館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
限界。
私、大学を卒業して、東京都内で就職しました。

満員電車の地下鉄で通う、普通のサラリーマンでした。

当時は、バブル景気の少し前。


ただ、普通の人と違う1年間、ありました。

「よし、アメリカに行こう」

こう決めた日に、自宅・アパートのそばのコンビニへ、面接に行き

昼間は、朝8時から、夜9時まで、サラリーマン。

毎日、残業でしたよ。

帰宅してから、毎日、午後10時から、早朝6時まで、

コンビニでのバイト。

こんな生活の1年間だったのです。

アメリカに行く、資金、300万円を貯金するためですよ。

いつ、寝たのか? ですって。

お昼の休憩時間、たしか、45分ありました。

昼飯、5分で食べて、40分、爆睡です。


人間、やる気です。

若さと根性あれば、気合いで乗り切れるんですよ。


当時は、25歳かな。

その後、もう少し、経ってから、

まあ、アメリカから帰国してからですが

私、会社を作ったんですよ。

社長! なんか、カッコイイですがね。

社長とは、名ばかり。

当時は、またまた、たいへんでね。


早朝、自転車に乗って、自分の会社のビラ配り。

私の始めた会社、学習塾と英会話学校のチラシの宣伝ですよ。

ビル・マンション、住宅のポストに入れましたよ。

そのあと、自分の会社に行くって思うでしょ?

ブブ~。


私、土方(どかた)のバイトです。

建設現場で、肉体労働してたよ。

びっちり、汗を流しながら働いて、1万円もらったかな。



昼間、土方をしながらも・・・

私には、人脈があったんで、

今で言う、フリーターの若者を使って、

(プラプラしてた、若い奴らと仲良かったんでね)

人材派遣の仕事もやっていたんで、

当時、出始めたばかりのドコモの携帯電話(ムーバって言ったな)で

仕事の指示をしたよ。

作業員が欲しい建設現場、工場の責任者から、電話を受けて

若いプー太郎の若者に、「○へ行け。駅に迎えの車が来ているから」

こんなやり取りの毎日だよ。


この時だけ、「社長さん」だよ。

電話を切れば、また、ただの土木作業員だよ!


午後5時に、土方のバイトが終わって、

5時半からの塾と学校の準備して、授業や講師の派遣の段取りして

午後9時半に終わり。

そして、午後10時半から、また、別のアルバイト。

車の運転代行です。

朝3時か、4時までやったかな。

だって、働かないと、事務所の家賃、従業員の給料

払えないだもん。


いや~この頃も、きつかった。

寝る時間、なかったですわ。


でもね、気合いですよ。

人間、やる気さえあれば、できるんですよ。

やれない理由、できない言いわけ、考えちゃいけない。

できる方法、考えるんです。


私、頭、いいつもりだったが、

当時、会社起こした頃、ダメだったな~。

うまく、お金儲け、できなかった。

だから、肉体で稼ぐしかなかったよ。

言いわけしません。

寝る時間、削れば、稼げるんだもん。


昨夜は、キッズクラスはお休み。

でもね、来ちゃったよ!
PB180613.jpg
キョッピー。 かわいい奴だよ。

今日の期末テスト、バッチリだから、練習に来ました とさ。

でもね、オヤツだけ、食わせて、家に帰しました。

「勉強は、ここまでで、OK。」


そんなこと、ないんですよ。

限界の線引き、かってにしちゃ、いけません。

テストの終わり時間、最後の1秒まで、「勝負」なんだよ。


タクトも練習に来たけど、ノリコさんのお手伝いやって、

一緒に勉強して、お帰りでした。


変わった?? 習い事だよね、修道館はね!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenny634.blog47.fc2.com/tb.php/2050-b80b8a9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。