館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卒業。
3月19日(木)、2人の卒業の日を迎えました。

まずは、うちの次男、スズノスケです。

我が母校でも、ある高〇高校を卒業しました。

進路は・・もう1年、予備校に通い、来年の大学受験リベンジです。

(苦笑)

そして、もう1人、ダイチが修道館の卒業です。

上京前日、我が家に挨拶に来ました。

東京でアルバイトしながら、協〇ジムに入門し、

プロボクサーとして挑戦する道を選びました。

スズ、ダイチ、自分に厳しく、努力するのみ。

2人の旅立ち、見守って行きます。

P3191253.jpg
スズのスーツ姿、もう18歳です。

P3191271.jpg
卒業式にて

P3191272.jpg
ダイチ、うちで最後の夕ご飯、食べて行きました。

のり子さんの手料理、大好きなんです。

P3191273.jpg
ヒロミチからびっちり鍛えてもらい、ここまで成長しました。

プロボクサーとして、果たせなかったヒロミチの夢も

ダイチが引き継ぎます!

P3191274.jpg
私がプロボクシング界に送る、最後の教え子だろうな・・・。

ダイチがボクシングを始めるきっかけは、意外にも・・・

スパーリングでスズにボコられたのです。 (中学2年の時)

家族で応援するよ、世界に羽ばたけ!
スポンサーサイト
変える。
「今日の言葉」

自分が変われば相手も変わる

心が変われば態度も変わる

態度が変われば行動も変わる

行動が変われば習慣も変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

運命が変われば人生が変わる.


今、自分が変わらなきゃ・・・ って思ってます。

人生を変えたいから。

しかし、現実は厳しいのです。

月曜日の練習より
P3161247.jpg
キョウスケ

P3161252.jpg
ヤジロベェ

強くなったな、この2人。 大きく変わった。

中学生の時は、太ってて、走るのも遅かったヤジ。

もう、ボクシングは辞めます・・・って宣言したキョウスケ。

でも、変われるんです、
いや、変えたんです、心の持ち方を。

変われないのは、今のボク。 

(泣き)
春近し・・・と願うなり。
久々の更新です。

私を取り巻く環境が、昨年末から大きく変わったので
「館長日記」なるブログの更新も、減りました。

その環境の変化とは、私の体調不良に加え、仕事の変化、
妻の大きな怪我(坐骨神経痛・ヘルニア)
そして次男の受験と言う、うちなる要因が重なった事が大きい。

もう一つは、練習生が減ってきたので、一週間のうち、
練習生が来ない日も多くなったことです。

月曜から金曜日まで、毎晩、練習生がガヤガヤ集まった我が家も
めっきり、静かになりました。

昨年12月の大雪に始まり、どんよりとした空気が
いつも私の周りに漂い・・・

心が暗い、マイナス思考の感情を抱くことが多くなり、

いつしか、これが世に言う 「鬱」→ うつ なのか?

さすがの私も、精神的に滅入る日が多かったのも事実です。

「今はどうなのか?」 こう聞かれると・・・

「もう、大丈夫、OKです!」 と、素直に言えないのが
辛いのですが・・・。

振り返れば、20年間、仕事と道場、家庭人としての時間など
一直線に突っ走ってきた感じかな。

住宅ローンを抱えていたので、転職の際も
凄いプレッシャーがあり、どの職場でも必死でした。

(楽な転職なんて、本当はないのです)
(表面上、辛い顔を見せなかっただけ)

「ちょっと一息入れなさい」
「少し休んで、またゆっくり走り始めなさい」

神様が、こんなこと言ってくれてるんだよ!

こう思うようにと、腰痛から治りつつある、のり子さんに
実は、励まされてるのです。

時代の流れなのでしょうか、再び、格闘技ブームが来るとは
思えません。

かってのように、テレビのゴールデンタイムに
ボクシングやK-1の放送があった頃とは違います。

つまり、練習生がドンドン増えるなんてことはないでしょうね。

道場の方向性も真剣に考えなければと思っています。

春、もうそこまで、来てますね。

さて、また明日から1週間が始まります。

事件への思い。
川崎で起こった殺人事件の報道に心が痛みます。

もっと、周囲の大人が踏み込んだ行動をとれなかったのか。
事件の概要がわかるたびに、切に思います。

しかし、人間の記憶とは悲しいモノ。
つい、先月にあった和歌山県の小学生殺害事件の報道が
少なくなると、事件そのものが風化してしまうような感じです。
まだ、事件の全容が分かっていないはずですが。

被害者や残されたご家族の心中を察すると、
本当に切ない思い、いたたまれないのです。

小学生から高校生の子を20年間、格闘技道場に関わり
預かってきましたが。
教師や親に代わって、私に何か、役立つことはないだろうか、
こんな思いで子供たちと接してきましたので。

このような痛ましい事件があるたびに
残りの人生、子供の防波堤になるような・・・

何か、そんな存在になりたいと、思っています。

昨夜の練習より
P3041293.jpg
心を動かす。
こんな言葉があります。

人の心は、指示や命令では動きません。
人の心を動かすには、「感動」や「驚き」を与える事が必要です。

ここで言う人とは、目上の人、つまり上司・先生とか、
部下、生徒、つまり、通常の上下の命令系統、
そして、同じ目線の同僚、同級生。

すべての方にあてはまる。

私は、けっこう、お山の大将気質だったので、
リーダーになる機会が多かったのですが・・・
あまり、良い手本ではなかった。

上に立つ者は、下にいる者の能力を最大限に引き出す事が
一番の役目でしょう。

そのためには、心を動かすしかないだろうな。

プロ野球の監督さんの管理手法、いろいろありますね!

常に、上から目線、命令口調でもダメ。
ギチギチに管理されたのもダメ。
自由奔放にやらせるのもダメ。

じゃあ、何がベストなのか?

結果を求められる、プロの世界。

スポーツ、ビジネス、皆、同じです。

人の心を動かすには、どうしたら、いいか?

この原点を考えることが大切ですね!


さて、もう、3月なんですね~。

こちらは朝から、あられが降ってますが。

今日も、一日、スタートします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。