館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界チャンピオン。
プロボクシング

2・26後楽園ホール 「フェニックス・バトル」

WBA世界女子Lミニマム級タイトルマッチ 10回戦

王者・宮尾綾香(大橋)3-0 同級12位・秋田屋まさえ
  
 ※96-93、98-92、98-91


世界チャンピオン・宮尾綾香選手が世界タイトルを防衛しました。


えっ、アヤカ選手って、あのアヤカちゃん?

そ~なんです、現・WBA世界女子Lミニマム級チャンピオン

宮尾綾香選手(大橋ジム)は・・・

実は、長野県佐久市にあった、あるボクシングジムの看板選手でした。

その佐久市内のボクシング&キックボクシングジムと、我が修道館は、

一時、交流していた時期があったのです。

もう8年前になりますね。

今回は、そのエピソードを。



今から8年前、2005年、私は一人の女子プロボクサーに

かかりっきりだったな~!

その名は、ともPこと、伊藤知子選手。

頑張り屋でしたよ。

上越市にあるKという大きな会社の正社員として働きながら、

生活すべてをボクシングに捧げた、ともP。

懐かしいな~・・・。

ちょうど、ハクトこと、洋平がNKB(日本キックボクシング連盟)の

チャンピオンベルトを返上して、団体から脱退。

上京していった頃のことです。

当時、毎週火曜、木曜日の女子ボクササイズ教室に通っていた

ともPが、ある日、練習のあと、相談に来たのです。


「先生、わたし、ボクサーになりたいです」



ハクトが日本チャンピオンになった姿を見て感激、感動!!

柔道でインターハイ出場したこともある、運動バカのトモPは、(失礼)

人生の新たな目標を・・

「女子プロボクサーになってやる!」

「ハクトさんみたいに、まばゆいリングの中で羽ばたいてみせる!」


思い込んだら一直線のトモPは、相談してきた翌日から、

週2回の女子ボクササイズクラスを辞め、毎日、夜7時に道場に来た。

毎日、8ラウンドぐらいやったかな~、私とのスパーリングの毎日。


私も、洋平がいなくなり、ポカリと張り合いのなくなったところに

・・・よし、いっちょう、トモPに賭けるかな!

新たな生きがい、張り合いを見つけ、トモPのひたむきさに

心の琴線に触れたのです。


女子プロボクサーへの道。

私は、あらゆるつてを頼り・・・

毎晩、電話しまくり、東京に何度も足を運び・・・

ついに女子プロボクサー・伊藤知子、誕生となったのです。

その時、同時期に女子プロボクサーとして頑張っていたのがアヤカちゃん!

長野県佐久市在住、女子大学の頃まではバスケットボール。

そして、ボクサーへの道へ。


ここ(上越市)から高速道路で2時間の長野県佐久市まで、トモPを

連れていき、よくアヤカちゃんとスパーリングさせたものです。

当時高校2年生だったイイトモも、佐久市まで連れて行き、

スパーさせたな~!

(宿命のライバル・ケイゴとの出会いも会ったのです)


アヤカちゃん・・・なんて、失礼ですね、宮尾綾香選手。

今や世界チャンピオンなんですもん!

そのアヤカちゃんも、上越市まで来て、うちの道場にて練習したんです。

そして、トモPと激しいスパーリング、やらせましたよ。


かわいい子だったね。

彼女も頑張り屋さんでしたよ!

長野県佐久市のジムをやめて、一人、上京。

横浜市の大橋ジムで練習を再開。

そして毎日、バイトと練習に明け暮れる毎日で・・

「館長、毎月、生活、厳しいっす、でも夢に賭け、頑張ります」

ヒロミチの試合を見た後・・・世界タイトルマッチまでの空き時間に

わざわざ、会場の中で私を探し、会いにきてくれたのです。

久々にアヤカと話をしたのを思い出しますよ。


ヒロミチがプロ入り第二戦かな、有明コロシアムにて、

坂田さん(協栄ジム)のWBA世界フライ級タイトルマッチの前座で

出場したときのことです。


広い会場内でトモPと携帯電話で連絡を取り合い・・・

アヤカちゃんが私の目の前にあらわれたのです。

「館長、お久しぶりです」 

アヤカちゃん、上京後の生活ぶりを話してくれましたよ。



20070702182417.jpg
トモP・ムサ・アヤカ 「有明コロシアムにて」



(ヒロミチ、プロ入り第二戦。ダウンをとられて判定負けでしたね!)

(相手は、長身・サウスポー、後に東日本新人王決勝まで進んだ選手)

20070702152912.jpg
試合後、挨拶に来たヒロミチ。

(若っ)20歳の頃かな。




アヤカちゃん、いや宮尾綾香選手。

私、雪国から・・・心の中でそっと応援してます。


でも、本当にがんばったな~・・。

昨日の新聞、それも一般紙のスポーツ欄に、

試合の記事が掲載されてるんだもん。


あの世界チャンピオン、綾香さん、うちで練習したんだぜ!

練習後は、うちのお風呂でシャワーしたあと・・

まだ小さかったスズノスケの面倒をみてくれました。

「ま~スズちゃん、かわいい!」

本当に可愛くて、優しい女の子でした。



さて、お待たせ。

サービスショットです。

美少女戦士・マリちゃん登場!


彼女も、よく、トモPと一緒に練習したものです!


そのマリちゃん、「プロキックボクサーへ!」

そのお話は、今夜にでも!

20070630155301.jpg

うちの看板娘、2人だったね。

洋平がいなくなって、心のなか、空っぽになるかな・・

なんて思っていたが・・・そんな心配、じぇんじぇんでした!

(笑)

トモP、マリちゃん、2人があらわれ、私の新しい目標ができ!

充実していたな~あの頃は。

毎晩、スパーリングでしたよ!

トモPとボクシング。

マリちゃんとキックボクシング。


洋平とのスパーリングの時は、私も真剣。

いつも、やるか、やられるか、私だって必死でしたよ。


でも、トモPとマリちゃんの相手なら・・・

まあ、心の中では、余裕もって相手、できますからね。

マリのハイキック、頭にガツンともらっても・・・

「うひょ~・・でも、俺、幸せ!」なんちゃってね。



どうだ、うらやましいだろ、洋平・ヒロミチ・スズノスケ!

(笑)
スポンサーサイト
平日の深酒。
昨夜は、深夜1時まで、上越市いちの繁華街・仲町で

飲んでおりました。

まあ、義理酒です。

いや、義理酒と言うより、なんと言うか・・・

自分が楽しむ飲み会なんじゃなく

仲裁役のために人肌脱いだんですわ。

こいつです、うちのバカ息子みたいな奴。

PC080669.jpg
仲町で暴れん坊将軍になったとか。

しかも、私の幼なじみがオーナーママをしている高級クラブ、

「ド〇ス」にて。


関東連合、チャイニーズマフィアもお友達だと言うハブカくん。

我が家では、通称・ハブニイ。 

ムサ・スズのいい兄貴分なのですが。

ひとたび、火山爆発となれば・・まあ、凄かったそうですね。


その事件を聞いた、わたくし、不肖の弟子の起こした事件ゆえに・・

そのオーナーママへの謝罪の意味もあり、昨夜、練習後の午後9時に、

ハブを家に呼びつけ、その高級クラブへと足を運んだのでした。

結局、ことはまるくおさまり、良かったのですが。


普通に飲めば、まあ、一人〇万円の高級クラブ。

私はいつも、友達料金にしてもらってるんで、(秘)円。(^^)

でも、まあ、平日からクラブ活動しちゃいけませんね!


肝臓によくないわ。

やっぱ、道場で汗をかいて、一風呂浴びて、これですね!

スーパードライ
ぼく、これ1本で充分です。

我が家の食卓にて、ポテチ食いながらの家飲み。

いや、やっぱ2本は、飲みたいな~。

あとがき。
今回の東京遠征の中で、一番のサプライズは、

なんと言っても、かっての練習生、ヤマトとの再会でしょうね。

土曜、協栄ジムでの練習を終え、新井先生に挨拶をしようとしたら

2人の若者がジム入会の説明を受けていました。

・・・「えっ、ヤマト」

・・・「あっ、先生」


もう5年前になりますかね、当時中学2年生だったヤマト。

練習の辛さから、黙って修道館を去っていったヤマト。

一時は、一生懸命頑張る姿に心を動かされ・・

ちょとだけ、その将来に期待したこと、あったのです。


以前の場所にあった協栄ジムに連れて行き、

プロボクサーとスパーリングさせた事もあったな~・・・。

そのヤマトが、なんと再び協栄ジムに現われ、

まさか私との再会なんて。


聞けば、今も上越市在住で、ある会社員となったそうな。

その勤務する会社の、研修の一環で東京にいるんだとか。

ヤマト、せっかく東京にいるんで、空き時間に

協栄ジムの見学に行ったのだとか。

彼も、まさか、かっての師匠である私と再会するなんて・・・

夢にも思わなかっただろうな。


ヤマトと一緒の友人、

「このジムにオータってプロボクサーいませんか」

こう言ってたな、高校の関係なのかな?

まあ、聞きもしなかったが。


だが、ヤマトのポケットにはタバコの箱がしっかり入っていた。

新井先生も、私とヤマトとの会話を耳にはさんで・・・

「ほんと、偶然なんですか?」

「でも、それ(煙草)持ってボクシングジムなんてさ・・・」

「甘くない世界だよ」

新井先生、厳しいお言葉です。


聞いたところ・・

ヤマトの職場には、なんと修道館の元・練習生であり、

花形ジムからプロボクサーとなった拓也も一緒に働いているとさ。


まさに、ワンツー、ダブルパンチだね。

行方不明だった拓也、まさか、こんなところで(協栄ジム)

その消息がわかるとは。


008_20130225233817.jpg
スパーリングを終えてから、17歳のプロボクサー・龍斗と共に。

龍斗の父親、40歳だっけ。

恐ろしい年齢差だね、龍斗の隣、俺、52才。(笑)


・・・・・・・・・・・・・・


これを運命と言うのか。

なんと言う偶然、しかし、これも縁なのか。

これでヤマトがプロボクサーとなり、

世界チャンピオンなんかに、なっちゃったりしてさ。

まさにドラマだね!


まあ、ありえないか。


20060803072925.jpg
花形ジムのプロボクサー・拓也

しかし、イケメンだったね。

私がプロボクサーに育てた、第4の男だった。

20080127000016.jpg
ヤマト、これはもう6年も前になるんだな。


そして、もう一点、書き記しましょう。

帰りの道中のこと。

大雪と道路凍結にて、高速道路の通行止めで、ロングドライブ。

長野県中野市で高速道路は通行止め。

長野県内は氷点下7℃まで気温が下がって、道路はツルツルでした。

野尻湖の周りは、高速道路からの迂回者で渋滞でしたね。

やはり冬の遠征、車での移動は大変です。

旅日記③
さて、2/24(土)午後4時半、スパーリング開始です。

まずは、前川選手が佐藤鋼太選手と3ラウンドのマスボクシング。

そのあと、私が1ラウンド、ヒロミチも1Rのガチ・スパー。

とは言っても、前川選手はライトフライ級なんで、

体重の重い我々が受けてやる感じですね。

前川クンは、全力で打ち込んで、我々は拳を握らずタッチボクシング。


そのあと、福井選手とヒトキが2ラウンド、そして私が1R。

最後に松崎選手とヒロミチが4ラウンドのスパーリングです。


スパーリング内容は、公開しません、ご容赦下さいね。

うちのヒトキやヒロミチはともかく・・・

相手は現役のプロボクサー、アマチュアボクサーです。

しかも、両者ともトップの位置につけてるので

世間に公開して、松崎さん・福井君に不利益なことあっては

いけませんからね。

写真だけ、紹介しますね!

007_20130225060108.jpg
左の福井君、ピン級だから試合時は、46キロか。

身長もだいぶ伸びて、167~168センチぐらいかな。

減量、きついだろうな~。

010_20130225060304.jpg
右、松崎選手、現在日本ランキング1位だから、

3度目のタイトルマッチ、目の前ですね。

ラストチャンス、頑張って下さいね!


そして、サービスショット。

WBC世界スーパーフライ級チャンピオン・佐藤選手との1枚。

011_20130225061253.jpg

協栄ジムでは、びっくりしたこと、あったのです。

偶然と言うか、因縁と言うか、ご縁と言うか・・・

そのお話は今夜にでも。
旅日記②
午後4時半からスパーリングの日程なんで、昼食後は、渋谷で買い物。

次に向かったのが、市ヶ谷です。

私は大学卒業後、3年間、満員電車で通勤するサラリーマンでした。

東京都内・市ヶ谷にある英会話学校で働いていたのです。

日本人スタッフ7人、アメリカ人・カナダ人30人のまさしく

インターナショナルな職場でしたよ!


ちょっと相談したいこともあり、かっての上司と面会し、

懐かしいお話が半分、そして、ある相談をしたのでした。


さて、協栄ジムに入ったのが午後4時頃。

新井先生にご挨拶したあと、東洋太平洋チャンピオン・あきべぇが

バンテージを巻いているのを見つけ、少し話をしました。

そのあと、さっそくヒトキと写真を撮りました。


ムサシからの伝言でね、あきべぇに聞きたかったこと、あったのです。

ムサシが進学する拓〇大学のOBである世界チャンプ・内山選手と

あきべぇがなぜ仲がいいのかな?、一緒の写真など多く見かけるので?

聞いてみると、2人がボクシングを始めた埼玉県の高校の、

先輩・後輩なんだとか。

チャンピオンとなっても、全然、昔と変わらぬ好青年、あきべぇ選手。

005_20130225054759.jpg


あきべぇ、3月の東洋太平洋タイトルマッチ、頑張ってね!

ヒトキ、あきべぇのオーラに感動してましたよ!

旅日記①
今年2回目の東京遠征となりました。

今回のテーマは、「初体験&リベンジ&親子活動」です。

「初体験」

これは高校1年生ボクサーのヒトキのこと。

ヒトキはボクシングを始めて10ヶ月ほど。
公式戦に出場したこともないのですが・・・

3月に全国高校選抜選手権に出場する予定の、
今年度の高校ボクシング、東京都&関東大会優勝の
福井勝也選手(駿台学園)とスパーリングさせるのです。

福井選手は、小学生の頃から協栄ジムに通っている
キャリアの長い選手。
中学3年の時、同学年だった、うちのフクとスパーリングしたこと
あったのです。

だから、福井選手、わたしのこと覚えていましたね!


「リベンジ」

これは今から8年前になります。

ヒロミチが高校3年生の時、東京遠征でスパーリングしたのが
当時大学4年生・プロボクシング全日本新人王を獲ったばかりの
現・日本スーパーフェザー級1位の松崎選手(協栄ジム)。

ヒロミチ、鼓膜を破かれ、ボッコボッコにやられました。

8年越しのリベンジを、セッティングしてあげましたよ!


「親子活動」

これは、現在52歳のわたくしのこと。

自分の子供と同じ世代となる・・・

現・東京&関東チャンピオンの高校生ボクサー・福井選手。

そして、協栄ジム・次世代のエース候補、前川龍斗選手。

私が、この17歳の若者2人と、スパーリングするんです。



さて、土曜日の朝・7時出発、東京都内着が午前11時頃。

昼食に向かったのが、ヒロミチとプロのリングで戦った・・・

元・プロボクサー、大沼さんの経営しているラーメン屋さん、

麺処グロウスです。

001_20130225050210.jpg
太麺が特長ですね、このスープは絶品。
マイルドでクリーミーな味わい。

002_20130225050233.jpg

003_20130225050250.jpg
かって、後楽園ホールのリングで戦ったこの2人。

今は、店主と常連の関係。

004_20130225050306.jpg
ヒトキもちゃっかり、写真撮りました。

今、自分が教わるヒロミチ先生がプロボクサーだった頃・・・

対戦した相手とご対面なんて!
旅。
ちょっくら、旅に行ってきます。

お供の若い衆、2人を連れてね。

ぶつけたままのワゴンちゃん、ちょっと恥ずかしいな~!

だって、華のお江戸だもん、田舎ナンバーの車。

へこんだバンパー、そのまんま。

「なんだ、あの新潟ナンバーのくるま。」

「へったっぴ~だな、どうせ、雪で滑ってぶつけたんだろな」

・・・「はい、正解だよ、どうせ、田舎もんさ。」


業務連絡:クライシ社長、早く、直してよ~!


では、皆さん、よい週末を!

have a good weekend!
同級生。
昨夜は、私が幹事である小学校・中学校の同級会。

帰宅は、深夜1時。


今年53歳になる仲間。

平日なので、男女合わせて12名でしたが、楽しいひと時でした。


子育てが終わった世代でもあり、

いまだ、独身の男女が2名。(ばついち1名、ずっと独身1名)


話題の定番は・・・

給食のお話(ソフト麺、揚げパン)、運動会や遠足のこと。

「むかし・・好きだった!」

こんな発言、白髪まじりの・・いい、とっつぁん、オバサン

まあ、盛り上がりましたね。


さて、お酒を抜くために・・・

減量着を着こんで、駐車場の除雪作業に行ってきます!

昨夜から、20センチぐらい積もったかな~!
一瞬の夢。
今から16年前、1984年沢木耕太郎と言うルポライターが
元東洋ミドル級 チャンピオン カシアス内藤を題材に発表したのが

「一瞬の夏」である。


「一瞬の夏」(新潮文庫) 作者: 沢木耕太郎

ルポルタージュは
「カシアス 内藤が4年振りに再起する」
という小さな新聞 記事から始まる。

ボクシング好きなら、一度、この本を読んで見るといい。

非常に興味深い、そして、なぜか、はかない物語。

実は、そのカシアス内藤選手が引退した、ちょっとあとに・・

19歳の私は、同じジムでボクシングを始めたのだった。



そして、仮称 「一瞬の夢」。

もしかしたら、いつの日か・・・

私はこんなタイトルの本を書くかも知れない。

私の育てた2人のボクサーの物語。

一人は、5戦5勝、無敗のまま引退したプロボクサー、竜也。

そして、もう一人は、一度も勝てない、4戦4敗の涼介。

現在も深遠の底に徘徊する、現役プロボクサーである。


なんとコントラストなプロボクサー、そして生き方なんだろう。

奇しくも、2人は同じプロボクシングジムに所属し、

その師匠は、同じA先生。

今、その小説を書こうかな・・と真剣に考えている。

私、ちょっと文章力には自信があるんだ。

かって小学生の頃、読書感想文の全国大会で

第一位・最優秀賞をとったこと、あるんですよ。

今でも思い出す、そのタイトル「狼王ロボを読んで」

自分への挑戦として、芥川賞か、直木賞を目指そうかな。

(その賞の性格は違うのだがね)

でも、無理かな・・強気な自分と弱気な自分が交差する。


たつや
左、竜也。

これは、最後の試合か。

もう8年前になるのかな。

5戦5勝、そして網膜剥離で引退せざるをえなかった、竜也。

悲運の天才ボクサー・竜也。

あのとき、気づいていれば。


2004年4月上旬。

成人式で帰省したプロボクサー・竜也。

当時の戦績・プロ4戦4勝。

のちの、プロキック日本チャンピオン・洋平。

当時、洋平は、プロ5戦5勝、無敗の日本ランカーだった。

私達は今から9年前、なぜか昼間なんだが、

道場にて、3人で練習をしたのだった。

そして、私は、2人を相手にスパーリングをした。


洋平は、まあ、いつも通り。

ボクシング技術は、私の方が上だったと思う。

身長177cmの洋平、24歳。

私は、当時44歳、身長165cmの小柄な中年。

だが、私は異様に広い肩幅のため、手そのものは短いのだが、

両手を広げた端から端、私のリーチは、165cmの身長より、

はるかに長い177cm。

(通常、日本人は身長とリーチは、ほぼ同じです)

洋平との身長差12センチは、まったく問題ない。

なにせ、リーチは、ほぼ同じだからね。

半身に構えるボクシングだと、2人の距離感は変わらず。

まあ、洋平は、問題なく、さばけた。

(今は肘の関節が壊れ、腕がまっすぐ伸びないので)

(たぶんリーチは172cmくらいかな。)


だが、20歳の竜也。

身長178センチぐらいか。

Kジム期待のスター候補。

現・東洋・太平洋ウェルター級チャンピオン・あきべぇと共に

ジムが費用を全額負担して2度のハワイ合宿に連れて行った、

まさに期待の新人。

抜群のボクシングセンスに加え、

その恵まれた体型、リーチも私より、かなり長い。


さて、その竜也とのスパーリング。

1ラウンド終盤、竜也の恐ろしいタイミングの右カウンターを・・

軽く私はもらったのだがが、何かが違ったのだ。

なぜか、竜也に俺のパンチが当たる?


その前年、2003年夏、当時、私がKジムに連れて行った・・

竜也の兄弟子・全日本社会人フェザー級3位の大竹が、

竜也と3ラウンドのスパーリング。

アマチュア30戦のキャリアの大竹が、まったく通じない。

スパーを終えた大竹のひと言。

「いや~強すぎる、うまいですわ、遊ばれましたよ。」

(大竹のパンチは、1発も当たらなかった)

実は、私もそのあと、竜也と2ラウンド、スパーしたのだが・・

まったく歯が立たなかったのだ。

私のパンチが当たらないどころか・・・

構えた竜也に対し、どう攻めていいのかわからないし、

竜也があまりにも遠く感じてしまい・・・

スパーリングとは言え、完敗だったのです。


しかし、2004年4月、竜也の様子がおかしかった。

竜也との距離感が異様に近くに感じ、パンチが届く。

そして、パンチが竜也に当たるのだ。

それが網膜剝離だったと、のちに分かったのだが。


何をしてる、竜也、今は。

・・・・・

どうです? 読みたくなりましたか!

(苦笑)


この秋、カツの結婚記念パーティー(修道館主催)での再会、

あるんだろうか。


やるよ、このパーティー。

かっての600人の弟子に声をかけてさ。

たぶん、それが最後になるだろうな。

大きな飲み会はね、修道館の・・。

そして、私が皆と一同に会するのは、おそらく最後だろうな。

今から楽しみでしょうがないんだが。


ただし、カツが・・・???

おい、本当に結婚するんだろうか???

(爆笑)

何せ、夜の帝王、半年も先なんてさ。

なにがあるのか、想定不能。

(苦笑)

なあ、カツよ!

お前のコメント、待つ!
人に見せない・・陰の姿。
2010年2月10日の「館長日記」より

・・・・・・・・・

練習で流した汗は、ウソつかない。


私たち、格闘技の世界は、言いわけが、できないんだな。

強い奴が、勝つんじゃない。

勝った奴が、強いんだ。

負けた奴には、言いわけが、できない。

試合前に、怪我したとか、風邪ひいたとか・・・

そんなの通用しない。

弱かったから、負けた というだけなのさ。


実社会でも、こんなことあります。

今いる会社は、給料が安い。

人間関係、最悪。

こんな会社、最低だ。

俺の実力、こんなもんじゃない。

(あっ・・そう?)

でも、あなた、仮に、いい会社に転職できたって、必ず言うはずです。

「なんだ、この会社、思ったほどじゃ、ないじゃん。」

「ひでぇな~、あ~、やだやだ、こんな会社。」

そんな、あんた、何が出来るんだ?

あなたは、会社に利益をもたらす、実力あるのかな?

よそから、スカウト・引き抜きにあうほど、優秀な人材なのかな?

なんか、資格持ってるかい?


言いわけだけの人間は、一生、グダグダ、

不平・不満・愚痴だけの人生です。

決して、次のステップに行けない奴は、こんな人なのだ。


格闘技の世界、本当に強い奴は、

陰で、死にモノ狂いの練習をしています。

人には見せませんね、そんな姿は。

サラリーマンの世界も一緒。

素晴らしい人材、ヘッドハンティングされる優秀な人は

早朝・深夜、時間を作り、自己啓発の勉強に没頭しています。


不平・不満・愚痴だけの奴は、

仲間で居酒屋に行き、会社の悪口言いながら、酒飲んでます。

家で、テレビ見ながら、ダラダラ過ごしています。


言いわけの効かない世界、実は、どこも一緒なんですよ。


・・・と、言いわけばかりの館長は、反省しております(苦笑)


2010年2月10日の「館長日記」終了

・・・・・・・・・・・・

私は思い出す、2人の戦士を。

1人は、元・チャンピオンだったプロキックボクサー。

もう1人は、はかなく消えていった元・プロボクサー。

一人目。

元NKB日本ウェルター級チャンピオン、魄人(ハクト)


魄人、日本チャンピオンのベルトを獲る前の練習は凄まじかった。

朝は、ロードワークで始まる。

自宅の周りを雪の中、1時間、走りこむ。

そして、サラリーマンとして出社。

仕事を終え、夕方6時半より、私とマンツーマンで練習。

今から8年前か、私も若く (とは言え、当時45歳だった)

毎日、魄人とガチで10ラウンドのスパーリングをやっていた。

当時、魄人の練習は、スパーリングとサンドバッグのみ。

私は、ミット受けるの嫌でした。

(だって、痛いんだもん)(笑)

(冬は毎日、ハンドクリームでスベスベお肌、保っているのに)

(ミット使うと、手が荒れちゃうんだな!)

(だから、今も一切、やりません、スベスベお肌のために)

(爆笑)


午後9時、練習が終了。

そのあと、すぐ移動、生活費の足しになればと・・・

深夜0時、1時まで、スナックでアルバイト。

バーテンダーとして働いていた。

プロキックボクサー、当時日本ランキング2位だった魄人。

とはいえ、生活は決して楽ではない。

一日の始まりは朝5時からのロードワーク。

一日の終わりは深夜1時過ぎ、帰宅してウェイト・トレーニング。

まあ、こんな姿、誰も知らない。

サラリーマンしながら、趣味で格闘技のプロキックボクサー。

まあ、こんな生活のプロ選手、実は、たくさんいるのです。


魄人(ハクト)こと洋平。

一見、陽気で、ノーテンキな若者。

実は、毎日、睡眠時間を削って、日々トレーニングに

明け暮れていたのだった。

こんな、陰の努力を知っているのは・・・

私とうちのカミサンぐらいかな。

練習する前に、いつも、うちのカミサン、洋平には、一口だけど・・

その日の夕飯のオカズ、食べさせていました。

減量のきつかった洋平、たった一口のオカズなんだけど。

おいしそうに食べていたの、思い出すよ!


タイトルマッチで決まったスマッシュの練習と

その練習前の、洋平がオカズを食った時の、ニンマリした笑顔。

当時のこと、それだけしか、覚えていないんだけどさ。


スマッシュとは、フックとアッパーの中間の打ち方。

斜めにアゴを狙い撃つ、パンチの一種です。

ヘビー級チャンピオンだったマイクタイソンに挑んだ、

プロボクシング・元・世界ヘビー級1位

レーザー・ラドック選手の得意なパンチでね。

私、このスマッシュの打ち方とタイミングを洋平に

教えたんですよ。


そして、日本タイトルマッチ。

見事に決まったスマッシュ・一発!

新チャンピオン誕生でしたね。




もう一人の戦士、元・プロボクサーのお話は、また明日。

はくと
後悔。
「我事に於いて後悔せず」  宮本武蔵


剣聖・宮本武蔵の有名な言葉です。

意味は・・・


後悔して悩んだところで、過去は変えられない。

それでも人間は弱いもの、何事にも悩んでしまうものです。

そんな時は、決して後悔しない、という心構えが大切です。

転じて、後悔をしないように、自分の選択を信じて生きる。

たとえ一時的に悪い結果になったとしても、

それをいい経験として生きる。

自分の選択を今後に活かして生きる。

こんな意味合いなんでしょうかね。

武蔵の言葉にはいろんな解釈の仕方があると思いますが。



作家の村上龍さんは

「人生で最も恐ろしいのは、失敗ではなく後悔だ」

ある雑誌の相談コーナーでこう述べています。

確かに「失敗」は取り返すことが出来ますね。

そう、リカバリーできるんです。


しかし、「あのとき、こうしていれば・・・」

こんな後悔の念は、取り返しがつかず、一生背負うことになる。



若き日に、夢みたことに挑戦する。

失敗したっていいんじゃないかな。

私はそんな思いから・・・

自力で海外留学、会社設立、格闘技への挑戦など・・・

公務員の父とは、180度違う、真逆な人生を歩んできました。

もちろん、今現在、成功者ではありません。

本当に、波乱万丈の52年間でした。

でも、「あのとき、・・・しておけばよかった」

こんな思いはありませんね。

たとえ、私が今、ホームレスになったとしても

自分に挑戦してきて良かった・・こう思っているはず。


昨夜の練習より
001_20130219054237.jpg

老舗の和菓子屋の3代目・善ちゃんは(左)

思うところあって、洋菓子屋に転身したのです。

そう、彼も後悔しない人生を歩むため、

一大決心で、先代の店を大きく変えたのです。
落下。
ロシアに隕石が落ちたニュース、衝撃的でしたね。

科学者のコメントをじっくり聞きましたが・・・

通常1年間に800個の隕石が地球上に落ちているので・・・

そして、100年・1000年・1万年をワンスパンと考えると、

隕石落下は日常にすぎないとのこと。

例えば5万年前には直径500mの隕石落下のあとが

米国アラスカ州にありますね。

大正時代、つまり約100年前には・・・

カミサンの実家、新潟県の旧清里村、現在の上越市清里区棚田に

直径40センチほどの隕石が落下。

その衝撃波は、凄まじく、まさに世紀末の様相だったらしい。


今回のロシアでの隕石落下、プーチン大統領が危機感を感じたのは、

核ミサイル施設に隕石が落ちたなら・・だったらしい。


では、日本のアベ総理大臣。

あなたに聞きたい。

原子力発電所に隕石落下があったならどうなるのか。

政府としての対策は?

誰もニュースキャスター、コメントしてませんね。


ありえるんじゃないっすか、アベソーリ。

日本の野党の皆さん、なんでこんな発言しないのよ。

うちから50キロの、柏崎の原発に隕石が落下したら・・・

もうおしまいだわね。

PA300544_20110320151530.jpg

原発作業員の派遣会社を経営しているハブちゃん(左)

君、真っ先に死亡だね。(笑)


追伸スペシャル。

私の弟子のハブカ君、関東連合の幹部の皆さんと・・・

ほとんど知り合いなんだって。

「ハイ、みんな同級生でした、小〇原少〇〇では」

チャイニーズマフィアのなんとかドラゴンの会長もお友達だとか


そんな凄い進学校(?)の級長、いや生徒会長だったハブちゃん。

君はエリートなんだね~!


訂正、生徒会長じゃない、アタマでした。

(爆笑)

松尾芭蕉。
夏草や 兵(つわもの)どもが 夢の跡(あと)


「奥の細道」 

松尾芭蕉


解説:

人気(ひとけ)のないところに、

今はただ夏草だけが生い茂るばかりだが、

ここは、かつて義経主従や藤原一族の者たちが功名・栄華を

夢見たところである。

知るや知らずやこの夏草を眺めていると、

すべてが一炊の夢と消えた哀れさに、心が誘われる。


001_20130216084714.jpg

002_20130216084737.jpg
2013・バレンタイン・スズノスケ

今年も義理のみ 

つわものどもが、夢のあと

(爆笑)

ただし、数だけは新記録!


昨夜の練習より
001_20130216084944.jpg
ヒロミチのスパー相手に・・・

元・全日本ベスト8のイイトモを呼びました。

この先輩・後輩の2人が、公式戦のリングで戦うなら・・・

アマのルールなら、イイトモが判定で勝つでしょうし、

プロのルールなら、ヒロミチがKOで勝つでしょうね。



私ですか?

相手、しませんよ。

だって、ボクのお仕事、灯油の係りだもん!


ダイチのスパーは、ヒロミチと3ラウンド、イイトモと2ラウンド

ヒロミチにはまったく歯がたちませんが・・

イイトモには、何発か、いい右ストレート、当てましたね!

ん~ん、成長だな。
成長。
子供の成長を実感するとき、皆さんもありますよね。

久々の対面で・・・「えっ!」

「いや~でっかくなったな~!」

「でも、変わんないな~! 昔の面影、あるもんな~!」


親戚の子供と何年ぶりかに会うときってのは、

こんな感じでしょうか。

・・・・

道場を設立して、18年。

今、公式的な修道館の代表者は、2代目館長のカツ。

実際、道場で指導するのは、コーチのヒロミチ。

今や、私は顧問、相談役といったところでしょうか。

掃除やストーブの灯油の補給がわたくしの仕事。(苦笑)

顧問のわたくし、今、最大の楽しみは、弟子の成長。

そして、その弟子が結婚し、子供が出来たとき・・・

つまり、わたしの孫みたいなもんかな。

そんな出会いが会ったときかな~!


そう、昨夜もそんな出会い、ありましたよ。

うちに来たときは、8年前かな。

小学校低学年の頃、今や中学3年生。

受験も終わったので、この春、高校1年生のカズマです。

006_20130215055819.jpg
カズマ・タクト・スズ

005_20130215043806.jpg
これは、6、7年前かな。

よく練習生を連れて、温泉や登山、キャンプにも

行ったもんな~!


003_20130215043831.jpg
カズマ・・・中学3年生の今、身長・なんと178センチ!

彼女だっているもんね!

写メ、見ましたよ。

(ヒロミチ&スズ、ムサシ・・泣き)


004_20130215043851.jpg
高校の合格のお祝いをプレゼント!


カズマ、好きな雑誌はオラオラ系ファッションのソウルジャパン

(苦笑)

うちのプロキックボクサー、龍介の記事を見て・・・

龍介のフェイスブックの友達申請したんだとか。

(年寄りのボク、フェイスブックや申請の意味、わかりませんが)

まあ、いいんじゃない、かっての練習生仲間なんだし!

体質。
体重制限のあるスポーツ。

ボクシングや柔道、レスリングは階級制なんで

常に自己管理により体重をセーブしなければならない。

同じ競技をやる人でも・・・

太りやすい体質、食べても全く太らない体質。

人により様々なのが人体の不思議なんだな~!


さて、高校1年生のダイチ、まあ、大食いなんですわ!

月曜日に夕飯で手巻き寿司パーティーやったんですが・・・

そうですね、ダイチは、お米、約2合以上食ったでしょうね。

手巻き寿司にした寿司飯、つまりご飯は・・

ドンブリにすると、3杯いや4杯は食ったんじゃないかな。

肉もがっつり食って、野菜サラダは大皿2杯もぺろり。

あの日、お米1升炊いたんですがね。

まさにダイチは、お相撲さん並みの食欲。

ですが、体重は翌日1キロ増えただけ。

翌々日は、いつもの体重、常にライト級の60キロです。

つまり、試合の時にだって、減量はいっさいしませんよ。

(ダイチは身長173センチ、体重は常に60キロ)


逆に太りやすいのがムサシ。

わたしが厳しく食事制限させているので、

常に体重66キロ代をキープさせてます。

(身長はダイチと同じ173センチ)

(試合時は、ライトウェルター級・64キロ)

ただし、体重が67キロをオーバーしたら、

その日のご飯は、一日にグレープフルーツ半分だけ。

いつも炭水化物は、とれませんね。

主食は納豆と豆腐かな。


ただし、それではストレスがたまってしまうので、

週に1回は、自分へのご褒美。

好きなモノお腹いっぱい食べてOKの日にしてますよ。

でもって、この前スノーボードに行った日。

ムサシ、朝の体重、66・0キロ。

スノボーやって、3食食べて、アイス食べて・・・

好きなコーラを飲んでパラダイスな1日。

夕飯が終わったあと、体重を計ると、73キロ。

たった一日で、一気に7キロ太りました。


今、必死に一日、グレープフルーツと納豆だけで減量してますわ。

この違い、大きいですね。

ダイチは、試合の前でもご飯たっぷり食べれます。

ヒロミチが高校生の頃は、毎試合6キロ近く・・

減量したんじゃないかな。

まあ、試合の時には減量がきつくて、もうヘロヘロでしたね。

体質、これは遺伝とか、幼少時の食事での肥満細胞の生成で

決まってしまうとか。


体重制限のあるスポーツをやる者にとって・・・

大きな差なんですよね。



いくら食べても太らない、痩せの大食いダイチ。
011_20121227055138.jpg


ムサシ、食べたら一気にデブまっしぐら
001_20130127224623.jpg
相田みつをさん
相田みつをさんの名言

トマトにねぇ
いくら肥料をやったってさ
メロンにはならねんだなあ


・・・そうですね、どんなに頑張ったって

あの子は、パッキャオにはなれないし、

あいつも魔娑人にもなれないよ。

彼なりに努力して、自分のスタイルを作っていかなければ。



「やれなかった やらなかった どっちかな。」

・・・痛い言葉ですね。

私、精一杯やったかしら。

それとも最初からあきらめていたのかな。


「あとじゃできねんだよなあ いまのことは いましかできぬ」

さて、今抱えてる問題、先延ばししないでさ。

明日、答え出して、先に進もうかな。


昨夜の練習より
001_20130213015832.jpg
ダイチ、相手の追い込み方、足の使い方、違うんだよ。

ひとつ、前進したね、ヒロミチ・コーチのお陰だよ。

わたし、なんにもしてません、灯油の補給しただけ。(笑)
ほめ上手。
保育園児、幼稚園児のお子さんを持つお母さんは、

一日中、おこりんぼ。

なぜなら、砂遊びをして手は真っ黒のまま、オヤツを・・・

兄弟喧嘩ばかりで仲良く遊ばない・・・

食べ物の好き嫌いばかり・・・


でも、お子さんがちゃんと石鹸でしっかり手洗いをしたり

自分から本を読んだり、簡単な数字の勉強を始めても・・・

安心しきってしまって「えらいね~」「よくできたね~!」

このひと言が出ないそうだ。

つまり悪いところにバッテンばっかり。

よく出来ましたのハナマルや二重まるをつけるお母さんが

最近、少ない傾向だと、最近読んだ教育に関する本に

書いてありました。


英語で教育とは 「education」 エデュケーション。

この言葉は元々、「引き出す」の意味なんだとか。

つまり教育とは「良い面を引き出す、意欲を引き出す」が本質。

叱ることで、意欲を引き出すことは難しいが、

ほめられた時、「よし、次も頑張るか!」

人はグンと伸びるのでしょうね。

(私はこれがなかなか出来ないので、指導者として反省してます)


注:

最近、モラルのない親が多いと感じる。

身障者用の駐車場スペースに、平気で車をとめる・・・

家族連れのマイカー、見たことないですか?

私の友人が注意したら、しかと(無視)どころか、

自分は、今、足を怪我していると逆切れされたそうな。

(怪我と障害者は違いますが、おかまいなしの若者夫婦だったとか)


今日の練習より
001_20130211220659.jpg
ダイチの右ストレート・ボディ。 

長い手足、小さい顔、ダイチは理想的なプロポーションだな。


実は今日、練習・お休みの予定だったのですが・・・
003_20130211220749.jpg

おいしい差し入れをもらったんで、ダイチとキョウスケだけ呼んで!

まずは2時間びっちり練習。

その後は、手巻き寿司パーティー!

002_20130211220809.jpg
これです、激うまチャーシュー!


昨日食べに行ったラーメン屋・麺屋しょうじの社長から頂きました。

ナカダ社長は、意外にも・・総合格闘技をずっとやっていたので、

実は、無類の格闘技好きなんですよ!

(かっては、ハブと共にかなりのヤンチャだったそうな!)

差し入れ、ありがとうございます。


004_20130211220829.jpg
キョウスケ、ダイチ、おいしいかい?

001_20130212001421.jpg
年寄り(わたくし&カミサン)には、これがうれしい&美味しい。

これは、赤倉老舗旅館・香嶽楼の女将からのプレゼント!

野沢菜の油炒めです。

手巻き寿司は、こればっか!
回復。
昨夜は、熱が38・6℃まで上がり、うなされてました。

しかし、今朝は平熱、天気は快晴。

さすがに前日は、まる一日ベッドで寝たきりなんで・・・

体はだるく、間接の節々も痛かったのですが・・

よし、行くか!

一人・体調万全のムサシ、無念の家族旅行の中止の穴埋めに、

親子2人でタングラム・スキーリゾートへ行ってきました!

(スノーボードです!)

中年を超え、もはや壮年、今年53歳になるのですが、

まさに超人、いや変人、一晩寝れば、怪物クン並みに体力は回復。

(スズノスケは、熱が下がりましたが食欲もなく、フラフラ。)

(カミサンも体調悪いまま、寝たきりです。)

003_20130210230111.jpg

001_20130210230211.jpg
さすがに3連休、メチャ混みでしたよ、スキー場は。


たっぷりスノーボードを満喫したあとは・・・

私の同級生が女将をやっている赤倉温泉の老舗旅館・香嶽楼へ
005_20130210230351.jpg

前から 「スノボーに来たら寄ってね!」

同級会や飲み会があるたびに女将に言われてたので、

(お愛想でしょうが)でも、お風呂に入りに行っちゃいましたよ。

疲れた身体に温泉って最高なんですね。

ボード&温泉の日帰りコースの一日。

なんて贅沢なんでしょうか。

009_20130210230613.jpg
最後のしめは、ムサのリクエスト「麺屋しょうじ」でラーメンです。

まあ、これでなんとか、旅行の埋め合わせになったでしょうかね。

キャンセル。
登山の道中、山頂まであとわずかと迫った時、急に悪天候になったら

どうすべきか。

リーダーは、メンバーの体調や天候状態、登山ルートの自然環境を

考慮し、強引に突き進むか、撤退するかの判断に迫られる。


勇気ある撤退ができるか否か、これが山の遭難事故で生死を分ける。


・・・・・・・・・・


さて、大学進学が決まったムサシ。

(3月から体育会の寮に入り、すぐ強化合宿だそうです)

我が家の家族旅行も、これが最後かな?

そう思って、実はこの連休、都内のホテルを予約しており

都内・横浜・鎌倉散策を計画しておりましたが。


木曜日に、ムサが下痢になり (宇宙人ゆえ、1日で回復)

金曜日の午後からカミサンが具合が悪くなり、勤務先を早退。

そのまま病院へ(ウィルス性胃腸炎)

昨夜、家族会議をし、カミサンはお留守番で、男3人で旅行に行くか

・・こう決めまして、準備をして就寝。


しかし・・昨夜、スズが深夜2時に嘔吐、発熱。

私も同時刻、下痢が続き、何度もトイレに直行。

結局、2人共、一睡もできなかったのです。


明けて今朝、私は「勇気ある撤退」を決め、

今日の宿泊予定のホテルのキャンセルはできなかったが、

旅行の中止を決めたのです。

午前7時、スズは39・4℃、私は38℃まで体温が上がり・・・

病院へ行きました。

幸い、インフルエンザではなかったのですが、ウィルス性胃腸炎でした。

一日中、ずっとベッドで寝ております。

ふと起きて、ブログ更新。

ん~ん、腰が痛い。

ずっと寝ているので、熱が腰にこもっているようです。


野獣は、ひたすら身を潜めて、静かに回復を待つ。


タケル君のリクエストです。1983年かな。
001_20130209162455.jpg
大学4年生、昼間は就職活動、会社訪問ですね!

七三分けの真面目なヘアスタイル。

やっぱ第一印象、大切です。

002_20130209162620.jpg
夜は、1人で愛車FX400にて、第三京浜道路を流してましたね。

横浜・横須賀では、よく暴走族にからまれましたよ。

結末ですか?

まあ、鉄パイプやバット・ナイフにはこんな対策でしたよ!

鋼鉄製の携帯型ヌンチャク
003_20130209163044.jpg

たたんでいるのを伸ばすと、普通に長さに。

脛(すね)を狙います。
004_20130209163102.jpg
膝に一振り、相手がしゃがみこんだら、ヒザ蹴り1発。

秒殺ですね!

良い子は、真似しちゃダメよ!

初恋をひきずると・・・ダメなのだ・・の巻き
マザコンとは。

マザーコンプレックスの略。

子供が母親に対して強い愛着・執着を持つ状態を指す。

理想の女性パートナーが自分の母親である。

また、マザコンの男は、なかなか彼女やガールフレンドが

できないらしい。


困ったもんだ、うちの兄弟、なかなか彼女ができない。

長男のあいつは、宇宙人、いや地球外生命体だから・・

まあ、しかたがない。


問題は、次男のほうだな。

どうやら、マザコン、ならぬ マリコンみたいなんだな。


これは6年前かな。
まりちゃん
私が肘の手術で入院した時、お見舞いに来てくれた2人。



スズ、初恋の人が、どうやら、元・練習生のマリちゃんらしい。


自分の高校の先輩でもあり、しかも国立大学医学部出身の才媛。

身長170センチのモデル体型で抜群のルックス!

これだけじゃない、F国立大学空手部で4年間鍛えた・・

極真空手の有段者。(ハイキックが美しかったな)

しかも親は、〇〇の社長さん、つまり、社長令嬢なんだわ。

パーフェクトな美女だから、惚れちゃったのさ、スズ君。

まあ無理もないか、俺だって、いまだに好きだもん。(笑)

やばい、言っちゃったわ!

(マリさん、現在、ご結婚されてます!)
(結婚の報告を受けましたので、なぜか寂しい気持ちになりながら)
(お祝い、送らせていただきました)


こんな人、タイプだったのかな~、硬派のマリちゃん(?)
002_20130208021443.jpg
わたくし、20才の頃。

パンチパーマかけてました。

(笑)

教えてくれ、マリ、好きなタイプ? 嫌いなタイプ?



昨夜の練習より
001_20130208021714.jpg
ダイチの奥にいる君、お前もだろ、スズとおんなじ。

マリ・コンプレックス、なんじゃない。(苦笑)

最初に好きになる人、マリみたいだと・・

今後の人生、厳しいな~

比べる対象が、いかんね、完璧すぎるわ。

(笑)

ぐしけん。
強かったですね~! 具志堅用高さん。

プロボクシング・元WBA世界ジュニアフライ級チャンピオン。

13回の世界タイトル防衛、バランスのいい強打のサウスポー。

高校生の頃、テレビで見たチャンプ・具志堅さん、憧れでした。


今は、人気タレントであり、ボクシングジムの会長さんです。

(スズノスケいわく、変なオジサン、おもろいオッサン)


さて具志堅伝説を3つ紹介!

インタビューに対し、まじめに答える偉大なチャンピオン。

が・しかし・・でも、天然なんです。

お笑い芸人のうけ狙いのネタじゃないんですよ。



①インタビュー、「具志堅さん、座右の銘は何ですか?」

「はい、左右の目は、2・0です!」(座右の銘・・・左右の目)


②「家紋は何ですか?」

「ブロック塀です」 (家紋・・・家門だと思ったそうです)


③「母校の伝統はなんですか?」

「ナショナルです!」

母校の興南高校の伝統・・電灯は、ナショナル(現パナソニック)


天然の・・いつまでも純粋なカッコいいチャンピオンです。


001_20130206234719.jpg
(笑) わたくし、19才の時かな!

具志堅さんのアフロヘアか、桑名正博さんのカーリーヘアに

憧れて、このヘアスタイル。

しかし、人相悪いな、今から想像できなっしょ。


ちょうど、このヘア顔のときだったと思います。

仕事で上京してきた父親と東京・上野駅で待ち合わせたが・・・

父がわたしに気づかず、しかも・・・

かかわりたくないタイプの若者だと思い・・・

思わず、視線をそらしたこと、あったのです。

「お父さん、俺だよ!」

「えっ、お前、ケンイチか???」

こう言われたっけ!


一緒に、上野駅・御徒町・アメ横あたりで、飯食いに行きましたが、

「お前と一緒に歩くの、嫌だな」

苦笑いしていた、まじめな公務員の父でした。


ボクチン、東京に染まってましたね。

田舎少年、18才で上京したのです。

美容院で、具志堅さんか桑名さんの写真を指差し・・

「あっ、これにしてください!」


(結局、32才まで東京で暮らしてたんだな~!)
自由人。
明日から関東地方は雪が降るそうだとか。

もし、わたくし、リタイヤしている身ならば・・・

そう、私の(夢の)計画では・・・

50歳にしてビジネスの一線から身を引き、

つまりすべての仕事を辞めて、引退、隠居の身となり、

株の配当、アパート・マンションの家賃収入にて

生活費をまかなう・・・こんな予定だったのですが。


今から20年以上前となりますが、株式会社〇〇を設立し、

バブル経済の真っ只中、若き青年実業家、

つまり、社長して、デビューしましたよ。

それからの人生は紆余曲折。

そして、今、2013年・2月。

あらま・・・わしの人生、こんなはずじゃなかったわい。

(苦笑)

話をもとにもどしましょう、この前の成人式のように、

東京都内では、明日、10センチほどの降雪予報らしいが・・・

大量の長靴、ブーツ、雪かきスコップ、スノーダンプを

バッタ屋にて仕入れ、ヒロミチを運転手にして・・・

都内新宿駅の路上にワゴン車を乗りつけ

ゲリラ式に移動販売のお店を開店!

冬支度の様々な商品を激安販売し!!

あたたかいトン汁とこしひかりのオニギリをサービスしてあげ!

そうです、たった一日だけ、テキヤをやりたいな~!

そうそう、新潟の地酒、越の白鳥も売りましょう!


あ~・・明日、新宿で商売してぇ~な~!

予定していた、理想的な人生、リタイヤしての日々は、

悠々自適なんですが、ときたま、商売したくなるんですよ。

私の性分ではね。

私は、人と人が触れ合う、そう、人間相手の商売が好きなんでね。


実は、この前、同級生との飲み会で知ったのですが。

東京都内いちの繁華街、新宿を締めているヤクザ屋さん。

〇〇系の〇〇組、組長、わたしらの中学校の同級生なんだとか。

(彼も、昔はあっしの子分みたいなもの。)

怖いもんないね、新宿ならさ。


P3240630.jpg
樽酒もサービスしちゃえ!!

ヒロミチと2人でワゴン車内で、儲かった札束握り締め、

ウハウハとにんまり笑う!

さぁ、協〇ジムに行って、サンドバッグたたいて

ガッツリ汗をかいてさ、まずは居酒屋で生ビールをグビグビ!

2次会は、ヒロミチが詳しいらしい・・・

歌舞伎町のオッ〇イパブでも行きましょうかね!



あっ・・リビングでうたた寝してた。

いい夢だった。

でもね、夢で終わらすの、俺のキャラじゃないんだけどさ。

いつか、やりたいの~!!!


今夜のヒロミチ(ミットを持つのはヒトキです)
001_20130205233740.jpg
久々にヒロミチをしごきましたよ!

まだまだだね、日本ランカーとスパーやるには。

明日も、一丁、ヒロミチ、いじめてやるかな。

(ただいま、道場生は、超・少ないんでね。)
顔。
「男の顔は履歴書、女の顔は請求書」


こんな言葉があります。


男の顔には、人生経験があらわれる。

女の顔には、化粧や髪形やファッションなど、お金が掛かる。

こんな意味じゃぁなかったかな。


年齢を重ねた男は、顔や服装、立ち居振る舞い、

会話などで、ある程度の判別がつきます。

年相応、職業相応の顔つき、性格や人格が

表情に出てしまいますからね。


が、しかし、男からみた女性は・・・

美人か否かという判別がほとんどかな。

または、自分好みの女性か否か、それ以外のなにものでもない。

人格うんぬんを問うよりも、第一印象が大事。

内面より外面・容姿を重視しがちですね。

こんな意味合いもあったかと思います。


さて、わたしの顔、まじまじ見てみると!

これは、20歳の頃。(古い運転免許証)
002_20130204233656.jpg
大学生の頃です。

ボクシングやウィンドサーフィン、バイクに熱中してましたね。

(しかし、人相わるいな。)

新宿や六本木で遊んでましたよ、あの頃は。


003_20130204234154.jpg
22歳の頃かな、大学4年・就職活動をしていた頃。

七三分けの髪の毛、〇〇の宮・殿下みたい(笑)

慣れないスーツを着て、都内の会社をいくつか訪問し

会社説明会やOBとの懇談会など・・懐かしいな~。


わたくし、面接が得意なんで(口先だけは達者なり)(苦笑)

テレビCMにも出てる大手食品メーカー2社に内定しましたが・・

結局、辞退し、将来の夢のため、別の進路になりました。


顔のしわ一つにも歴史があるんですよ!

なんてね!

昨夜の練習より
001_20130205030022.jpg
肩を入れて、ジャブ・右ストレートを打つ。

射程距離が伸びて、遠い間合いを制す。
計画。
今年の9月で、私達夫婦、結婚20年となります。

なんか、スペシャルなイベント、しようかしら?


豪華なディナー?

(ノリコさん、イタリアン大好き)

(ボクですか、ノリコさんの作る卵焼き、大好き!)

(あと、納豆とご飯、これで充分)


2回目のハネムーン?

(19年前、タヒチに1週間、行きました。)

(19年間に家族でグアムに2回、韓国に1回行ってます)


それとも・・これにしようかな!!
001_20130203221723.jpg
3980円なら、速攻、買うんだけど。

(39万8000円)


だって、ノリコさん、これなんだもん。 しかもほぼ毎週。

いびきをかいて、爆睡中。

午後2時、ある大手家電販売店にて。
002_20130203221751.jpg
でかいんだわ、ノリコさんのいびき。

店内のこのマッサージコーナーでは、2組の夫婦、

ほか4.5人、笑ってましたよ!


わたしゃ~恥ずかしいから、他人のふり、知らんぷり。

(爆笑)

003_20130203221814.jpg

本日、節分。

家族4人でやるの、最後だろうな~。

ムサシ、春から大学に行くんでね。

成長を喜びつつも、ちょっとさびしいとは。

私も、普通のおとうちゃんなんですよ。
クラブ活動。
クラブの意味。

①クラブ とは会員制の集まり、社交・親睦団体などを指す。
共通の趣味・興味を持つ仲間が集まって形成する団体であり。

学校の部活も、この一種。

②クラブと言うより、ナイトクラブ。
男性客がホステスから飲食を伴い、接待を受ける飲食店を
クラブと呼ぶ。 お店の代表・ママがいて、ホステスが従業員。

③多数の客が集まって、DJ(ディスクジョッキー)が
かける音楽に合わせて踊ったりする飲食店の形態も
「クラブ」と呼ばれている。

ひと昔前、私が若い頃は、ディスコと呼ばれてましたね。



さて、本日、①、一番のクラブ活動に行ってきました。

引退したムサシが部長だった、T農業高校ボクシング部です。

ちょっと、うちの練習生・ダイチやヒトキが

伸び悩み気味だな~と感じたので、学校の部活(ボクシング部)

どんな練習内容なのか、確認するのと・・

ボランティア活動として、他の部員に刺激を与えるために。


アマチュアボクシングの技術指導に行ったのです。


そして、弟子のキョウスケ(中学3年)に高校生のレベルを

知ってもらいたくてね!

午前中(8時45分~11時半)だけ、キョウスケ、受験勉強を

ちょっと休ませて、T高校ボクシング部の練習に連れて行きました。

001_20130202214331.jpg

002_20130202214356.jpg
最後は、皆でバスケとサッカーをやりました!

私と顧問の先生も参加しましたよ!!

アイスクリームを差し入れして、終了。


もちろん、わたしゃ~ ②番のクラブ活動が好きなんだが。

きれいなオネーさんに囲まれ、飲むお酒は、また格別。

でも、今日は、格闘家の顔になって、高校生の青春を

いっとき、味わいました。


私は、高校教師なんて柄じゃないのですが

いや、私が教師になれば・・・??

ニッポン柔道のコーチの問題みたいなこと、

必ずなったことと思いますよ。


でもね、愛ある体罰、体罰とはいかなくとも

愛のムチ、気合のピンタ一発、私は非難できないな~。

まあ、賛成とはいいませんが、現場ではそんな場面、

あるんじゃないでしょうかね。


あっ、ブログのテーマ、脱線しそうだ。 今日はこれまで。
同級生。
昨夜は、幼なじみと上越市・夜の繁華街・仲町に行きました。

妙高市にある大手半導体製造のP社が撤退するので、

1000人近い従業員が早期退職・静岡県や九州への移動という

流れの中、今はタクシーの運転手として再就職した、

52歳の、私の同級生、頑張って働いているのです。


かっては、パソコンに向かっての仕事がメインの・・

1部上場企業の管理職。

再就職が厳しい50代での転職。

年収は、半分以下、それでも働ける場が見つかっただけ

良かったな。


1年ぶりの再会を、これまた、同級生が経営する居酒屋にて!

ビールにて乾杯。

そして、これまた幼なじみがオーナーママである・・・

高級クラブ・Dにて2次会という流れの夜でした。

帰宅は1時半ぐらいかな。


人生の折り返し地点をはるかに越えた、

今年53歳になる、同級生4人。


親の介護、自分の健康、金銭問題・・・

みな、それぞれ問題を抱えながらも、一日・一日を

一生懸命、生きているのです。


さて、二日酔いで頭がちょっと痛いが、今日も頑張るか!

002_20130201065326.jpg
元・世界チャンピオン坂田さん、現在、市議会議員だとか。

第二の人生、頑張られてます。

(3年前ですかね、この写真は。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。