館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
役目。
小さい子供が、転んだら・・・

「大丈夫?」 すぐ、手を差し伸べるのが、母親。


「もたもたしないで、速く、起きなさい」

こう、叱咤激励するのが、父親。


母親は、子供を100%受けいれ、

無条件で子供を抱きしめていいモノ。



友人、先輩、後輩、先生、上司、学校、会社・・・

自分を取り囲む、あらゆる人々が自分の敵となっても

お母さんだけは、味方。 

お母さんだけは、自分を守ってくれる。


賛否両論あるだろうが、まあ、母性とは、そんなもの。

子供の最後の砦、支えとなるのが、母親の存在かな。


これに対し、父親は、生きる術(すべ)を教えなければならないから

転んだくらいで、ピーピー泣くな。

速く起きて、歩きなさい!


こう、言わなければならない。


子供は、いつか、巣立ち、社会に飛び出て、

いろんな敵、問題と立ち向かわなければいけないからね。


もし、家族状況が、母子家庭、または、父子家庭の場合、

親は、両方、その役割をしなければならない。


片方だけに偏ると、子供は、真っすぐに育ちません。


あとね、社会には、いろんな職業があります。

(不況の昨今、就職に関しては、厳しい状況ですが。)

まだ、少年期・少女期において、就きたい職業に関し、

または、興味ある仕事に関し、

子供自身が自分で調べることが一番大切です。

親も、偏った考えを持ってはいけません。


勉強して、いい学校に入りなさい とか。

または、まったく、子供の将来に関し、放任主義か、

無関心なのもいけません。


まあ、この件については、またの機会に書きましょうかね。


昨夜の練習より
001_20100731062220.jpg

練習後の、水浴び、みんな大好きです。
002_20100731062238.jpg

皆、いい顔してますね。

練習は、地獄なんですがね。


この水浴びのあと、かき氷と、とうもろこし、食べました。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenny634.blog47.fc2.com/tb.php/1889-18db6056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。