館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
反抗期。
男の子の教育は難しいようだが、実は簡単だ。

難しい時期もある。

いわゆる反抗期かな、13歳ぐらい、中学1、2年ぐらい。

でも、反抗と言うより、自主性が芽生えてきて、

親から独立していく、最初の段階だとも言える。

その年齢まで、つまり、素直なままの時期、12歳ぐらいまでに、

挨拶、礼節(礼儀と節度)、丁寧語と尊敬語、

目上を敬い、年下の者を可愛がる習慣づけ・・など、

親が必ずしなければならない、社会性を学ばせればいい。


だが、最近の親は、この社会性を教えていませんね。

だから、生意気なガキどもが、社会のルールを守らないまま、

大人になっていくように思います。


私は、格闘技を通じて、18年間、親に代わって

そんな子に、人間としての社会性を教えてきました。


だから、その反面、そんなに強い選手は育ててないんですよ。

(18年間に、キックの日本チャンピオン、一人だけ。)


実は、格闘技をやる子は、母子家庭の子、多いんでね。

私が父親の背中を見せて来ましたよ。

まずは、強くなければ。

北斗の拳の「ラオウ」

刃牙の「 範馬勇次郎」

まあ、ここまで強くなくてもいいんですが。

(苦笑)

私は、体は小さいですが、瞬発力と距離感の見切りだけは抜群なんで。

私と対戦したことのある若い子は、びっくりだろうね。

でも、最近は、老眼と共に、身体能力が、かなり衰えてきました。

(泣き)

論理的に、言葉巧みに、上手に、ヤンチャな子に接しなければ。

相手の考え方と同じ目線で話し合うことで、教えること。

そして、相手に受け入れる素地を作ることが大切かな・・

と考えています。

(昔は・・相手の攻撃は、すべて見切り、体に触らせず・・・)

(ガツンと一発、目に見えないカウンターで、殴ってやり)

(強さを見せつけたあとに・・優しく、言葉で教えたものですが)

(苦笑)(もう、こんなこと、できない年齢ですわ。)


今夜の練習より
003_20130429233613.jpg
接近戦でのポジショニングを教えました。

ダイチとハルキ、この2人には、ヒントを与えるだけ。

あとは自分で考え、自分の戦い方を自ら生み出すようにしてます。

確認作業は、ヒロミチとのスパーリングでOK。

自分より大柄で、距離が長い奴と対戦は、カツ館長とスパーだね。
スポンサーサイト
外出。
私は子供の頃、社会の地図帳を眺めるのが好きでした。

日本の地図を見ながら・・・

ここには、なんと言う都市、村や町があるのか調べたり、

特産物は何かを知ったりして、なんとなく時間を過ごしてましたね。


世界地図や地球儀も、ボ~と見るのが好きでしたし・・・

昔、日曜日のテレビ番組であった、

「兼高かおる世界の旅」と言う番組が好きで・・・

世界のいろんな国を紹介してくれる、

素敵なおば様のお話とともに、各国の映像を見るのが大好きでした。


そして、自転車に乗り、いろんな所に一人で遠出をしていた・・・

放浪癖のある少年でした!


まあ、そこが私の原点だったのかな。

家でおとなしく地図帳を見たあとは、自転車に乗って、

山や海に向かってましたね。


いつもと違う場所に行き、自然の空気を吸うと、

リフレッシュしますね。

同じ空気をずっと吸っていても、人間はダメだな。

違う空気を吸わなきゃ、ダメ。

さあ、近場でもいいから、外出、そう、出かけましょうね!


わたくし、本日、40キロ近く、自転車に乗ったかな~!
002_20130429004155.jpg


目的は、これ!
001_20130429004134.jpg

山菜のコゴミを取りに出かけました!

(でも、午後からちょっと、お仕事でした。)


PS:

今年のGW、修道館は暦通りにやっております。

祭日でも練習はありますので。
GW、スタート。
世間は、GW(ゴールデンウィーク)で浮かれているのでしょうが。

お仕事です・・って人もいるのです。


ハイ、ボクがそうですし

(今日も一日中、パソコン。目がショボショボなり。)

高校生のダイチとハルキも同じです。(?)


春の県大会で、初優勝を飾ったダイチとハルキ。

今年は勝負の年となり、おそらく、試合と遠征の連続で、

かなりの出費が重なるじゃないかと推察します。


親御さんの負担、大変ですし、

そんな2人に、私ができることと言えば・・・

アルバイトの紹介ぐらいしか、ないのです。


過去18年間に、600人近い練習生と関わった、わたくし。

顔が広いんですよ!

そこで、現在、会社経営者となっている者へ連絡し、

今日、一日だけ、単発のアルバイト、お願いしたのです。


もう14年ぐらい前になりますかね、その頃の練習生で、

今は、建設関係の派遣会社を経営しているテラジマさん。

彼の手配で、アルバイトを紹介してもらいました。


朝、6時45分集合と早いものですから、

(ダイチ・ハルキ)寝坊・遅刻が心配なんで・・・

スズを連れて、自転車でテラジマ社長の会社に向かいました。

(朝6時です)


テラジマ社長の会社にて
002_20130427235148.jpg

「2人をよろしくです」と。

やはり、電話だけより、直接会って頼むほうが誠意ありますからね。

(テラジマ社長、スズがでっかくなってるのに、ビックリ!)


今日は、長野市まで、車で向かって、

山の中で木を切ったり、片付けをする仕事だったそうです。


これからも月に2回ぐらい、アルバイトして、

遠征費の足しにすれば・・と思ってます。


いい道場でしょ、うちは。

(自画自賛)

お誕生日にバースデーケーキもあるし、

アルバイトも紹介してもらえる!

・・・・・・・


GW初日は、スズと一緒に、早朝のテラジマ社長の会社訪問でした。

そのあと、私は仕事へ。

ノリコさんは普通どおり、お仕事。

スズは、宿題の山なんで、一日中、お勉強。


・・・・・・


追伸、びっくりの写真がこれ。
001_20130427235945.jpg

テラジマ社長の会社のそばに、ハルキの家があるんです。

今朝、ハルキの家に寄ったとき、びっくり仰天。

大規模農家なんですね、ハルキのおうちは。

大きな納屋があるんですが、その2階に、なんと・・・

30畳ほどの畳が敷いてある部屋があるんですよ。

サンドバッグもありますし、修道館より、全然立派なんですよ。


聞けば、お父さんが空手を習っていて・・・

自分の練習所を作ったのだとか。


実はダイチから聞いていたんですが・・・

「カンチョー、ハルキのうち、やばいっす、道場が家にあります」

ホントだったんだ。

(今は、ほとんど使っていないとか。)

気分転換。
デパート・伊勢丹のカリスマ・バイヤーだった藤巻幸大さんという、

私と同い年の方がいます。(1960年生まれ)

足袋の「福助」という会社の再建で有名になったビジネスマンです。

現在は、ビジネスプランナーや講演会をやられていて、

ある雑誌のコラムをよく読むんですよ。

藤巻さんが仕事で失敗して、落ち込んだ時の気分転換の仕方です。


①「体を動かす」

心と体は表裏一体、連動してるから、心のコントロールが下手な人は

まずは体を動かすこと。

運動で体を鍛えるか、疲れているなら、極上のマッサージを受ける。

・・・・・・

なるほどですね、私も、20代の頃から、50歳を過ぎてまで・・・

昔から、落ち込んだ時は、走って、サンドバッグを殴ってましたわ!


②「心を動かす」

一番手軽なのは、映画を観ること。

これを観れば元気になれるという映画は、誰にもあるんじゃないかな。

・・・・・・・

今、レンタルショップでも100円とかで借りられますもんね。

私も、「燃えよドラゴン」とか「ローマの休日」

何度も繰り返し観てますし、毎回、ハッと気づくこと、

ありますからね。


③「脳に栄養を与えるために本を読む」

先人の教えが詰まった名著や古典を読むと、ネガティブな自分が

ばかばかしく思えてくる。

・・・・・・・・・・

私も、何度も読み返す本、ありますね。

(漫画でもOKですよ)

最近の子供は読書好きな人、多くないと聞きます。

まあ、パソコン・携帯電話の普及なんでしょうね。

でも、図書館で本を借りて読めば、これほど経済的で、

脳を活性化させること、ほかにないと思いますね、本当に。


私は、歴史上の偉人伝を読むのが好きです。

(なんと、ハルキも、同じだった)(笑)

上杉謙信と織田信長に関する本が好きだな~。


あと、漫画「バキ」は、格闘家、いや、私んちのバイブルだな~。

うちには、もちろん、全巻ありますし、

スズは異常なくらい、場面ごとのせりふ、暗記しております。

(英単語、覚えろよ、それぐらいの情熱で。)

(苦笑)


昨夜の練習より
001_20130426025639.jpg
カツ・2代目館長、ご出勤です。

修道館・唯一の現役プロ選手、龍介をしごいていました。



002_20130426025814.jpg
昨日、キョウスケ、16歳の誕生日でした。

ノリコさん、ホットケーキの素でバースデーケーキを作って、

みんなで食べました。

なんと、アットホームな道場でしょう!

スズ・ダイチ・ハルキで、「ハッピーバースデー」歌いました!

ホンモノ。
私は、若い頃、海外(アメリカ)で暮らした経験があります。

当時の日本は景気が良くて、ブランド物が流行っていましたね。

私も高校を卒業し、東京に行ってから、初めて・・・

ルイビトンとかセリーヌなんて、名前・言葉を知りましたよ。

私も1個買ったかな~、LVのマークが入ったセカンドバッグ。


(もう25年も前になりますが・・・)

アメリカの中流と言うより、上流家庭だろうな、

私がカリフォルニア州サンディエゴで、ホームステイした家は。

そこで、一家のパパやママとお話したことを覚えていますよ。


ケン(私のこと)、日本じゃ、そんなビニールのバッグに、

(ル〇ビト〇のこと)

50ドル以上(当時は1ドル=200円、だから1万円)も

お金かけるのか、なんで??


そうなんです、まだそんなに給料が良くないだろう若者とか、

親が学費を出してくれる大学生が、

ブランド物のバッグを買うのが、理解できないんですね。


アメリカンドリームを達成したサクセスストーリーの人物。

つまり成功者となった会社社長とか、スポーツ選手でも・・・

Tシャツにジーンズが普段着の国ですからね。

そんな成功者だって、まだ下積みの頃は、

バカでかいショッピングセンターで売っている・・・

10ドル(千円)のバーゲンの服に安いディーバッグ(リックサック)

まあ、これが定番ですからね、若者のファッションは。


日本人の特徴・特性ですよね。

着ている服、持っている時計とかバッグを気にするのは。

まあ、欧米の人は、はっきりしています。

人の価値を判断するの基準は、ずばり人間性のみ。

ユーモアある話しっぷりとか、持っている技術とか身体能力だけ。

身につけてる腕時計やバッグなんか、まったく興味がない。


お金で買えないモノ。

人間そのものの価値を高めないと、いけません。

そんな意味じゃ、肉体を鍛えることも価値あることなんですね。

健康的なマッチョな人は、「グレート!」

讃えられますからね、海外では。


体が貧相だとか、太ってる、そんな人がフェラーリに乗っていて、

お金持ちでも・・日本じゃモテルだろうが、アメリカじゃ??

まず、女の子に相手にされませんね!


昨夜の夕飯。
001_20130425050112.jpg
優勝のお祝いに、私の行きつけのラーメン屋「麺屋しょうじ」に

ダイチとハルキを連れていきました。

ナカダ社長から、お祝いに餃子、サービスしてもらいました!


ダイチとハルキは、筋肉バカと言えますね。

ボクシングをやる前から、ウェイトトレーニングオタクで

腹筋を見せ合ってるほどの・・おバカさん!

(苦笑)

服だって、いつもジャージだしね!

まあ、それもOKかな。
高き頂(いただき)
ヘミングウェイ「キリマンジャロの雪」より


キリマンジャロは、標高5895m。

雪におおわれた山でアフリカ第一の高峰だと言われている。

その西側の頂に近く、ひからびて凍りついた

一頭の豹が横たわっている。

なぜ、この豹が、そんな高いところまで、何を求めて登ったのか、

誰にも説明することはできない。



私がこの一文を知ったのは、古い漫画で

「紅のチャレンジャー」というキックボクシング漫画の第一巻に

あるんです。


紅のチャレンジャーの主人公 紅闘志也(くれないとしや)が

ムエタイ(キックボクシング)の帝王ガルーダの底知れぬ力を

見た日から、彼の運命は変わったです。

日本高校サッカーのヒーローだった紅闘志也は、ガルーダに魅せられ

サッカーを捨て、キックボクシングに転向。

真紅に燃え上がる男の灼熱の人生が、今、ここに幕をあけた。


主人公 紅闘志也は、ムエタイの帝王ガルーダの存在を知ったゆえ

紅は、アフリカではなく、タイ国のバンコクにて

彼の「キリマンジャロ」を見たのだった。

そしてガルーダの強さを見てしまったから、

彼も死の氷壁を登りつめていくしかない。

不思議な情熱にかられた、一頭の孤独な豹となったのだから。


まあ、こんな冒頭の一文がある、マニアックな漫画でしてね。

ずっと探していて、やっと、秋田か仙台のブックオフで手に入れた

漫画なんですよ!


・・・・・・・・・・・・

格闘技の世界に生きるということは、

この高い頂を目指して、果てしなく登り続けてしまった

孤独な豹に近いものだと思う。


チャンピオン、王者という高い頂を目指し、果てしない道のりを

歩んでいくもの。

頂点に立てるのはたった一人。

そこを目指すなら、孤独な豹になる覚悟が必要だな。


昨夜の練習より
002_20130424065255.jpg
昨日は、関〇学園のOBでもある、元プロボクサーの、

拓ちゃんを呼びました。

今後、関根〇園ボクシング同好会を作る際に、

コーチをお願いするのでね!


ダイチ、ハルキ、まだ、新潟県を制しただけ。

今度は、北信越大会(新潟・富山・長野・石川・福井県)や

全国大会へと、より高い頂に登るため、

ヒロミチに鍛えてもらって、高校王者、目指します。



スタート。
県大会ボクシング決勝の結果です。

現地のトミー特派員から、午後6時頃、メールが届きました!


フライ級(52キロ)優勝は、ハルキ。

第3ラウンド、ダウンをとって判定勝ち。

(詰めが甘かったので、RSC勝ちならず)



ライト級(61キロ)の優勝は、ダイチ。

第1ラウンド、2度ダウンをとり、RSC勝ち。



当初の目標だった2階級制覇、達成しました。


もちろん、ここがゴールではないですし、ハルキ・ダイチ共に

課題もたくさん見つかりました。


私も、久々に試合会場で見たアマチュアボクシングの試合でした。

教え方にも、ひと工夫、必要ですね。


試合終了のゴングは、次なる試合へ向けての、

スタートの合図でもあります。


「2013年度 高校ボクシング試合日程」

6/1~4    インターハイ予選 (新潟南高校)

6/14~16  北信越大会    (石川県金沢市)

7/13~15  国体予選     (新潟南高校)
  
7/31~8/7  インターハイ   (佐賀県)

8/23~25  北信越国体    (新潟南高校)

10/3~8   国体       (東京都日野市)

12/14~16 選抜予選・新人大会(新潟南高校)

1/18~20  北信越新人大会  (福井県鯖江市)

3月下旬     選抜全国大会   (兵庫県芦屋市)


ハルキ
002_20130421230358.jpg

ダイチ 
005_20130421230425.jpg
全勝。
寒い一日でした。

でも、熱い一日へと変わった日曜日。


今日は、雪が舞い散る中、高速道路を北上し、

新潟市まで、ノリコさんとドライブ。


イイトモが大学1年生のときの国体予選以来の・・・

4年ぶり、アマチュアボクシング大会の会場入りでした。


ノリコさんは、スズのママ友が前日から新潟市で同窓会だったとか、

ホテルに一泊した彼女と合流して、新潟市の万代にてブラブラ。

ウィンドーショッピングの休日を楽しんだそうです。


お待たせしました。

試合結果をさらりと報告。

(ダイチも試合があったのです)


フライ級(52キロ)準決勝

ハルキ 判定勝ち (VS 星野選手・新潟向陽高校)


ライト級(61キロ)準決勝

ダイチ 2ラウンド RSC勝ち (VS 大島選手・新潟北高校)

(RSC勝ちとは、レフリー・ストップ・コンテストの略です)


ともに決勝進出。

002_20130421230358.jpg
ハルキは試合前、緊張とか、アガルなんて雰囲気より・・・

「パンツがくい込んで、なんか股間が変なんです。」

キン〇マを守る、ファールカップと言う金的ガードと、

パンツとトランクスのはき方がうまくいかず・・・

股間をモジモジばっか。

こいつは、大物の雰囲気、ありますわ。

(苦笑)

試合中も、こっち(応援団)を向いて、ニコニコ手を振る余裕。

ダウンこそ取れなかったが、圧勝でしたね。

ただ決勝の相手も、なかなかのパンチャー。

気は抜けませんね。



005_20130421230425.jpg
ダイチ、中学生の時から、スーパー「ナルス」にて、

高校生のオネーさんをナンパするほど(!)

ある意味、大物なのに。

(苦笑)

リングに上がる前は、極度の緊張で、ガチガチ。


ダイチの試合だけ、私はセコンドにつきました。

第1ラウンド、かたいな~。

なめらかな動き、まったくありません。

ただ、今回の試合、ダイチの構えは、ロマゴン・スタイルと言う

ガッチリ高く構えるガードにしたので、相手のパンチはもらいませんが。

(ロマゴン→ローマン・ゴンザレス、強打の世界チャンピオンです)

第2ラウンド、なんとか肩の力が抜け・・・

ヒロミチから習った、フェイントからの左ジャブがビシビシ。

相手の顔は、可哀相なくらい、真っ赤に腫れてきました。

右カウンターから連打で、ダウンを取り、

試合再開後は、左ボディであっさりダウンを取り、

レフリーは、試合を止めました。

ん~ん、まだまだ、課題は多いな。



明日は、チームメイトの白砂選手(高田農業高校)との決勝です。

ライト級(61キロ)で、180センチの長身サウスポーの白砂君。

ともに100%の力を出し切ってね。


006_20130421233415.jpg
チーム上越は、全勝でしたね。

左から白砂君、ダイチ、菊川君、ドヤ顔のハルキ、全員決勝進出!



修道館の元練習生だったトミーは、

チーム上越(高田農業高校・関根学園)をよくまとめ

いいムードメーカーになってますね!

明日の決勝は、夕方4時くらいかしら。


スマホをチラチラの、月曜日になりそうだな。
待機。
わたし、待つのは、苦手です。

「待つことに関する話題」

①5分前行動を自分に課しているわたくし、

時間にルーズな人は嫌いです。


では、難しい判断でもある・・「許せる待ち時間」

ある雑誌社の記事にありましたのでコピーします。

「恋人」の場合は平均29.9分。

「目上の人」の26.4分

「友人」と「家族」は いずれも約22分。

気遣いの必要のない相手ほど許容時間が短くなる傾向。

でも、基本的に人を待たせてはいけません。


相手との待ち時間の5分前には、集合場所に着いていましょう。

相手より先に来て、相手に「待った?」と聞かれたら・・・

「今、着いたところです」

そう答えること。

(取引先の相手だろうと、友人・恋人だろうと)

私は、社会人になった最初の会社で、そんな教育を受けました。

(その頃は、10分前行動をしなさい と言われましたね)



②むかし、昔、「あみん」さんと言う2人の女性歌手のヒット曲

「待つわ」って歌詞、よ~く覚えています。

「わたし、待つ~わ、いつまでも、待つ~わ・・・」


もう30年前のことですね。

携帯電話のない時代、大学4年生の就職活動をしていたときのこと。

企業の人事担当者から、面接の合否が電話で知らされるのです。

地方出身者でアパート暮らしの大学4年生だったら・・・

アパートの部屋にある電話が、採用に関し、

企業から連絡が来る、唯一の伝達手段でしたよ。


それこそ、「わたし、待つ~わ」の心境でしたね。

そんなイメージが、当時、流行ったヒット曲にかぶったのですよ。


なんだか、たわいもないこと、羅列してますね。

さて、今日の、新潟市で開催された高校ボクシング大会の結果が・・

昼間、気になって・・気になって。

(私は、パソコンのお仕事でした)

やっと連絡が来た~と思ったら・・・

ハルキ、シード選手なので、「試合なし」 だって。

肩の力、す~と抜けたね。



明日、日曜日、ハルキ、デビュー戦が、いきなりフライ級準決勝。
001_20130420231829.jpg

こんな怖い顔しないで・・肩の力、抜いて、リラックス。


ダイチもシード選手なので、試合がないみたい。

ライト級は、明日が準決勝。

勝者が月曜日に、ダイチと決勝だとか。


明日は、私も会場入りします。

何年ぶりだろう、アマチュア公式戦の会場に行くのは。


では、明日また、報告したします。
人のため。
最近、寝つきが悪いんですよね。

まあ、公私とも、いろんなシガラミがあり・・・

悩み多き、52歳ですわ。


枕元に本を置いて、寝る30分前に、いろんな本を読んでます。

最近、読み返したのが、人生の師と仰ぐ、近藤館長の著書、

「会社は社長次第」


近藤館長は、元・株式会社ピコイの創業者にて、

実戦空手道・キックボクシングの道場 「拳心館」の館長です。

その著書を一部コピーします。

・・・・・・・・・・

私が小学校の運動会で1等賞を取ったら、母がとても嬉しそうだった。
それを見て、私も嬉しかった。
母の喜びは自分の喜びであることを知った。
母の心を満たしたことで、自分もすごく満足した。

「人はパンのみによって生くるに非ず」と聖書に書いてある。

人は周りの人々の役に立ってこそ、生き甲斐を感ずるものだ。
会社も単に働いて給料をもらうところではない。
仕事を通じて多くの人に役立つ。
そういう使命を持つところだ。

・・・・・

ん~ん、難しいところですが、その通りだろうな。

世に、星の数ほど会社はありますが・・・

5年、10年と存命する企業の多くは、私利私欲に走る企業じゃない。

世の中に役立つ「業」となっております。

また、そんな企業で働く社員も、

「自分が・・自分の・・」と言うより

顧客や組織のために殉じる人が多いのだろう。


私は大企業で働いた経験こそありませんが・・・

「勇将の下に弱卒なし」

大学を出て最初に働いた企業の社長から習ったことや、

近藤館長のお言葉が、今、社会人としての指針となっておりますね。


「はぁ~」とため息を一回すると、幸せを一つ失くします。

最近、なんか多いみたい。


(苦笑)


さて、今日より、春の新潟県高校ボクシング大会。

ボクシングに限らず、いろんな競技の大会がめじろおし。

甲子園やインターハイの予選がある6月・7月に向け、

まあ前哨戦ですね。

今日は、ヒロミチが新潟市に行き、大会会場にて、

高田農〇高校と関〇学園のボクシング部のサポートをしてきます。


さあ、もうこれ以上、悩みを増やさないでくれよ、ハルちゃん。
003_20130420062058.jpg
ハルキ、本日、フライ級1回戦に出場です。

写真は、一昨日、ストーブの前での汗だし後のハルキ。
今朝は・・・
昨夜は、同窓会で深酒しました。


毎回ですが・・・

1次会は、同級生が経営する居酒屋。

2次会は、オンナ友達がオーナーママのクラブ。

3次会は、幹事の友人経営のラーメン屋。


(修道館は、自主トレでした。)

でも、習慣的に、早朝4時半に起床。

ゆっくりお風呂に入って、汗だし。

5時半から走りました。


本町の雁木通りで、リニューアルした2箇所、写真を撮りました。



長崎屋の跡には・・・
003_20130419063559.jpg


大和デパートの跡は・・・
004_20130419063624.jpg

体重。
体重制限のあるスポーツでは、減量はつきもの。


自分に合った適正体重を見つけるのことも、大切なこと。

または、体重を減らす際、食べ物、栄養学まで、学ぶことも大切。

いったん、体重を落としきったら、その体重を維持するためには、

どんな食生活をすべきか。

試合直前には、何を食べるべきか?


いや、普段の食生活から、勝つためには何を食べるべきか!

考えるべき。



節制された生活は苦しいが・・・

試合が終わり、極度の緊張から、解放されたあと食う飯のうまさ!

これがサイコー!!


・・・私は、コーラにケンタッキーとか、メンチカツが楽しみだった。



人の体質は、十人十色、千差万別。

自分に合った減量方法、食生活を考えなければ、

勝者への道は、開かれない。



まあ、普段から、スーパードライに、ポテチ・柿の種ばっか。

マヨラーの私が、忠告すべき人物ではないのは、間違いないが。

(苦笑)





ハルキは、侍(さむらい)。

もうちょっと減量を頑張り、もう1階級下げれば、有利なのだが。

「強い〇〇選手を倒したいから、あえて減量はしないで勝負します」


ん~ん、まあ、階級選びに、駆け引きは、あると思うんだが・・・

彼の判断、結論に任せます。



昨夜の練習より
001_20130418043641.jpg
やられた!

わたし、初めて、ハルキとスパーして、鼻血ブ~です。


002_20130418043659.jpg
練習ラストは、汗だし。


これで、ダイチとハルキの練習は終了。

今日は、練習なしの完全休養日。

疲れを抜きます。
両立。
私、仕事に追われ、なかなか両立が難しいな。

(ひとりごと)





今日は、写真のみ。


001_20130417062159.jpg
キョウスケ、君にも、言っておく。

勉強とボクシングの両立、3年間、やり通すこと。

H大学、ここが目標だぞ!
男(おとこ)道
フランス革命のときの・・兵士の言葉。


男は、理想のために死ななければならない。

女は、男の死をやすらげることはできるが、
男は、女のために生きることはできない。


再度、言おう。 

男は女のために生きてはならない。
理想のため生きなければならない。

その理想を激しく求めさせるもの、それが女であり、
それが恋なのだ。

・・・・・・・

よし、このGW。

私は、旅に出よう。


ノリコさんは、

「山に、山菜を取りに行こうよ」

「ムサにお金がかかって、うち、ビンボーだし。」

・・と言ってるが。


しかし、男は、理想のために生きなければならない。

(笑)


私は行くよ、このGW,男の一人旅。

夢に向かって、突っ走るよ。

愛車もあるしね!

003_20130416055239.jpg

さて、お金、どうやって、作るべ?

(泣き)
お花見は、最高の人出ですが・・・気になることが。
昨日、日曜日のこと。

早起きして、まずは、親子でロードワーク、一緒に走ります。


(スズは高校2年生、一緒に走るのは、あと2年間ですな)


早朝5時半でしたが、カメラを持ってお散歩の方が大勢、いました。


私は、そのあと、お仕事でした。

(トホホ)


002_20130415045120.jpg
さあ、高田の桜をご覧ください!

003_20130415045138.jpg
ここの景色が好きだな~。

3重櫓(やぐら)と呼ばれる、お城を再現した建屋(鉄骨製)です。




昼間、オフィスにてのデスクワークなんですが、

プロボクシング界の頂上決戦が気になって・・・

(ドネアVSリゴンドー)


ちょくちょく、拳論というサイトにて、ラウンドごとの試合状況の、

投稿のチェックばっかしてましたよ!

(苦笑)

うちに帰ってから、動画サイトにて、改めてこの試合を見ましたが、

レベル、高すぎ。


(山中VSツニャカオも素晴らしかったが、さらに高い次元でした)


ドネア、ガンガンいけなかったね~。

最後まで、リゴンドーのカウンターが邪魔だったな。

身長164センチの小柄なリゴンドーだが、

空間支配能力がはんぱじゃない。



リゴンドー、人気でないと思うけど、まあ、世界最高、最強だな。


ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)

オリンピック2連覇。(アテネ・北京五輪)

アマチュアボクシング戦績:247戦243勝4敗

プロボクシング戦績:12戦12勝(8KO)無敗



でも、私はドネアのファンですよ。

親日家でもあるノニト・ドネア選手(フィリピン)

山中選手とやらないかな~!
行きはよいよい
『通りゃんせ』

作詞・不詳 本居長世 編・作曲

通りゃんせ 通りゃんせ

ここはどこの 細通じゃ

天神様の 細道じゃ

ちっと通して 下しゃんせ

御用のないもの 通しゃせぬ

この子の七つの お祝いに

お札を納めに 参ります

行きはよいよい 帰りはこわい

こわいながらも

通りゃんせ 通りゃんせ

・・・・・・・・・・


ん~ん、懐かしい歌だね。

ふと思い出したので、ネットでおさらいをしたのです。


片道、13キロ。
003_20130413232016.jpg


朝、風をきる自転車ロード、耳が冷たいが、気持ち良い!

写真を撮る余裕も、あり!(妙高山です)
004_20130413232045.jpg


帰りは・・ちかれたび~。(疲れた)

関川の堤防沿いを走りました。


ラストランは、自転車から降り、高田のお花見会場をぶらり、お散歩。

それにしても、高田のお花見会場は、凄い人・人・人。

東京の歩行者天国だと思ったぐらい。

夜桜、楽しむ余裕、ありませんね。

人ごみは、嫌いだな。


遠くから、桜の花、眺めるとするか。
出発!
よし、晴れたぞ!

今日は、いい日、旅立ち(ん?山口百恵さん、こんな歌、あったよな)


念願の・・・

待望の・・・

ドロップハンドル。


自転車のF-1、ロードレーサーに乗って、出かけるぞ!

・・・仕事に。(トホホ。)


昨夜の練習より
001_20130413055922.jpg

002_20130413055945.jpg

試合まで、あと1週間。

追い込み練習は、今日まで。

来週は、調整と攻撃パターンの確認だけ。


行くよ、2階級制覇、ダイチ&ハルキ!

002_20130411055326.jpg
朝6時。

これより、初出走!
急がず、慌てず。
今日、習った言葉。


商いは、「飽きない」


待つことも商売のうち。

お客を待ちながら、通りを見ていると、

自分が今、何を売ればいいか?

この街は、どんな客が住んでいるか?

いろいろ見えてくるもの。


あせらず、待つ。

そのために、一歩ひいてみることが肝心。


私は、結果と結論を急ぐのが欠点。

織田信長の・・「泣かぬなら、殺してしまえ、ホトトギス」だな。


やはり、「泣かぬなら、泣くまで待とう、ホトトギス」の

徳川家康が、一番優れた国家統治を成し遂げたわけ。

期待の週末。
さむ~い!

こちら上越市は、「寒のもどり」なんでしょうか。

お花見会場の関係者には、つらい天候状況が続いております。

桜の花は、ほぼ満開に近いんじゃないでしょうか。


今週末は、なんとか天気も良さそうなんで・・・

是非、日本三大夜桜でもある、「高田のお花見」いらして下さい。


拙宅は、お花見会場から徒歩5分の距離にあります。

花見会場の駐車場は、1日600円かな。

そんなところに車を止めるより、是非、うちにいらっしゃい。

車は、6台まで駐車できますからね。

修道館関係者の方、かっての練習生、遠方の弟子や友よ。


ケンタ、見てるか? 

おかかえのキャバ嬢、風俗嬢連れて、高田の花見においでよ。

マサさん、春爛漫の高田もいいもんですよ。


私は、今週末、仕事で不在ですが、スズとノリコさんは、

車の渋滞がひどいので、おうちにおります。

皆さん、手ぶらでいらして下さいね、逆に高くなっちゃうから!


おいしい日本酒、ちょっとありますから・・・

ふるまい酒、しちゃいますよ!




昨夜の練習より
001_20130411055149.jpg
ダイチとハルキのマス・ボクシング。

ダイチも体重は、OK! リミット切りました。

試合は2週間後。

パンチも切れてきた!


ジャ~ン! ついに登場!
002_20130411055326.jpg
買っちまったぜ! 長年の夢だったドロップハンドル!

なかなか、天気が良くなくて・・部屋でながめるだけ。


今週末に期待!
ドキュン!
劇画「ゴルゴ13」が構える自動小銃、M-16。

世界最高・最強の殺し屋、ゴルゴ13の狙った一撃は、確実に、

ターゲットの心臓をとらえる。


思い出すな、私の記憶の中では・・・

2005年2月26日  

後楽園ホールでのプロキックボクシング興行。

NKB日本ウェルター級王座決定戦

「魄人(ハクト)VS瀬尾尚弘」

 第5ラウンド、魄人の狙いすました左フック一発。 

瀬尾選手ダウン、もはや、目はうつろ。

スマッシュと呼ばれる、フックとアッパーの中間の一撃。

パンチの起動は、斜めに上がりながらアゴを狙う。

そのパンチは、完全に意識を断ち切る、カウンターだった。


人々の記憶に残る一撃のパンチ。

スナイパーの撃つ、ライフルの銃弾。

実は、それにも似た衝撃が、昨日、あったのだ。

(前ふりが、長いな。)


私は、昨日、とある事務所を訪れた。

そこは、セキュリティが非常に厳しいオフィス。

ごく一部の人間のみが、ICチップの埋め込まれたカードで、

出入りできる事務所があるのです。

(まあ、映画に出てくる巨大軍需産業のオフィスをイメージして)


そのオフィスには伝説があり・・

「ミス桜」と呼ばれる、上越市の美人コンテストの歴代優勝者が、

何人も出ている・・美人ばかりの女性事務員がいるオフィスだと。


しかし、私は何度も訪ねているが、いつもマスクをしている女性が

数人いますが、お顔を拝見したこと、ありません。


しかし、昨日、見てしまったのです。

書類を渡すべき〇〇さんが席にいないので、その秘書の女性に、

書類を渡そうかな・・と思った瞬間!

ライフルで撃たれた!


なんと言う美人!

彼女、マスクをしていなかったのだ。

私は衝撃で、書類を落としてしまった。

その書類を拾おうとした瞬間、彼女も同時に・・・

書類を拾おうとして、私の手と彼女の手が交差してしまった!

互いに・・「!」

微笑んで、苦笑し合う二人。

そして、立ち上がる瞬間、またも、なんというタイミングだろう。

おでことおでこが軽くぶつかったのだ。

・・・「!!!」

これが恋のときめきか。

運命の出会いだろうか。

私の心臓は、バクバク。

互いに、「スミマセン」のひと言だったが・・・

私は、もう、ダメ。

そのあと、もう、仕事にならない。

パソコンに、向かう気にならない。

オフィスの窓辺に立って、夕日を眺めて、なぜか、ため息がでる。

・・・・・・・・・・・・・

私は、健全なアホだから、うちに帰ってから、

ノリコさん、スズノスケ、ハルキに、

そのまま、一部始終、報告しました。



ノリコさん、

「ケンちゃん(ボクのこと)、良かったね!」


スズノスケ

「オッサン、頭、おかしいんじゃない。」


ハルキは、黙って、ニコニコしていました。


昨夜の練習より
001_20130410054857.jpg
ハルキ、昨日で減量は、おしまい。

もう、リミット切りました。


戦うことの意義。
あなた方に問いたい、人はなぜ戦うのか?

プロのファイター、アマチュアのスポーツ選手。

趣味で格闘技を続ける人。


およそ格闘技に興味のない方から見れば、互いに傷つけ合う世界に、

なんらかの価値観が存在することを理解できないものだろう。


「貧しい生活からはい上がり、すなわちハングリーからの脱出。」

一攫千金を狙い、リングで活躍することで、大金を得る。

高度経済成長期ならば、まあ、リングが活躍し、スターになれば

高額所得者になること、可能でしょうが。

今の時代には、ピントがすれてますね。


アマチュアの世界なら、まあ、男なら一度は憧れること。

「強くなること」への手段でしょうな。


まあ、一概には言えませんが、総括すると・・・

「戦うこと、それ自体に意味がある。」

まあ、一般人には理解できないでしょうがね。

戦うことに歓びを感じ、リングや試合会場という場が、

たまらなく魅力的である。

どなたが言ったか、忘れましたが・・・

「自己の野生を発散させる究極の自由がある。」

まあ、これなんでしょうな。


本来、狩猟民族であるヨーロッパの人は、実は格闘技が大好き。

ボクシング発祥の地、キックボクシングがいまだに流行るのが

ヨーロッパ。

空手人気もいまだに衰えない。


そしてアメリカ・ニューヨークの金融街の中心地では、

毎週金曜日の夜に開催される・・・

銀行や証券会社で働くビジネスエリートだけが参加資格のある、

「インテリ・ボクシング大会」が大人気だとか。


戦うこと、すなわち、野生への回帰。

それが人間本来の欲望の一つなんだろうな。



ここにもいたよ!

戦う整体士、アキヒロ。

破壊されつつある肉体の調整が、彼の職業。

でも破壊活動の一種であるボクシング。

こんなことが・・やめられない。(奥さんは反対してます!)

昨夜の練習より
001_20130409054646.jpg



そして、いまだに現役にこだわる極真空手のファイター

修道館OBのカトーさん。
002_20130409054702.jpg

昨夜は、空手の試合結果の報告に来られたのです。

全関東空手道選手権大会 3位入賞!

生きてることの証を、戦いの場で見いだす。

そう、それも修道魂だ!

頑張れ、カトーさん!
有忙中閑
漢語の中の「有忙中閑」

忙中(ぼうちゅう)閑(かん)あり と読みます。

忙しい中にも、わずかなひまは あるものである。

転じて、忙しい中でこそ、心に余裕を持つべきであるという こと。


実は、4月の第一週から3週にかけては・・・

個人的に、一年で、一番忙しい時期なのです。

こんな時こそ、体調管理を心がけ、何かおいしいモノでも食べて、

勢いをつけ、この3週間(実質あと2週間)を乗り切りたいものです。


若い頃は、やっぱり「肉」ですね。

外食するなら、焼肉かステーキ。

お金がなきゃ、豚肉生姜焼き。(自分で作ります)

または、牛丼。(吉野家に限ります!)


さすがに当年、52歳。

最近、お肉はちょっと・・って年代なんで。

お寿司がいいな~と!


実は、昨日の昼食、ジーちゃん(私の父)からお招きいただき、

高田駅前にある、富寿司さんで、寿司ざんまい!

(午前中は、お仕事なり)


マグロの握り、鉄火巻きに、真昼間から、生ビールとくりゃ~!

サイコーでしたな。

お店を出たら、ポカポカ陽気で、桜の花も一気に8分咲きまでか。


まさに春爛漫って、言葉が似つかわしい、一日でした。


しかし、午後3時すぎから冷たい雨。

(花見会場の、売店の関係者の方、気の毒ですね)


そして、酔いのさめたあと、見てしまった・・・

TBSの午後7時のテレビ番組。

まあ、あと味悪いと言うか・・・

最初から、仕掛けがあったのか・・・

まあ、よしましょうね、真剣に論ずるまでもない。


さて、今週も頑張りますか!

・・て、まだ、深夜というか早朝というか。

午前3時なんですね。

5時まで、もう一眠りして、走りに行きます!
大学③
日本の大学生というテーマについて、教育評論家の方の意見は、

「大学生活を社会に出るまでのモラトリアム期間と考えている」

モラトリアム=猶予期間、ちょっと難しい言葉ですね。

大学は楽しく生活するところであり、しっかり勉強して
学士や修士といった学位を取得するための場とはとらえていない。

そうなんですよね。

義務教育を終えてから、就職して社会に出るまでの猶予期間が、
すなわち、社会に出る前の、社会勉強の一環としての位置づけが、
日本の大学教育なんでしょうね。

サークル活動で、全国から集まった中で、友人を作り・・

アルバイトで社会人生活を体験し、小金を作り・・・

長い休みを利用して、海外旅行で見聞を広める。

こんな大学生、私の頃とほとんど変わってないのだろう。

(少子化のため、大学側は経営に関し、真剣に変わりざるを得ないが)


典型的な文系大学生は、一流大学だろうと三流大学だろうと同じ。

大学ではあまり勉強しなかったし、大学での勉強や経験が、
その後の自分のキャリアに役立ったと思うことは、殆どありません。

こんな答えをするでしょうね。


かと言って、高校を卒業して、すぐ働くより・・
大学に入ってから、就職する方がいい!

こんな人は、90%以上でしょうね。

だからモラトリアム(猶予期間)なのです。

まあ、就職に関すれば、高校卒の求人が少なくなってるで、
仕方がないですし、専門学校か大学進学の選択肢は
間違ってないでしょうね。


ただ、就職活動のとき、面接の際に必ず聞かれる・・

「貴方は、大学生活で何を学び、何を得ましたか?」

「自己PRしてください」

「貴方は、わが社に入ったら、何をしたいのですか?」

「貴方は、何ができますか?」

これにちゃんと答えれるような4年間を送らなきゃいけないな。

そんな意味で、まあ、ムサシのような大学体育会のスポーツ選手も・・
いいんじゃないかな、そんな思いもありますね。

とても、経済学を学ぶ大学生には見えないが

(大笑)

(確か、ムサシは、政治経済学部経済学科じゃなかったかしら?)

スポーツを通じ、厳しい上下関係を学び、コミニケーション能力も
相当上がるでしょうし・・・

理不尽がまかり通る、社会人としての生活の前に・・・

大学体育会運動部での生活、選手生活において、

「我慢すること」を体験・体感するのですから。


また、昨日、記したアメリカの大学進学も選択肢の一つ。

今や、超一流会社の楽天やユニクロの社内会議は・・・
英語ですからね。

英会話ができないと、まず、会議に出れるような管理職に
なれないんだとか。

語学ができるのも、強力な武器ですから。

(スズノスケ、検討中!)


また別の例を・・・

私の大学時代の友人に、1年間大学を休学し、バイトで金を貯め
シルクロードの旅をした奴がいました。

確か、今は、A新聞社でかなり偉くなっていますよ。


また、私の大学のゼミの先輩には、なんと・・・
Sバンク社の役員になっている方もいるんです。

その方は、大学時代に、フリスビー同好会を作って、
いろんな大学との連携を図り、大会や競技会をやられた中心人物。

まあ、凄いパワーのある方でした。


話が長くなったな、大学のお話はここまで。



土曜特訓です!
001_20130407061938.jpg
ダイチ君、協栄〇ジムで、世界チャンピオン(佐藤洋太選手)が、

マスク姿で練習してるのを見て! 真似っ子ドンドン!

002_20130407061956.jpg
ダイチ&ハルキは、ヒロミチ・コーチの指揮下、

走りこみに行きました。

高田公園の芝生の上で、ダッシュです。

今月末の春の高校ボクシング県大会、フライ級・ライト級の、

2階級制覇、行かせてもらいます!
大学②
私の世代(50~55才)が一番、大学入試の競争率が非常に
高かったと思います。

受験戦争と呼ばれ、偏差値が日本の教育の指針となったせいで、
日本の大学教育そのものが、ゆがんでしまった気がします。

ようやく厳しかった受験勉強の末に、大学に入学できた者たちは、
大学に入ってからは、勉強は2の次です。

サークル活動やアルバイトに精を出している人がほとんど。

「大学レジャーランド」なんて言葉もあったほどですからね!

偏差値によって振り分けられた大学生。
大学入試という難関を突破して、「勉強すること」が終了。
あとは、大学の名前で、就職先の選択の幅が違ってくる。

こんな流れが、バブル経済崩壊前まで続いたのかな。

豊かな国となった日本の、学生の格差づけを象徴する言葉、「偏差値」

この格差づけは、すなわち

「良い大学 イコール 良い就職 イコール 豊かな人生。」

このためにあるんですよ、偏差値ってのは。

なぜか?

日本社会の企業では、終身雇用・正社員というのが当たり前だったので、
会社に入ったら、一生同じ会社で働き続ける人が多かったのです。

そして偏差値の高い大学を卒業した者のみが、
大企業に就職できる風潮があったのです。


一例をあげますと・・・

私が大学4年時(1984年)東京にて、就職活動してた時のこと。

ある、一部上場企業、しかも超優良企業の就職説明会がありました。

超一流大学の生徒は、いきなり応接室に通されます。
個別に面談もしたそうです。(東大・一橋・早慶・上智大学)

私は、まあ、ぎりぎり、一流大学だったので、
大きな会議室で折りたたみのイスに座り、大勢の中、
スクリーンで商品説明・会社の説明を受けました。

二流大学以下の生徒は、玄関先で会社資料を渡され、さよなら。(笑)

こんなバックグランドがあるから、日本の大学は、
就職のための準備機関にすぎないように思えます。

(偏差値の低い大学ほど、就職課の大学職員は頑張ります)
(反比例の法則、ありますからね)

日本の大学生は、良き社会人となるために・・

大学で、より高度な勉強をすることより、
クラブやサークル活動を通して生涯の友人を見つけ、
アルバイトなどで、社会人生活をほんの少し体験することの方が
大事である。

日本の大学生には、こんな不思議な

学生生活の定義があるんですよ。

親にしてみれば1000万円近い、投資でもある大学進学。

そもそも、これもおかしいのです。

親が学費を出し、仕送りまですることは、教育先進国である
アメリカ・イギリスでは、ありえません。

子供は、自費で、すなわち、奨学金で大学進学するのが
当たり前なのです。

親掛かりで大学に行かせてもらい、勉強もしないで、
サークルだ、スポーツ・音楽だなんて・・・。

(ですが・・私も親に学費を出してもらい大学へ・・)
(勉強もしないで、格闘技・ウィンドサーフィン・バイクなど)

これに対し、アメリカの大学教育は100%違いますね。
ここでは述べませんが、まあ、わたくし、確信しましたね。

先日の、私のかっての勤務先の上司のお話を元に・・・
いろいろ調べました。


アメリカでは、年齢や就業年数ではなく、
能力や自分ができる仕事の内容により、働く人の給与が決まります。

より待遇の良い仕事に就くためには、何歳になっても大学に戻り、
再びトレーニングを受けるという人が多いのです。

実はアメリカ、ヨーロッパの企業には、終身雇用や退職金制度がない。

まあ、年功序列、年齢給なんて会社があるのは、日本だけなんです。

ほかの国は、まあ、ほとんど能力主義・実力主義ですからね。

その能力を高める教育機関が大学なんですよ、アメリカの場合は。

そして、研究職につく人、すなわち、アカデミックな人材は

アメリカの大学にほとんど集まりますね。




昨夜の練習より
003_20130406090808.jpg
ハルキ、変な癖ついているんで、基本から直してます。

距離感と当て感が悪いな。

でも、強くなるよ、こいつは。


004_20130406091307.jpg
昨日から高田のお花見スタート。

スズ・ダイチ・ハルキの3人で、花見団子を買いに行きました!


大学①
ただいま、4月5日午前4時15分。

朝早く目覚めてしまい、館長日記の更新です。

ハードスケジュールをこなしてきたので、体内時計が狂ってますね。


4月3日、午後11時に出発し、東京へと向かいました。

ステップワゴンちゃんを車中泊仕様にしての、ミニ家族旅行です。

ムサシの大学入学式が、午前10時半より受付なのと、

その前に、ムサシに自転車や荷物を渡したりしなきゃ・・

ならば、前日に出発し、どこかのサービスエリアで時間調整して、

八王子に向かった方がいいかな・・こんな計画でした。


実は、私、夜11時出発の前に・・・

無意識のうちにビールを飲んじゃって・・

ノリコさん、プリプリ怒りながら・・・

「なんで、お酒、飲んじゃうの、私、ずっと運転じゃん」

もう、夫婦間最悪のムードの中、ミニ家族旅行の始まり・はじまり!


深夜2時、高速道路・高坂サービスエリアに到着。

2時間仮眠とって再出発。

今度は私の運転で、立川市の、妹の家に行きました。

東京都内にマイホーム、一軒家ですから、妹夫婦、凄いですね。

(推定価格・4500万~5000万くらいかな。)

(私、東京郊外にて、元地上げ屋・不動産ブローカーだったもんね!)


時間調整して、午前6時40分に到着。

朝食は、オニギリ持参、車内で食ったので、

妹宅でスーツに着替えたり、コーヒーをいただいたり・・・

久々の、親戚が集まっての雑談が、ちょっとだけ。

(なにせ、平日ですもんね。)

(あわただしく・させまして・・スミマセン、妹さん御一家様)

(スズは言います、お父さん、どこでも自由人だね)
(普通、妹さんの家じゃ、いろいろ遠慮しますが。)

(あんたは、どこでも、リラックスの我がままモード)
(ボクには、できない・・子供として、ボク、恥ずかしい)
(れい子おばさん、かわいそう)

(苦笑)




午前8時、八王子キャンパスのある拓〇大学へ!

入学式前に、体育会合宿所でムサシに会ってから、

駐車場に車を止めて、キャンパスを散歩。

桜もまだ咲いてますし、ポカポカ陽気。


そして入学式。

式が終わってから、ムサは寮で先輩の雑用なのか、我々と別行動です。

大学の学食で、ノリコさん・スズと昼ご飯。

(ボクの食べた、冷やしかき揚げソバが220円。)

それから、都内・市ヶ谷に。

私が大学を卒業してから、最初に勤務した会社へ。

(英会話学校&外国語語学教育機関&米国州立大学日本事務局)

スズノスケの留学相談、カウンセリングを約2時間。

かっての上司にお願いしてきました。


まさか、我が子・我が妻が、昔の職場で相談するなんて!

しかし、こんな思い、する暇、ありませんでしたね、

早〇田大学から、米国の大学院を卒業した私の上司、熱血漢でね!

熱弁をふるい、スズも目がキラキラ。

お話はたいへん盛り上がり、カウンセリング終了。

午後5時、都内・市ヶ谷を出発。

回らない寿司屋で、おそらく、都内で一番安いだろう!

「桃太郎寿司」練馬店で、夕飯。

(無料の駐車場付きですし、カ〇パ寿司より、おいしいもんね!)


そして、練馬インターより高速道路へ。

お寿司屋さんや車内では、道場の留守を預かるイイトモと、

何度か電話で打ち合わせをしました。

(カツ2代目館長も久々、出勤しております)

(高校生やタクト、サイトーさんが練習かな)


午後10時半、自宅到着。

なんと、11時間30分の、ハードな、ミニ家族旅行でした。


002_20130405045728.jpg
従兄弟3人で。

妹の次男(大学4年で就活中です。子供の頃から野球小僧。)

イケメンだったけど、野球やめて、太ったかな。

ちょっと、オッサンモード、入ってるぞ!(笑)


妹の長女(高校3年、かわいいな~。 俺、女の子、欲しかったよ)

(苦笑)


そして、一番、おっさん臭い、スズノスケ。

今日も、ズボンは、定番・チャンピオンのジャージです。



005_20130405050500.jpg
入学式は2部制。
 
午前は1850人の一年生。(午後は1900人)

なんと、新一年生代表の挨拶は・・

新潟県立高〇商業高校卒業の〇〇さんとアナウンス! びっくり!

しかも、ムサシは、自動車学校が一緒だったとか。

009_20130405050533.jpg
大学ボクシング部のブレザー姿。

顔をよ~く見ると、結構、アオタン、アザありますね。

全日本チャンピオンで、オリンピック強化指定選手の藤田先輩に、

毎日、スパーリングでボコボコにやられているとか。

拓○大学2年の藤田さん、元高校3冠王、いや4冠王かな。

相当、うまいらしいね!

先月のアジアジュニアユース選手権でも銀メダルかな。

たしか、世界ジュニアユース選手権でもベスト8かな?


本人いわく、地元で教わったヒロミチさんの方が、パンチ力あったんで、

あんまり痛くないと言ってましたが!
007_20130405050805.jpg
襟元とネクタイが変だよ、オシャレじゃないな、君。

014_20130405050907.jpg
これが入学式。

012_20130405050937.jpg
つまらない話の連続、ノリコさん、速攻・爆睡! (笑)

013_20130405051001.jpg
スズは、いびき、かいてます。

おい、よだれもかよ!

017_20130405051706.jpg
八王子キャンパス、アメリカの大学に雰囲気、似てますね。

私も、マイアミ大学を思い出しましたよ!

まあ、郊外型のキャンパスは、いい雰囲気ですな~。



スズノスケ、学食では、既に、から揚げカレーライス(300円)

完食しております。

これ、おかわりの、スパゲッティ・ペペロンチーノ(300円)
015_20130405051830.jpg

018_20130405052133.jpg
回らないお寿司屋の「桃太郎寿司」

皆さんにも、おススメ!


スズは、マグロとサーモンの連打・ラッシュですから・・

ボクは、一回、トイレで財布の中身を確認してから・・

タマゴ焼き、カッパ巻き、納豆巻きの連発!

(100円シリーズ)

ノリコさんは、車に酔ったので、少食でした。


でもね、あんまり財布、気にしないでダイジョウブイ!

ホント、おいしくて、激安ですよ。

(都内に、何店舗もあるチェーン店です)


ここ、桃太郎寿司・練馬店はね、

12年前のソーマさんの試合で(プロボクシング)応援に行った時、

ノリコさん・善ちゃん・ナイトーさんと一緒に偶然入ったお寿司屋さん。


4年前~10年くらい前かな、営業マンとして東京に出張してた時、

高速道路で新潟に帰る前に、しょっちゅう通ってましたよ。

マグロがおいしいね!

おしまい。


大学②に続きます。

今夜にでも。
天然。
紹介します。

新人・ハルキ。

高〇農業高校ボクシング部所属。

部活だけの練習では・・足りない・・・。

もっと強くなりたい・・・

そんな思いから、入門したのです。

明るい天然ボケ、大物の雰囲気、ありますね!

001_20130403224616.jpg
眉毛が・・・
新人。
修道館では、練習生は募集しておりません。

あらゆるマスコミ媒体にも広告の類(たぐい)は載せておりません。

人づてに、この道場の存在を聞いた人が興味を持ったとしても・・・

入門を許可するかは、私の判断となります。


先日も、あるお母さんから電話が来て、

お子さん2人が格闘技に興味があるので、是非、やらせて欲しい!

こんな問い合わせがありましたが、丁寧にお断りしました。

昨年末にも同様なケースで、問い合わせがあったのですが、

よその道場やジムを紹介しました。


ボクシングやキックボクシングに興味を持つ方は、

ここ数年、非常に少なくなったと思いますね。

K-1がテレビのゴールデンタイムから撤退し、

プロボクシングの世界タイトルマッチすら放送されません。


ただ、いつの時代でも「強さへの憧れ」、男の子ならあって当然。

ただし、その憧れが・・ホンモノかどうか、私は見極めたい。

強くなる必要性が・・その子の人生に大きく関わるのなら

私は引き受けたいな、と思います。


ボクシングをやり通すことにより、自分の未来を開きたい。

キックボクシングの世界で、自分の生きた足跡を残したい。

弱い自分が嫌で嫌で、たまらない。

一例ですが・・こんな方、是非、ご相談を。


プロ選手になってお金を稼ぎたい!

フェラーリに乗って、豪華マンションを買って、

苦労をかけた両親にプレゼントしたい

こんな方、サッカーや野球で頑張ってください。

ボクシングやキックじゃ、たいして稼げません。


格闘技世界一を目指したい!

こんな方、まずは日本人なら、その体型を生かし、

柔道かレスリングだな。

これをやりきれば、ボクサーより強くなれますよ。


キックボクシングの技術体系も、まあ不完全ですから。

総合格闘技や柔術をやった方が強くなれますよ。



ただし、教える人間の側にも都合があります。

カツ2代目・館長や、ヒロミチ・コーチにも十分、意見を聞いたうえ

受け入れ態勢を整えて・・・

キックボクシングなら、カツ2代目館長。

ボクシングを含め、体幹強化なら、ヒロミチ・コーチ。

私は、イジメ問題や家庭内暴力などの相談を引き受けております。


さあ、春の新学期がもうすぐです。

今年は何人の若者との出会いがあるのだろう!

・・・・・・

実は、昨夜、一人、入門を許可した者、いるんです。


さて、雨模様の一日か。

早く、桜の花、咲かないかな~!

旅日記③
今回の東京遠征、写真をプリントアウトして皆にプレゼントします。

その写真を眺めながら、印象深いことをランキングして報告です。


第1位:秋葉原・酔っ払い&ボルトダッシュ事件

第2位:拓〇大学合宿所・(><)

第3位:右カウンター


まず、第3位から。

これは協〇ジムでのスパーリングのこと。

伊藤選手とイイトモ、ダイチが5ラウンドのスパーです。

詳しいスパーリングの内容は、現役選手への配慮から公開いたしません。

ただ、珍しい光景があったので。


当初、元日本チャンピオンの瀬藤さんとスパー予定でしたが

交通渋滞でキャンセルとなりました。

(まあ、これは、これでよかったと思います)

(たぶん私も含め、うちら3人、フルボッコにされたと思いますので)

(楽しい土曜の夜が、吹っ飛んでしまう、瀬藤さんの強さなんで。)

世界チャンピオン・佐藤選手と期待の新鋭・前川龍斗選手のスパーが

午後2時半からの予定だったので、取材の記者も来てました。

あきべぇ選手も取材だったのでしょうか、

練習時間が我々と重なってました。

(玄関でバッタリ会ったあきべぇと、お話しました)


その前に、我々のスパーリング。

リングサイドには、スタンバイの世界チャンピオン、

東洋太平洋チャピオン、期待の星の3人。

つまり協〇ジムの看板選手が3人いるのです。

スパーリング開始!

同じ岩手県出身の伊藤選手に、世界チャンプ佐藤選手が、

盛んにアドバイスします!

同じサウスポーのあきべぇ選手も、熱くアドバイス。


普通、スパーリングは淡々と行なわれ、トレーナーがひと言・ふた言、

アドバイスする程度。


しかし、今回は、私も多少エキサイトしてアドバイス。

世界&東洋太平洋チャンピオン2人も、大声ですよ。

そんな応援合戦の雰囲気のなか・・・

タイミング・ドンピシャで、イイトモの右カウンター当たりました!

ダウン取りましたよ。

お~やったね、面目保ったよ、イイトモ君。

ダイチも高校1年ながら、プロ9戦の強打者相手に頑張りました。

まあ、こんな感じです!


第2位は、やっぱり公開するの・・やめておきます。

逆の印象なら、公開するのですが。

まあ、噂に聞いてますが、大学体育会とは

特殊な世界なんだろうな~。

自由人の私には、想像できないし

根性なしの私には、務まりませんね。



そして第1位。

日曜日、皆で秋葉原で電気街やオタクショップなどをブラブラ。

(私は別行動)

そんなとき、酔っ払った大柄なオジサンに因縁つけられて・・

そうなんです、喧嘩を売られたそうなんです。

秋葉原って言うと、数年前のあの悲惨な事件もありますし・・

まあ、大都会・東京なんで、危ない人、多いからね。

いきなりナイフを持ち出す通り魔なんていますから。


でもって、K高校陸上部のカーリーと、

上越市の中学柔道のエース・アニキは、危ないオジサンに(!)

危険です・危険です!!

心のアラームが点滅した瞬間、陸上100mの世界記録保持者の

ジャマイカのボルトなみに・・

2人そろって、ダッシュで逃げたのだとか。

(笑)

(おいおい、仲間を置いて逃げるなよ!)

(逃げるなら、皆、一緒だよ、自分だけ助かる精神は、ちょっとな)


100m11秒台の記録を持つカーリーは、たぶん0・5秒

タイム縮めたのだろうな。

アニキ、柔道の畳の上でも、一瞬の飛び込んでの攻撃は、

この危ないオジサンとの危険回避のダッシュ並みのスピード、

忘れるんじゃないよ!


ひと言、ふた言、発言の多いキョウスケの言動から(!)

(これも予想できますね、キョウスケだから)

この酔っ払ったオジサンは、エキサイトして収集がつかなくなり・・

そのとき、ダッシュで逃げたカーリーとアニキが冷静になって・・

警察官を呼んできて、職務質問。

そして、このオジサンは、交番まで連行されて行ったそうです。

これは、また、いい(?)思い出、できましたね!

旅日記②
いつも思うのだが、旅と言うのは・・・

行く前の・・計画を立てている時が、一番楽しいのかもしれない。

行ってみると、意外に、観光名所が・・たいしたことなくて・・

「えっ、そんなもんか」

こんな印象の旅先が多いのも事実ですしね。

また、感動も一瞬のモノにすぎず、

時がたてば、感動も色あせ、失敗とか、後悔の念が思い浮かぶのが

今までの旅行の、多くの思い出のような気する。

そして、旅先から帰れば、今度は〇〇に行きたい!

そう、過去を振り返るより、未来の計画を語る方が・・・

なんとなく幸せ感にひたれる気がするんだな~。


前置きが長くなったね、では、先週末の旅・遠征を振り返ります。

016_20130401225536.jpg
ホテルでのトランプ、なぜか盛り上がらず・・・?

そうか、早く解散して・・ホテルの部屋についている、

無料のAVチャンネルが見たかったのか!

なあ、タクト君!

(苦笑)


日曜日の午前中は、私は一人、別行動で、自転車屋のハシゴです。

あさひサイクルとか、ロードレーサーの専門店を訪問です。


子供たちは、これまた、オタクの聖地・秋葉原に行きました。

私達の頃は、電気ショップ街の印象しかないのですがね。

今や、萌え萌えメイド喫茶、AKB劇場などで超・有名ですね。


午後1時半に皆と合流、一路、八王子へ!

ムサシのいる拓〇大学の体育会合宿所に、荷物を届けに行きました。


久々の再会です。
017_20130401225905.jpg
合宿所の前にて。


日本全国から集まる体育会運動部員の寮になってます。

ムサシのいる鉄筋コンクリート5階建ての合宿所は・・・

ボクシング部・柔道部・相撲部が一緒だとか。

1階は食堂になっていて、なんと2食付きで寮費は、

1ヶ月4万円なのです。

東京都内では、激安ですね。


でも、なぜかダイチ君、仮に・・高校チャンピオンになって

体育特待生で、この名門・拓〇大学にスカウトされても・・・

俺、絶対、行きません・・だって??

これには訳があるんですが・・ここでは述べません。

(秘)ということで!


019_20130401230658.jpg
ムサシとダイチ、よくスパーリングしましたね!

互いに殴り合って、共に成長しました。


020_20130401231403.jpg
ムサシとアニキ、なぜか気の合う・・この2人。


021_20130401231455.jpg
先に彼女ができました・・・(カーリーは語る)


022_20130401231600.jpg
タクトは入門してから、7年になるかな。

ムサとの付き合いも長いんだ。


それにしても広大な体育施設があるのですよ、拓〇大学は。

何せ、ボクシング専門の体育館。

その隣はレスリング専門の体育館。

(レスリング部の監督は、あの格闘家で、今や世界のダンスパフォーマー)

(須藤元気さんなのですよ!)

そのまた隣は、柔道部の体育館。

キャンパスには、照明完備のラグビー場もありました。


まあ、体育・運動で知名度を上げて、生徒募集を図るのが

私立大学の宿命なのですね!



そのあとは、高速道路で一気に上越に!

みんなは、車内で爆睡でした。

私も、睡魔に勝てず、途中で一度、仮眠しました。

そして、なんとか午後7時前に上越市に到着。

夕飯は、ぎりぎり閉店にまにあった、私のお気に入りの・・

塚ソバこと、直江津の「塚田ソバ屋」で「かけ中華」です!

023_20130401231712.jpg


024_20130401233208.jpg

025_20130401233233.jpg
220円でこの旨さ、反則ですな、我々、高田の住人としては。

(上越市は、直江津と高田市が合併したのです。)


直江津の名店・塚ソバは、ボクのような高田の住人にとって、

ホント、うらやましいのです!

こうして、修道館・春の東京遠征は終了です。

私、なんとか走行距離700キロ、皆を乗せて・・・

無事に帰ってまいりました。
旅日記①
昨夜は疲れ果て、ビールを飲んだあと、記憶が飛んでしまったようだ。

どうやら午後9時前には、ベッドで熟睡してたみたい。

なので、また、変な時間に起きてしまった。(深夜2時半)

体内時計が狂ってきてるな。


いつもは、ヒロミチ同伴なんで、車の運転も交代なので楽ですが、

今回の遠征、運転手は私ひとり。

大切なお子さんを預かっているので、慎重な運転を心掛けてますが、

結構、難しい都内での車の運転。

しかも春休み中なので、渋滞がひどいのと・・

都内に不慣れな地方ナンバーの車や、我がままドライバーが多いので、

神経を使いますね、ホント疲れましたよ。


さて、さらっと東京遠征を振り返りましょう。


土曜朝7時に出発し、当初は、都内池袋のラーメン屋・麺処グロウスを

目指していましたが、

(かってヒロミチと戦った元・プロボクサー・大沼さんがオーナー)

埼玉県内の高速道路の料金所から大渋滞です。

なので、ラーメンはあきらめました。

牛丼チェーン店で昼食後、2班に別れ、

楽しい春休み・ミニ旅行の始まりです!



オタク・コースは、都内中野区にある中野ブロードウェイの

テナントビルにて、ぶらぶらのコースです。

アニメのフィギアのお店が多いらしい!

メンバーは、ズズ・アニキ・カーリー・タクト。

そして車内のゲームで勝った、キョウスケも、

ボクシングコースからオタク・コースへと変更になりました。


ボクシングコースは、先乗りのイイトモ。

そして都内新宿で合流したワタル、私とダイチです。

今回も、協〇ジムにお邪魔させていただきました。

渋滞のため、約束の午後1時半に遅れたため

(到着は午後2時15分)

元・日本チャンピオンの瀬藤さんとのスケジュール調整がつかず、

新井先生が教えている6回戦のプロボクサー・伊藤選手との

スパーリングになりました。

アマ(3勝3RSC)、プロ9戦5勝(4KO)4敗の伊藤選手、

なかなかの強打者ですね!

006_20130401034708.jpg
イイトモVS伊藤選手:3ラランドのスパーリング。

007_20130401034727.jpg
ダイチVS伊藤選手: 2ラウンドのスパーリング。

008_20130401034752.jpg
東洋太平洋チャンピオン・WBC世界ウェルター級10位の
あきべぇ選手は、ダイチのスパーリングをほめてましたよ。

2年後プロデビュー予定のダイチ、もちろん〇栄ジムに入ります。

009_20130401034810.jpg
ワタルもちゃっかり一緒にパチリ!


ジムでは、5月にタイ国で防衛戦をする予定の世界チャンピオン
佐藤洋太選手VSあきべぇ選手のマス・スパーリングを見学し・・

佐藤選手のサンドバッグ特訓をじっくり見させていただきました。



土曜日は、このあと渋谷のボクシング専門店でキョウスケがお買い物、

そして台東区の激安ホテルにチェックインした後、

電車で上野に移動して夕食、そしてアメ横ぶらぶらの夜でした。


014_20130401040522.jpg
土曜日の夕飯は、ジャンボ餃子で有名な中華料理屋、

上野アメ横の「昇龍」にて。

テレビのグルメ番組で放送されていたので、事前にネットでチェック!

011_20130401054004.jpg
皆で中華の王道、「餃子定食・ラーメン・焼きソバ」です!

012_20130401054027.jpg


013_20130401054043.jpg

味がいいのは、もちろん、店員さんも感じが良かったです。

また、お気に入りの店が増えましたね!



旅日記②に続きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。