館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋。
「男性の恋愛には、3段跳びがいい。」

あるラジオ番組で、DJが語っていました。


3段跳びは、ホップ・ステップ・ジャンプの3つです。


まず、最初の恋愛は・・・つまり「ホップ」ですね。

少し年上の女性とつきあい、「恋を習い、慣れる」


次は、同い年・同世代の女性と恋愛し・・・「ステップ」

そして、最終的には、年下の女性と結婚をする・・・「ジャンプ」


これが理想的な恋愛である! と語る、DJさん。

わたし的には、納得するような、しないような感じですな。

確かに共感できますが・・・

しかし、まあ、好きなタイプの女性とめぐり会えるなんて、

なかなかないんじゃないでしょうか。


ずばり、「好きになった人が、タイプ」

モテモテ君でも、もてない君でもなかった私は、こう思います。 


昨夜の練習より
P8300370.jpg
細マッチョの3人、ワタル・ショウタ・ハンちゃん。


ワタル君(高校2年)は、女子大生に憧れるそうだ!

わかるな~! その気持ち!!


P8300372.jpg
練習後には、花火をしました。

スポンサーサイト
再び。
昨夜は、夏休み最後のキッズクラスの日。

左腕の痛みがあまり感じられなかったのと、

コーチも不在なので、私自ら、ちょっとだけミットを受けてみた。

・・・!!

みんな、パンチ、強くなってるね~!

成長を喜ぶ・・が、しかし・・・

今朝がた、またも肘関節がジンジンしてる。

湿布、また、買わないとな。


さて、今日も、残暑厳しい一日となりそうな予感!

体調管理に気をつけ、頑張りましょう!

ウィング
高地トレーニング
スポーツに興味のある方なら、

「高地トレーニング」という言葉を聞いたことがあると思います。

高地、つまり標高の高い場所で行うトレーニングのことです。

標高の高い場所では、空気中の酸素が少ないため、

低酸素状態になります。

その低酸素状態を回避しようとして、

自然と呼吸循環の機能が鍛えられます。

つまり、普通に呼吸していては苦しいので、

より多くの酸素を効率よく取り入れられるよう、

呼吸機能がアップし、また、より多くの血液を全身に送り出せるよう

循環機能がアップします。

標高としてはだいたい1000メートル以上が目安になります。

選手の能力や目的によっては、もっと高い場所を選ぶこともあります。



昨日、スズと高地トレーニングをしました。
P8280363.jpg
上越市清里区(旧・清里村)、山間部にある、段々田んぼ。

この傾斜地にある稲作地のことを、棚田(たなだ)と言います。


P8280365.jpg
もちコメの稲刈りは、早いのです。

はさ掛けと言われる、昔ながらの天日干し。

このお米で作る、赤飯。 おいしいんです!

叱られる。
私は、格闘技を教えるだけでなく、

特に、中学生や高校生の練習生には、

躾(しつけ)に近いことを教えます。


「相手の目を見て、視線をそらざず、話すこと」

「返事は大きく、語尾を上げるように」

「限界の線引きを、自分でするな」


時に、親や学校の先生よりも厳しく、

「ちょっと来い、説教部屋だ」

一対一、または、うちのカミサンと一緒に、二対一で、

その子の欠点を指摘して、直す方向性を示してあげます。

その時の口癖は、決まって

「社会に出たときに・・きっと・・」

いつもこの言葉を使います。


私は、少年期から青年期にかけて(14歳から18歳)

家庭内の複雑な事情で、

親から説教を受ける環境になかったのです。


大学を卒業し、東京にて、一人暮らししながら、社会人になった時、

お昼休みのランチタイムの時に・・

会社の上司に、

「くちゃくちゃ音を立てて、弁当を食うのやめなさい」

こう、言われたことがあったのです。

恥ずかしいですね。

私は、親に小言や説教されて育ってないから、

大人になってまで、他人に欠点・短所を指摘され、

恥ずかしい思いをしたのです。


今、うちの練習生に厳しく言うのは、

近い未来、遠くない将来のために、

「きっと・・」の思いからなんです。


学校の先生、時に理不尽なことを言うでしょう。

あなただけの先生じゃないからね。

反発したって、仕方がない。

私も、逆らってましたよ。


親も時として、

見栄や、一般常識論の目線からの言動からだと、

子供は反発します。


でもね、叱られた時は、成長するとき。


指摘されたこと、自分に過ち・非はないだろうか?

冷静に自分を分析できるだろうか?

こう考える時間、大切です。


叱ってくれる人に

「ありがとうございます」

こう言えるなら、大きく伸びますね。


だんだん歳を重ねると、叱ってくれる存在のありがたさ。

身にしみて、わかります。

少なくなってなっていくんですよ、そんな存在がね。

だから、私も、お山の大将にならないように、

年下・年上、関係なく、謙虚な気持ちで、

人の言葉、指摘をかみしめて反省しますよ。


生きることは、成長することだからね。
夏・雑感。
中学生の夏休み。

この時期が一番の成長期。

昨夜のキッズクラスでも、皆、背が伸びて、

ひと回り大きくなったような気がします。

チ○毛が生えてきたり、早い子は、すね毛も目立ち、

男性ホルモン全開、近し!ってな感じでしょうか。


これとは、逆に・・・

わたし、このところ老眼が進み、新聞の字が??

ぼやけてしまいます。

マジに、老眼鏡買わなきゃ、いかんわい。


セクスィ~な女性の歩く姿を見ても・・・

心なしか、かってのときめきは、ありましぇん。


しかし・・老いても、スイーツ大好きの味覚は、変わりません。

基礎代謝が低下しても、アイスは、若い頃同様に食べてます。

だから、痩せないのか。


P8190353.jpg
最近、これにはまってます。

九州名物・白くま君。


私、日本では、唯一、九州だけは行ったことありません。

いつの日か、関門海峡、渡りたいですね~!

・・ふりをしない。 聞くこと。
「聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥」


でも、この「聞く」・「質問する」ことを、しないまま、

ごまかす人、多いかも知れない。

知ったかぶりをしないで、自分の無知を認め、

恥ずかしいと思わず、ドンドン聞くべし。


わたしも、ここ2年間、自分をごまかし、

知っているようなふりして、

実は、よく知らないことを、ひとつ確認しました。


一昨日のことです。

ばんせん

2ばんせん

これは、番線(ばんせん)という針金の巻き方です。

プロキックボクサー・龍介から、一昨日、彼の練習後に習いました。

(龍介は、とび職人でもある。)


簡単なんですね、じっくり習うとさ。

あとは、「慣れ」、すなわち、回数をこなすこと。


知らないくせに、2年間もほったらかした、自分が恥ずかしいな。

一生の恥となるとこだった。
夏の終わり。
お盆が過ぎ、24時間テレビの放送が終わると、もう、夏も終わり。

ずいぶん涼しくなりましたね。

この時期、夏の疲れがたまるのと、気候の変化に順応できず、

風邪をひいたり、のどの痛い症状が出やすいですね。


のどにタオルを巻いたり、

長袖・長ズボンのパジャマに着替えて、寝なさい!

私も小さい頃、よく母親に言われたものですよ。


クーラーや扇風機・大好き人間の私は、

今、この季節の変わり目、弱いんです。


子供の頃、小学校に上がった頃は、

滅多に風邪をひかない丈夫な子供でした。


そう言えば、昔は、クーラーもなく、部屋の窓を開けっぱなし。

蚊帳(かや)を部屋に吊るして、夜、寝たもんですよ。

エコな暮らしが、健康な体を作るんだなと実感します。


今の蚊帳は、こんなワンタッチタイプ。
かや



昨夜の練習より
P8230358.jpg
新人・ワタル。

スリムな体に秘めたパワーは凄い。

サッカー少年の身体能力は、抜群です。


ただ、練習に来る時は、予習・復習をしないといけません!

正しいフォームの繰り返し。


上達に早道なし。

強さとは、反復練習の回数に比例するのです。
ひと夏の経験。
「ひと夏の経験」

こんな歌、あったな~・・・(山口百恵さんのヒット曲です)


この夏、いい思い出、作りましたか?

私は・・ダメでしたね。


今年、51歳のわたくし、

生まれて初めて、海に行かない夏を過ごしました。

幼少の頃から、日本海の谷浜・郷津・直江津海水浴場で遊び、

19才で上京してからは、葉山・逗子など湘南の海へ!

32才で、地元にUターンしてからは、

再び、日本海で夏を満喫してたのですが・・・

今年は、体調不良もあり、また週末に用事もあったので・・・↓↓。


実は、一昨日の土曜日、

ダイチとスズ、ユウジ(スズの幼なじみ)を連れて、

谷浜海水浴場に行く予定でしたが・・・

天候が良くないんでドタキャンでした。


今夜の練習より
P8220354.jpg
いい顔してますね!

最高の夏休みだったキョウスケから、

屋久島への家族旅行(鹿児島県の離島)のお土産、頂きました。


お菓子は、キッズクラスみんなのオヤツ!

焼酎は、私の晩酌に!

うらやましい~の~!


幸せの、おすそ分け、頂きました。

まいう~、本格いも焼酎、効く~!

1勝の重み。
あるボクシングジムの会長のブログが目にとまり・・・

時を同じくして、かって弟子だったプロボクサーから連絡が来たので

勝手ながら、そのブログのお話しを転記させていただきました。

(ご容赦下さい)


あるボサーが後楽園ホールのリングに上がった。

緊張のゴングが鳴った。
お世辞にもうまいとは言い難いボクシング。
心無い観客から「へたくそ、やめちまえ」のヤジが飛ぶ。

それでも彼は手を出し続けた。
スタミナの切れた相手に対し、後半主導権をとって、
最終ゴングの音を聞いた。

勝利者のコールに、精も根も使い果たした身体を、
リングの中央に運び、大粒の涙を流しながら誇らしげに、
レフリーに片腕を高々あげて貰った。


彼がこの1勝に、どの様な思いで臨み、勝つことだけを夢見て、
苦しいトレーニングに耐えてきたか想像できるだけに、
私も指導者として同じく、熱い思いで彼を見守った。


彼は、この試合でリングにグローブを置いた。

引退した彼の戦績は、

「10戦1勝9敗。」

1勝9敗の、1勝が忘れられなくて、上がり続けたリング。
そして勝ち取った1勝。

彼は社会人となっても物事にあきらめることなく、努力し、
必ずや勝利者となる事でしょう。

誰にも見えない心の中の宝物として、
「1勝」は、輝き続ける事でしょう。


・・・・・・・・・・

昨日、修道館の卒業生で、

埼玉県在住のプロボクサー・ヨナイから連絡が来たのだ。

現在、戦績3戦3敗。

今だ未勝利だが、しかし、3試合を経て、

自分の目指すボクシングの方向性を見いだしたとか。

今も毎日、練習の日々だそうだ。

プロテストの受験年齢の期限ギリギリに合格して

プロボクサーとなったヨナイ。


大卒、しかも公務員と言う安定した職業を捨ててまで、

夢にチャレンジする生き方を選んだ男。


現在34歳、独身。

遠く故郷を離れ(岩手県出身)、派遣社員をしながら

生活費を稼ぎ、1人、都会で戦う修道戦士・ヨナイ。


彼がどのような結末でリングを去るのか、わからない。

でも、この覚悟とたくましい生き方。

彼は、戦いの場から去ったあと、大きな何かをつかむに違いない。


ヨナイは、きっと、心の宝物を・・・

ボクサーという生き方に、見いだすに違いない。


この言葉を送ります。


「ファイト・トゥー・ザ・ラスト」

「最後まで諦めないで闘え」

体力・気力があるうちは、闘うと言う生き方。


・・勝たせてあげたいな。

第2の人生、いや、公務員からプロボクサーに転身だから、

その次、つまり、「第3の人生」というリングに向かうためにも。

ファイト・トゥー・ザ・ラスト!

お隣の国。
本日、たしか・・・

新潟市で、Kポップアイドルのイベントがあるんじゃないかしら?


冬ソナからの韓流スター・ブームに始まり、

最近、韓国出身の歌手グループが、ドンドン日本国内で、

人気があるようですね。

(私は興味ありませんし、よくわかんない)

(韓国の焼き肉は、好きですが。)

(ソウルで食った焼き肉、サイコーでした!)


豊臣秀吉が、お隣の国への侵略戦争をはじめてから・・・

我が国は、隣人との付き合いが、うまくいってない年月が長かった。


国家間の領土問題や、政府間の細かな問題は、さておき・・

民間レベルで、互いの文化を理解しあえることは、

いいことだと思います。


韓国は、身近な外国ですし、国内旅行より、お安く旅を楽しめます。

韓国の芸能界、今や、日本人の女性をターゲットとした戦略、

当たってますね!


対日感情が・・・のニュースより、

お隣の国を理解し、受け入れることの方が、ポジティブでOK。

対立は、サッカーと野球だけ。

こちらだけ、うんと盛り上がればいいですね。



そう言えば、つい先週のこと。

東京在住の妹(48才)と10年ぶりに会ったんだが、

彼女が、韓流スターにはまっていて、

東京・新大久保・界隈の、韓国ショップ街に行くのが!

唯一の楽しみだ・・と語っていたのには、驚いた!(笑)



兄は(私)、年に4・5回ほど上京して、

新大久保にある、大手ボクシングジムに行ってるのにも・・

妹は、驚いていたがね。(笑)



昨夜の練習より
P8190347.jpg
ヒロミチ(背中)が、みんなにボディ・ブローを教えています。

相手の左わき腹下の肝臓を狙う、レバー・ブロー。

これ、身につけると、攻撃の幅が広がります。
練習。
試合前のインタビューでは、

・・・「練習したことを出したい」


試合のあとの反省の言葉では、

・・・「練習したことが出せなかった」


どんな競技でも、この言葉をよく聞きます。


試合前の、誰もが言う、この言葉。

試合後の、言いわけに聞こえる、この言葉。


まあ、対人競技の場合、うまくいかない事の方が、

確かに多いことは事実なんですがね。


ただ、ひとつ、大事な心掛けを忘れちゃいけない。


実際に、練習中は、試合をイメージしてるのだろうか?

練習のための、練習になっていないか?

今日、やるべき課題をこなすためだけの、練習になっていないか?

体重制限のある競技なら、

体重を落とすためだけの練習になっていないか?


誰だったか、忘れましたが? あるプロ選手の言葉が耳に残ります。



「練習したことを、試合に出すんじゃない。」

「試合でやることを練習するんだ。」


この心構え、練習の集中度が大切かな。

練習中に、集中力のない選手は、すぐわかります。


研ぎ澄まされてない動きを見ると・・・

ダラダラ、長い時間の練習は、まったく意味がないと思います。


練習中に、私語を聞いたり、ヘラヘラした態度の練習生を見ると、

あっ、この子は、練習生止まり。

選手には・・向かない。

直感しますね。


試合前の、ピリピリした感じで、いつも練習してる奴は、

声を掛けづらいオーラ・雰囲気があります。


そう言えば、最近、うちの練習生では、こんな子・・・

もう、ずっと見てませんね。


元・WBA世界フライ級チャンピオン・坂田選手
im00051980_20110819052806.jpg

私が初めて坂田選手を見たのは、2002年のこと。

日本タイトルの防衛戦に失敗して、再起する前のこと。

つまり、試合が決まってる前じゃないんだが。


凄まじい練習だった。

声を掛けるなんて、とんでもない。

人を近づけないオーラがあったし、

ピリピリ感は、ハンパじゃなかった。


まさに・・試合でやることを練習してました。
消息不明。
お盆の頃から、めっきり、朝晩、涼しくなりました。

この頃、朝方、タオルケットじゃ寒くて、

毛布を探して目がさめてしまいますわ!


夏の終わりを感じると、モノ哀しくなる習性がある人は、、

たぶん、いろんな場面で・・・

「若いな~!」と言われてるはずですよ!


わたくし、50歳の夏もタンクトップに短パンで、過ごしました。


6月に、肘を痛めてからは、筋トレを控えているので、

心なしか、両肩の筋肉の盛り上がりが、しぼみ ↓↓

パンパンに張っていた腕も細くなってしまいましたが・・・


オヤジのトレードマーク、ポロシャツを着るのをかたくなに拒み!

アメリカ西海岸のマッチョなブラザーのカッコで、

スーパーの食品売り場や駄菓子屋さんを巡って、

捜索活動をする・・夏の休日でした。


???

何を探していたか?

これですわ。


P6030469.jpg
ガリガリ君・梨 です!

どこへいったんだろう?

新潟県上越市では、消息不明です。
素直。
今年のお盆、10年ぶりに、姪っ子と会いました。

電話連絡をとったりするものの、なかなか、東京在住の妹一家とは、

会えなかったのですが・・・。


高校1年生の、都会のギャルのAちゃん、いい子に育っていました!

明るく、人見知りしない、ハキハキした受け答え。

やはり、育った家庭環境の良さからなんだろうな。

(ヒデキ、感激!)(バーモントカレーのCMだっけ?)


オジサンは、もう、うれしくってね!


やっぱり、顔やスタイルがいいとか、頭がいい・悪いよりも!

挨拶・プラス・コミニケーション能力ですね、

生きて行く上で大切なのは。

そして、幸せな道を歩んでいくのは。


私は、格闘技を通じ、若者を育てる宿命を・・・

まあ、ちょっとオーバーですが、最近、感じております。


私自身、ケガの後遺症などで、直接的な指導は、

かなり無理な状況なんですが・・・


素直な若者を育てていきたいと思いますね。


素直な性格とは、人の言うことに真剣に耳を傾け、

柔軟な姿勢で、新しい知識や情報を吸収し、

かつ、思いこみが少ない人です。


偏屈な心、ひねくれ者、我が強いタイプ、モジモジ君。

(かなり弱くなりましたが)私の鉄拳で直してあげたいです。


素直な子は、他人に流されませんし、自分自身の考えで、

決断・判断して、自分の人生を切り開けますからね!



今夜の練習より

お盆なんで、リッキーとタクトだけでした。

ヒロミチにしごかれました!

P8150358.jpg

P8150359.jpg
優しさ。
最近、懐かしい連中が、よく顔を出しに来てくれます!

かって、修道館で頑張ってた練習生や、プロ・アマの元・選手です。

皆、生きいきとした、いい顔をしてました。

(ケンタ・カトーさん・イイトモ・ソーマ・タケル・・など)

(ほか、ブログには登場しませんが、かっての卒業生・OB達!)


なんで、みんな、いい表情になってるんだろう?

よく考えてみました。


私生活が(仕事・家庭・恋人など)充実しているからかな?


いえいえ、そんなことはない。

うちに顔を出すみんな、パーフェクトな状態じゃありませんよ。


金銭的に余裕があるってわけじゃないし・・・

(そんなのは、ビル・マンションオーナーの、カツ館長だけじゃ!)


皆が皆、いい恋人・伴侶に恵まれ、

そして、家族間、うまくいってるわけじゃない。

(独身や、バツいちが多いんだよね!)


自分に自信をもってるからかな?


ん~ん、はっきりそう言えるほどの・・・

サクセス・ストーリーの人物象には、ほど遠いと思います。


じゃあ、なんなんだろう、あの、いい顔、

いい表情をしている源(みなもと)は?


それはね、何か、人のために頑張り、尽くしている・・・

そんな優しさや、サービス精神から来る、

人としての、心の幅の広さを!

私が感じとったんだろうな。


自分のためではなく、人のために働き、動くこと。

戦いの場から去った人間は、これができなきゃ、ダメなんだな。


格闘技の世界に生きる者、強者への道を進む者は、

ある意味、利己主義でワガママなもんです。


自分さえ勝てばいいんですから。

相手を蹴落とし、相手の夢を潰して、生き残っていくんですから。


周りだって、気を使ってくれるでしょう。

減量でピリピリした時だって、あっただろうし、

家族は、皆、気を使ったことでしょう。


しかし、戦いのリングから降りた時、今度は、

逆に、誰かのために・・

なんかをする人間にならなきゃダメなんです。

しかも、見返りを求めない、無償の愛を持って、人に尽くすこと。

これが出来る人間は、いい顔になっていくんです。


逆に、いい顔・いい表情になれない奴ってのは、

いつも、誰かに、何か、してもらっているだけの人。

ダメですわ。

そう、環境が変わったって、本人、変わってませんもん。


いつも、世話や人の優しさを受ける側だけ。

誰かに、何かをしてあげること、やってませんから。


つまり、優しい人間になれないってことかな。

そんな人は、心に余裕がないから、

いい顔・いい表情、作れません。

もちろん異性にとって、魅力的な存在には、成りえません。


もし、これを読んで、「ハッとした」人。


他人に対し、優しいこと、何か、してあげてますか?

いつも優しさを、受けるだけになっていませんか?

よく考えてみましょう。


ただね~・・

サービス精神旺盛だけだとさ、

空振りした時、落ち込んだり、逆キレしちゃうんだよな~!

しかも、恩着せがましい奴になるしさ。


あっ、これ、自分のことですわ。


(苦笑&汗)


WBC世界ライトフライ級チャンピオン ローマン・ゴンザレス(左)
ロマゴン
最近、好きなボクサーです。


左ボディ・アッパーの打ち方が美しい。

井岡選手との対決、見たいな~!
教え。
少林寺拳法の開祖・宗道臣氏の教えに、 

「力愛不二」という言葉があります。

 
「力愛不二」とは、

力のない愛は無力であり、愛の無い力は暴力である の意味です。

もっとわかりやすく言うと、

力の裏付けがない正義や愛情は、無力であり、

正義と愛のない力は、暴力でしかない・・こんな意味合いです。


自分の守るべき存在、愛する人は、

「力」で守らなきゃいけません。

人を叩くには、熱意と愛情を感じさせる、心がなければいけません。


私は、数多くの中学生や高校生と関わっているので、

学校の先生方に、「力」が無いため、生徒を抑えることが、

できなくなっているということを小耳にはさみます。

先生が体罰をしたら、生徒が親に訴え、親が学校を訴える・・。

自分(親)が、子供を心身ともに育てられないのに、

抗議することだけは、一人前のモンスター・ペアレントが

多いんだとか。

故に、ルールを守らない生徒がやりたい放題になっているのだとか。

やはり、力は必要です。


愛と正義を伴う力。

それによってこそ、人を変えられるケースもあるんです。

私は16年間、いわゆる「問題児」と向き合ってきたので、

ノウハウがあります。


まあ、解決するのなんて簡単なんですけどね。


愛に満ち足りた幼少期を過ごしてこなかったゆえに・・

様々な問題を起こしているだけなんでね。

悪い子なんて、いませんよ。


一緒に汗を流し、一緒に飯を食えば、OKなんですよ。

時として、日帰り温泉にも連れて行き、風呂だって一緒です。

わたしにとって、自分の子も練習生も一緒。

家族プラス練習生で、よく飯を食いますし、

時として、うちの子と一緒に、ぶっ飛ばします。(鉄拳)

そんな環境にいるとね、心の殻やバリヤーを、

簡単にとり除けるもんなんです。



昨夜の練習より
P8120350.jpg
中学生・ボクサー・コースのダイチ・ショウタ・ハンちゃん。

受験生でもあります。

問題児じゃありません。

いや、問題あり・・かな?

ただ、学力の問題だけ~!(苦笑)


元・練習生の酒蔵の社長さん、タケル君に頂いた、お酒。
P8130352_20110813075326.jpg

今晩、お墓参りのあと、爺ちゃん(義父)と飲みますかね!

ナスの漬け物、がぶりとやって、一杯やるかな!
防衛。
昨夜のプロボクシング・世界タイトルマッチ。

王者が初防衛に成功したが、メキシコの挑戦者も上手かった。


バランスがいいし、アッパーの打ち方なんか 「凄っ!」

スリッピング・アウェイなど、

(パンチに対し、頭の位置をずらし、流す防御)

高等なディフェンス技術も、持っていたし、

まさに本場・メキシコから刺客・ホンモノだったな。


ただし、この世界1位のチャレンジャー、

ラウンド後半は、倒されないことに専念し、

ポイントを失っているのに、自分から相手を倒しに行かないので、

ちょっと残念だったな。


一般的には、やや盛り上がりに欠ける試合内容に見えるのかしら?

経験者が観ると、なかなか面白い展開、内容なんですがね。


それにしても、解説の元世界チャンピオンのお二人、

レベルの高い試合内容だけに、生き生きとしゃべってましたね。

これが、あの3兄弟の試合だと・・・

苦しい、弁明じみた解説しなきゃいけないから、うざいだけ!

(苦笑)


いずれにせよ、指導体系がまったく異なるボクサーの戦いでしたね。


日本人指導者の教える、教科書的なお手本ボクシングスタイルが、

この若き世界チャンピオン。


メキシコのボクシング・指導体系など(?)

私は、全くわかりませんが、独特なリズムとパンチのフォームを

教えているのでしょうね。


私は、あのチャレンジャーのアッパーの打ち方・タイミングを、

これから録画を見直しながら、研究します。


まあ、あまり、私の生活に関係ないんですがね。

メキシカンのアッパーを覚えたところでさ。

私の老後が、豊かになるわけじゃ~ないしね。(笑)


スリッピング・アウェイ、出来たとしても・・・

子育てや夫婦間のコミニケーションには、全く関係ございません。


でもさ、欲しくなるんだよね、あんな技術、見せつけらるとさ。

ioka_20110810235826.jpg
井岡チャンプ、どこまで強くなっていくか!


今夜の練習より
P8100359.jpg
アキヒロ、ソーマさんに鍛えられています!

自分1人のトレーニングだと、どうしても甘くなります。

そう、自分に対してね!


指導者と共に、練習すると、休めません。

気も抜けないし、苦しいんです。


限界の線引き、自分に決定権がないからです。


アキヒロ、短時間だが、充実の練習でした。
不透明。
今も未来図が見えてこない、東日本大震災後の復旧と原発問題。

身近なところでは、新潟県の三条市・長岡市近辺で、

甚大な被害をもたらした集中豪雨。


(謹んで、お見舞い申し上げます。)


この災害復旧のため、先細りだった建設業者への発注が、

増大するのでしょうね。

しかし、この土木・建設事業においては、あくまで特需にすぎず、

建設不況の根本解決とはならないのが実情でしょう。

厳しい業界ですね。


そして、今の円高事情。

輸出依存型の、資源に乏しい島国・ニッポン。

この円高や株価暴落の状況は、3年前のリーマンショックの以来、

またもや製造業全般に構造不況が訪れるでしょうね。


製造拠点を国内にすべきか、海外にシフトチェンジすべきか?

製造業にとって大きな分岐点となりそうな予感です。

そうなると、やはり一番社会問題となるのが、雇用情勢の悪化です。


新卒者の就職氷河期、若年層が安易に派遣業に走り、

中年・壮年層がリストラされる・・・。


やはり、資格や技術を持たないと、社会情勢に流され

生活不安を抱えた状態が続きます。


こんな時期こそ、浮草のような生き方にならないよう・・・

自己啓発、自己研鑚に励み、

雇用不安に対する武器を持たなければなりません。


以上、経済情勢に関する雑感でした。
帰省。
それにしても、今夜、体験練習に来られた女性の方は・・・!

・・・美人でしたね。(笑)

(残念ながら、お写真は、なし)


連れてきたイイトモ、動体視力はそんなにいい方じゃないと(?)

思いましたが・・・。

女性を見る目は、確かなもんですな~!


なんか、教えるヒロミチも、心なしか・・・

(ルンルン!)張り切っていましたね。


私も、ほんの少し、ストレッチとリラクゼーションの体操を

教えたのですが、ヒロミチ同様、張り切りました。


毎日、ダメなフォームを怒らなきゃいけない・・

ムサを指導するより、30倍は、楽しいひと時でした。


今夜の練習より
P8080358.jpg

ヒロミチ、いやに真剣な顔してマス・ボクシングの相手をしてます。

元・B級ライセンスのプロボクサーのヒロミチより、

ワンランク上の、元・A級プロボクサーのソーマさんが相手でした。

P8080355.jpg

ソーマさん、東京より帰省中なんで、指導方々、

我が家に顔をだして、都会での暮らしぶりの近況も聞きました。

働きながら、夜は専門学校に通い、資格取得の勉強中だとか。

プロボクサーの頃と同様、コツコツ頑張る努力家の姿勢。

好感を持ちますね!

猛暑。
暑中見舞い申し上げます。


記録的な水害のあと、新潟県内は暑い日が続いております。

私、胃腸は強くないんですが

(意外にも・・過去に胃潰瘍、十二指腸潰瘍をやってるんですよ。)

元来、夏バテ知らずなんです。


一日にアイスを何本も食べようが、

サイダーやコーラを何本、飲もうが!

かき氷を2杯ぐらい、大盛りで食べようが、全然平気ですし!

夏痩せするとか、体調がおかしくなる事は、まずありませんね。


女性の方に多い、クーラーの風がダメという、冷え性も、

私には、まったく関係ございません。

クーラー・エアコンが大好きで、節電が苦手な非国民でございます。


もう、30年前になりますが・・・

東京にて、エアコンなしのアパートに住んでいた大学生の頃は、

(6畳一間、風呂なし、トイレ共同、ミニキッチンあり)

小さな冷蔵庫を持っていたんですが、

その冷蔵庫の扉を開けて、そこに枕を入れて、寝る!

プラス、足元には、扇風機をフルパワーで!!

(冷したコカコーラの1リットルの瓶を、抱いて寝たこともあった)

これぞ、私流の熱帯夜・対策だったな~!

(東京の夏は、ホント、暑かった)


実は、公開してませんでしたが・・・

昨年、身近な方が、熱中症で亡くなるという事態に遭遇しました。

屋外作業時に気分が悪くなり、搬送中の救急車の中で、

お亡くなりになったのです。


夏の体調管理、甘くみてはいけません。


私は絶えず、ポケットに熱中飴をいくつか、入れてますし、

スポーツドリンクを2倍にして、薄めたモノを飲み、

まめに水分補給をしております。

そのほか、朝ご飯に、梅干し1個を食べる習慣にしております。


明日より、8月の第二週。

この暑さ、あと1ヵ月近く続くのでしょうね。


ネットやブログ、本などで、いろんな方の夏バテ対策、

試しにやってみるのも・・いいかも。


皆様も、お体、ご自愛下さい。


なお、お知らせです。

毎年、修道館は、お盆休みをとるのですが・・・

今年は、出掛ける予定もありませんし、

練習生の人数も少なくなりましたので、

「お休みはありません、通常通りです」



今朝、久々に、高田公園をゆっくりジョギングしました。
P8070354.jpg

ハスの花、きれいでしたね! ガラじゃないんですが、パチリと撮影!
P8070352.jpg
期待(!)&予感(?)
今春、大学を卒業し、就職したイイトモから久々に電話があった。

東京六大学、アマチュアボクシング界の名門、

法○大学を今春卒業し、某一流企業に就職したのです。


しかし、ホント「芸は身を助ける」の典型ですな~!

(ボクシングは引退です。)



さて、電話の内容は、知り合いの女性(彼女ではない)が、

ボクシングをやってみたいとのこと。

イイトモいわく、

「独身、しかも美人です。」

「彼氏はいないそうです!」

イイトモ、君、いい仕事するの~!

(笑)

まあ、会社での仕事振りは(?)、よくわからんがね。(苦笑)


「チャンスボ~ル!」

本来、私が張り切って、お迎えするところだが・・・

左腕の故障がひどく、女性のパンチすら、

受けられない状態なんですわ。


来週・月曜日の体験練習は、ヒロミチ・コーチに任せるかな!

そう言えば、ヒロミチ、最近、彼女と別れたんだとか・・・(秘)

意外な・・展開に発展したりしてな! 


なにせ、修道館16年間の歴史では・・・

練習生同士で結婚したカップルが、3組。

修道館主催の合コンで結婚したのが、2組。


不倫の駆け落ち、なんと1組。(苦笑)

(旅立つ前日に、挨拶に来たんだもんね)


その他、私の知らないところで、結ばれたカップルは??

私は把握してないが、けっこうあったらしい!


いいね~若いってことは。

いや、若者は、こうじゃなくちゃいかん。

昨夜の練習より
P8050348.jpg
時間。
一番多忙な人間が、一番多くの時間をもつ。

アレクサンドル・ビネ


明日はなんとかなると思う馬鹿者。

今日でさえ遅すぎるのだ。

賢者はもう昨日済ましている。

クーリー


ん~ん、まさしく、その通りだ。



昨夜、アキヒロ 練習に復帰。

超・多忙な中、常に、練習着一式を車に積む、その姿に感服。


最近、自分に甘い、ダメな奴になりかかってる。

反省の日々 by 館長

報告&お見舞い。
昨夜、ぷらりと道場に顔をだしてくれたのが・・・

修道館・創成期の代表選手だったカトーさん!


現在は、市内にあるスポーツセンターにて、

実戦空手の練習を続けているそうです。

フルコンタクト空手の老舗・極真空手の大会に出場し、

3位入賞されたので、その報告と!

「館長日記」を見て、私の腕の故障を心配してくれて、

古巣の道場・修道館を訪れてくれたのです。



☆7月30・31日に東京体育館で開催された、

新極真会・カラテドリームカップ2011の結果です。


シニア45才以上50才未満 軽量級
優 勝 澳本真也 高知支部
準優勝 角田好弘 栃木支部
第3位 加藤修一 新潟支部
第3位 新井秀明 神奈川東横浜支部


果物やスポーツドリンクの差し入れも、たくさん頂きました!


P8010380.jpg

カトーさんが在籍してたのは、もう10年以上前のこと。

忘れ物を取りに来た、善ちゃんも加わり、懐かしい話で、

盛り上がりました!


たくましい、マッチョな上半身も、変わってなかったね!


青春とは、人生のある期間を言うのではなく、

心の持ち方、有り様を指すという、この名言。


カトーさん、まさにこの言葉を実践されてます!

豪雨。
新潟県の三条市・長岡市近辺で甚大な被害をもたらした集中豪雨。

新聞やニュースを見ますと、改めて自然災害の怖さを実感しますね。

(謹んで、水害のお見舞い申し上げます。)


私の住む上越市は、ほとんど被害がなかったようですね。

(一部、浦川原地区で土砂災害があったそうですが)


毎年、梅雨時に報道される、九州・鹿児島地区の水害の様子。

空梅雨かな・・と思うと、遅れた時期に、

日本のどこかの地域に集中豪雨。


やはり、河川の水害対策、土砂崩れを防ぐ砂防ダムの建築など、

行政の計画的な対応が必要な国土なんですね。


そして、毎週のように報道されている震度5級の地震の群発。

改めて、「備えあれば憂いなし」

常日頃、心掛けて行くことですね。


地デジ期限・前日にテレビが到着し!

1ヵ月遅れで、火災報知機を買った私ですが・・・

(ずっと売り切れでした)

まあ、なんとかなるっしょ! の性格、直りそうもないな~!


さて、土曜日は、修道館の弟子1号のクライシ君や、

柏崎に転居したハブニイが、久々に顔を出しに来ました。

たわいもない世間話をしただけですがね。

そんなひと時だけ、道場をやっていて良かったなと実感しますね!

まあ、散々面倒みてやっても、プツリと縁を切っていく者も、

確かに多いんですがね。

(苦笑・・去る者、追わずです。)


あと数年すれば、2人の息子も、

家を出て自立していくことでしょう。


夫婦2人だけの生活となり、静かで、寂しい気持ちにひたるより、

老いたとはいえ、多少、格闘技と関わることにより・・・

そして、格闘技不毛の地、上越で新たな道を切り開いてきた、

パイオニア精神の財産が、多くの人との出会いとご縁ですね。

600人近い若者と出会ったご縁を大切に、

楽しく生きていけるような、そんな気がしますね。


さて、今日より8月。

神棚の水とサカキを変えて、新たな1ヵ月の準備をしますか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。