館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月収。
スポーツニュースを見ました。

プロ野球・巨人の阿部選手は、5億7000万円で契約更新。

プロ野球選手は、年収を12等分して受け取るので、

月収、なんと4500万円なり。


最近、新弟子検査の募集に人が集まらない不人気のお相撲さん。

サラリーマンのようにお給料をもらってます。

月給は、十両が103万円、前頭が130万円。

大関が234万円、横綱が282万円。


さて一般の方。

大きな銀行、商社に勤めるサラリーマンは、

30歳でだいたい年収が1000万円の大台とか。

つまり、月給60万円ぐらいかな。

(エリート官僚は、30歳・年収約800万円ぐらいとか。)


同じプロ選手でも、プロ野球の独立リーグの選手は、

シーズン中は、月給20万円。

シーズンオフは、選手の皆さん、アルバイトだとか。

サッカーのJ2以下の選手も同じ待遇らしい。


そして、ほとんど趣味のレベルと言われる格闘技。

プロボクサー、デビューしたばかりの4回戦の選手は、

ファイトマネーは、4万円かな。

プロキックボクサーの3回戦も同じくらいでしょうか。

しかも現金でもらえる選手は、ごくわずか。

(1年間で3試合か、4試合のみ。)

ほとんど試合のチケットを渡されて、

「自分で売ってきなさい、売った分だけあなたの収入です。」


まあ、プロフェッショナルと言うからには、

すなわち、スポーツで食べていきたい・・・

つまり職業欄に「プロ○○選手」と書きたいのですが・・・


厳しい現実。

不況の真っ只中。

若者は、夢を追っかけられない時代なのか。

あてのない・・果てしない夢より、公務員希望。

派遣じゃなくて正社員希望。

ボーナスが少ない日給月給より、安定・大企業の社員希望。


ちょっと悲しい現実。


でも、まばゆいリングの下で勝者となった一瞬の喜びは、

お金じゃないんでしょうね。

だから、後楽園ホールのリングの輝き。

あの輝きは、尊いモノなんだな。・・と、つぶやく。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お金じゃ買えない何かを得られるけど、現実はやっぱり厳しいです。
でも、俺は後悔はないです!
やってよかったと思います。
2012/12/21(金) 08:37:37 | URL | ハクト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。