館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
優しさ。
最近、懐かしい連中が、よく顔を出しに来てくれます!

かって、修道館で頑張ってた練習生や、プロ・アマの元・選手です。

皆、生きいきとした、いい顔をしてました。

(ケンタ・カトーさん・イイトモ・ソーマ・タケル・・など)

(ほか、ブログには登場しませんが、かっての卒業生・OB達!)


なんで、みんな、いい表情になってるんだろう?

よく考えてみました。


私生活が(仕事・家庭・恋人など)充実しているからかな?


いえいえ、そんなことはない。

うちに顔を出すみんな、パーフェクトな状態じゃありませんよ。


金銭的に余裕があるってわけじゃないし・・・

(そんなのは、ビル・マンションオーナーの、カツ館長だけじゃ!)


皆が皆、いい恋人・伴侶に恵まれ、

そして、家族間、うまくいってるわけじゃない。

(独身や、バツいちが多いんだよね!)


自分に自信をもってるからかな?


ん~ん、はっきりそう言えるほどの・・・

サクセス・ストーリーの人物象には、ほど遠いと思います。


じゃあ、なんなんだろう、あの、いい顔、

いい表情をしている源(みなもと)は?


それはね、何か、人のために頑張り、尽くしている・・・

そんな優しさや、サービス精神から来る、

人としての、心の幅の広さを!

私が感じとったんだろうな。


自分のためではなく、人のために働き、動くこと。

戦いの場から去った人間は、これができなきゃ、ダメなんだな。


格闘技の世界に生きる者、強者への道を進む者は、

ある意味、利己主義でワガママなもんです。


自分さえ勝てばいいんですから。

相手を蹴落とし、相手の夢を潰して、生き残っていくんですから。


周りだって、気を使ってくれるでしょう。

減量でピリピリした時だって、あっただろうし、

家族は、皆、気を使ったことでしょう。


しかし、戦いのリングから降りた時、今度は、

逆に、誰かのために・・

なんかをする人間にならなきゃダメなんです。

しかも、見返りを求めない、無償の愛を持って、人に尽くすこと。

これが出来る人間は、いい顔になっていくんです。


逆に、いい顔・いい表情になれない奴ってのは、

いつも、誰かに、何か、してもらっているだけの人。

ダメですわ。

そう、環境が変わったって、本人、変わってませんもん。


いつも、世話や人の優しさを受ける側だけ。

誰かに、何かをしてあげること、やってませんから。


つまり、優しい人間になれないってことかな。

そんな人は、心に余裕がないから、

いい顔・いい表情、作れません。

もちろん異性にとって、魅力的な存在には、成りえません。


もし、これを読んで、「ハッとした」人。


他人に対し、優しいこと、何か、してあげてますか?

いつも優しさを、受けるだけになっていませんか?

よく考えてみましょう。


ただね~・・

サービス精神旺盛だけだとさ、

空振りした時、落ち込んだり、逆キレしちゃうんだよな~!

しかも、恩着せがましい奴になるしさ。


あっ、これ、自分のことですわ。


(苦笑&汗)


WBC世界ライトフライ級チャンピオン ローマン・ゴンザレス(左)
ロマゴン
最近、好きなボクサーです。


左ボディ・アッパーの打ち方が美しい。

井岡選手との対決、見たいな~!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenny634.blog47.fc2.com/tb.php/2325-9efa619a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。