館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間力。
私は、常々、言ってます。

「アマチュアは、結果より過程(プロセス)が大切。」

「プロは、結果あるのみ、過程は関係ない。」


学生生活のスポーツ大会、つまりアマチュアスポーツでは、

勝ち負けより、皆で協力・努力し合い、仲間を作り、

共に「喜怒哀楽」「感動」を共有することが一番大切です。


しかし、プロ選手は、結果がすべて。

試合までの過程なんて、どうでもいい。

勝てば、結果オーライ。



協〇ジムのチーフトレーナーの新井先生のお言葉。

「リングでは、技術や体力だけでない、何か持っている奴が強い」

「人間力を磨かないと、100%のちからをリングで出せない」

先日、電話での会話の中で、こんなお話をされてましたね。


わかりやすく言うと、プロのリングに上がり、スポットライトの下、

観客席の熱い視線を感じながら戦う中で・・・

精神的なタフさ、ゆとりある心の度量、冷静な反応・判断

こんなハートのある奴が、プロとして生き残っていくのだろうな。


実例。

ヒロミチ、プロボクサーとしての最後の2試合ぐらい。

戦っている最中に、相手との駆け引きが面白くて、たまらなかったとか。

あっ、このタイミングで、こんなパンチ!

練習中に、こんな瞬間、あったよな!

接近戦での肩の使い方、これ、先生(私)とのスパーで

やったな~!!

実に冷静に、試合を楽しむことが出来たんだってさ!

そう、ここまで冷静になれれば、強くなれるよ。

ヒロミチ、ちょっと引退、早かったな~。


もう少し、頑張れば(Kジムに移籍するのが条件)

・・・日本ランカーになって、日本タイトルに絡んでこれたかも。



悪例。

ハクト選手、日本プロキック連盟(NKB)時代。

戦闘中のことです。

1分間のインターバルの間、うがいをさせたり、顔を拭いてあげます。

普通は、セコンドが、技術的なアドバイスを送ったり、

選手が、自分の調子はどうですか? 

なんて会話です。


私とハクト選手の会話。

日本ウェルター級王座決定戦の大勝負なのに・・・

NHK新潟(テレビ)の、荒木さんだっけな~

名前を忘れましたが、美人アナウンサーがいたのです。

第1ラウンド終了

「先生、あのアナウンサー、綺麗ですよね~。」

「彼氏いるのかな~? 気になってしょうがない。」

おい、瀬〇選手のローキックに気をつけてくれよ!

私は、アドバイスするの、アホらしくなった。


いつも、試合中は、対戦相手のことよりも・・・

「けばいネーちゃんばっかですね、キックの試合会場は」

「ちぇっ、ボクシングの試合は、きれいな女の子多いんだけど」

「試合終わったら、三芳サービスエリアで、海老カレー食べたい」

「試合後の打ち上げ、もう、王将の餃子、行くのやめましょう」


後楽園ホールのリング上で、インターバルの間、

話題は、食べ物と女の子のことばっか。


相手選手のことなんて、話したこと、記憶にないですよ。

まあ、余裕があったってこと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。