館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢・ロマン・情熱。
アメリカの実業家であり、詩人で教育者でもあった、

サミュエル・ウルマンが書いた詩、「青春」という作品を紹介します。

ウルマン氏が68歳の時に書いたもので、

米国の軍人・マッカサー氏や、松下幸之助氏が座右の銘としてきた

と言われてます。

・・・・・・・・・・・・

一部抜粋します。



青春とは、人生のある期間を言うのではなく、

心の様相を言うのだ。

優れた創造力、逞しき意思、炎ある情熱、安易を振り捨てる冒険心。

こう言う様相を青春と言うのだ。


年を重ねただけで人は老いない。

理想を失う時に初めて、老いが来る。

歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に、精神はしぼむ。


人は信念と共に若く、疑惑と共に老いる。

人は自信と共に若く、恐怖と共に老いる。

希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる。

・・・・・・・・・・・

要するに、若さの基準は年齢ではない。

夢を持っているかどうか、

夢を実現するための、情熱があるかどうかなのだ!

ウルマン氏は、こう語っている。


最近、夢やロマンを語れなくなっている・・自分が嫌になります。

いけませんね、こんなんじゃ。

今一度、再スタートに向けて、充電し直しております。



今、充実感のない人。

自分の夢やロマンを語れますか?

私自身、自分に問いかけてますが、大切な事ですね。


男の魅力ってのは、容姿なんかより、やはり、これでしょうな。

そして、夢と情熱を失った時が、老いであり、引退の時なんだろう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenny634.blog47.fc2.com/tb.php/2302-5fe3eab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。