館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 もしドラ
「もしドラ」とは、

もし高校野球部の女子マネージャーがドラッガーの
「マネジメント」を読んだら(岩崎夏海著)

260万部を超える大ベストセラーです。

では、そのドラッカーの「マネジメント」の一文を紹介します。


人のマネジメントとは、人の強みを発揮させることである。

人は弱い。悲しいほど弱い。
問題を起こす。手続きや雑事を必要とする。

人とは、費用であり、脅威である。
しかし、人はこれらのことゆえに雇われるのではない。
人が雇われるのは、強みゆえであり、能力である。

組織の目的は、人の強みを生産に結び付け、人の弱みを中和すること。


解説:ドラッカーはほとんどのマネジメント理論が
   「人こそ資源」と言いながら、言葉だけに終わっていることを
   指摘しています。

人に強みを持たせるには、

1、仕事に責任を持たせること。

2、人を生かすべきものとしてとらえればいい。

3、強みが成果をもたらすような配置をすればよい。

簡単なようで難しい。


ioka_20120413055617.jpg
注目の一戦、決まりました。

写真の井岡選手が対抗王者・八重樫選手と、

プロボクシング・WBA・WBCミニマム級統一戦。

ドラッガーいわく、

我々の事業は何か、何であるかを定義する。

そして顧客は誰かを考えること。


プロ格闘技の定義は、感動を与えるためのスポーツ。

顧客は、親、コーチ、師匠、サポーター、応援者、

そして観客やファンなど、格闘技に関わるすべての人。


井岡選手と亀田選手、同じテレビ局なのに、

路線というか戦うポリシー違いますね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenny634.blog47.fc2.com/tb.php/2626-985c16b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。