館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
修学旅行。
私の頃は、中学校の修学旅行と言ったら、中学3年生の5月かな、

小春びより、いや初夏を感じる季節に行くものだった。

今は、3月が修学旅行のシーズンなんですね。

(たぶん、受験とか費用の関係かな)


私達、新潟県の中学生の修学旅行は、

定番の京都・奈良への旅なんです。

私は歴史が好きなんで、古都へ再び行きたいな~・・・

こんな思いありますね。


喧嘩小僧だった、わたくし・・中学3年の修学旅行のとき。

京都市内のどこだか、忘れましたが・・・

木刀をお土産に買った、どこかの中学修学旅行の団体のワルガキと!

(いや、僕もガキだったけどさ。)

喧嘩しましたよ、理由は忘れましたけど。

トイレで木刀をとりあげて、2人か3人、ボコボコにしてやり、

(相手は、顔面血だらけ)

ひょいっと!わたくしの学校の観光バスにとび乗って

「ハイ、さようなら!」

とんでもない、悪ガキでしたよ、わたくしは。

でも、毎回、定期テストや模擬テストは、クラスで1番か2番。

校内でも、いつも10番以内。

特に英語は、中学3年間、100点以外、とったことないしさ。

上越市に住む私は、小学校5年生の時から週3回、新井市(現・妙高市)

にある母方の実家の、3軒隣にあった学習塾に通っていたのです。

(親が車で送り・迎えする、おぼちゃま。)

小学校6年生のとき、すでに・・中学3年間の英語の勉強は、

すべて終えてしまってましたからね。

(当時は、小学校4年から剣道もやってました。)


中学校の英語の授業のときは、教室にいないで、外出。

当時、はやりのブルース・リーの真似をして、木造校舎にキック!

数年後、中学校の校舎解体が決まっていたので、

そのお手伝いをしてましたよ。

校舎は穴だらけ!

まあ、先生に見つかり、すごく怒られましたが・・・

成績が良かったんで、わたくし、ちょっと学校では教師にとって

扱いづらい存在だったのです。


さて、今、「大人の修学旅行」とか「還暦修学旅行」または

「修学旅行同窓会」なんて、旅の企画があるのだとか。


わたし、実は小学校&中学校の同窓会の幹事なもんですから、

まあ、子育てがほぼ終わった世代(今年53歳です)なんで。

いいね、2度目の修学旅行なんて、これいいい企画だわ。

企画・検討中でございます。

001_20130315022525.jpg
タクトから修学旅行のお土産、いただきました。


わたくし、生八ツ橋、あまり好きじゃないんだけど・・・

これ、けっこう、いけます。

イチゴ生八つ橋、ちょっと邪道だけど、うまかったです。

タクト、サンキュー!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いいっすね・・・
「修道館・大人の修学旅行」なんていう企画、考えましょうよ(笑)。

まあ我々の場合は、必ず珍道中になるでしょうが、風間さんが居る限り(爆)。

大阪行きましょう、大阪・・・。久々、川村さんにも会いたいなあ~
2013/03/15(金) 09:35:20 | URL | 白鳥タケル #-[ 編集]
今度、私は東京名物ヒヨコを持って館長の御宅に行きます。
2013/03/15(金) 11:52:38 | URL | 洋平 #-[ 編集]
タケル君、洋平へ
タケルへ

いいね~大阪か。
新今宮だっけ、激安ホテルもあるしな。

河村、電話すれば、すぐ迎えに来るからね!
いつものうどん屋で飯食ったあと、新地か・・

カワムラ金融のお世話になって〇〇〇に沈んだオ〇ナの所に直行でもいいけどさ。

いつも行く塩焼きソバ、お好み焼きのおいしい店でもいいけど、俺はやっぱ、新世界で串カツだな。

まあ、家族一緒だと、USJのパターンだろ、
タケルのうちも、俺んちだって。

カザマの夜のパターンは、まあ、日本中、どこに行っても同じ。

出〇い系サイ〇で地元の子、探すか、ラ〇パブ・オッパ〇パブで飲んだあと・・

「カンチョ~明日の集合時間、教えて下さい」

これで解散。

途中、北朝鮮の女〇工作員にやられましたとか、

中国共産党の〇性スパイに金、ふんだくられたとか・・・

必ずメール、入るんだよな。 (笑)


洋平へ、

あのね、ひよこは、いらんよ。前にも言ったでしょ!

エスティマハイブリッドか、マッサージチェアの方がいいな、ボク。



2013/03/16(土) 01:57:06 | URL | 館長 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。