試は点数と言う結果のみ、合格・不合格の判定をするのですから。



今の時代、学校の先生も結果を重視するんでしょうね。

生徒の評価は、勉強・スポーツなど、結果だけで判断。

だから、定期テストや、走る・泳ぐタイムで、

勝ち組、負け組なんか、出来てしまう。


まあ、せめて親だけでも、結果だけを評価するんじゃなく、

結果へ至るプロセス(過程)を見守ってあげられるのですから、

普段、頑張っていることや、

ちょっとした努力や工夫を「ほめる」ことが、

大切なんじゃないでしょうか。

ダメな結果でも、一生懸命な姿を見守り、認めてあげて

ちょっとだけ、ほめてあげるんです。

人をほめるには、難しい表現や長い文章、ほめ言葉はいりません。

それだけで、子供はグンと伸びますからね。


私は、アメリカで暮らしたこと、ありますから・・・

こんな言葉、よく聞きましたよ!

「GOOD JOB!」

(グッド、ジョブ)とは、発音しません。

(グッジョブ)ですね!

(グッドは良いの意味、ジョブは仕事)

直訳しすれば、「いい仕事、したね、OK、いいよ!」

こんな感じでしょうか。

人をほめるときに使いますね、この「GOOD JOB」

よく使いますね。


野球でヒットを打てば 「GOOD JOB」

かわいいガールフレンドができれば「グッジョブ」

テストでいい点を取れば、もちろん「GOOD JOB」


たったひと言、ほめてあげれば・・・

うれしいモノだし、安心するし、グンと能力は伸びるんです。


昨夜の練習より

001_20130518030205.jpg
ヒロミチ&善ちゃん。

修道館の練習の最後は、ボディ打ち。

互いに、腹を殴りあい、ボディを強化します。


わたくし、昨夜、ヒロミチに・・・

「GOOD JOB]

「グッジョブ」

ほめられましたよ!

強烈なヒロミチの左レバーブロー(肝臓打ち)を喰らっても

床にうずくまり、倒れこむこと、なくなりましたよ。

今年の3月頃かな、最初は・・・

「ぐぇ、お前、俺を殺す気か!」

ヒロミチにボディを殴ってもらい、ボディの強化トレーニング!

一発でダウン、痛くて、床の上に倒れこんで、

毎日、うずくまってましたが・・・。


何度も繰り返し、殴られると、痛みに慣れちゃうんですよ。

最近は、ダウンしませんよ。

これだけは、センス・運動神経、関係ありません。

努力のみ。

この52歳の中年、いや初老のオジサンのボクだって、

強くなれるんだもん、ボディの打たれ強さだけは。


さあ、ボクサー・キックボクサーの皆さん、

毎晩、お腹を殴り合って、痛みに慣れちゃいましょう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。