館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子育て。
「熱していなければ、人を暖めることはできない」

こう言う言葉があります。

教育に関する本を読んだ際、記憶に残っている言葉です。

子供や教え子に、こうなってもらいたいと思うなら、

まず親や教師が手本を示して見せるのが一番だということ。

私が修道館を設立したとき、常に体現しようと思った言葉です。


号令をかけるだけ、指示を出すだけの指導者にならないで、

私自身が練習着に着替え、一緒に汗を流し、対戦相手をつとめ、

攻撃や防御の基本や応用の技を体現すること。

これを心掛けた18年間でした。


「寝ていて人を起こすな」のことわざのように、

子供に早起きさせようと思ったら、自分は寝てられません。

人に指導すると言うことは、自分が起きて、立ち上がり、

実行すること。

言葉で教えるのと同時に、自らの行動をもって、

それを身につけさせなきゃいけない。

ここに 「人を育てる」難しさがあります。

ただ口だけで言って、躾や教育がすむなら、こんな楽な事はない。

私は18年間に、1人のプロキック・日本チャンピオンしか・・

育てられなかった無能な指導者でした。

でも・・確かに優秀な選手は、数多く育てられなかったが、

多くの若者の心を育ててきたという自負があります。


子育てとは、子供を大きくすることでなく、その心を育てること

この文章が大好きでね。

格闘技を通じ、不良やヤンチャな若者ともたくさん接してきて、

体は痛いし、きついんだが、でも練習が終われば、

心がホンワカするような道場にしよう!

これを心がけ、600人近い若者とバチバチやってきたのです。


しかし、残念ながら、私も老いましたよ。

肘の故障、アキレス腱の痛み、治りません。

だから、最近、指導の方は、若いヒロミチにまかせっきり。

(私は道場の掃除と石油ファンヒーターの灯油の入れ替えだけ)

(笑)

昨年、ムエタイの神・ゲンナロン選手との戦いを、

ムサシやダイチなど、自分の教え子に見せたヒロミチ。

今年も、やってもらおうかな!!

修道館では、自らの戦いを見せ、

「教育とは、心と魂を作りあげること」

このテーマを、体現してもらおうかな・・と思案中。


ヒロミチ、高校3年生のとき、スパーリングでボコボコにやられた

当時、プロボクシング・全日本新人王になったばかり、

今は、都内在住の日本スーパーフェザー級○位のM選手と、

リベンジのスパーリングか・・・


これもヒロミチ、高校3年生のとき、

(ちょうど中越地震の日なんです。)

当時、新潟市在住のアマチュアボクサー、

現・埼玉県のジム所属でプロ戦績18戦14勝2敗2引き分けと

いい戦績である日本スーパーフェザー級○位のA選手との

スパーリングを計画しております。


もちろん、教え子の目の前でやってもらいますよ!


こちらのA選手は、当時高校3年のヒロミチにスパーリングで

ボコボコにやられましたね。

A選手は、きっと覚えていますよ。

いじめっ子は殴ったこと、すぐ忘れますが、

いじめられっ子は、殴られたこと、絶対忘れませんから。


だから、ヒロミチも最近、練習生の指導ばかりでなく、

自分の練習をやってます。(少しだけ、20分ぐらい)(笑)


でも、自分を追い込む練習と言うより、

練習後にうまいビール飲みたいだけの、汗出しエクササイズかな?

(苦笑)
002_20130130043749.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
館長は無能な指導者なんかじゃないです。

館長から教わったことは格闘技だけじゃない。
人として道というのも教えてもらいました。

だから、やめていったジム生達が、また館長のもとに戻るんです。

俺は館長に出会えて本当によかった。

心から感謝してます…。


2013/01/30(水) 08:04:22 | URL | 洋平〔白虎〕 #-[ 編集]
洋平〔白虎〕へ
あんがとよ。
ほめてもらうほどのもんじゃ、ないけどさ。

フリッカージャブとスマッシュ1発!

あれだけだな、作戦ドンピシャだったのは。

S尾君の夢とアゴ、砕いた一撃。

しびれたよ。 今でも鮮明に覚えてる。

でもね、私だって、選手や練習生から、何か教わったようなもんさ。

必死の力、必死の心を学ばせてもらった。

DVDで見た山の内戦、あれも凄かったな。

リングで寝んねしてれば楽なんだけど・・・

立ち上がれば、痛めつけられるのわかってる・・・
そんな流れの試合なんだけど、立ってくるんだから、アホな奴。

(当時の指導者は、どなたか知らないが)
これは指導者の教えじゃない。
まさに、不屈の魂と本能なんだろうな。

そんな、大馬鹿野郎、好きだけど。

まあ、観客は、おお喜びだったろうな、

やってる本人は、試合終わった次の日!!
足が痛くて、タマランチだったろうに。

(笑)

なんでこんな、思いしなききゃ、いけないのか・・ってさ。

で、また、痛さが、消えれば、再びリングに上がるんだからね。

アホだわ。(笑)
2013/01/31(木) 03:56:57 | URL | 館長 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。