館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
報告。
ここ3日ほど、左ひじの具合が小康状態だなと思っていたら、

昨日、また激痛が走り、腕の曲げ伸ばしができない状態です。

この2週間、病院も2か所通ってみましたが、結果は同じでした。

ひじの酷使により、骨と骨のクッション材になるべき軟骨が摩耗し、

痛みとなっていること。

関節および、その周辺の骨そのものが変形している状態。

人工関節等、外科的手術をしても、

良き効果は望めないとのことでした。

対症療法として、痛み止めの薬を飲む事と湿布すること。

そして、安静するしかないとのことです。

どうやら、この診察結果を受け止めるしかないようです。


左腕は、運動すること、鍛えること自体、もう私にはできません。



右利きの私にとって、リードブローとなる、速い左ジャブ。

かって握力が、65もあった左手のパワー。

この左手、左腕の機能を失うこと。


「もう一生・・治らない。」

私としては、かなりショッキングな宣告でした。


しかし、私も人生の折り返し地点をはるかに超えた年齢となり、

体を鍛える事が唯一の趣味だった生活スタイルを、

今一度、見つめ直す時期が来たのだと・・

自問自答の後に、こう悟るしかないのです。


また時を同じくして、東日本大地震によって、

生活スタイルを考え直す必要性に迫られた日本の現状を考えますと、

私のケガなんて、ほんの小さな出来事であり、

いつまでも立ち止まり、悲観していているばかりではいけない。

オーバーな表現かと思われるでしょうが、

苦しんだ中での、私の結論ですね。


(絶望から復興へと歩み出す、被災者の方の心境を思いばかると)


さて、このつたない文章を日々重ねてきた、ブログ 「館長日記」。

私のコンディション不良もあり、毎日の更新は無理ですので、

思いつくまま、書き記すスタイルに変えていきます。


格闘技への関わりも、

少し距離を置いた観点からの私見となるでしょうし、

私の日々の暮らしぶりも、このケガによって大きく変わりそうです。


不定期となりますが、

駄文・拙文を書き記すか、写真のみを転載するか・・・

今、思案中であります。


今、思うに、人が至福を感じる瞬間は何か?

つくづく考え直させられますね。


健康で、明るい笑顔のある暮らし。

家族で楽しくご飯を食べれること。

あまりにも単純明快なんですが・・・実感しております。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenny634.blog47.fc2.com/tb.php/2298-a5de901f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。