館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息抜き。
「息抜き」をすること、大切ですね。

「怠ける」こととは、違います。

人間が集中できる時間、まあ、勉強なら、50分かな。

50分・勉強、10分・休憩のリズム、守りましょう。


全力疾走なら、一番きつい競技が、400メートル走。

あまりダラダラ走っても、痩せる効果はあっても、

持久力はつきません。


まあ、これ以上やったら、マイナス効果。

限界点を迎えたなら、休みましょう。


私は、お風呂が好きなんで、息抜きは、風呂とビール。

これが、最高。


昨夜は、祭日なんで、練習は、遊びの要素を取り入れて・・・

外でサッカーをやりました。

4対4のサッカーです。

スタミナ・持久力養成には、サッカーがいいですね。


勝ったチームには、賞金を出しますよ!

コンビニで、一人・200円以内の商品ゲット。

負けチームは、アイスのガリガリ君。
P4290393.jpg
勝ち誇ります!


P4290394.jpg
ウノもやったよ。


P4290396.jpg
プレステもやりました。


毎日、ミット打ち・サンドバッグ・マス・スパーリング

確かに、積み重ねが大切だが・・こんな日も良い。

いい息抜きだったな。




今日は、中学生ボクサー・ダイチ&ショウタを連れて、

高○農業高校ボクシング部の練習に参加しました。

熱いT先生の元、いいチームになっていくでしょう!



夜は、次男の幼なじみ・Uジも連れて、

市内の温泉施設「門前の湯」に行きました。

私、先週から、腰に違和感があるので・・

温泉につかるのが、癒し&回復効果があるんです。

戦士の休息は、お風呂(温泉)とビール。

これで決まりです、私の場合はね!
スポンサーサイト
おにぎり。
私が、敬愛する心理学者・加藤諦三先生のお言葉に、

こんな一節があります。


「オニギリ一つで幸せだ」と言う人生が良い。

力を求めるのではなく、富を求めるのではなく、

成功を求めるのではなく、

オニギリ一つで幸せな人生を求めたい。


自らの人生の意味と価値を信じられなければ、

オニギリ一つで幸せにはなれない。

しかし自分を信じられなくても、富と力は獲得できる。

美味しいオニギリを作るために、

美味しいお米が何処のお店で買えるかを知っておくのは、

株で儲けることを知っているよりも、今の日本には大切なこと。


まがい物の光。それはメッキ。

それは苦悩した体験のない人の光。

苦悩するときが、竹の節目。

さらに上に伸びるか、これで死ぬか。

あなたはメッキか、本物か。

自分の中が空洞の人は、自分を信じられない。


どうです。

人間の本質、真実を語っていらしゃる、お言葉です。


「老後の蓄え」をインチキ投資話で大失敗。

こんな記事、なくなりませんよね。

世の中、うまい話なんてありません。

これは、まさに人間の本質、「欲」について言及してますね。

そう、我々は、欲について考え直し、考察しなければなりません。


ここでは、年金暮らしの蓄えを狙う詐欺師に関しては、
問題提起しません。
こっそり投資をして、大失敗したことのみに、言及します。


見せかけの幸せは、「欲」を追求した結果に過ぎず、

たとえ、裕福な生活をしていても、心は満たされないし、

何かの犠牲のもと、富を得ているのでしょう。

でもね、おにぎり1個で満足な人は、心に余裕があるから・・

家族との時間を大切にし、地域社会に溶け込み、

ボランティア活動にも参加できますね。


さて、どちらが、幸せでしょうか?


P4290392.jpg
昨日、J東中学の授業参観に行ってきました。

うちの道場に通う子、多いんでね。

授業風景、いっぱい見てきましたよ!

何を見たか?

目ですよ。 

人間の本質は、目でわかります。

授業中の、彼らの視線&目ぢからを観察すると、

集中してるか?

心から、話し合いに参加してるか?

一発でわかります。

格闘家の目は、ごまかせません。


弟子には、メッキじゃない、ホンモノの「こころ」を育て、

教えたいですね。


PS:おらおら系の服を着て、授業参観に行こうとしたら、

カミサンと長男に、もっと地味な服を着て行けと言われました。

あと、絶対、おれの学校の事業参観に来ないでくれと、

長男が言いました。

(苦笑)

よ~し、ハブニイと龍介とマイケルを連れて、

T農業高校の授業参観、巡回に行ってきます。

・・・警察と機動隊、来るんじゃない!

(笑)
胸キュン。
「胸がキュンとすることがあれば、人間それだけで生きていける」

この言葉、どこかで(?)、知りました。


先週までの、高田公園のお花見会場で、

ラブラブの若いカップル、たくさん見ました。

春は、恋の芽生える季節だからね。


胸キュンというのは、

デートの前の、ウキウキ・ドキドキ気分だけじゃないよ。


「僕の作ったカレーライス、家族みんな、喜んでくれるかな?」

「雑誌で見たラーメン屋、あのコッテリ、うまそ~!」

小さなことでも、胸がキュンとなるような感覚。

キュンとなる楽しみが、あれば、

その一日は、ハッピーになれるんだな。

逆を言えば、その楽しみが見つからない一日は、

どんよりした気分になる。


胸キュンは、心の満足のバロメーター。

心が満足している証拠だね。


積極的に、

「なんか、やってみよう!」

「こうやったら、もっといいことあるかもしれない。」


そんなエネルギーの元は、「胸キュン」だな。


そう言えば、最近、私、「胸キュン」してませんね。


まりちゃん
スズの胸キュンの人。

背伸び。
「身の丈に会った生き方をせよ。」


私が大学を卒業し、初めて就職した会社の社長や、

その姉さんが経理担当重役だったのだが、

まあ、口うるさく、小言を言われ、教育されましたね。


当時は、その説教がたまらなく、苦痛でした。

むかついて、何度も

「こんな会社、やめてやる」辛く感じた時があった。

トイレの壁にパンチを食らわせ、悔し涙を流したこともあった。


でも、不思議なんだが、仕事することは、苦痛ではなかったね。

ほんと、朝から夜9時まで、働き続けたのだが。

むしろ、充実感にあふれていたな。

職場の先輩に恵まれたし、

また、アメリカ人とカナダ人の同僚がいたのも、

「英会話がうまくなりたい」と言うモチベーションがあったからかな


まあ、長い人生のなか、趣味や異性との時間より、

仕事に対して、生きがい・張りあい を持つことも大切だと!

50歳にて、気づくこともある。


当時の社長さん、お姉さんと呼んでいた重役さん。

今に思えば、ホント、感謝しております。


怒られているうちが、華(はな)。

お小言を言われることは、むしろ、愛情なんですよ。

口うるさく、怒られて、私は、社会人として成長できました。


さあ、今日の館長日記、締めましょう。


わたし、H社長のお言葉に、逆らいました。

私、身の丈に合った生き方、しておりません。


ジャ~ン。 これだ。

P4270390.jpg
今まで使った携帯電話が壊れたので、スマートフォンに変えました。

使い方、よく、わかりましぇん?

今日、メールや、お電話いただいた方、すみません。

買ってから、12時間経ちましたが、よく返信できません。

全然、理解できんわ。


今夜の練習より
P4270388.jpg
トミー、今夜はヒロミチの強烈なボディ打ち、耐えきりました。

たいへん良く、できました。
おこづかい。
だいぶ前に、ラジオで聞いたお話し。


おこづかいは、お父さんお母さんの、「心をあげるんです」

子供にとって、お金が一番嬉しいのは、

「このお金を自分の世界に使いたい」

だから、おこづかいの意味があるんだそうだ。

でも親は心配。

お金の使い道が・・

携帯電話・大人っぽい派手な衣服・カラオケやゲーム。


おこずかい帳をつけさせたら、どうか。こんな親もいるでしょが。

何を使ったかチェックしたら、お母さんの安心・エゴでしかない。


説得力あるお話しでした。


子供が、何を買ったのか、ごく自然に言える家庭環境なら、

まあ、健康的な生活、送ってるのでしょうね。


うちの子の場合。

長男には、毎日200円あげてます。

何せ、授業は半分寝ていて、部活が中心の生活。

昼間、クラスメイトと飲むジュースと、

部活が終わったあと、コンビニで食うアイスが・・

彼の一番の幸せなんだそうだ。

洋服は、すべて道場生のおさがりで満足。

まあ、健康的かな。


くそマジメで、生徒会活動に熱心な、中学3年の次男が、

「おらおら系」と呼ばれる、不良の洋服を好むのが・・

おもしろい。

この洋服も、実は、道場生のおさがりなんですが。

一番のお気に入りは、ハブニイの会社の、おらおら系Tシャツと

カザママネージャーからもらった、

背中に龍の模様が入った、ヤ○ザジャージ。

P4020345.jpg
プロボクシング・日本スーパーバンタム級チャンピオン瀬藤さん

次が、7月の日本タイトル統一戦。

それに勝てば・・因縁のリターンマッチ、下田戦かな?

つまり、世界が・・見えてくるな〜。


頑張って下さい。

鬼の目に涙。
もろいね、私の涙腺。

年を重ねると、なおさらだ。

天国に召された、スーちゃん。

安らかにお眠り下さい。

テレビの画面で、あなたのメッセージのテープが流れ・・・

私、涙を流しました。

(そばにいた、長男に見られないように・・こっそり泣いた。)


ごめんなさい、私は、もろ、キャンディーズ世代なんですが、

特にファンというわけでは、ありません。


でもね、入院先で、命をふりしぼる、あなたの声を聞き、

私、胸が熱くなり・・気がつけば、涙がポロリ。


人を愛し、人に愛されることの、美しさ、素晴らしさ。

あなたの言葉にすべて、現われてますね。


ありがとう、そして、さようなら。

今日、あなたの大ファンになった50歳の男より。


笑いたければ、笑え。

つい、30分前まで、ボクサーやキックボクサーを怒鳴りつけ、

道場で、殴ったり、蹴ったりしてる男がさ。

テレビを見ながら、ボロボロ、涙、流すんだからね。



でもね、本当に感動しました。

女優・田中好子さんの告別式で流された、ラストメッセージ。


書くこと、別にあったんだけど・・変更しました。


(春の新作、Zしろう商店のお菓子に対する判定は、?)

(予告した「家族でお花見」のお題目は、別の機会に)


スーちゃん、天国でも、明るい声で歌ってね。

春一番、年下の男の子。


私でも、口ずさみたくなるほど、軽やかなメロディ。

本当に、いい歌だな。


安らかに・・いや、言葉にならない。


合掌。


PS:犬連れHさん、ご丁寧なコメントありがとうございます。
花が咲くのは、いつ?
先日、痛烈なノックアウト負けをしたプロボクサー、

元・世界チャンピオンの長谷川穂積選手の言葉です。

ある小冊子にコラムがありました。


紹介しましょう。


やりたいことに取り組むことは、実は簡単なことです。
自分なりに探してみて、興味がわいたら、
実際にやってみればいいのです。

もし、「あわない、一生やりたい事ではない」と感じたら、
また新しい事に何回でも挑戦したらいいのです。

だけど、「あわない」と「つらい」は違います。

どんな世界でも、つらいからやめようというのは、
ただの「負け」。

とにかく頑張ってみる。
いろいろ挑戦して、最後に、これで良かったといえるものに、
行き着いたら、それでいいんじゃないでしょうか。


長谷川さんも、プロボクサーになるテスト、プロテスト。

1回、落ちてるんですよね~。(意外ですね)

そして、デビューまもなく、敗戦。

挫折を数多く経験されてるんです。


深い言葉ですね。



ただ、一般論として、この「つらい」 「自分にはあわない」。

この線引き、非常に難しいです。

この判断を自分でくだすのが、難しいと感じたのなら、

やはり、一番親身になり、冷静な判断ができる

先輩・上司・かっての師など

その環境にいない、第三者に相談することです。


同じ環境にいる方は、社会人なら、利害関係が働くので、

(企業にとって利益をもたらす人間か、いなか)

(今の時代、即戦力が求められのでね、ある意味、可哀そうかな)


学校生活なら、基本のルール遵守が大原則なので、

本人にとって、いい判断かどうか??

学校の先生が決定すること、難しいと思います。

今の時代、かっての青春ドラマのような型やぶれの教師は・・・

存在しづらい環境なんでしょうね。


本来、幼少時よりの性格を把握する親に、
相談するのがいいんでしょうが・・・

親は、子供に、超・厳しいか、超・優しいか、両極端なんで、

冷静な判断、難しいと思います。



高田のお花見、昨日で終了でした。

一部、紹介しましょうかね。
P4240379.jpg
昨日、高田のお花見・最終日の写真です。

私の一番好きな、ポジション!角度です!



先週の日曜日、家族で夜桜を見てきました。
P4170369.jpg

P4170372.jpg

P4170374.jpg

この「家族でお花見」。

一つの問題提起です。

今夜か、明日にでも、論じましょう。
再開。
お休みしてました、「館長日記」。

目覚めの時を迎えました。


「目覚め」と言えば、一昨日、木曜日のこと。

夕方、午後6時過ぎでしょうか、1本の電話が鳴りました。

次男が電話をとったのですが。

「ハイ○○です・・えっ・・!」 

受話器を押さえながら、

「お父さん、フ○テレビの○○さんから、電話だよ。」

目をマンまるにして、次男は受話器を渡してきました。


自慢げに書くと、批判的なコメント、来るでしょうからね。

(苦笑)

事実だけ、サラっと教えましょう。


フ○テレビの早朝の番組「めざ○しテレビ」の、

担当ディレクターさんから、お電話を頂きましてね。

私が東日本大震災の被災地を訪れた事に関する、

お問い合わせと、ある依頼でした。

・・・・・

やっぱり、詳細は書くこと、やめましょう。

ここまで、書いて、なんだよ?

まあ、こう、お思いでしょうが。

やはり被災地を、実際見た者としては、筆舌しがたい現状に、

そう、言葉を失うほどの、まさに戦場のような光景が、

今でも、まぶたに浮かびますのでね。


ましてや、私が訪問した福島県双葉郡楢葉町が、

政府により、警戒地域に指定されたとなっては、なおさらです。

まあ、私が某テレビ局と接点があったことなど、どうでもいいのです。


あの学校に避難されている方々、また、移動されるのかしら。

辛い状況が続きますが、気をしっかり持ってくださいね。


私、ちょっと、今、第2弾の復興支援として計画していることが、

2つありましてね。

一つは、まだ、深く進行中なんで、お教えできません。

これは、私、一人では、なんともしがたいモノでしてね。

格闘技界を挙げて・・と申しましょうか。(秘)


もう一つは、石原軍団のように、大がかりにはいきませんが、

ずばり、「炊き出し」です。


避難生活の方々のお食事は、オニギリ・パンがメインだそうです。

あたたかいご飯と豚汁なんか、食べさせてあげたいな~。


私のカミサンの実家は兼業農家ですし、

修道館・マネージャーのカザマさんも、同じく、兼業農家。

おいしい、コシヒカリ。

お米は、なんとか、なりますので。


ただ、この警戒区域が発令されたので、状況を見守りながら、

検討したいと思います。



今日の練習後の昼食。
P4230376.jpg
午前8時半から、高○農業高校ボクシング部にて練習です。

転任されたS 先生に代わり、これまた、熱い顧問の先生!

マッチョなT 先生が率いる、高農軍団の練習に、

世界のパッキャオを目指す、中学3年生のダイチが

参加させていただきました。


午前10時半にて、高校での部活の練習が終了です。

しかし、我が修道館にとって、高農軍団の部活は、

準備運動・アップですな~。(苦笑)


自転車で5分ほど移動して、

さあ、午前11時より、地獄道場の幕開け。

(笑)

帰郷中のプロボクサー・リョウスケと私を相手に、

ガチンコのスパーリングです。


学校でやるマス・ボクシングとは違い、

あらゆる角度から、ビュンと飛んでくるプロのパンチ。

柔軟なディフェンス・テクニック。

リョウスケ、さすがです、芯には、当てさせません。


ムサシ・ふくちゃん・トミー・ダイチ、ほとんど!!

泣きっ面でしたな。


12時10分にすべてのメニューが終了。

館長お手製のカレーライスで昼食、そして解散です。
東日本大震災。
たいへん、お待たせいたしました。

東日本大震災で被災された方へ、当・修道館あてに送っていただき、

私が預からせていただきました支援物資と、

皆様の暖かい「こころ」を、昨日、届けて参りました。


ご報告させていただきます。


4月16日(土) こちら上越市は、あいにくの雨模様となりました。

朝9時半に、雨中の中、車2台に荷物を積み込み、出発しました。

(この積み込みは、我が弟子・リョウスケとダイチがお手伝いです。)

(リョウスケ・ダイチ、ありがとさん、雨のなか、助かったよ。)

輸送隊員は、私と、修道館の練習生・ハブニイ、

そして、引退したばかりのプロボクサーで、現在、修道館にて、

ボクシングのトレーナーをやっている、弟子のヒロミチ。

そして、人材派遣会社をやっているハブニイの会社の、

社員の深山さんです。

(深山さんは、3・4年前に、修道館に体験入門されたとか!)


今回伺った被災地・福島県双葉郡楢葉町の最大放射線量の数値が、

4月1日の時点で、下がったそうなんですが、

(それまでは、車での立ち入りは禁止だったそうです。)

ハブニイと私の仕事の都合上、なかなかスケジュールが合わず、

延び延びとなっておりました。


最初に向かったのは、福島県郡山市です。

(上越より約4時間ほどかかりました。)

ここで、ハブニイと同じ、原子力発電所内での工事請負会社の、

グローバルシステム?の松本社長と合流してまして、

すぐまた、高速道路に乗り、福島県いわき市に移動し、

いわきインターチェンジにて、松本社長のお知り合いの、

東京のサーフィン仲間の方と合流しました。


東京在住のサーフィン仲間からの支援物資を、

大型ワゴン車に乗せて、被災者の方に届けに来られた皆様と合流し、

一緒に向かった先は、福島県双葉郡楢葉町にある、

中央台南小学校内のある避難所と支援センターです。


実は、松本社長のお父様が、

この楢葉町の町議会議員をされてまして、

しかも、支援物資の受け入れ窓口をされているんです。


福島県楢葉町議会議員 松本喜一様
P4160349.jpg

P4170363.jpg

松本様のうしろに見える荷物が、

皆様からいただきました支援物資です。

実は、松本様のご自宅は、この大地震後の大津波で、

あとかたもなく流されたのだそうです。

家屋は、ガレキとなり、住宅の基礎しか残らなかったそうです。

松本様は、高台の上に避難されていたそうですが、

映画のワンシーンを見てるような感じで、目の前で、我が家が、

波に飲み込まれていく瞬間を見届けられたとおっしゃってました。


松本様は、町役場の職員の方々と、支援物資の受け入れ、

何か所かの避難所への分配をされていて、そして、

この中央台南小学校の体育館にて、寝泊まりされているそうです。


今回の輸送隊員です。
P4160351.jpg
ヒロミチ・わたし・松本様・ハブニイ

P4160353.jpg
ヒロミチ・深山さん・松本様・ハブニイ・松本社長

P4160347.jpg
我々、ボクサー&キックボクサー軍団とサーファー軍団、

そして松本社長。


皆様から、お預かりさせていただきました品々は、

直接、手渡すことはしなかったですが、

松本様をはじめ、町の職員の方から、

各避難所に間違いなく届けていただきます。



さて、わたくし、戦後生まれなので、焼け野原とか、

戦場の光景は知りません。


6年前の中越地震の時も、

弟子だった、小千谷中学校教師・カノウ君あてに、

家族4人で、車にて支援物資を届けに行きました。

この時も、自然のちからは、凄いな?と思いましたが。


しかし、今回、生まれて初めて・・・

こんな凄まじい光景を目の前にしました。


本来、いわき市・楢葉町の海岸沿いの被災地に、

一般車両は入れません。

特にひどかったのが、小名浜と呼ばれる地域です。

今も、行方不明者を探す方。

我が家の思い出の品を探しに戻る方のみ、通行を許可されてます。

私たちは、松本社長がご一緒だったので、通行できた次第です。


これは報道されてませんね。

中国人窃盗団が、ケー○デンキ、ヤマ○デンキの店舗内の

電化製品を根こそぎ、盗んで行ったこと。

とにかく治安は、悪いんだそうです。



それにしても、戦場のような光景を見て、言葉を失いました。

まさしく、凄まじいのひと言です。

本来、私が写真を撮っていいのだろうか?

今も、ご遺体が、埋まっているかも知れない土地に、足を踏み入れ

興味本位でカメラを撮ることに、ためらいがありましたが・・・


松本様が、「皆さんにお伝え下さい」と言ってくださり、

何枚かカメラにおさめました。

ご覧下さい。


P4160355.jpg

P4160358.jpg

P4160360.jpg

P4160361.jpg

P4160362.jpg


福島県いわき市から、双葉郡楢葉町を通って来ました。

特に小名浜港付近が、津波で、町ごとガレキになっていました。

家の形が残っている風景は、ありません。


陸に上がった船も見ました。

防潮堤のコンクリートが粉々になっているのも目の前にしました。

新築の銀行が、建物が完全崩壊してるのに、

大金庫だけ残っているのも見ました。


いくつかの町内ごと、完全にガレキになっている凄まじさ。

道路には、がれきが山となっているので、

やっと車1台が通れるだけ。


ご遺体を探されているのか、思い出の品を探されているのか・・・

すれ違う車も数少ないですが、数人に会いました。


ガレキの山を通り抜ける時、車の中で、

私とヒロミチは、数秒間、両手を合わせ、お祈りをしました。


さて、これにて、今回の支援物資を送り届けたことの報告を、

終わらせていただきます。



自らの会社が、福島第一原発のまん前にあるので、

会社ごと避難されている、グローバルシステム?の松本社長。


ご自宅をなくされているのに、支援活動のリーダーとして

日夜、活動されている楢葉町議会議員 松本喜一様。

ありがとうございました。


そして、何より、支援物資を送って下さった皆様、

本当にありがとうございました。


修道館の道場生および、ご家族の方々。

修道館の卒業生の方々。


そして、このブログにて、支援物資のことを知り、

こころ温まる支援物資を送って下さった方々。

重ねがさね、御礼申し上げます。


御礼のため、本来、このブログに、お名前を記すべきところですが、

プライバシーの問題もあり、この御礼の文章のみにさせて頂きます。


修道館の関係者以外の方には、のちほど写真と共に

文書にて、報告させていただきます。


これは小さな一歩にすぎません。

家を失くし、家族を失い、職場も奪われた被災者の方々は

懸命に立ち上がろうとしています。


節電や、買占めをやめること、募金など・・・

ほんの小さな気持ちでも、

みんなが力を出し合えば、大きな流れとなります。


がんばろう・ニッポン!

立ち上がれ、東北!


さて、最後になりましたが、

この大地震で大きな被害を受けた福島県いわき市の方々。

福島県双葉郡楢葉町の方々。

そして、特に、私が車で通ってきた海岸地域にて、

多くの方々の命が、津波で奪われたそうです。

この方々のご冥福を祈り、そして喪に服する形で、

このブログ「館長日記」は、もう1週間、お休みいたします。


来週より、再開の予定です。


平成23年4月17日  格闘技道場 修道館 館長
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。