館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
履物。
 はきものをそろえると  こころもそろう
 こころがそろうと  はきものもそろう
 ぬぐときにそろえておくと はくときに心がみだれない

 だれかがみだしておいたら
 だまってそろえておいてあげよう

 そうすればきっと
 世界中の人の心も  そろうでしょう


この詩は、永平寺・道元禅師の「教え」だそうです。

いいお話しを聞いたので、ネットで調べたのです。


実は、昨日、ある法事に出掛けました。
お坊さんのお経を聞き、食事会に参加する・・・。

まあ、退屈な時間が過ぎて行く中、
お坊さんのお話しで、「!」

「これは良いお話しを聴かせていただいた」

ちょっと感動したことがありました。

それが、「履物は心の有り様をあらわす」

というお話しでしたね。


集会や宴席の時、トイレに入った際、

履物が揃っていると・・「!!」

たいへん気持ち良く、お手洗に入る事ができます。

大勢の人が使っていても、いい人ばかりいるんだな~。

こんな思いをするもんですね。

しかし、そろっていないと「もーいや!」と心が乱れる。


つまり・・・

足元の靴がどうなっているか振り返って見て、揃えなさい

これが禅宗の教えなんだそうです。

自分の足元とは、

「我が身」、「我が心」を振り返れということです。

誰かがやるだろう・・こんな考えを改め、

自分が率先して、足元をそろえ・・・

ゴミを拾ったり、汚れを落としたり、掃除をすること。

それこそが、わが身を清めるものなんだそうです。


いいお話しでした。

まずは、自分の家で、脱いだ靴をそろえましょう。

家族の人の靴もそろえましょう。

そして、よそに行った時も同様に。

そうすれば、我が身、我が心、振り返れます。


トイレがキレイな会社は、業績が良い。

高価でなくとも、手入れの良い靴をはいている・・
社長・社員は、「仕事ができる人」

これは私が社会人になった時、習った言葉。

同じ意味合いなんでしょうね。

スーパードライ
久々にビール、飲みました。

寒くなっても、うまいんだな~。

やっぱり、これだわ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenny634.blog47.fc2.com/tb.php/2721-5f003054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。