館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
準備OK!
ダイチとハルキ、試合前の練習、すべて終わりました。

明日は、部活で軽く動いて、体重を計るだけ。

修道館には、来ません。


さあ、ダイチとハルキ、いよいよ、決戦のとき。

7月末から九州の佐賀県佐賀市で開催される高校総体、

通称、インターハイと呼ばれる全国大会への出場をかけた

県大会は、6月1日(土)~6月4日(火)の予定で、

新潟市内、新潟南高校体育館で開催されます。

6月2日(日)には、カツ2代目館長の出場する・・

新潟県アマチュアボクシング社会人選手権もあわせて開催されます。

この週末、カザマ・マネージャーと共に新潟市に行き、

ホテルを予約しましたので、お泊りの予定です。

土曜日の夜は、我々の拳友、

「石山さんの激励会」を新潟市の繁華街・古町でやる予定です。

(石山さんのプロキック第2戦目、6月29日の後楽園ホールにて)


6月は、いろいろなイベントがあるので、忙しいな。


今夜の練習より
001_20130531004402.jpg

ヒロミチの教え子、対象的な2人です。


ダイチは、調子はバッチリなんだけど。

ずいぶん、強くなりましたよ!

ただ・・・いざ本番のリングだと、ちょっと心配。

今から、緊張気味なんだな。

春の県大会、初戦の前は、緊張しまくりで・・・

第1ラウンド、まったく体が動かないんで

こりゃ、負けるかも・・・そう直感したぐらい、ビビリのダイチ。

大丈夫かしら、チキンハートだから。



ハルキは、試合のことなんかより・・(?)

「えっ、インターハイって、九州の佐賀県なんすか」

「ボク、飛行機乗るの、生まれて初めてなんで、楽しみだな」

「館長、俺、優勝して、又、新聞に載りたいっす、取材されたいっす」

こいつは、ノー天気。

本番に強い奴ってのは、こんな感じなんだろか。
スポンサーサイト
負けおしみ。
昨夜、入門したのは、キドー君。

高校1年生のイケメンだ。


ノリコさん、入会手続きをするや・・・

「あなた、ボクシングは、趣味程度にして」

「ジュノンボーイコンテストに出なさい!」

「私が推薦人になるから」



ジュノンボーイコンテストとは、正式名称を

『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』と言います。

芸能界のオーディションには珍しい「男子限定」のコンテストであり、
応募年齢は13歳から22歳・芸能事務所棟に所属していないこと!
と決まっています。(『ジュノンボーイコンテスト参加条件』に詳細あり)

受賞者のその後の進路は、俳優やモデルなどの芸能関係に
進むことが多いことから、芸能界を目指している子にとっては、
大きなチャンスが得られるコンテストです。

001_20130530063359.jpg
キドー君、身長177cm 体重56キロ

彼女、います! 

先週、Mチャンと別れたそうだが・・・

今週、新たに、彼女できたそうです。

モテモテなんだとか。

(やじろべぇ談)



指導陣から、ひとこと。

(カツ館長は、まあ、あっちに置いといて)

(だって、身長180センチ、年収 〇千万円)


ヒロミチ、身長169センチ、68キロ。 

ゴリマッチョ体型。 年収?


わたくし、身長165センチ 65キロ。 

老眼、頭髪薄し、加齢臭なし。

来週、入れ歯、2本作る予定なり。
 

あのね、男は、顔や身長じゃないの。

お金、持ってるとかじゃないの。

心ですよ、ハートですよ、なぁ、ヒロミチ。


なぜか、むなしい。

(苦笑)
告知。
ゴールデンウィークが終わったから、夏のレジャー計画を立てよっと!

アベノミクスとかいう経済効果で、ゆとりあるニッポンジン、

今年は、海外旅行を計画している人、多いんだとか。


ちょっと待ってください。

夏のレジャー計画を立てる前に・・・

お盆の帰省シーズンより1週間早く・・・

修道館では、おそらく、最後になるであろう・・・

ビッグイベントを計画しております。

是非、参加してね!


「修道館2代目館長 カツ君の結婚を祝う会」

2013年8月10日(土)

時間:午後7時~9時

場所:新潟県教職員互助会館 高陽荘 

〒943-0834 新潟県 上越市西城町3丁目6番22号 TEL.025-522-2930

(参加費 これから決めます)


修道館に関わった人なら、どなたでも参加OK!

かっての練習生、皆に声、掛けますよ。

御家族での参加もOK!

中学生、高校生、ジュースとウーロン茶で参加してね。

恋人同伴、不倫中の彼女、彼氏同伴もOK!

カツ君を知らなくたって、お酒飲んで、騒ぎたい人もOK!

まあ、楽しく、飯食って、生ビール飲みましょう!


アメリカ・シアトルの大学生だったカツが、帰国して
修道館に入門したのは、もう、14年前かな。

うちのムサシ・スズノスケも・・・
修道館からプロのリングに上がったプロボクサー、キックボクサーも
カツが関わり、育ててくれたようなもんだな。

かって、修道館主催の合コンで、
善ちゃんとカヨちゃんが結婚したのは、ちょうど10年前かな。

そして、修道館の練習生同士、ジョー君とサッチャンが結婚したのも
同じ頃かな。

もう、10年前ですが、2組のカップルの結婚を祝う会、
それぞれ、別会場で、盛大にやったんですよ。


久しぶりに修道館主催で、カツの結婚を祝うイベントをやります。

私がプロのリングに送るファイター、おそらく、最後になるだろうな、
その2人、ダイチ&ハルキ、春の県大会高校王者のボクサーと、
今や修道館のメイントレーナーである、ヒロミチとのスパーリングも、

会場にて、披露しますよ!


ちなみのこの「高陽荘」と言う施設は、

新潟県の教職員、つまり、学校の先生方のための、

宿泊&宴会場 公的施設なのです。

私は教師ではないのですが、縁あって、こちらの施設にて、

格安料金で、手作りの結婚式をノリコさんと挙げたのでした。

手作りと言うからには、まあ、企画から何まで、

私とノリコさんで、「結婚式&披露宴」をやったんですよ。

(もう、20年前になりますね。)

ノリコさん、仕切り屋ですから、ウェディングドレス姿で、

(感動の涙、いっさい、ナシ)

マイクを持ちながら、ビンゴゲームの司会をやってたの、

思い出しますな!

(笑)


さて、8月10日(土)、是非、スケジュールをあけて、

御家族同伴、かっての仲間とともに、

カツの結婚を祝って、楽しいひとときを過ごしましょう!


あっ、カツよ。

告知したからには、本当に、結婚するんでしょうな???

これだけが心配。

8月10日が、ただの納涼大会、

飲み会に変わること・・ないことを祈ります。


まあ、俺は、どっちでもいいけどさ。

うまい生ビールさえ、飲めればさ。 

なんちゃって。

(苦笑)

001_20130522062056.jpg
上手な叱り方(しかりかた)
子供は叱らずに、褒めた(ほめた)方がいい。

こんなことを常々言う、高校野球の監督さん、いますよね。

正しいと言えば、正しいが。

一般的には、誤りです。

ほめることは必要ですが、叱ることも欠かせないモノ。

二つは、車の両輪ですね。

両方そろって、しつけ、教育が前進するモノ。

前にも書いたが、「怒る」と「叱る」は、違うモノ。

「怒る」のは、感情が満ち溢れ、子供の行為や言動にいらつき、

カッとなってしまうことです。


これに対し、「叱る」ことは、子供と距離を置き、

冷静にことの善悪を判断し、ビシっと注意すること。

大きな声は、変わらないが、ゆるやか・おだやかに話します。


これがわからない・・母親とスポーツのコーチが多いな。


私もダメな方、感情が先走るし、大声で怒鳴るタイプ。

ヒロミチは、叱り上手だな。

彼の方が、正解。


俺は、まあ、一線を退き、傍らで怒鳴っていた方がいいな。


カツやヒロミチは良き指導者となるだろう。

練習中、「怒る」ことはないし、「叱る」言葉が的をえてるから。

田舎。
森林浴。

科学的な根拠はあるのか、ないのか知らないが・・・

山の中に入り、街中の雑踏を離れ、枝葉のさわめきを聞いてると、

雑念を忘れ、リフレッシュするような気がする。

日常と離れた場所・空間に身を置くことは、精神的に良いもんだ。


海も近いし、山も近い。

我がふるさとは、本当に良きところ。


今日は、車にミニサイクルを積んで、ちょっとお散歩!
004_20130526235235.jpg

005_20130526235257.jpg

006_20130526235316.jpg
今日の収穫。

ウドとワラビ。

天気が良すぎて、もう、ダメだな。

育ち過ぎて、山菜は、期待ほど取れなかった。


あ~・・・明日は、月曜日。

ちょっと、ブルーな気分。
誕生。
日付が変わりましたね。

リビングでうたた寝してたら、ふと起きると夜中の12時45分。

忙しい土曜日、体力の衰えも実感してます。


さて、昨日は、ノリコさんのお誕生日でした。

今年の9月で結婚20周年となりますが・・・

日々の生活に追われていると、女房の誕生日など、

忘れてしまうんですね。

わたくし、「ガチ」で、忘れておりました。

(笑)

昨日、朝一番で、東京・八王子で暮らす、ムサシから、ノリコさんへ

「AKB48才、おめでとさんです!」

こんなメールがあったそうです。

普段は、「お金、ピンチ、振込み、よろぴく」

こんなメールしかしないのに、まあ、よく覚えていたな。

大学生活に慣れると、いろいろ出費があるんでしょうね。

「大事な、金づるだから」って、邪推は、まあ、よしましょうか。

母親のお誕生日、忘れていなかったこと、素直に褒めておきましょう。


家族の絆、年齢を重ねるごとに、希薄になりがちですが、

お誕生日、盆・暮れ・お正月ぐらいは、大切にしたいもんですね。


「昨日のスケジュール」

朝5時半より、スズとロードワーク。高田公園、陸上競技場にて。

8時半より、高田農〇高校、関根学園ボクシング部合同練習会。

(拓ちゃん、カザマさん同伴で、ボクシング指導に)

昼飯にビールを飲んだので、酔っ払って、2時間もお昼寝。

午後3時から読書。

5時から、秘密の特訓。 

(苦笑)

修道館・練習生第1号のクライシ君を、わたくし専属の特別コーチに

館長命令にて、任命。

何の特訓でしょうか? いや、まだ、公開できませんね。

あしからず。

難しいぜ、なあ、クライシよ!!


午後6時から、夕食、GW以来、久々の外食でした。

ノリコさんの誕生祝いなんで、トンカツ屋さんへ。

以上。

001_20130526010551.jpg
ボランティアのボクシング指導なんで、せめて昼飯ぐらいは・・・

わたしが、用意します。

カザマさん・拓ちゃん(両方、関根学園OBです)、お疲れ様!


002_20130526010610.jpg
トンカツ大矢にて

ノリコさんは、いつもカツ重です。

680円な~り~。

003_20130526010633.jpg
ボクは、贅沢に、(上)カツライス。(1160円)
不調、順調。
パソコンの調子が悪いんです。

今日は、手短に。


ハルキ、減量は順調で、すでに目標体重より800gアンダーなり。

スパーリングも昨夜で終了。


あとは、コンビーネーションの確認と体重維持、疲れを抜くだけ。


001_20130525074812.jpg
注目。
昨日の新聞を読んでいたら、スポーツ欄の「新潟県高校総体展望」

インターハイ予選、県高校総合体育大会のボクシング競技で、

ダイチの名前、出てましたね。


注目のライト級、ラバーマッチ(3度目の対戦の意味です)

全国大会経験者の3年生・田沢君との対戦は、2連敗のダイチ。


過去2試合、観ておりませんが、メールでの試合内容の報告を聞くと・・・

興奮して、冷静さを欠き、ガチャガチャ打ち合いに付き合い、

判定負けだったとか。


田沢君、どんな選手なのか、まったくわかりませんが、

ダイチがクールに、自分の距離で戦うアウトボクシングに徹すれば、

まあ、問題ないんじゃないかなと。


昨夜の練習より
001_20130524050933.jpg
スパーリングは、昨夜で終了、来週は軽く流して、疲れをとります。

ヒロミチとのスパーリングでは、まだ、まったく歯がたちませんが・・・

それでも、3ラウンドのうち、3発、いや4発ぐらいは、

ヒロミチの顔面に、軽くヒットするようになったかな。

まあ、プロとアマチュアでは、戦い方が違うんで、

なんとも言えませんが・・・

高校生、相手でしょ、問題ないと思うけど。

(あっ、ダイチも高校生か!)



でもさぁ~、ダイチ、チキン・ハートだからな。

いざ、本番、試合会場のリングだと、わからないな。

緊張しまくりで、ダメなんだな、最初の試合なんかは。

アイツに、ハルキの図太さが、あればな~。


(ハルキは、リングの上だって、いつもニコニコ。)

(試合中でも、応援団に、手、振ってますからね!)

001_20130427235945.jpg
ハルキ&スズノスケ

解決法。
最近の若者の言葉で目立つのは、

超〇〇・・・・(例) 超・むずい (たいへん、むずかしい)

ガチ〇〇・・・(例) ガチ・やばい(マジメに答えます、困難です)

日本語が乱れてますな。


そして、高田農〇高校ボクシング部の1年生にコーチしていた時、

彼らがよく使う言葉が・・・

「絶対、無理」


部活で指導するときは、あくまでボランティア。

私の弟子ではありませんし、そんなに突っ込んだ叱咤激励の言葉は、

かけません。


あのね、物事に絶対はないんです。

困難に立ち向かうとき、

相手が強者、そいつに立ち向かうとき、

苦手な勉強科目で、テストのとき、良い点を取るには・・・


「分析と優先順位」がキーポイント。

これは、私の好きな幼児教育研究家の大原けいこ先生のお話から

覚えた言葉だったと思います。


まずは、じっくり、徹底的に、敵を分析します。

弱点はどこか?

どこから攻めるべきか、なんとか、つけいるスキはないか?

自分の戦力の分析も大切。

自分は何が得意で、なにが不得意か。


次に、何をすべきか、優先順位をつけて、実行すること。


まあ、仕事でも 「段取り八分」と言う言葉がありますね。

よく、建設関係の仕事で使います。

仕事する前に、道具をそろえ、作業手順をじっくり検討し、

人の配置を考え、その日のスケジュールを組みます。


この段取りが、一番大切。

この段取りが、ちゃんと済んでしまえば、

仕事は80%、終わったもの同然である。


こんな言葉なんです。


だから、「絶対無理」 なんて言葉、口にしちゃいけないな。


一昨日の練習より

001_20130523063749.jpg

この顔、見てください。

必死の形相、過去3年間に見たこと、ありませんでした。


今まで、甘ちゃんだった、キョウスケ、ひと皮むけるかな?
チャレンジ。
昨日の石さんに続き、自分への挑戦として(?)・・かな(?)

公式戦のリングに上がるのは、なんと・・なんと!

カツ2代目館長です。


6月1日(土)、2日(日)新潟南高校体育館で開催される、

インターハイ予選・新潟県高校ボクシング大会。

そして同時に開催される・・・

アマチュアボクシング新潟県社会人選手権に、

カツ館長が、ミドル級にて、エントリーします!

(ミドル級は、69~75キロ)


かって、うちの看板選手だったオータケさんが活躍した大会です。

オータケさんは、2002年、全日本社会人選手権で

フェザー級(57キロ)3位でした。

札幌で開催されたその大会、フライ級の3位は、あの亀田興毅君。

亀田チャンプ、まだ16歳だったかな。


全日本社会人選手権は、16歳の時、辰吉丈一郎さんが優勝した大会。

(辰吉さんは、中学卒業後、すぐ就職したので社会人の大会に参加)

近年は、不況の影響でしょうか、出場選手も少なくなり、

試合レベルも低くなったと聞きますが、

それでも、セミプロといってもいい、自衛隊体育学校の選手も

出場しますし、大学で活躍した国内トップアマ選手も、

大学を卒業後、就職しても競技を続け、何人か出場するのだとか。


さて、カツ館長に、軽いノリで

「社会人の試合、出てみないか?」

と聞いたら、即答です、「ハイ、出ます!」


ただし、相手がいない場合、認定スパーリングとなります。

県内のボクシングジム所属のアマチュアボクサーと、

3分・3ラウンドのスパーリングとなります。


カツ館長は、右端。
001_20130522062056.jpg


003_20130307041834.jpg
カツ・ムサシ・謎の美女(私は、オノマチコと呼んでます)

社会人のためのボクシング大会ですから、

それに出場するカツ館長のお仕事、公開しましょうかね。

表向きは、介護関係の営業サービスの仕事をするサラリーマンです。

裏の顔は・・怪しいお仕事・・じゃあ、ありませんよ!

アパートやテナントビルをいつくか所有している、

そう、賃貸不動産を経営・管理しているオーナーさんなんですわ。


だから、この前のGWも、彼女と海外旅行に行ったそうです。

マカオ(香港から船で行くカジノ・リゾート)に行って

バカラ(よくわかりませんがギャンブルのひとつ)で、

数十万か、数百万、遊んだそうだとか!


2代目殿、あんた、それ、普通じゃないよ。

普通、サラリーマンのGW(ゴールデンウィーク)は、

彼女とディズニー、USJまで、車でドライブ、なんてのが定番。

初代のあっしは、近所の山で山菜取りとサイクリングなんだし。


2代目は、数百万の小切手持って、カジノですから。

アメックスも、もちろん、ゴールドだし。


さあ、6月の大会。

ダイチ、ハルキの高校生ボクサーのほか、社会人のカツ館長も出るし、

楽しみが増えたな!


拳友
音楽を愛する者なら、各々楽器を持ち寄り、同じメロディを奏でる。

バイク好きなら、ツーリング。

お料理が好きなら、皆でクッキング、そして試食パーティー!


共通の趣味の人同士の交流、いろんな形があります。


我々、格闘技を愛する者達を表現する言葉に、

「拳友」と言う言葉があります。


拳で会話する人。

共通の目的、それは、「強さの追求」なんですが。

それに向かって、切磋琢磨しあう仲間のことを指しますね。


我々は、闘志などの感情などを一切排除して、

純粋に、互いの戦闘能力を確認し合う為の交流ってのがあるんです。

軽めのスパーリング、マスボクシングなんか、まさにそんな感じ。

拳の握りを、やや甘くしてね。

相手を傷つけるのが目的じゃなく、自分の技術が通じるか、

試しながら、相手の反応を観察するんです。


格闘技は観るのは、好きだが、やるのはちょっと・・・。

こんな方が大半でしょうな。

だって、痛いんだもん。

最近、私も、あまり好きじゃないな。(笑)

(自転車に乗って、自由気ままに走る方がよっぽど楽しいもんね!)

(最近、ボクシングマガジン、全然読んでませんね)

(自転車やキャンプ、アウトドアの雑誌ばっかです!)


・・・・・・

さて、ふとあるとき、

ネットで調べものをしてたら、拳友の試合が決まってたのです。

みずくさいな~、知らせてくれれば良かったのに。


プロキックボクシング

2013肉弾シリーズ
日時:2013年6月29日(土)
場所:後楽園ホール
開場:PM5:00 開始:PM5:30
主催:日本キックボクシング連盟
認定:NKB実行委員会

 
第1試合 60kg契約
 
福士 英治(ケーアクティブ) VS 石山 茂樹(拳心館 )


格闘技の聖地・後楽園ホールのリングで戦えるなんて・・・

一生の宝物ですよ。

さあ、再チャレンジ、今度こそ、初勝利をつかみとって!

我々の「拳友」 石山さんのプロ第2戦目です。


この日、東京遠征の日程を組み、

昼間は、Kジムで、高校生ボクサーのスパーリング。

夜は、後楽園ホールのリングサイドにて、

石さんの応援に行く計画を立てております!

ishiyama.jpg
必勝、石さん!

聖地での初勝利、祈ってます!



昨夜の練習より
001_20130521050042.jpg
先週から、やじろべぇが入門しております!

マイク・タイソンのスタイル、勉強させてます。

頭振って、強打。

インファイトで回転力上げて、倒すスタイル!


でも、なかなか、うまくいかんのです。

体重が乗らないなんだな~、拳に。

ヒロミチ・コーチ、頼みますよ。

私は、夏のレジャー計画で忙しい。

(笑)
           
農業。
サラリーマンなら誰もが一度は考える、「脱サラ」。

自営業として、独立する意味の「脱・サラリーマン」


もし、私が「脱サラ」の相談を受けたなら、真っ先に言います。

「やめなさい、甘くないよ」

例えば、コンビニとか飲食店は、

FC(フランチャイズ・チェーン)なんかもあり、

独立しやすいのですが、成功ってのは、何をおいても

「立地条件」です。

これが、一番、成功するか、否かを左右します。

個人の経営努力なんて、2の次なんだから。

仮にうまく独立できたって、5年以内に会社が消える確立は・・・

まあ、90%以上でしょうね。

それほど、商売ってのは、難しい。


そして、最近、たまに聞くのが、「農業で脱サラ」

これはどうなんでしょうか?

一般的な回答だと・・・

農業は、支援策が国やJAなどから、たくさん有って、

天災以外の立地条件には、左右されない。

起業として、儲けは余り無いが 、

「2年位の無収入である覚悟と努力」 があれば出来る。

こんなのが模範解答でしょうかね。

一時、私もいろいろ調べたことがあったのです。

(数年前に無職でしてね、株のトレーダーで食っていた頃です)


だが、実際は、どうなんでしょうか?

兼業農家の知り合いから、言われたのが・・

「甘くない、サラリーマンの方が、全然、楽である。」


家庭菜園が大好きだから、サラリーマンをやめて、農業をやりたい。

・・・なんて、趣味感覚でやれるほど、農業は甘くはありません。

収入なんてほとんどないと考えた方がいいんだとか。

天候に左右されるし、2年位無収入覚悟とありますが、

そんなものではない。

食べていけるには、5年以上覚悟しておいた方がいいんだとか。

それぐらいの覚悟と貯金がないと、ダメだとさ。



まあ、単純に年収500万円としましょうか。

つまりお米や野菜、果物を売って、純利益で500万円儲けようと

考えたら、スーパーマーケットの店頭価格で、

2000万ぐらいかな、売り上げないと・・・

いや、利益率が少ないでしょうから(果物は多少、良いらしい)

3000万円の売り上げを想定したら、もの凄い生産量をあげないと。

考えただけで、初期投資(農地取得、機械購入)の回収が大変だな。


販路の確保は、まあ、なんとかなりそうな気がするが・・・。




今日は、ノリコさんの実家で、田植えのお手伝い
001_20130519212457.jpg

ノリコさんの兄が田んぼをやってますが・・・

お兄さんは、もちろん、サラリーマン。

週末だけ、または、年次有給休暇を取ってやっている

「兼業農家」です。

002_20130519212520.jpg
私は、暇さえあれば、「ワラビ」を取ってました。

いっぱい取りましたが、みんな、知り合いにあげましたよ。

まあ、私は、「山で山菜を見つけて、取るだけで満足する派。」


山菜、そんなにウマイもんじゃないし・・・

山に入り、道なき道を歩いて、足腰のトレーニングをするのが目的。

ついでに、山菜を見つけるのが、好きなだけなんでね。


山菜を人にあげて、喜ぶ笑顔が見れればいい。

ご近所のおばあちゃんや、町中に住んでいるお母さんが、

喜んでくれるのが、マイ・プレジャー(私の喜び)!


農業、趣味でやれるレベルが、まあ、一番でしょうな。
多忙。
本日、ハードスケジュールなり。

スケジュールと写真のみを羅列します。


朝5時起床。

ロードワーク開始、4キロのジョギングのあと、50mダッシュ10本。


午前6時、我が家にキョウスケ、ヤジロベー登場。

今日から、月2回・土曜日だけのアルバイトを始めるので、

雇い主の、元練習生・テラジマ社長の会社に連れていきました。

3人で自転車に乗って、25分くらいかな。


高校生は、お勉強と部活がメインの生活をしなきゃいけません。

アルバイトが主になっちゃ、いけないが・・・

まあ、お金を稼ぐことの大変なこと、親のありがたさが、わかれば十分かな!

002_20130518221957.jpg
やじろべぇ・テラジマ社長・キョウスケ・ハルキ。

おそろいの、青いつなぎの作業着は、私がプレゼントしました!



午前6時45分、テラジマ社長の会社をあとに、自転車でGO!

お腹がすいたので、家までガマンできず、ヨシギュウへ。
003_20130518222204.jpg
いろんな牛丼チャーン店がありますが、

やっぱ、一番、ボクの好みなのは、ヨシギュウだな!

今は、どこの牛丼屋でも、280円だもんね!



午前8時、我が家に、拓ちゃんとお嬢さんのキララちゃんが登場。

午前8時半より、高田農〇高校体育館にて、

高田〇業高校・関根〇園・海洋〇校、3校のボクシング部が集まって、

合同練習会がありました。


私とヒロミチ、拓ちゃんがコーチとなって指導してきました。

004_20130518222825.jpg


005_20130518222844.jpg
拓ちゃんの娘さん・キララちゃんは、関根学園ボクシング部の、

かわいい女子マネージャーが、面倒をみてくれました。

サンキュー、わぉ~、美人だね!



午前11時半、練習終了。

練習の締めは、皆でバスケットボール!



我が家に帰ってきて、カレーライスの昼食。
006_20130518223031.jpg


午後から、わたくし、お仕事でした。

半日、デスクワーク、パソコンでピコピコ。

目がしょぼんとなりましたね。

やはり、天気のいい日は、外で働いた方が、気分いいな。


明日は、ノリコさんの実家にて、田植えの予定です。
結果と過程。
プロの世界、プロフェッショナル・スポーツは、結果がすべて。

勝者は生き残り、敗者は去るのみ。

これが鉄則です。


しかし、アマチュアスポーツは違います。

結果よりも、プロセス(過程)が大事。

たとえば、学校の部活動、ここが原点でしょうか。

レギュラーになれなくとも・・・

選手じゃなく、補欠やマネージャーだって、

感動を共有すること、できるんですよ。

たとえ、試合に勝てなくたって、勝利を目指す過程が大切。

みんなで協力しあい、目標に向かって努力する姿があればいい。


これはスポーツだけじゃないですね。

例えば、入学試験。

受験生がどんなに頑張ったって、テストの点が悪ければ

「不合格」 

入試は点数と言う結果のみ、合格・不合格の判定をするのですから。



今の時代、学校の先生も結果を重視するんでしょうね。

生徒の評価は、勉強・スポーツなど、結果だけで判断。

だから、定期テストや、走る・泳ぐタイムで、

勝ち組、負け組なんか、出来てしまう。


まあ、せめて親だけでも、結果だけを評価するんじゃなく、

結果へ至るプロセス(過程)を見守ってあげられるのですから、

普段、頑張っていることや、

ちょっとした努力や工夫を「ほめる」ことが、

大切なんじゃないでしょうか。

ダメな結果でも、一生懸命な姿を見守り、認めてあげて

ちょっとだけ、ほめてあげるんです。

人をほめるには、難しい表現や長い文章、ほめ言葉はいりません。

それだけで、子供はグンと伸びますからね。


私は、アメリカで暮らしたこと、ありますから・・・

こんな言葉、よく聞きましたよ!

「GOOD JOB!」

(グッド、ジョブ)とは、発音しません。

(グッジョブ)ですね!

(グッドは良いの意味、ジョブは仕事)

直訳しすれば、「いい仕事、したね、OK、いいよ!」

こんな感じでしょうか。

人をほめるときに使いますね、この「GOOD JOB」

よく使いますね。


野球でヒットを打てば 「GOOD JOB」

かわいいガールフレンドができれば「グッジョブ」

テストでいい点を取れば、もちろん「GOOD JOB」


たったひと言、ほめてあげれば・・・

うれしいモノだし、安心するし、グンと能力は伸びるんです。


昨夜の練習より

001_20130518030205.jpg
ヒロミチ&善ちゃん。

修道館の練習の最後は、ボディ打ち。

互いに、腹を殴りあい、ボディを強化します。


わたくし、昨夜、ヒロミチに・・・

「GOOD JOB]

「グッジョブ」

ほめられましたよ!

強烈なヒロミチの左レバーブロー(肝臓打ち)を喰らっても

床にうずくまり、倒れこむこと、なくなりましたよ。

今年の3月頃かな、最初は・・・

「ぐぇ、お前、俺を殺す気か!」

ヒロミチにボディを殴ってもらい、ボディの強化トレーニング!

一発でダウン、痛くて、床の上に倒れこんで、

毎日、うずくまってましたが・・・。


何度も繰り返し、殴られると、痛みに慣れちゃうんですよ。

最近は、ダウンしませんよ。

これだけは、センス・運動神経、関係ありません。

努力のみ。

この52歳の中年、いや初老のオジサンのボクだって、

強くなれるんだもん、ボディの打たれ強さだけは。


さあ、ボクサー・キックボクサーの皆さん、

毎晩、お腹を殴り合って、痛みに慣れちゃいましょう!
必要。
昨夜、わたくし、仕事師として職務を果たして参りました。

ある人の紹介の女性を・・これまた、ある男性に紹介すると言う!

いわゆる、お見合いのセッティングをしきたのです。

うまくいったかな?

今日、報告を聞くのが楽しみ!


42歳の独身男性の知人がいまして。

彼は、長身(180cm)、スポーツマン、そして

堅い職業に就いているんだが、なぜか、女性とは疎遠なんだな。


かたや、相手の女性。

ある人の紹介で、私も初対面だったのです。

いや~美人でしたね!

私の幼ななじみの経営する居酒屋にて、昨夜、ご対面!


私は、最初の挨拶だけして、サヨナラだったわけ。

うまくいったのでしょうか?


異性、または、同性でも、いい人間関係を作るには・・・

「必要な人になる」

これに尽きるな。

それが愛される人になる、第一歩かな。


バブルの頃に流行った言葉、男性の比喩ですが・・・

いわゆる悪女に利用される・・・

アッシー君(車の送り迎えの時だけ、お付き合いする男性)

メッシー君(外食のとき、お金だけ払ってもらう、男性)

こんな人になっちゃいけませんがね。


あ~・・こんなとき、あの人がいてくれたらな~。

わたし、助かります。

あの人が男性であれ、女性であれ・・

人生、いや、毎日の生活において、異性の存在が必要な時ってのは、

必ずありますからね。



男に求めるのは、力仕事とか、経済力とかね。

女に求めるのは、うまい飯を作ってもらうとか、セクシャルなこと。

ずばり、男の性(さが)を満たす、エッチなことですな。

(苦笑)

まあ、でも、自分の欲を満たすことより、

本当に、相手にとって、必要な存在に近づけるなら、

2人の距離は、短くなるでしょうね。



昨夜の練習より
001_20130517052943.jpg
ハルキ、リミットまで、あと1.5キロ。

1階級下げて、インターハイ予選に挑みます。

まあ、ボクシング関係者の方、見てたってかまわないよ。

ハルキは、

「ライトフライ」48キロ以下の階級で勝負します!

駆け引きなんか、関係ないもんね。



ハルキの憧れの世界チャンピオン

WBA世界ライトフライ級チャンピオン・ローマン・ゴンザレスと

同じ階級で勝負します!


ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)

アマ戦績 87戦全勝。

プロ戦績 34戦34勝(28KO)。

軽量級のハードパンチャーですね。

ガッチリガードから、アッパー・ボディの強打で倒す怪物だね。

現時点では、井岡選手より強いだろうな。
ロマゴン

ろまごん
とまどい。
今、わたくし、ちょっと、小金(こがね)あるんですよ!

まあ、世間で騒がれている、アベノミクスとか言う・・・

好景気のせいではありません。

「チリも積もれば山となる」

そうです、ノリコさんに頼まれ、お買い物に行くたびに・・・

お釣りをごまかし、コツコツ貯めたお金があるんですわ。

(笑)

なんと、〇万円ナ~リ~!!!


さて、何に使おうか?

なんか、うまいモノでも食うか?

もう1台、自転車を買うか?

若いガールフレンドか、愛人を作って、交際費にしちゃう?

フーゾクにでも行っちゃう?

(繰り返しますが、ノリコさん、館長日記、見ませんので!)


いや、卑しくも・・・

「格闘技を起点、媒介にした教育者である」

これをモットーにしている、わたくしなので(笑)

あまり、変なモノに、お金は使いませんよ。


じゃあ、あれか。

自分への投資ということで、再び、英語の勉強でもやってみようか!

いろいろ研究するの、メンドーくさいんで。

てっとり早く、テレビCMで有名な「スピー〇ランニング」

これ、やるかな!

聞き流すだけでも、英会話が上達するっていうんだから。


でもね、スポーツ新聞に、ある記事が出ていたんです。

「スピー〇ランニング」のCMに出ている、

プロゴルファーのイシカワリョウ君、英語がわからないんじゃないか?

こんな、疑惑ありの記事が載っていたんですわ。


真偽はともかく、まあ、わたくし、大学を出て、

アメリカ人・カナダ人教師が30人ばかりいた、

英会話学校に、日本人スタッフとして就職したんですから。


「日に日に相手の言ってることがわかるようになってきて・・・」

「英語ってすごく楽しい」

「ボクは、スピー〇ランニン〇、を聞き流すだけ!」


いや、待てよ、俺、昔、英会話学校で働いていたんだよな。

あの、テレビに出てる熱血テニス青年、マツオカシューゾウさん!

彼に、説明したのは・・・

つまり、「英会話をどうやって身につけるか!」

お問い合わせしてきた、世界のシューゾー君に・・・

東京・市ヶ谷にある、英会話学校にて、説明をしたのは、

実は、若き日の、わたくしなんですよ。

(彼は、テニスで有名な〇〇高校を中退した17歳の少年だった)

(超・お金持ちのお坊ちゃんなんだよ)

(でも、全然いやらしくないし、彼は、ずっと、いい人ですね)

(私は、今でも、シューゾー君の大ファンです。)


あのね、聞くだけで、英語、ぺらぺら、しゃべれるわけないじゃん。

まあ、ヒヤリング(聴く力)は、格段に良くなると思いますが。


ん~ん、(再び)小金、どうしようかな?

昨夜、梅酒、飲みすぎて、リビングで寝ちまって・・・

深夜、オシッコで起きて・・・

ひとりごとを館長日記に書いてる次第ですわ。


では、再び、ベッドに行き、寝ますかね!

昨夜の練習より
001_20130516030303.jpg
中間テスト中なのに・・・

ハルキ、ただ一人、練習に来ました。

いつものように、ヒロミチにフルボッコでした。

(スパーリング、8ラウンド、やったかな!)


おい、中間テストも、フルボッコじゃないよな。

(笑)

わたし、聞きましたよ、「おい、はるき、明日、なんのテスト?」

ハルキ、元気良く、「はい、わかりません!」

えっ、まじっすか。
観戦記。
この2日間、パソコンの調子が悪く、ブログが更新できませんでした。

再開です。


4月から5月のGWの間、数多くの格闘技イベントがあったようです。

4月末に私も上京し、プロキックの観戦予定だったのですが、

仕事の都合で中止せざるをえなかったのです。


リアルタイムでは観れないのですが、録画したのを、

深夜、最近、はまっている梅酒を飲みながら(^^)

テレビの前でじっくり、「ん、このテクは使える!」

試合の様子をマニアックに分析しながら、楽しんでます。


感想手短に、述べます。

①ユーチューブ動画より・・・

内山高志、彼は凄い。素晴らしいKO勝ち!

もっと、世間の注目が注がれてもいい。

日本じゃなくて、本場ラスベガスでのビッグマッチ、期待したい逸材。

内山チャンプ、新潟市まで来て、次男の結婚式に出席したと言う・・・

アマボク界のドン、ツルキ理事長のお話しでは、

「人間的も素晴らしく、誠実な好青年」なんだとか。

でも、今の時代、模範生のような人材では人気、でないのかな~?

彼は、ボクシングの技術だけで、お金、とれるんだけどな。


②井岡選手:

アマチュアの頃から注目していた選手。

この前の世界戦は、まるで東洋太平洋タイトルマッチと感じてしまう。

やはり、ローマンゴンザレスと戦わなければ、評価は得られないな。

(ネットでは、ロマゴンを避けてるとのうわさアリ)

それか、次世代のスター候補、井上尚哉選手とのビッグマッチまで・・

待たなければならないのか?

強敵との世界戦が見たいな。


③亀田興毅:

彼は、かわいそうだね。

父親とテレビスタッフの敷いたレールを走っているだけ。

その印象しかない。


④山中慎介: 

彼もホンモノ。

長谷川、リゴンドー、ドネアとの戦いが観たいんだけど。

帝拳の会長、次は、どうするんですか?


⑤ノリコさんの観戦記


山中と戦った、ツニャカオ選手。

WBA世界ミニマム級チャンピオン宮崎選手。

「あっ、洋平ちゃんにそっくり!」


洋平は、もっと甘いマスクだけどな。

それに、あんなゴツイ感じじゃない。

歌舞伎町のホスト路線だから、現役時代のファッションは。


⑥最後に、キックボクシングのお話。

K-1がテレビから撤退して久しいね。

最後の放送時に出てたペトロシアン選手なんか、凄い選手なんだけど。

あとは、ブアカーオとか、いいお手本が見られないのが残念です。


まあ、うちの団体(NKB)の試合も

「倒すか、倒されるか!」

ワタナベ会長の提唱する試合も、リングサイドで観戦すれば

迫力あって、楽しいですよ!


でも、一番迫力あるのが、ワタナベ会長だったりして!

あの、優しい、お顔に、ダブルのスーツ姿!

(笑)

これ、一部のマニアな人にしか、理解できない、お話ですね。


先週の新聞記事より
002_20130515055548.jpg

私は登場しません、ただの道場の掃除係なんでね!
新潟遠征。
本日、下記イベントに参加してきました。


第49回 新潟市・市民体育祭アマチュアボクシング競技大会 兼

新潟県クラブジム交流会。


7年ぶりとなりますかね、このイベントに参加するのは。

タクト、キョウスケを連れて、セコンド補佐のカザマ・マネージャー

計4人で、遠征してきました。

県内5つのジムに所属する、小学生から社会人のボクサー38名。

2分・2ラウンドのスパーリング交流会では、小学生を除く、

中学生・高校生・社会人のスパーリングには、本格的に、

ジャッジの裁定により勝敗をつけました。


第8試合 

タクト出場、相手は同じ、中学3年生。

新潟市ボクシング教室の選手でした。

互いに4分間休むことなく激しい打ち合いの中、スパーリング終了。

タクト、判定負け。

相手の選手(名前は?)、タクトのガードの甘さを狙い打ち。

特に、打ち終わりを狙われましたね。

でも、互いに全力を出し切ったナイスファイトでした。


第10試合

キョウスケ、出場。

相手は、中学3年生。

しかもサウスポーでした。

一見、怖いものなしのお調子者、元気イッパイのキョウスケですが、

意外に、リングに上がる前は、緊張しまくりのチキンハート!

(笑)

スパーリング前は、相手は、どんな奴だろう(?)

不安な顔色、気になってしょうがない様子。

いざ、リングに上がってみると、相手は・・・

慣れていないサウスポーの構え。

ありゃ、まずいな・・と、またまた緊張しまくり。

試合開始のゴングが鳴っても、最初は、ぎこちない動きでしたね。

相手の大きな右フック、見えてません。

でも、1分ほどすると、キョウスケ、冷静にワンツーが決まり始めた。

肩の力が抜けて、自然に出る右ストレートが相手の顔面をとらえ・・

相手の選手、鼻血の流血がひどくなり、1ラウンドRSC勝ち。

相手の選手も、年上相手に頑張りましたよ!

006_20130512235726.jpg

003_20130512230924.jpg
キョウスケ、タクト、お疲れ様。

さあ、今度は、中間テストだな。

こっちの方が強敵かな。(笑)


さて、イベント終了後は、昨年、テレビ特番があったラーメン屋に。

元プロボクサーの経営するラーメン屋です。

005_20130512231142.jpg
大矢さん、元プロボクサーであり、10年前の高校生の頃は、

新潟市ボクシング教室所属のアマチュアボクサーでした。

私の教え子だった高校生ボクサーと一緒に、冬休みの間、

年末年始特訓合宿に行ったので、覚えていたのです。

004_20130512231200.jpg
ラーメンは、繊細な塩味でしたね、おいしかったです。


大矢さんの働いている姿。

一所懸命、自分の目標に向かって生きている姿、

時は流れていても、流されていない真摯な生き方。

少年の成長を見つつ、素晴らしい若者の人生に、

感動のひととき、おいしい昼食でした。
ラーメン。
「元プロボクサー」

なんか、この言葉、せつない響き、ありますね。

青春のすべてを格闘技にささげ、生計はアルバイトで食いつなぎ・・

一年に数回、プロフェッショナル・ファイターとして、

リングの上で一瞬の輝きを見せるのみ。


何万人に一人は、世界チャンピオンの称号を獲得し、

巨額の富を得られるのでしょうが・・・・

大多数の若者は、やがて、まばゆいリングから降り、

一般社会の荒波に消えていく・・・・。


引退後は、どんな道へ進むのでしょうか。

ボクシングに代わる、なにか燃えられる職業に出会えれば・・・

・・・なかなか、難しいでしょうね。


さて、元プロボクサーが経営するラーメン屋と言えば、

私の行きつけの店、東京・池袋にある「麺処グロウス」。


ヒロミチが、後楽園ホールのリングで戦った、元プロボクサーで、

協栄ジム所属の大沼さんがやっているお店。

クリーミーなスープがうまいんです。

最近、ご無沙汰してますね。

インターハイ予選が終わったら、行こうかな。

3月以来の東京遠征計画を立ててね!



さて、実は、明日、新潟市に行く用事があり、

タイミングがあえば、元プロボクサーのやっているラーメン屋に

行こうかと思っています。

(テレビで放送されていたのです)


ちょっと、関わったこと、あるんでね、経営者の方と。


今夜の練習より(土曜スペシャルでした)
002_20130511232442.jpg
ハルキ、減量、スタートです。

001_20130511232502.jpg
練習最後は、ストーブの前で、汗だし。


003_20130511232518.jpg
ハルキ、キョウスケも一緒に、夕ご飯、食べていきました。

この写真、スズは、ふてくされます。

なぜでしょうか?

答え、ハルキとキョウスケに・・彼女ができたのです!

孤独なり、スズちゃん。


その哀しみを、昨日、道場の中での・・・

春の県大会フライ級王者ハルキとのスパーリングにて

ぶつけましたよ。

結果は、秘密。

(キョウスケのみ、知っております。)

(ボクシング関係者に知られたくないんでね!)
文武両道。
「文武両道」

学芸と武芸、その両道に努め、秀でていることを指す言葉。

現代では、勉強と運動 (スポーツ)両方できる人のこと。


これ、理想ですね。

私は、勉強も運動も、そこそこ、できましたが。

まあ、たいしたことないですね。

どっちかって言うと・・・

私は、「勉強のできるワル、成績の良い不良少年」で有名だったから。


でも、凄い人、いますね。

身近な人では、私の幼ななじみのヤマダ君。

僕らは、家が近所同士。

勉強のライバルでしてね。

互いの家に泊まって、一緒に勉強しましたよ。

そのヤマダ君、子供の頃から走るのが、ずば抜けて速く、

陸上競技では、小学校5年から中学生3年まで、

新潟県内では、100m・200m走で、負け知らず。


高校に入ってから伸び悩み、400mハードルに転向。

インターハイで2位だっけな。

その後、筑波大学に進学し、最高の成績が、確か・・

陸上の全日本選手権で、4位ぐらいかな。

日本一には、なれなかったが、凄い奴だった。

筑波大学の時、陸上の大会で、上京するたびに連絡があって!

新宿の居酒屋でお酒を飲んで、ディスコでナンパ、ってパターンで、

一緒に遊んだものです。

(今は、北海道大学の教授なんだから、偉い出世ですな。)



世の中、探せば、凄い奴がいる。

例えば、過去に数人、東京大学出身のプロ野球選手、いるんですよ!

この前、読んだ本では・・・

東大出身、初のJリーガー、久木田紳吾選手のお話。

私、文武両道の方々に非常に興味があるんで、そんな記事や本を

よく読むんです。


東大出身のプロスポーツ選手には、共通点が多いですね。

例をあげましょう。

・・・・・・・・・・

予習と宿題をしっかりやって、授業を聞くことで復習まで終わらせる。

塾には行ったことがない。

テレビは見ない。

基本、一日は、勉強と運動だけ。

(自宅学習と、自分の選んだ競技の練習で一日が終わる)


・・・・・・・・・

そうですね、一番共通するのは、時間の使い方だな。

そして、どれだけ自分が目標を強く思い続けられるかが、違いますね。

やりたいことに対しては、一瞬一瞬、無駄な時間を過ごしていない。


3月に、ノリコさんと一緒に、新潟県アマチュアボクシング連盟の

ツルキ理事長とお話しする機会があったのですが、ここでも同じです。

時間の使い方、大切なんです。

ツルキさんが、監督を勤める新潟南高校ボクシング部の生徒さん。

ボクシングの練習時間は、実質、1時間半だとか。

あとは、進学のため、学習塾で、夜10時過ぎまで勉強してる子が

大半だとか。

(新潟南高校ボクシング部の進学実績を聞いて、びっくりでしたよ)

(皆、一流大学、国立大学ばっかだもんね)

(ムサシが県大会決勝で、2回続けて勝てなかった同校のヒグチ君・・)

(なんと、国立〇〇大学進学、凄っ!)


文武両道、理想は理想だが、難しいですね。

バランスよく、勉強も運動でも良い成績を残すことは。

ただ、時間の使い方、考え直す必要ありますね。

無駄な時間、削ること、まずは、これからですね。

(ダラダラのテレビ、ゲームは、絶対ダメ。)

ダラダラの時間、作らないこと。

あとは、集中力、これに尽きる。

短時間でいいから、勉強と運動、毎日、欠かしちゃいけません。

メリハリをしっかりし、高い目標を掲げ、

そのモチベーション・目的意識を維持し続けることです。


20071215205647.jpg
パソコンのアルバム整理してたら、出てきた!

2007年7月、ムサと内藤選手。
周期。
男性は、8年周期で節目が来るという定説があるそうです。

体力の低下、体調の変化、仕事上の節目など、

人生において大きな変革があるんだとか。


たまたま、偶然でしょうが、私、当てはまりますね。

例えば・・・

①40才、タバコをやめて、太りました。

②48才、勤めていた会社から、リストラされて、無職となりました。

(まあ、当たるの半分かな、こじつけもあるし)


32才ぐらいかな、今の男性の結婚する平均年齢は。

やはり、その年齢の頃から、家庭内・家庭外つまり社会活動、

双方に責任感を持たなければならない年周りでしょうし、

次の8年を、どう生きるか。

8年後の自分をイメージして、中・長期的な人生の計画を

立てることも大切でしょうね。


中・長期的という表現、まあ、難しく考えないで、

簡単に言うと、目先の利益にとらわれたり、目の前の手柄に執着し、

他人を蹴落とすよりも・・・

人の役に立ち、信頼を得た方が将来につながる。

こんなニュアンスでしょうかね。


すぐに成果を求められる、サラリーマン社会や、

利益確保のため、血まなこになる中小・零細企業の経営者の方々。

その気持ち、充分、理解できます。

でも、今は恵まれなくとも、いつか必ずチャンスは来るモノ。

8年間に1回は、チャンスが来るそうなんです!


私は、今年の誕生日で52歳。

今度の周期は、56歳ですね。

だから、チャンスを待ちますよ。

今は、人の役に立ったり、信頼を得ることに全力を注ぎます。


上越から、高校チャンピオン!
015_20130510055019.jpg
明日は、部活のボランティアに行って来るかな。

チーム上越(高〇農業高校、関〇学園ボクシング部)のために。

拓ちゃん、連れて行くかな。

(ヒロミチは、飲み会や消防訓練で忙しいとか)

自然回帰。
この連休、わたくし、遠出することなく、

すなわち、車にもあまり乗らず、自転車で近隣をサイクリング三昧。

そして、山に入り、山菜取りと言う、極めて経済的なGWでした。


「ワイルドだぜ~!」 (スギちゃんでしたっけ、一発屋の芸人さん)


でも、山をなめてはいけませんね。

登山でなくとも、小高い山に分け入り、方向感覚がわからなくなり

遭難者が毎年、続出してますから。


管理できる危険と、できない危険があります。

人間や、人間の作った建造物は、管理できる。

または、管理し安い危険が潜んでいると言えますね。

しかし、相手が「自然」の場合、危険は管理できなくなります。


天候不順、雷雨や寒暖の気温差。

野生の動物・昆虫、植物の脅威。

人間の持つ、ワイルドな本能、本性なんて、ちっぽけなモノ。

山に住む獣たちは、素晴らしい感覚を持ち、

身の危険を敏感に察知し、生き抜いている。


でも、我々、人間は、文明人となった現代において、いつしか、

その野生の勘というのは、失ってしまったのでしょうね。


わたし、今、やりたいのは、「山篭りの修行。」

一人、そんな遠くない山に入り、ランニング、ダッシュ。

道なき道をひたすら走り、足腰の鍛錬。

木々に向かっての、素手によるパンチ、キックのトレーニング。

テントを設営し、飯盒で飯を作って、焚き火をしながら・・・、

ワインか日本酒を飲んで・・・

闇につつまれた、山の夜、火を眺めながら・・・

過去の出来事を反省したり、残りの半生の計画を立てる。


街中にずっといれば、テレビ・DVDを見たり、

繁華街で飲み会があったり、レジャー施設へのミニ旅行なんだろうな。

だが、皆、人間の作った空間、時間であり、

まあ、「晴耕雨読」をモットーとする人々から言うと、

時間を奪われているようなんだろうな。

気がつくと、人生は終わりに近づいている。

自分の時間が有限であることを、いつも、人は忘れがち。


自然回帰、今こそ、私、必要な年齢に来てるのかもしれない。


・・・と言いつつ、ノリコさんと、

激安グアムツアーのチラシを見ながら・・・

「来年は、海外旅行、行こうかな!」

なんて、計画も立ててます。

(苦笑)



昨夜の練習より
001_20130509054103.jpg
龍介、仕事が忙しいので、練習は休みがち。

でも、今年、もう、ひと勝負、やりまっせ~!

借りを返さなきゃいけない奴がいる。

そう、過去の対戦で、痛い黒星をもらった相手が、現役でいる限り・・

その首、狙っていくのがプロ魂。
新緑の季節。
5月なのに、この寒さ、困ったものですね。

例年、この季節は、真夏日がときたま、あったり・・・

半袖でいいな~という日が続くものですが。


五月病という言葉、聞かれますか?

私には、あまりピンとこないですね。

小学校から大学生の頃まで、そう留学先のマイアミ大学だって・・・

学校に行くのが、楽しくて、仕方なかったもんね。


ただ、幼稚園の頃、わたし、いじめられていたそうで。

(記憶がないのですがね・・・)

あまり、保育園に進んでいくような子じゃなかったとか。

体も小さく、気も弱くて、泣き虫ケンちゃんと言われていたそうな。

三日前に、叔母に会ったとき、私の幼少時の話、聞きました。


前にも書きましたが、私、小学校1年のときの引越しをしまして・・・

(団地から、一軒家に移ったのです)

がらりと変わった環境の中、

「俺、強くなるんだ・・鉄腕アトム、鉄人28号みたいに」

自分で奮起して、立ち上がったのだけは覚えています。

小学校1年のとき、勇気を出して、

「元気な少年」目指して、頑張ったもん。

そう、いずみ幼稚園じゃ、いつも、一番うしろでモジモジしていた

ひ弱なケンちゃんだったけどさ。

そのうち、剣道を習い始めて・・・

あっというまに、地域ナンバーワンの剣士になって・・・

自信を持ったのだろうな。

その頃から、まあ、ワンパクで、腕力に自信のある・・・

(勉強はできたんですが)喧嘩で有名な、問題児になっていきました。


まあ、天性の距離感とカウンターをとる勘は、

剣道を始めたときに、目覚めたんだと思います。


昨夜の練習より
015_20130508043908.jpg

マスボクシングなんですが・・・

ヒロミチの右アッパー、凄い角度でしたわ。

もろに喰らったよ、いや~、あの角度だな。

体重も乗っているし、マスじゃなかったら、俺、失神していたな。

今夜、検証・研究します。

だって、高校生でアッパー打てる奴、いないからね。

うちの子に教えなきゃ。
ボディブロー、上から目線の勝ち方。
昔、そうですね、もう13年ほど前かな。

元・A級プロボクサー・ソーマさんが、まだ現役の頃だな。

ソーマさん、しばらくリフレッシュ休暇だったのか、

故郷に3ヶ月ほど帰省して、私が紹介したアルバイトをしながら、

修道館で練習してた頃のこと。


バイトも終了し、再び上京し、プロボクシング界に復帰することを

私に告げ、当時、道場に通っていた仲間で送別会をしたのですが・・・

その時、私に、

「ボディで相手を倒して、勝ってみたいです。」

「リング上で、相手を見おろすっていうか、完璧な勝ち方なんで」

「俺の夢というか、テーマというか、目標なんっすよ」

酒も入っていたけど、あれはソーマの本音だったのだろうな。


彼の復帰戦、後楽園ホールまで応援に行きましたよ。

なんと、復帰戦、プロボクシング6回戦の対戦相手が・・・

新潟市出身、しかも、拳心館OBのヤマカワ選手だったので。

(私が選手を連れて、初めて新潟市の拳心館で試合をした時・・・)

(強かった若者だったので、よ~く覚えていたのですよ)

さて、その復帰戦、正直、あまり、ぱっとしない、

(苦笑)

しょっぱい内容だった記憶がある。

必死に戦う、プロのファイターに失礼な言葉だけどさ。

まあ、ファン心理も加味するとさ。

技術戦は、素人には退屈なんだよ。

あのとき、私は格闘家と言うより、

ビールを飲んで、純粋にプロボクシング観戦を楽しんだからね。

ソーマはフライ級がベストだった。

フライ級なら、日本ランカー、タイトルにからむ選手に
なっただろうな。

階級を上げるたびに、自分の武器を失っていった感じかな。

ソーマの試合、のり子さん、善ちゃん、ナイトーさんと
応援に行きました。

試合のことより、帰りに食事した「桃太郎寿司」。

お寿司が安くてうまかったのと・・・

帰りの高速道路、強風で車があおられて、怖かった記憶しかない。

(苦笑)

まだ保育園児だったムサシとスズを親戚に預け、

後楽園ホールに行ったな~。

(奇しくも、この試合から、私の後楽園ホール通い、再開したのです)

アゴやテンプル、急所にパンチが入り、相手をノックアウトする。

これは、狙って当たる場合もあれば、たまたま、当たった場合もある。

時として、出会いがしらの交通事故みたいなKOシーン

4回戦とか前座試合にありますね。


だが、狙ってボディ・ブローで相手を倒すのは、至難の業。


しかし、これ、あっさりとやってしまうボクサー、いるんだよな。


WBA世界スーパーフェザー級チャンピオン・内山高志選手。

ソーマさんの後輩で(ワタナベジム所属)

ムサシの先輩にあたる(拓〇大学ボクシング部出身)

・・・・・・・・・・・・

ボクシングWBA世界スーパー・フェザー級王者・内山高志が
6日、大田区総合体育館にて防衛戦に臨み、
無敗の挑戦者ハイデル・パーラ(ベネズエラ)を5RKOで下し、
7度目の王座防衛に成功した。

5Rは開始から一気に攻め込み、左ボディーフックの強打を
パーラのわき腹にグサリ。
パーラは一瞬跳び上がるようにした後でダウンを喫し、
カウント内に立ち上がることができず
内山が7度目の防衛をKOで成し遂げた。


凄いね、彼はホンモノだ。


しかし、親目線で言うと・・・

2000年、保育園児だったムサシが、内山選手の出身大学!

名門、拓〇大学で、ボクシングをやるなんてさ。

信じられないわ。


ボクシング評論家目線で言うと・・・

ソーマさんの夢だったボディで完璧に相手を倒す試合、

これを世界タイトルマッチでやるなんてさ。

凄いよ、内山チャンプは。

ホルへ・リナレスも、やられちゃうな。


昨夜の練習より
001_20130507060654.jpg
ダイチ、ハルキ、インターハイ予選まで、あと3週間。

追い込むよ!
花の思い出。
「死兆星」とは。

漫画「北斗の拳」で、北斗七星の傍らに輝くといわれている蒼い星。

この星が見えると、その人の死期が近いという。


スミマセン、私、目が悪いんで、あと、老眼なんですよ。

死兆星、見えないのです。

私に、死期は迫ってないのですが・・・

この頃、花を見て・・思い出すこと、あるんです。


(実は、今夜、かなり、酔っ払っております。)


私には、結婚を考えた、いや、約束した女性、3人いたのです。

3人目、ノリコさんです。

2人目、実は、前の女房です。(つまり、わたくし、バツいち。)

1人目、結婚しませんでしたが・・大学生のときの彼女。


2人目の女性、名前に、花の名前、ありました。

菜の花の「菜」。

1人目の女性、アジサイの花が好きな、キレイな女の子だった。

なぜなんでしょう、思い出すのは。

(忘れる必要、ないんですが。)

(繰り返しますが、死兆星、まったく見えませんけど)


うちのノリコさん、実は、お花「華道」を昔、習っていたそうです。

(似合わね~と言う、道場生の声、聞こえてますが)

(なあ、キョウスケ・タケル君)(笑)

ノリコさん、たまに実家の裏山で、花を摘んで、

実家の仏間と、うちの玄関に飾ります。

でも、花より、ご飯のオカズになる・・

山菜をせっせと集めるタイプ、こんな印象、強いですな。

ノリコさん、生活感、あふれる女性なんでね。


「つきあう女性と結婚すべき女性は、違う」

こう言われるモノですが、当年、52歳の館長、

この言葉、実感しております。

ノリコさんと結婚して、良かったなと思ってます。

(彼女、カンチョー日記、見ませんが)


高田公園に咲く、菜の花。
002_20130505232522.jpg

003_20130505232549.jpg

今、どうしてるだろう、なんてね。

・・・・・・・・・・・・・・

001_20130505232724.jpg
これは、建設中の、新幹線の新しい駅です。

私のうちから、自転車で10分かな。

今日、午前中は、一人でサイクリング。

上越市から妙高市のいろいろな所をブラブラ。

50キロ近く走ったかな。


午後から、パジャマ・デー。

ビール飲んで、読書と昼寝。

いや~、幸せ・しあわせ!
山の恵み。
今日は、山菜取り・DAY。


午前中は、ボクサー時代の先輩・ミネさんと一緒に、

カミサンの実家近辺の山へGO!

私とミネさんは、コゴミ(コゴメ)専門です。

まあ、初心者用、誰にでも取れる山菜ですね。

あと、タラの芽も取りましたよ。


ノリコさんは、一人、険しい山の中へ。

目的は、ゼンマイです。

お正月用のお雑煮に欠かせないゼンマイは、この時期に取り、

干したりして、後処理が大変なんだとか。

ノリコさんの実家、もうお年寄りがおりませんので・・・

自分がやらねばと・・張り切っております。

011_20130504233426.jpg

013_20130504233450.jpg

山菜取りは、お金をかけず、楽しめるもんね!

先輩も大満足!

午前の部が終わり、私は先輩を観光案内へ。

春日山城跡から、直江津海岸、火力発電所の工事現場と(?)

先輩を直江津駅まで送り、そこで、バイバイ。


ミネ先輩には、ノリコさんお手製のお弁当と、

ゆでたてのコゴメ(マヨネーズ付き)、新潟の地酒をお土産に!



山菜取り・午後の部は、南葉山キャンプ場近辺です。

同じ目的の方々、たくさん、おりますな~!

服装でわかります。

お気楽なドライブの方々は、軽装、スニーカーだから。

我々・山菜派は、作業着・長靴・ゴム手袋・または軍手だもんね。


今日も大漁、いや、大猟か。

山菜は、繊維質なんで、お通じ、良くなるし、健康なお野菜です。

来週のお弁当も、山菜ばっかだな!


取った山菜は、ご近所のおばあちゃんにも、おすそ分け。

結構、仲、いいんですよ、ご近所とも。



いや~・・・今夜のビールは、うまいわ!

おつまみは、コゴメのゴマあえです。
GWを味わう!
本日は、温泉施設より、館長日記を更新しております。

スズの幼なじみ、ユウジを連れて、池の平スキー場にある、

温泉カフェと(漫画&ネット喫茶 プラス 日帰り温泉)

アルペンブリックホテルのディナー・バイキングがセットになった、

お得なGWプランを、インターネットで予約してたのです。


まだ残雪が50センチほどあるんですよ。

スキー・スノーボードができる場所もあるんです。

画像 001

画像 003


やっぱり、日本人のリラックスタイムの王道は、温泉ですな。
画像 005

画像 002
若者を飯に連れて行く時は、バイキングに限るな。

焼肉・お寿司・カニ食べ放題で、

(ラーメン・スパゲティ・カレー・焼き鳥なども、食べ放題)

温泉カフェ1日券がついて、ナント、2200円な~り~!


好きなマンガ「静かなるドン」108巻を制覇。


ひさしぶりに、休日を楽しみました。
財産。
大学ボクシングの名門、拓〇大学に入学したムサシの近況です。

私には、メールとか電話はしてきませんね。

いや、一度、ありました。

「あっ、今、新宿歌舞伎町だけど、ラーメン二郎ってどこだっけ?」

ノリコさんには、メールがちょくちょく、あるようです。

・・・・・・・・・

ちょっと、お金、ないんで、振込み、よろぴく。

先輩に居酒屋に連れていってもらって、二日酔いです。
どうやったら、治りますか?

えっ、学校、ちゃんと行ってるよ。
ボクシング部の先輩が単位の取りやすい授業とか教えてくれるし。

スパーリングやってます。特に、ケンジ先輩と。

(ケンジ先輩とは、全日本アマ王者で、五輪候補だとか)

・・・・・・・・・

まあ、ボクサーとして、たいした才能もありませんし、

頭も(顔も)よくありせんが・・・(笑)

大学生活において、自分の立ち位置、居場所は、

ちゃんと見つけられてるようです。


もし、心配されてる方、いらっしゃれば、ご心配なく。



さて、昨夜は、私がボクシングを始めた時の先輩が、遠路はるばる

(九州・徳之島出身)

我が家を訪問され、一緒に練習しました。

(30年ぶりですよ、先輩と一緒にボクシングしたのは!)

001_20130503072406.jpg
真ん中の・・(輝いてる)方が先輩です。

現在は、愛知県岡崎市在住のミネ先輩です。

そして、偶然にも、同じ岡崎市在住の元練習生、ニシカタ君も

我が家を訪ねてくれました。

(奥さん、キョウ君も一緒でした)


楽しい、にぎやかな、ひと時の談笑タイム。


ふと・・思いますね。

ムサシへの仕送り、たいへんですし・・

我が家は、ちっとも貯金、たまりません。

でも、(少なくなりましたが)道場には、楽しみな若手、おりますし

まあ、いろんな人が訪ねてくれる、とまり木にような家です。


人とのご縁が、唯一の財産なんですわ、わたくしにとって。

ミネさんや、ニシカタ一家と楽しいひとときを過ごし、

実感しましたよ!

(いや、頭がいたい、二日酔いです)
政治。
自由競争で勝った企業が、すべてを支配する。

これが市場原理主義ですね。

10年ほど前、日本でも構造改革、規制緩和など、様々な分野で

改革が行なわれましたが。

今、現在の日本の経済事情を国民全体、又は国力として考えるならば

貧富の差が広がり、若者の夢や雇用を奪っていってしまった感がある。


ましてや、生活弱者、つまり、ご老人や障害者の方から、

将来に対する不安を聞く機会があると・・・

(わが身だって危ういのですが)

政治家の先生さんよ、しっかりしなはれ。

こんな思いが強くなりますね。

私は個人的に、政治には、興味なんぞ、ありませんが

TPPに関するニュースなどを私なりに、じっくり検証しますと、

歴史的な誤りの選択を促す政治家の方々、何、考えているのか?

選んだ国民のせいだと言えば、それまですが。


乱世の世になりつつある現代社会。

強力なリーダーシップのある政治家、出てこないかな。

今日は独り言のみ。

カクエイ
角さんが、この世にいたのなら、どう動いただろうか。

(最近、田中角栄さんの本を読んでいるのです。)
あの人は・・今・・?
私は基本的に、ニュース以外に、テレビは見ません。

ただし、例外もあります。

映画とか、懐かしい1970年代、80年代の音楽特番。


最近、老眼が進んでいるので、好きな映画も・・・

映画館だと、字幕を追っかけるのが無理なんで、

吹き替えになっているテレビでの映画、たまに見ますね。


私が唯一、挑戦しなかったジャンル、音楽。

最近、好きだな~。

集中して聴くのではなく・・・

なんとなく、耳に入る感じ。

少なくなりましたね、テレビの音楽番組。

私は、日本の歌謡曲も好きですし、ハードロックやポップスも好き。

そして、ギターのうまい高中さんやチャーのテクニック。

ピアノならリチャード・グレーダーマン。

パソコンの動画でも見れますが、たまにテレビで特集があると録画して

深夜に一人で見るのです。


あと、好きなのが、特番「あの人は・・今・・?」

かってのスター、芸能人やプロスポーツ選手が引退後、

どのような人生を歩んでいるかの特番ですね。


実は、昨日、地元の新聞社の取材がありました。

春の高校ボクシング大会で優勝したダイチ、ハルキの特集です。

お話の上手なカツ館長と毎日つきっきりのコーチをするヒロミチ。

記者さんと修道館の4人の対談、そして、

道場での練習風景&集合写真の撮影があったのです。


取材が終わったあと、オブザーバーの私が、記者さんに聞かれたのは

「ハクトさん、イトウトモコさん、今はどうされてますか?」

この質問でした。

サラリと分かる限りのコメントはしましたが。


かって脚光を浴びたスポーツ選手や芸能分野で生きた方。

かっての栄光で食べていけるほど、世の中、甘くありません。

しかし、青春の炎を燃やし、持てる限りのエネルギーを注いだ時間は、

個人の貴重な財産であると共に・・・

同時期、同じ時間・空間・感情を共有した存在があるのです。

それが師であり、仲間であり、サポーター、または、親や親戚、

または、マスコミ関係者かも知れませんが。

かってのきらめいた一瞬を知る者にとって、

まぶたに焼きついた一瞬は、永遠の輝きに思えるのだな。

本人よりも、周りの者にとって、鮮烈かも知れない。

傍観者は冷静だが、一瞬の輝きの時だけ、興奮のるつぼにはまるから。

その本人が、かっての輝きを汚す生き方は、してはいけない。


職業に貴賎はないのです。

一生懸命、生きている姿は、現役時代の輝いていた頃と比べても

なんら遜色ないと思いますよ。

かってのスターが、犯罪者となっている事件が取りざたされてると、

一介のサラリーマンとか、汗まみれで働いている、

元スター選手の輝きってのは、失せてないと思いまよ。

私は、そう思うな。

大豪邸で、大きなソファにふんぞりかえってインタビューを

受けている成功者より、よっぽど、人間味がありますからね。

(半分、負けおしみだけど)

(苦笑)


昨夜の練習より
001_20130501053056.jpg
これと同じ写真、近々、上越タイムスに掲載されます!

ヒロミチ・ハルキ・ダイチ・カツ館長。

気合、入りすぎだよ、その顔。 ハルちゃん!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。