館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あとがき。
今回の東京遠征の中で、一番のサプライズは、

なんと言っても、かっての練習生、ヤマトとの再会でしょうね。

土曜、協栄ジムでの練習を終え、新井先生に挨拶をしようとしたら

2人の若者がジム入会の説明を受けていました。

・・・「えっ、ヤマト」

・・・「あっ、先生」


もう5年前になりますかね、当時中学2年生だったヤマト。

練習の辛さから、黙って修道館を去っていったヤマト。

一時は、一生懸命頑張る姿に心を動かされ・・

ちょとだけ、その将来に期待したこと、あったのです。


以前の場所にあった協栄ジムに連れて行き、

プロボクサーとスパーリングさせた事もあったな~・・・。

そのヤマトが、なんと再び協栄ジムに現われ、

まさか私との再会なんて。


聞けば、今も上越市在住で、ある会社員となったそうな。

その勤務する会社の、研修の一環で東京にいるんだとか。

ヤマト、せっかく東京にいるんで、空き時間に

協栄ジムの見学に行ったのだとか。

彼も、まさか、かっての師匠である私と再会するなんて・・・

夢にも思わなかっただろうな。


ヤマトと一緒の友人、

「このジムにオータってプロボクサーいませんか」

こう言ってたな、高校の関係なのかな?

まあ、聞きもしなかったが。


だが、ヤマトのポケットにはタバコの箱がしっかり入っていた。

新井先生も、私とヤマトとの会話を耳にはさんで・・・

「ほんと、偶然なんですか?」

「でも、それ(煙草)持ってボクシングジムなんてさ・・・」

「甘くない世界だよ」

新井先生、厳しいお言葉です。


聞いたところ・・

ヤマトの職場には、なんと修道館の元・練習生であり、

花形ジムからプロボクサーとなった拓也も一緒に働いているとさ。


まさに、ワンツー、ダブルパンチだね。

行方不明だった拓也、まさか、こんなところで(協栄ジム)

その消息がわかるとは。


008_20130225233817.jpg
スパーリングを終えてから、17歳のプロボクサー・龍斗と共に。

龍斗の父親、40歳だっけ。

恐ろしい年齢差だね、龍斗の隣、俺、52才。(笑)


・・・・・・・・・・・・・・


これを運命と言うのか。

なんと言う偶然、しかし、これも縁なのか。

これでヤマトがプロボクサーとなり、

世界チャンピオンなんかに、なっちゃったりしてさ。

まさにドラマだね!


まあ、ありえないか。


20060803072925.jpg
花形ジムのプロボクサー・拓也

しかし、イケメンだったね。

私がプロボクサーに育てた、第4の男だった。

20080127000016.jpg
ヤマト、これはもう6年も前になるんだな。


そして、もう一点、書き記しましょう。

帰りの道中のこと。

大雪と道路凍結にて、高速道路の通行止めで、ロングドライブ。

長野県中野市で高速道路は通行止め。

長野県内は氷点下7℃まで気温が下がって、道路はツルツルでした。

野尻湖の周りは、高速道路からの迂回者で渋滞でしたね。

やはり冬の遠征、車での移動は大変です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
館長…犯罪者みたいです(笑)

拓ちゃん…久々に写真みた!(◎_◎;)
今の拓ちゃんみたいなぁ〜。
2013/02/26(火) 02:12:10 | URL | 洋平(白虎) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。