館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BBQ
まだ、新潟県は、梅雨明けしておりません。

どうなってるんでしょうか。

今から、13、14年前かな。

とうとう、梅雨明けしないまま、夏が終わった年、ありましたね。


さて、今年の夏、やりたいこと。

それは、BBQ(バーベキュー)ですね。

(いつも、七輪で焼肉してましたが)


私、アメリカに住んでいた頃、何が一番おいしかったか?

・・・もちろん、BBQでしたね。


牛肉は、まあまあの味ですが、実はソースがうまくないんです。

なんか、甘いだけでね。

だから、醤油は、必需品でした。

(味付けは、塩・コショウ・醤油)


あと、アメリカ人の大好物といえば、やはり、マシュマロですね。

棒にマシュマロを刺して、焼くんですよ。

焼きマシュマロ、これが定番のデザートです。


002_20130730064323.jpg
これ、タケル君に頂いたBBQソース。

おいしかったです!


昨夜の練習より
001_20130730064440.jpg
キョウスケ、パンチ、あるな。


全身のバネ、エクセレント!

ただ、すべて、直線的なんで。

もっと、アタマ、使わないと。

スポンサーサイト
持っている。
最近、よく聞く言葉。 「持っている」

例えば・・「あいつは、持っている!」


簡単に言えば、

運がいい奴、または、ワンチャンスをモノにする奴。

こんなことを指すのでしょうか。


逆に運のない人。

運のない人は、だいたいが欲張りですね。

あれも、これもかなえたい。

こんな人は、ダメなんですわ。


逆に、チャンスをつかむ人。

これはもう、無欲な人。 間違いないね。

欲がある人は、「捨てられない」人。

捨てられない人は、何も成し遂げられないんだな。

捨てなきゃいけないのは、物欲、名誉欲、その他もろもろ。

ゆえに、チャンスをつかむ人は、捨てることのできる人。


私に、欲はあるか、ないか?

まあ、正直、お金だけは欲しいね、素直に。


ん~ん、今、一番お金、かかりますし

今後、もっと、必要な、数年間となるからね。


オレオレ詐欺かと思うほど、大学生のムサシは、ノリコさんに、

「〇〇があるんで、お金、郵貯のキャッシュカードにお金入れて!」


スズにも、いろいろ、お金、かかります。




金曜日の練習より
001_20130728003615.jpg
アッパーが最近良くなった、ハルキ。

高校生の試合じゃ、アッパー、打たないから、身につけたいね!
流れ。
故・美空ひばりさんの名曲 「川の流れのように」


知らず知らず 歩いて来た

細く長いこの道

振り返れば 遥か遠く

故郷が見える

でこぼこ道や 曲がりくねった道

地図さえない それもまた 人生

ああ 川の流れのように

ゆるやかに

いくつも時代は過ぎて

ああ 川の流れのように

とめどなく

空が黄昏に染まるだけ

・・・・・・・・・・中略

ああ 川の流れのように

おだやかに

この身をまかせていたい

ああ 川の流れのように

いつまでも

青いせせらぎを聞きながら


・・・・・・・・・

いい歌ですねぇ。

水泳を始めたとき、まだ、泳げなかった幼い頃。

浮かぼうとして、手足をバタバタさせればさせるほど、

体が沈んでしまい、おぼれそうになってしまう。

こんな経験、ありますか?

流れにさからって、必死に手足を動かしていると

逆に流れに飲み込まれてしまう。

しかし、流れに身をまかせ、ちからを抜くと・・・

体は浮いてくるし、岸にたどり着ける。


・・・人生、人の生き方も一緒だと、説く人、多いんだろうな~。

まあ、私は、そんな偉い、大先生じゃありませんが。

大きな流れの中、あわててジタバタしたってしょうがないっす。

ちからを抜いて、楽しく、面白おかしく生きようじゃありませんか。

あまり、セカセカ稼いでもしょうがないし、

人のために何かをし、人の喜ぶ顔が見れて、

その日を力いっぱい生き、笑顔のある毎日をおくること。

人生の至福はそこなんじゃないかな~・・・。


今週は、2つの葬儀に参列しました。


そこで感じたことなんです。


アルゲリョ
故・アレクシス・アルゲリョ

元世界3階級制覇の世界チャンピオン。

ニカラグアの貴公子。

リングのクラーク・ゲーブルと言われた美男子ぶりと

基本に忠実なボクシングスタイル。

強いチャレンジャーしか選ばない、チャンピオン。

自分が挑む王座は、常に最強のチャンピオン。


最高にカッコいいボクサー。
臨機応変。
感銘を受けた言葉、座右の銘にしたい文章。

読んで感動した本や映画。

だれでも1つや2つあるものです。


最近、私が知った言葉は、・・・


「吾れ日に三たび吾身を省みる」  孔子「論語」より



解説:

日に何度も反省し、自己の内面を見つめることが大切。

すなわち反省が人を向上させるのです。


とかく、お山の大将になりがちのわたくし、

謙虚さが大切だと実感しております。

こんなとき、この言葉、思い出すようにしてます。



「明日、死ぬかのように生きろ」

「永久に生きるかのように学べ」  ガンジー。

一瞬たりとも気を抜くことなく、必死で生きていかねばならない。


こんなニュアンスでしょうか。


でも、私だって人間。

時に休みたくなるよ。

そんなときは・・・


「Let it  bee](レット・イットゥ・ビー)

同名の歌、ビートルズが歌ってましたね。


Let it bee


直訳すると「なすがまま」と言うこと。

力まず、肩のちからを抜いて、

川の流れの身を任せるように、生きることも、時に大切かな!


ん~ん、こんなときもあるさ。

開き直ってね!



昨夜の練習より
001_20130725063817.jpg
とにかく走るのがスタミナ強化の基本。


この夏、ガンガン走らせるよ!


倍数ダッシュ、やらせますよ。


倍数ダッシュ→400m1本、200m2本、100m4本、50m8本。

ラスト800m1本ダッシュのあとに、400mをゆっくり流す。


梅雨空。
4日ぶりですね、さてブログ再開です。

新潟県は、まだ、梅雨が明けてないそうでして、

不安定な天気が続きます。

さて、何を書こうかしら。

まずは、昨夜の試合から。


本当は、招待チケットがあったので、観戦しようかなと思ってた・・

昨日の世界タイトルマッチです。

ずばり、言いますが・・・

「会場に行かなくてよかった。」

これが正直な感想ですね。


春にあった同じ階級(バンタム級)の世界タイトルマッチ。

山中チャンプ VS ツニャカオ選手。

素晴らしい試合でした。

レベルの高い技術戦、見ごたえある試合でしたね。


そして、同じ、日本VSフィリピンの構図である

昨夜のタイトルマッチ。

遅い放送時間だったので、道場タイムのあと観てたのですが・・・

あまりにも退屈、なんてつまらない試合。

いや、まるで、スパーリングだな。


以上が感想ですね。


さて、お話、変わりますが、私、あまり好きじゃないタレント。

ナルシストの典型。

ゴーヒ〇ミさん。

ある雑誌を読んでいたら、彼のコメントに共感したと言うか、

私が、常々、教え子に言う言葉と重なってましたね。

それが「取捨選択」と言う言葉。


彼の言葉です。

やりたいことを全部なんて無理です。
何を我慢し、何を捨てるのか。

僕は動ける体をキープするために

夜更かしをしない。
アルコールを控える。
夜間にものを食べない。

とか、いろいろ「捨」を作るわけです。

・・・・・・・・・・・・・

明確な目標があるし、そのための取捨選択はシビアにしている。

つまり犠牲を払わないといけないということです。

何かを得るためには、自分が注ぎ込む時間やお金、労力は
犠牲を払わなきゃいけない。

注ぎ込んだ時間が短ければ、手に入れられるもの小さい。

情熱が大きければ、手に入れられるものは大きくなる。

だから目標が大きければ大きいほど、

それだけのことをしなければいけなくなる。

・・・・・・・・・・・

素晴らしい人生哲学だ。

やはり、彼はホンモノのエンターテイナーなんだな。

ゴーヒロ〇さん!


今度、カラオケで歌うかな。

お嫁サンバと2億4千万の瞳!!

エキゾチック、ジャパ~ン!


昨夜の練習より
020_20130724052933.jpg
オータケが練習に来ました。

4年ぶりかしら。

ハルキとマスを2ラウンドだけ。

亀田コーキ君が16歳のとき、

アマチュアボクシング全日本社会人、フライ級3位が

世界チャンピオンの彼。

フェザー級3位がオータケでした。

2002年のことですねぇ!
お休み。
今朝、ごく近しい方が亡くなりました。


合掌。



7月23日(火)まで、喪に服するため、ブログはお休みいたします。


再開まで、しばし、お待ち下さい。



今夜の練習より
002_20130719213153.jpg
ムサシ、4ヶ月ぶりの帰省です。(一番右)

仲の良い3人組み。
群れ。
ある政治家の方が、自動車の雑誌で語っておりました。

・・・・・・・

イギリスには、暴走族はいない。

草サーキットが各地にたくさんあり、

健全にモータースポーツを楽しむ文化があるからだ。

・・・・・・・・

まあ、日本にもサーキットは、各地にありますが、

利用料金が高いので普及してないのでしょう。

この政治家の方の意見、一見、正しいようですが・・・

確かに車・バイクの歴史と文化を紐解くと、なかなかいいこと

おっしゃっているようですが・・・人間の本質がわかっていない。


日本の政治家の方で、暴走族の経験ある人、いますかね?

政治家の先生、お友達に、ヤンキー、チーマーいましかたかね?

たいていは、お勉強ができて、級長や生徒会長をやってて、

東大とか京大など偏差値の高い大学を出たエリートの人。

お偉い政治家さんに、暴走族の心理、家庭環境、心の闇が

理解できますかね?

まあ、無理でしょうな。


(故人となったハマコーさんなら、わかってもらえたかな)

(なぜって、自〇党のハマコーさん、元ヤ〇ザだったもん!)


なぜ、若者が群れてしまうか。

家庭に愛がないゆえ、多感な時期に寂しさを感じ、

家がつまらない者同士、集まり、群れを作るのです。

勉強やスポーツで目立てない、そんな子は・・・

「僕を認めて」

「自分の存在に気がついて」

「もっと私に目を向けて」

そんな思いから、暴走族になるんです。

一人一人、あまり悪い子は、いませんよ。

群集心理が爆走させるのでしょう。

あとは、マスメディアが、かっこよく持ち上げるから、良くないね。

私の分野、格闘技。

地下格闘技なる「?」

私には、よくわからないイベントがあるんだとか。

タバコ吸って、お酒飲んで、いかつい洋服を着て、タトゥー入れて

毎日走ることなく、鍛えていない若者達。

そんな若者の喧嘩を見せるパフォーマンスなんですかね。


まあ、事故が起こるでしょうね。

鍛えぬいた者同士がルールある戦いをするわけじゃないんで。


話が飛んでしまいますが、今週末に選挙、ありますが

(この前、弟子のタケル君が言ってたが)

人間力のある方がいたら、投票したいと思うな。


この人間力と言う言葉。

昨日、電話でお話しした、Kジムの新井先生も使っておりました。

「人間力が弱いと、ボクシングの4回戦レベルでは、勝てないです」


昨夜の練習より
001_20130719064730.jpg
タクト、必死に打ち込んでます!
月面宙返り(ムーンサルト)。
誰に勝とうではなく、こんなことが実現したら楽しいという発想が

技を生んだ。

1972年、ミュンヘンオリンピック体操の金メダリスト

塚原光男さんの言葉です。

「月面宙返り」など、世界をうならせた難度の高い技を生む秘訣は

「実現したら、楽しい」

この発想ですね。

難行苦行、とかく、日本のスポーツ指導者は、根性論ばかり先行し、

精神論を説き、「苦しい練習に勝つ!」の発想が多いでしょうね。


でも、外国のスポーツ指導者はちょっと違いますね。

選手と話し合い、共にいい方向性を見つける人。

自由奔放な練習、その中から自主性やオリジナリティを見つけさせる

とにかく、陽気で楽しいゲーム感覚で、勘や技を磨く。

ガミガミ怒鳴り、選手を正座させて説教する・・

・・・なんて外国じゃ考えられない。


苦しく、厳しい反復練習とは別の、明るい雰囲気の空気が

選手の能力、個性を磨くんだな!

最近、これに気づきましたね!


003_20130609010237.jpg
6月のインターハイ予選、打ち上げ。

コスプレ大会です!
連休。
忙しくも、充実の3連休でした。


土曜の高校ボクシング(高田農業・関根・海洋)合同練習会に始まり、

日曜は、中学校の同窓会開催に向けての会合・食事会など、

常に、人の渦の真ん中、

中心にて、渦の回転の起爆剤になっていたせいか、

体に乳酸がたまるだけでなく、心身ともに疲れが出たのか?

昨日、祭日だった一日は、「パジャマ・デー」として、

ダラダラ、ごろりのリラックスタイム。

お酒も飲まず、苦めのコーヒーやジャスミン茶を飲んで、

1日中、ベッドで本を読むという、休日でした。


ただ夜は、国体予選を控えた高校が頑張ってましたよ!




修道館・芸能部所属のシュンスケ。
001_20130716062952.jpg

002_20130716063013.jpg
身長178センチ・56キロ。 15歳(高校1年)

あんたは、国体、インターハイを目指すんじゃない!

来年の「ジュノンボーイコンテスト」で優勝だもんね。

さぁ、来年は、ボクシングと芸能部門で、2階級制覇、いっちゃうよ!

(爆笑)


近いうちに、シュンスケの応援サイト作るかな!

(苦笑)

新潟から世界を目指すよ。

ボクシング&男性アイドル部門でね。

気合入ります! なんちゃって!
招待。
私、持ってるんです!


何をですかね?


運、コネ、身体能力・・・その他もろもろ。




でもって・・まあ、これ、ご覧下さい。


001_20130713222830.jpg


拡大しましょうかね。

002_20130713222911.jpg


じゃ~ん、亀田さんの世界タイトルマッチ、招待券です!


手に入ったのですよ。


プレミアムチケット とはいかないでしょっ!

9月、ラスベガスでの、プロボクシング・今年最大の決戦

フロイド・メイウェザー・ジュニア VS サウル・アルバレス。

または、私の大好きな、マニー・パッキャオ!!

彼の試合のチケットじゃないんですよ。


(落ち目と言ってもいいなぁ)

もう、あまり、スポーツ新聞や専門誌でも話題にもなりませんね。

昔、ちょっと有名だった、ダンゴ3兄弟。

いや、亀田3兄弟。


えっ、まだ、いたの?

な~んて、意地悪な人、いるんじゃないですかね。


実は、私、直接会ったこと、あるんです。

6年前かな、興毅・大毅選手と一緒に、練習したこと、あるんです。


意外と思われるかもですが、礼儀正しい、好青年でした。

彼らの練習は、密度の濃い内容でしたよ。


当時の所属ジムだったKジムにて、チーフトレーナーだった・・

新井先生の言葉を覚えてます。


「長男は、繊細でマジメな子。 彼は、頭いいですよ。」

「本当に無口なんで、ペラプラと、おしゃべり、全くしませんね」

「テレビの前での顔と、実際では、全然違うんですよ!」

な~んて真顔で、おっしゃってましたね。


「(当時)次男は、まだまだ、全然未熟だし、これからの選手!」

新井先生は、次男に対しては、こんな評価でしたね。


そして、6年後の今。

正直、私は、ボクサーとして、

亀田家の長男と3男には、まったく興味ありません。

でも、次男のボクシング、好きですねぇ!

大毅選手、タフでガッツあるし、いいボクサーになりました。


さて、このチケット、どうしようかな?

大毅選手、出ないもんね。

高校生は、まだ夏休み前で、学校あるし。


ん~ん、ビール飲みながら、考えますかね。
トラブル②
昨夜、PCメンテナンス担当のキョッピー、お休みため、

長文のブログは、書きませんので、悪しからず。


今日は、久々の雨模様ですね。

猛暑もひと休み。


お昼頃、パソコンのメンテナンス、終わりますから、

のちほど、じっくり、ブログ書きましょうかね!

とらぶる。
キーウェスト①に続く、②を書くつもりだったが、

パソコンのコンディションが悪いのです。


明日、うちのPCの管理人・キョッピーにチェックしてもらってから

続編を書きつづりたいと思います。


今日も暑くなりそうですね。

さて、午前5時。

涼しいうちに、朝のロードワークに行ってきます!



昨夜の練習より
001_20130712050108.jpg
ハルキ、国体予選への出場は、微妙です。

いや、無理せず、今回は回避だな。

腰痛が完全に治らないので、

出場者のサポートにまわってもらおうか。

新潟県のライトフライ級(48キロ)の選手、チャンスですね。


これも、もっているか、いないか、運なのです。

ハルキがいない間の、ライトフライ級の県チャンプが・・・

大きく伸びる可能性あるんです。

そして、ハルキを追い越すことだってある。

それが10代、高校生・大学生ボクサーの特性だね。


何かがきっかけで、グンと伸びるものなんですよ!


キーウェスト①
ある雑誌を読んでいて、共感したことを私の過去にラップします。

ちょっと連載シリーズになるかな。

キーウェストってご存知?

キーウェスト (Key West) は、
アメリカ合衆国フロリダ州モンロー郡に位置する都市である。

フロリダ半島から南西に伸びるフロリダ・キーズ諸島の
西端のキーウェスト島に位置する。
同市はハワイ州とアラスカ州を除く、
アメリカ合衆国本土48州で最南端の都市である。
マイアミの南西208㎞、キューバ・ハバナの北171㎞に位置する。

マイアミからは車で260㎞の道のりになる。

キーウェストにはフロリダ半島から続く国道US-1号線が通っている。
島から島へと延々とさんご礁の海の上にかかる32の橋を渡っていく、
この道路はオーバーシーズ・ハイウェイと呼ばれ、
アメリカ合衆国で最も美しいハイウェイであるといわれている。

途中、有名なセブンマイル・ブリッジを渡る。

また、1年を通して気候が温暖で、ビーチを有し、
観光・保養都市としても人気が高い。

アーネスト・ヘミングウェイはこの地をこよなく愛した。


キーウェスト
キーウェスト

もう、26年も前にこと。

米国フロリダ州マイアミ大学に留学中、このキーウェストに、

2回、行ったこと、あるんです。



52歳の私、海外で、いろんな国に行きましたが・・・

訪れた土地のなかで、死ぬまでに、

もう1回・・・絶対行きたいと思うところ、2ヶ所あるんです。

1つは、ノリコさんと行った新婚旅行先の「タヒチ」

南半球、オーストラリアのちょっと上、いや、北かしら。

海が信じられないぐらい美しいし、住む人も素朴で良かったね。

ホント、新婚旅行に、おススメの島です。



そして、今回の表題、キーウェスト。


まあ、アメリカの本土のことを「メインランド」と

言うんですよ、あちらに住んだことある人は。

ガッカリすること、多いんだけどさ。

フロリダ州の最大の都市であるマイアミは、犯罪都市で有名。

でもって、英語が通じないし、

(マジだよ、スペイン語の方が通じる)

南米からの移民が多く、「えっ、ここアメリカ?」

それに年寄りばっかの街だしさ。

(引退したお金持ちの老人が住むところだね)


ロス(ロサアンゼルス)は、バカ広くて、車に乗って旅しないと

つまらない。

映画で見るような、美人は、まるで、いないし・・・


サンディエゴは、まあ、ちょっといいところかな。


まあ、アメリカ合衆国で、一番好きな土地は、

「キーウェスト」

私、断言しますね!


今日は、ここまで。

熱帯夜で寝苦しくて、夜中に起きてしまい、館長日記の更新です。


昨夜の練習より

あっ、写真、ありません。

新人のセキガワさん、47歳の元極真空手マン。

いい動き、してますね。

サンドバッグに向かっていく姿、奥様に見せたくなるね!


実にセクシーです!!

この感覚、わかるようになると、貴方も「館長」勤まります!
夏本番。
猛暑到来。

皆様、熱中症に気をつけて。

でも、現代っ子は弱い。

昭和の時代を生きた人は、強いよ。

何せ、真夏に運動するときは、

「水を飲むな!」

こうやって習った世代。

貧しい食生活だったから、白いご飯に漬物でOKの世代。

(これは、私の親の世代でしょうか)

この漬物の塩分が、夏の暑さにいいんです。

梅干しなんか最高ですな。

まあ、私は、レモンにハチミツとろりが好きでしたね!

剣道部のマネージャーがよく作ってくれましたね。


さて、現代っ子には、スポーツドリンクと熱中飴ですかね。

そっとポケットに、飴を入れておきましょう!


ハーンズ
トーマス・ハーンズ

今、見ても、最高にエキサイティングなボクサーだ!

ラモンデッカー
ラモン・デッカー

一番好きなキックボクサー。

オランダの人。

でも、もう、お亡くなりになったのですね。

(合掌)

ビデオ2本持ってますよ。

(宝物です)

パンチ・キックとも、超一流でした。
納得が幸せを持ってくる。
作家・早稲田大学名誉教授 加藤諦三先生の言葉に

表題の 「納得が幸せを持ってくる!」があります。

どんな意味なのか。

・・・・・・・・・・・

責任転嫁をすると二つのことが起きる。

一つはその失敗が成功のもとにならない。
その失敗は幸せを運んでこない。

次に人を恨んで生活することになる。
失敗したときに、例えば自分の目標設定が間違っていたと
反省する。

こうして責任転嫁をしない人は、次に何かをするときには

「適切な目標を設定する。」

責任転嫁しない人は、最終的には「自分が悪い」と思っている。

自分が悪いと思うことは、その時には辛いが、それはいつしか

「自分が悪いのだから、しかたない」と思うようになる。

「残念だけども、それが自分なのだから仕方ない」と思うようになる。


自分に納得する。

納得が幸せを持ってくる

・・・・・・・・・・・・

この言葉、深いですね。

自分に納得しないで、なぜか、言い訳を探し、

他人のせいや、何かのせいにして、自分の失敗、過ちを

正当化して、逃げの人生に入ること・・多々あるんじゃないかな。

私もかって、そうだったかと思う。

でも、それじゃ、殻を破れないな。

変わりたかったら、自分の人生を変えたかったら・・・

自分の非を認め、納得し、反省すること。

ちっぽけなことなんだから。

そのあとは、大きなモノ、見に行きましょうかね。


例えば、牛久にある大仏。

私、6年前かな、仕事で、日本全国、出張する生活が続き、

まあ、それはそれで楽しい思い出だが・・・

何か、失敗すると・・・その近辺にある大きな建物を見に行ったよ。

心が洗われて、謙虚になれるんだ。

関東近辺を出張してたとき、

牛久の大仏、東京タワー。


大阪出張の際は、串カツを食べる前に、通天閣によく行ったな~!

20060801215319.jpg

なんで、この写真かな?

ともP&マリちゃん。

これは6年前かしら。
夏に向けて。
関東甲信越地方、「越」つまり、越後ですね、我々の新潟県だけは、

まだ、梅雨明けしておりません。


でも、夏休みが、もう、すぐそこだね。


さて、今朝の新聞にはさんであった学習塾のチラシに、

感動的な言葉を見つけました。

紹介しましょう!


塾の宣伝かもしれないが、ちからのあるお言葉です。

・・・・・・・・・・・・

「夏休みくらい勉強しなくてもいいんじゃないか」

この時期になると、よく聞かれるセリフです。

しかし、夏休みに勉強しない方がいい理由はない。

我々大人と違い、子供たちは、日々、成長の過程にある。

夏休みという貴重な期間に、その歩みを止めていいはずがない。

いや、全ての草木、動物がそうであるように、夏こそ成長の時だ。

子供達にとって最も勉強に適した季節だ。


成績で人生は変わらないが、自ら努力できる人は、

自らの人生を変える力を持つ。


人生が変わる瞬間というのは、テレビや映画のようなものではなく、

地道な日常の中に潜んでいる。


人は、ぬるま湯の中では成長しない。

人を成長させるのは、「熱い」か「冷たい」かのどちらかなのだ。

暑い夏を熱く過ごそう!

そして、この夏、生きる力の尻尾をつかめ。


・・・・・・・・・・・・・・

この塾のカリキュラムはわからないが、

塾長のこの言葉には説得力があるし、ホンモノの凄みを感じる。



まさに夏休みは、人が変わるために与えられたチャンスだと言える。

目標を決めましょう、この梅雨空の中でね。


001_20130707231047.jpg
七夕なんですね。

本町の雁木通りには、

市内の保育園児、幼稚園児の願いのこもった短冊が飾られてました。

懐かしい。

私の家でも、小さな七夕の飾り、やってますよ。

わたし、ノリコさん、スズの3人で作りました。
ろーがん。
パソコンの調子がいいなと思いきや・・・

今度は、目が辛いのです。

仕事上、一日中、パソコンの前で、毎日、カシャカシャする生活。

最近、老眼が進んだのか、自宅に帰ってから、夕方・夜の時間帯は、

特に目(眼)が疲れてしまい、

長時間のパソコン操作がダメなんですわ。


・・・今日も、館長日記に、テーマはなく、写真の紹介のみ。

昨夜の練習より
001_20130706050434.jpg
シュンスケ、もうちょっと練習の回数を増やせば、

グンと伸びるんだが。


002_20130706050601.jpg
このドリンク、モンスターエナジーと言います。

なぜか、これ飲むと、目がさえてきますね。

眠気が一気に消えるんですよ。

受験生に、いいかな~!
 多忙。
アイム ベリー ビズィー.

忙しいんです、まいりますね。

ただいま、午前5時20分、これより仕事なり。



公人・私人・館長、そして亭主&父親。


さてと、セブンでデカビタC買って、頑張るか。

今、流行の栄養ドリンク。(炭酸入りですが)

若い子は、レッドブルとか、モンスターエナジー飲んでますが、

私は、ずっとデカビタC。

オロナミンCも、好きなんですが、ひとくちだもんね。


写真のみ紹介

昨夜の善ちゃんです。

変わらぬ体型、素晴らしい!
002_20130705053055.jpg

001_20130705053118.jpg

昨夜もダイチ、タクト、そしてヒロミチとのスパーでフラフラ。

でも、身体の芯から汗をかくんで、辛いんだが

スパーリング終えたあとの疲労感が心地よいはず。

中年になって、代謝がどうのこうの関係ありまへんな。


まあ、どうしても痩せないと嘆く前に・・

ヒロミチとスパーしたら、どうどすえ。

おいでやす~。

今、京都のお言葉に、ときめきドキュンです。

(秘)

(笑)
減量。
現在、使用中のパソコンのソフトは、「windowsVista」

もう、これって相当、古いんじゃないでしょうか。

だからかね??

動作が遅くなったり、字が小さくなったりするのでしょうか。


昨日、元練習生である、ヤ〇ダ電機のイケダ店長と会い・・

「パソコン、安いのあるかいな?」と聞くと!


「オス、近々、〇ーズデンキが、近所にオープンするんで」

「あちらさんのオープン時に大バーゲンやって、ぶつけますんで」

「激安、おさえておきます、オス」


ん~ん、新しいの、買おうかな?


昨夜の練習より
001_20130704063225.jpg
プシプシ・やじろべぇ、定期テスト終わりました。

練習再開、昨夜の体重は、55・6キロ。

1ヶ月で5キロの減量ですね!
注目の一戦。
せとさん
昨夜の後楽園ホールでのプロボクシングの興行

「最強後楽園準決勝」

日本スーパーバンタム級2位・瀬藤幹人(協栄ジム)

6回2分13秒TKO 

対戦相手は、同級9位・青木幸治(角海老宝石)


瀬藤さん、おめでとうございます。

協栄ジムの新井先生が、「相手も強いから、わからない」

と、コメントされてて、気になってましたが、さすが!!

(瀬藤・青木選手、両者は以前引き分けており今回が2度目の対決。)




瀬藤さん、秋に日本タイトルマッチの挑戦権を賭けて、

もう1試合、勝たないといけません。

(10月19日です)

頑張ってください!




いや~、俺もモチベーション、上がった! なぁ~ヒロミチよ。

(秘)

(本音は、明かせませんよ、失礼な発言となりますんで。)

(なんのこっちゃでしょ!)(8月の東京遠征、楽しみ!)

さん瀬藤



先週土曜日の後楽園ホールでのプロキックボクシングの興行より


NKBライト級 福士 英治(ケーアクティブ)

 VS

判定3-0

NKBフェザー級 石山 茂樹(拳心館)

(30-29、30-29、30-29)


ん~ん、石さん、残念。

お疲れ様でした。
伝統。
伝統(英: tradition)とは、人間の行動、発言、思考及び慣習に
見出される歴史的存在感を総称していう。

伝統は、それまでの歴史の中で形成されて来た種々の形態の中から
特に重んじて次世代に継承すべきものに対する精神的な立場を指す


「伝統」、まあ、難しく考えないで、古き良き習慣は、

次の世代に残していきましょうよ。


でもって、土曜日の夜、うちで食事会をしたんですが・・・

(カザマ・タケル・タケルの友人、マユリン)

懐かしいものを頂いたんで、写真を公開します!


002_20130701013551.jpg

003_20130701013609.jpg
「ちまき」です。

もち米を笹の葉で包んであるのです。

きなこをつけて、食べるんです。

昔、新井(現・妙高市)のおばあちゃんがよく、作ってくれました。


懐かしいな~・・・何十年ぶりだろう、食べるの。

マユリン、サンキュー。



この伝統的な、「ちまき」

誰が、受け継いでいくのだろうか。


古くは、上杉謙信公が、戦(いくさ)の際に、保存食として

兵士に持たせたという、この笹の葉の三角形の「ちまき」。


今のお母さんたちよ!

お婆ちゃんが達者なうちに、覚えていって下さいよ!


日本の伝統、残さなきゃ、ならんぜよ。


さて、ここで、私の大好きな、具志堅さんの名言です。

プロボクシング・元WBA世界ライトフライ級チャンピオン。

偉大な世界チャンピオン、現役時代の、あるインタビューでした。

高校ボクシング界の名門、興南高校出身の具志堅さん。

母校のことについて、聞かれました。

「具志堅さん、興南高校の伝統は、なんですか?」

「はい、ナショナルの電灯です!」


さすがです、具志堅さん、今でも大好き!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。