館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自立。
今、通っている病院の待合室で読んだ本。

題名は忘れましたが、

「おひとりさま術?」とかいう、タイトルの本だったかと思いますが。

この本、老後の快適な過ごし方の本でしたが、

たいへん、面白かったですね。

老いてから、自立すること・・結構、きついです。


今の時代、親離れ・子離れ できない親子関係が

多いなと感じますので、老後だけでなく・・

若者に関しても、自立について、ごく簡単にメッセージ。



男女を問わず、人は、18歳または、22歳の青年期と

社会において、定年である60歳ぐらいの老年期において、

自立が必要と言われます。


ここでいう自立とは、一般的に

①経済的自立

②精神的自立

③生活的自立

④身体的自立

この4つを指すそうです。

これは、おひとりさま術??とか の本に書いてあったのを

メモした言葉です。


女性の場合、既婚・未婚では、大きく違いますが・・

経済的自立が、大きな問題ですね。

男女雇用均等法が、社会に根付いてきたとは言え、

特に地方都市では、なかなか、いいお仕事、ありませんからね。

特技を活かしたり、国家資格などを取って、

来たるべき時に備えないと。

ひとりになった時、どうやって、生きるために稼ぐか?


男性の場合、母親・妻に頼ってきたバックボーンがあるので

精神的自立、生活的自立が一番の問題でしょう。

なんかあっても・・親が心配してくれる。

また、親が過干渉なんで、不自由しない。

青年期に自立できない人、多いですからね。


あとは、料理・洗濯・掃除など。

一人暮らしの経験がなく、ずっと親元での生活の人。

または、妻に、家庭内のこと、まかせっきりの人。

いざ、自分でするとなると???

ダメなんでしょうね。


自立という言葉。


どんな年齢においても、いつも・・心掛けないと、

社会変動の激しい時代、生き抜くのは、大変かと思います。


昨夜の練習より
P1170778.jpg
ダルビッシュ・ショウタロウ、昨夜は、いいスパーリングでした。

ノーモーションの右、ビシバシ、決まりました。


でも、転職活動が・・うまくいかない。(泣き)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenny634.blog47.fc2.com/tb.php/2136-0a7bae9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。