館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
背中。
「男は、背中で語る。」

・・・なんて・・・演歌調のようだが。

あながち、間違っていないかな。

特に、父親は、我が子に、背中を見せなくてはいけない。

男の子は、父親の歩んでいく、後姿を自然に追っていくからな。

私には、中学1年と3年の倅がいるのだが

いまだ、自信を持って、背中で語るほどではない。

だから、口うるさく、ガーガー言うだけの、ダメオヤジだな。

ところ変わって・・・

修道館での私は、かっての技の貯金で

かろうじて、胸を貸すことができるが・・・。

しかし・・・

まだまだ若い奴には、絶対負けないって、ずっと思っていたんだが

いつのまにやら、50近くになり、

初老の瀬戸際を迎える、昨今は、正直、きついんだな~。

毎日、毎日が真剣勝負。 

背中は、うそをつけない。
001_20090630215906.jpg
フクとユウキ・コーチ。

スポンサーサイト
ここぞ って時に・・・出るのが、スター。
私は、ゴルフは、やらないんだな。

正確には、やったことはあるんだが・・・

(2回、コースに出たこともある。)

どうも、このスポーツは好きになれなくて、とっくにやめてしまった。

しかしだな・・・

昨夜のスポーツニュースを見ていたら・・・

あの、ハニカミ王子 こと、石川リョウ君、凄かったね~。

(だからといって、ゴルフを始めるわけじゃ~ないけどね。)

2位に5打差があったのに、12番(パー4)で痛恨のミスショット連発。

もうリードがなくなり、2位の2人に並ばれた。

並みの選手なら、ここで乱れて、ジ・エンド なんだろうが。

そう、精神的にもろい、プレッシャーに弱い選手は、ここで沈む。

しかし、ハニカミ王子は、ここからが凄い。

16番(パー5)だ。

第3打の・・・起死回生のチップインイーグル。

ここが・・勝負だ。 って・・ところで、やってくれる。

見事、優勝。 17歳で全英オープン出場も決めた。

いや~・・・・お見事!!

石川遼

ここぞ!って時に、決めてくれる奴って・・・やっぱ、サイコ~♪

そんな、ボクサー・キックボクサーを、育てたいんだけどな。

理想と現実は・・・・。 難しいな~。
速報。
今日、東京・後楽園ホールでおこなわれた、アマチュアボクシング

関東大学リーグ(1部リーグ)の会場から、連絡が来た。

私は、ちょうど、その頃、山の秘湯に出かけていたんだが。

最近は、電波塔が増えたせいか・・・

携帯電話の受信状態は、山奥でもOKなんだな!

さて、試合を終えたばかりの、H大学のイイトモから

そう、息がはずんでいる様子は、まさに試合直後かな?

「全日本チャンピオンの、T大学のS選手とやりました。」

「ダウンをとったけど、逆転負けでした、すみませんっす。」

のちほど、本人から、このHPか、ブログにコメントがあるだろう。

(HPの掲示板に書き込みがあります!)

しかし、見たかったな~・・・。

後楽園ホール、行きたかったな~・・・。(泣き)

(秘)事情があって、自粛しているんでね、今は。

いい暴れっぷりだったようだな。

まずは、お疲れさん。 

今頃は、焼き肉とチューハイだろうな~♪
20060605222845.jpg
お~、わけぇな・・・。

これは、もう3年前かな。 高校3年生のイイトモ。

少年ライト級・国体5位(ベスト8)が、この年のベストだった。
西洋医学も、東洋医学も・・・ダメ。 
最近、悩みの種は尽きないんだが・・・

大きな種は、ともかく・・・(秘)

小さな種が、たまらなくなってきた。

最近の体調不良を書きしるしたかと思うんだが・・・。

左ひじ痛が原因かと思うが、

左手の指が、急に突っ張った様になったり、

痙攣をおこしたかのような痛みと、ふるえる症状が出る。

時には、まったく拳が握れない状態になった事もある。

そして、右膝。

普段はなんともないし、歩いたり、走るのも、全然問題ない。

しかし・・・右膝を手で軽く押したり、

何かに触ったりすると、激痛が走るのだ。

これも、何度も医者に相談しても、進展がないんだな。

・・・・・・・・・・・・

今日は、天気も良かったし、30度を越す猛暑。

定期テストが終わり、水泳部の部活を終えた兄弟と

先月より、土日休みの職場に変わった、カミサンと共に

暑い、下界を脱出!

お昼より、家から車で1時間の・・妙高山の中腹にある、

(たぶん、標高1000メートルを超えるところだと思う。)

燕温泉・無料の露天風呂 「黄金の湯」「川原の湯」

ここまで、湯治、つまり、温泉治療に行ってきたのだ。

お風呂の中で、なんども自分でマッサージ。

夕方まで過ごしたが、肘は??あまり効果は感じられない。

しかし、右膝は、心なしか、楽になったかと思う。

004_20090627202838.jpg
こちらは、燕温泉・ホテル花文の足湯です。
グッバイ、マイケル。
昭和のスーパースター、美空ひばりさん、石原裕次郎さんの

追悼記念イベントのお知らせやら、ニュースを

最近、テレビで、ちらっと見たが

この2人は、日本人の昭和世代にとって、

まさに、偉大なスターだったのだろうが・・・。

(確かに、テレビ番組・「太陽にほえろ」は、毎週必ず見ていました)

あまり、ピンとこないな、私の世代は。

しかし・・・今日一番のニュース、「マイケル・ジャクソン死亡」

これには、びっくり、驚いたな。

世界のスーパースターだった。

マイケル50歳、私は48歳。

まさに、私は、リアルタイムで、あの名曲と共に

青春を過ごしたね。

「スリラー」なんか、もう、カセットテープがすり切れるほど

ラジカセで聞いた。

こんな人は、40代の中年の方に多いんじゃないかな。

この、カセット・テープや、ラジカセ、ウォークマンって言葉自体が

現代では、もはや、死語なんだろうな~。

あのマイケル・ジャクソンの切れのある、ダンス!!

(あのリズム、欲しいな~・・・)(格闘技に)(苦笑)

・・・・・・・・・・・

かって、映画俳優、アクションスター、そして

東洋人初のハリウッド・スター ブルース・リーも、

その老いていく姿をファンに見せずに、逝ってしまった。

「レジェンド」・・・そう、 マイケルも伝説となるんであろうな。

昨夜の練習より
002_20090627052639.jpg
子供同士のスパーリングは、安全面に細心の注意をしておこなう。

001_20090627052731.jpg
順番待ち=声を出して、応援&アドバイスする。
プレッシャー
人生を賭けて、司法試験など、超難関の国家試験験・合格を
目指している方は、

その合否によって、まさに、天国と地獄。

自分の将来が決まってしまうから、
そのプレッシャーは、凄いんだろうな。

20歳ぐらいの頃に、オートバイの転倒事故によって
車いすの生活を一生送らなければならない・・・

私には、そんな大学の後輩がいたんだな。

(もう10年以上会っていないんだが)

そんな彼は、絶望の淵から、はい上がり・・・

その超難関の司法試験を目指し、猛勉強。

何度目の挑戦かは、忘れたが、

見事、30歳ぐらいで合格して、弁護士になったそうだ。

元々、頭がいいと子供の頃から育ってきた奴だが
立派な体格もしてて、スポーツマンだった。

そこに・・突然、不慮の交通事故。

しかし・・生きていくには・・・と、考えた末の、目指す方向。

まずは、自立したい。

周囲の人の期待にも答えたい。
金銭的にも、またいろんな意味で、家族や周囲に
苦労を掛けてきたという、感謝の気持ちもあっただろう。

まさに、毎回、もの凄い、プレッシャーがかかっていたのだろうな。

私は、そんな難しい試験は、受けたことはないんだが。

多くの受験生が本番の試験において、

なんとも言えない、プレッシャーを感じることでしょう。

また、試験に限らず、スポーツ選手の試合や音楽コンクール。

いや、単に、人前で、話すことすら・・・

緊張でプレッシャーが・・・。

こんな人もいるだろう。

「本番に弱い」という人がいますが、

どうしたら??いいのか??

ん~ん・・・ここまで書きあげていたが・・・

結論は、でない。(汗)

やはり、自分で殻を破るしかないかな。
001_20090626051320.jpg
ねぇ~、○〇君。

昨夜も、いい動きだ・・・練習ではね。(苦笑)
セブン・イレブン
朝から、晩まで。 

一日中 を表す英語は、<all day> かな。

プロ・キックボクサーの、龍介の一日は、長い。

建設現場での、とび職としての仕事が、朝から夕方まで。

残業がなければ、仕事を終えて、2番目への移動。

つまり、修道館での練習が、午後7時から9時。

ここで終わりではない。

うちで、ちょっとオヤツを食べて、エネルギーを補給したら

フィットネスクラブへ、3番目への移動。

ここで、マシンによる走りこみと、ウェイト・トレーニングをたっぷり。

終了するのが、11時頃だそうだ。

これが、ほぼ毎日ですよ。 日曜日を除いて。

・・・・・・・・・・・・・

日本中、どこにでもある、コンビニエンス・ストア。

今は、24時間営業がコンビニの代名詞だが。

セブンイレブンは、当初 

(日本での1号店は、1974年・東京都江東区・豊洲店だそうです。)

その名の通り、朝7時(セブン)から、夜11時(イレブン)までの営業を

表しているんじゃなかったかな。

そう、その初期の、セブンイレブンのごとく

朝から晩まで、1日中、体を動かしている、龍介。

「若いな~!」 なんて、ひとことで軽く表現できないほど、タフな奴。

とてもじゃないが、並みの人には、マネできない。

もちろん、私も、100% 不可能です。

001_20090625060143.jpg
昨夜のターミネーター、いや、タフマン。 

この根気強さ、やる気、そして努力の量。 

私は、これも才能だと思うな。
初体験。
本日、今年初めて、蚊に刺された、私。

本日、生まれて、初めて、キックの練習をした、シュン。
001_20090623234045.jpg
(まだ、ロボットのようなキックだが。)(苦笑)

(さすが、運動神経がいいな、シュンは。)

(ダメージを受ける恐怖感。これと、うまくつきあえたら本物になるな)

初めて・・・ってのは、体に、こたえる。

しかも、深い眠気が私を誘う。

だから、本日はこれまで。

今夜は、撤退開始。

ベッドに逃げ帰り、明日の戦闘に備える。
試合決定。
昨夜、東京在住のイイトモから、連絡が来た。

今週末のアマチュアボクシング・関東大学リーグ戦出場の
お知らせだ。

昨年11月の全日本選手権以来の試合となるな。

所属するH政大学は、大学1部リーグでは、苦戦続きだが

まあ、母校のためとか、なんかは考えず

ポイント取ることも・・・深く考えず

そう、勝ち負けなんか、すら、考えず

後楽園ホールの、まばゆいリングの上で

思いっきり、爆発してこい と、メールで激励しておいた。

ちょうど、ほぼ1年前は、上京して観戦したんだな~。

残念ながら、今年は行けないのだ。

2 054
これは、昨年6月28日の後楽園ホールでの画像。

左より、応援に来た、OBのケンタ・カツ。

そして、H政大学アマボクサーのイイトモ。

一番右は、近々プロテストを受ける(?)だろう、

アマボクサーのヨナイ。

懐かしいメンバーだな。

(試合観戦後に、皆で「餃子の王将」に行き、飯を食ったな~♪)

あっというまに・・1年は、早いな~。

アマチュアボクシング・最高峰の戦いと言われるのが

この関東大学リーグ戦(1部リーグ)。

アマチュアでは、メジャーな大会である、全日本選手権や、

国体よりも、さらにハイレベルなファイトと言われる。

イイトモの暴れっぷりに期待しよう。
水を飲む。
こちら上越は、ここのところ暑い日が続いている。

土曜日が、最高気温31.5度の真夏日。

昨日も、30度。

暑い時期、やっぱり飲みたくなるのが、炭酸だな。

コカコーラ、サイダー、ファンタ。

リボンシトロンなんてのもあったな。

昔は500ミリリットルのコカコーラ・ホームサイズなんてのもあったが

あれは、子供の頃は、もの凄く、でかく感じたのだがな~。

今は、普通に500ぐらいは、一気飲みしちゃうからね。

そう、サンゴー缶と言われる、350mlじゃ、もの足りないからね~。

うちは、私専用の冷蔵庫が、2階の寝室にあるんだが(ちょっと自慢)

(高級なワイン、シャンペンなんか、ありまへん。)

夜の練習後の、唯一の自分へのご褒美!

コーラやサイダー、ジュースが、ゴロゴロ入っているんだな。

しかし、格闘技の指導者が、こんな生活じゃ、いかんね。

これは、ある人に聞いたんだが・・・

(実は、修道館・第一号の練習生、K君に聞いたんだな)

1日に水を、1.5~2リットル飲む、健康法があるそうだ。

整腸作用によって肌が美しくなるとか、体内の老廃物を排泄し、

血がサラサラになり、動脈硬化を予防するんだそうだな。

ネットで調べても、いろいろ書かれている。

これを始めたんですよ。

ビール2リットルなら、うれしいが・・・

お水を2リットル飲むのは、なかなか・・きつい。

まあ、あまり無理しないで、のどが乾いた時は、

冷蔵庫でキンキンに冷やした、お水を

つとめて飲むように心がけています。
001_20090622222415.jpg
飲んでいるのは、水道水ではなく、

近所のスーパーマーケットで無料で配られてる、

「純水」という名のお水です。

001_20090622223651.jpg
今夜の練習より

ひさびさの練習となった、フク。

ヘロヘロになりながらも、必死に頑張る。

体力がだいぶ落ちているので、1時間だけの練習で、あがらせた。

期待の星は、じっくり育てる。
変化、引き出し。
私はどちらかと言うと、「直球勝負」の王道的な戦法が好き。

いわゆる、正面からぶつかる、正攻法だな。

つまり、テクに走る、「変化球でかわす」 戦法は好きじゃない。

でもね、時として

「押してもダメなら、引いてみな」

「急がば、回れ」

いやいや、こんなんじゃない。

言いたいことが、適切な表現にならないのが、心苦しい。

戦(いくさ)に勝つには、ひとつの事に、こだわってはいけないな。

つまり、選択肢は、一つではないし

正解も、一つではないし

攻略法も、一つではない。

どなただったか?忘れしてしまったが

有名な実業家の方の言葉を思い出す。

チェンジ=CHANGE=変化  

この言葉を、ひと文字変えるだけで、この言葉になる。

それは

チャンス=CHANCE=チャンス なんだな。

変化を恐れず、チャレンジすると、チャンスが来る。

とても好きな言葉だ。

正攻法だけじゃ、ダメな時もあるからな、世の中には。

これがダメなら、あれもある。

つまり、引き出しが多いってことも、大切だな。
kensin.jpg
戦国時代・最強の武将: 上杉謙信

軍神、いくさの神様と人は言い、我ら、故郷の誇りです。
晴れてる天気と晴れない心。
今年は、カラ梅雨かな?

こちら新潟は、梅雨入り宣言したはずだが、ほとんど雨が降らない。

001_20090620134724.jpg
<今日も、いい天気。 ここは、上越市の市営・陸上競技場です。>

雨の日なら、もっと気分が滅入るのだろうな~・・・。

最近、右膝の具合が悪く (半月板損傷・半月板内の筋肉の炎症)

それに加え、いつ? なったのか、やられたのか?

わからないのだが・・・

(ディフェンス技術に優れる、私には、)
(うちの選手じゃ、なかなかパンチや、キックは当てられない)

たぶん、アバラ骨にヒビがはいっているのだろう、

胸がシクシク、かなり痛む。

また、事情があり、

ちょっと今は、気分が晴れる、心理状態ではないのだな。

そんな時、弟子の活躍だけが、

私の心の・・・暗い奥底に、

灯を当ててくれるのだがな。

本当です、これだけが、唯一の、そして、無上の、私の楽しみ。

しかし、世の中、甘くない。

地元の一番弟子は、勝って当然の試合を落とし、まさかの予選敗退。

その高校生ボクサーの後継者だと、名指しをした、中学生ボクサーは

病気で、長期(10日間)のお休み。

唯一の現役プロボクサーも、怪我で、新人王トーナメント欠場。

うちのプロキックボクサーは、試合のオファーが来ず、イライラ。

ほか、東京在住の、2人の大学・アマボクサーは、??

こちらも、試合出場は、ないようだな。

音信不通の、女子プロボクサーも・・・引退したのかな?

いかんな~・・・(わたし)

晴れない心を、他人のせいにしては、いけないな。

皆は、それぞれ、ベストを尽くしての結果なのだから。

早く、梅雨明け宣言したいものだ。

私と弟子の心中は。

・・・・小言と愚痴の、館長日記なり~。

嫌だね~・・・・

→ あ~ぁ~、いやんなっちゃった、あ~ぁ~驚いた~♪ BY 牧伸二  

こりゃ~また、古い!

なんで・・また? こんな歌(たしか、歌謡漫談だな)を??

そんなこと言ったって、頭に思いついたまま、書いてるからね。

このブログは。

昨日、ドジをした、長男に、

「ざまぁ~味噌漬け、たくわん、ぼりぼり。」

こう言ったんだが・・・??

まったく反応しなかったな、彼は?

「ざま~みろ」 これを、「ざま~味噌・・・」

言いませんかね??

これって方言??

それとも、単に、私がジジイなだけ??

チャンチャン。
連帯感
昨日のテーマが「連帯責任」。

事件があった後の、処分の一環として使われ

重苦しい言葉になってしまう。

本来、「連帯」は、いいイメージで使われる言葉。

人と協力して何かを成し遂げる。

人と協力して1+1=2以上の力を出す。

こんな事が、連帯、連帯感という本質なんだから。

団体競技・チームプレーとは違う、格闘技の世界なんだが

いや、どんな競技だろうと、この連帯感こそが

目指す、頂点へのキーワードかな~。

その目的が、

あくなき強さへの追求、

より速く、より遠く つまりタイムや記録への挑戦。

または、技術や芸術の精度をレベルアップする・・・などなど。

一人での練習やマンツーマンでのトレーニングでは

どうしても限界がある。

・・・・・・・・・・・・

一般社会において、組織で働く者は

連帯感や達成感が、働くモチベーションとなることがベストだな。

連帯。

この言葉は良いイメージで使いたい、言葉だな。

003_20090620054600.jpg
リョウスケVSシュン&ウエキ

リョウスケは、身長・リーチ差の克服が課題。

この2人は、いいパートナーだ。

シュン&ウエキは、リョウスケから

単純な「殴る動作」ではなく、「パンチの本質」を学ぶ。

3人は、互いに、相乗効果が期待できる、良き練習となった。

002_20090620055026.jpg
体験練習のヤマキ君。

(自衛官です)

この構えで、わかるように・・なかなか筋がいい。

速いパンチには、目をつぶっちゃうが。(苦笑)

こんなのは、慣れだね! ドンマイ!
連帯責任
「連帯責任」

この言葉を聞いて・・・!!

ピンときた人は、多いんじゃないかな。

そう、「大阪の、ある大学のボクシング部員が強盗をして逮捕された」

この事件のことだ。

今日、大学では、ボクシング部を廃部する決定がされたそうだ。

この大学は、アマチュアボクシングでは、関西の名門大学で、

毎年、スポーツ推薦で、全国から進学してくるそうなんだが

(ほとんどの部員が合宿所での寮生活なんだそうだ。)

事件を起こした、2名以外の、部員の心中を思いやると

非常に複雑だな。

このところ、大学の運動部の部員の不祥事が続くので

厳しい措置をとらざるを得なかったのだろうが・・・。

たぶん、ネット上では、この事件の報道に関し、

廃部の措置には、賛否両論の書き込みが乱れ飛んでいることだろう

高校野球では、「部員の不祥事で、甲子園出場辞退。」

こんなことが、よくあるんだが

この出場辞退と、廃部となって大学4年間を棒にふるのでは

意味合いが、かなり違うな。

1回だけ自粛するのと、もう先がないのとでは

その絶望感の度合が異なる。

夢や目標を持って、取り組んでいた者が・・・

すべてを失ってしまう、むなしさ。

人ごとながら、本当にひどい・・・そして悲しい事件だな。
復活。
リョウスケ、復活。
001_20090617225200.jpg
ファイターは、多く語らなくていい。

リングの上で、証明すればいいだけ。

彼の瞳は、もう、「次」を見据えている。

ぐんぐん、調子を上げてきたな。

いざ、本番で・・・でるか? ・・・だな。(苦笑)
天然。
002_20090616214825.jpg
今朝、高田公園を走っていたら、お散歩中のアヒルと会った。

餌付けされているからか、ずいぶん人なつこい。

まったく、人を怖がらないところを見ると、

やはり、誰かがパンか、何か、餌をあげているのだろう。

私は、人に、媚びる動物は、どうも好かない。

・・・・・・・・・

何かの雑誌か、漫画に書いてあったのだが

お魚で、天然モノのブリは、

体中、傷だらけで、ちょっと汚れた感じなんだそうだ。

これこそが、天然モノの証拠。

エサを求めて、荒海を泳いでいるからだ。

そのかわり、見てくれは悪いが、身はしまって、おいしい。

そして、お魚ながら、精悍な顔をしているそうだ。

それに比べ、養殖のブリは、内海を仕切って作った、池すの中で、

イワシやサンマをミンチにした餌を、たっぷり与えられているから、

脂肪太りして、まぬけな面をしているそうだ。

・・・養殖のブリは、楽な生活だろう。

何の苦労しなくとも、餌に、ありつける。

だが、天然のブリは、そんなわけにはいかない。

体が傷つきながらも、天敵に勝ち、自分でエサを探し求めて

荒海の中を突き進むしかない。

(私は、ブリの照り焼きは、大好きなんだが・・)

(天然?養殖? 口に入れば、なんだっていいがね♪)(苦笑)

でも、男ってのは、やっぱり、天然のブリにならなきゃいけないな。

辛くとも、自分でエサを探して生きて行く。

傷だらけになってもだな。

今夜の練習より
003_20090616225705.jpg
うちの練習生は、養殖モノじゃないよ。

みんな、天然モノだよ!!

基本をしっかりやったら、自分で技を磨くのが、王道なり。
私だけかしら?
今、是非、行ってみたい。

ライブで体感したい。

こんなのが、2つある。

一つは、昨日、カムバックした、プロボクサー・坂田選手(協栄ジム)の

世界タイトルマッチ。

こちらは、年内に実現しそうかな。

そして、もう一つは、ピアニスト・辻井さんのコンサート。

盲目の天才ピアニスト 辻井伸行さん。 

もう、先週は、どのメディアでも、この話題で凄かったな。

心を揺さぶる音色と言うのは、まさに、これだな。

彼の演奏は、手先のなめらかさかを見るだけでも、感動だな。

しかし、この辻井さんの、一連の報道で、不快なシーンがあった。

それは、女性のインタビュアーが

「もし、目が見えたら、何を見たいですか?」

この質問だ。

全盲の彼に、この発言は不謹慎すぎる。

辻井さんは、ピュアな心で、「両親の顔が見たい」

こう、答えていたが。

辻井さんが幼き頃に、同様の発言をしたことを

父親が思い出されて、涙を流されたいたシーンも

テレビで流されていたな。

猛省が必要だな、この女性インタビュアーは。

コンクールで優勝した時の、父親の一言が、印象的だった。

「これで、なんとか、一人で生きていける・・道が見えてきた。」

親は、先に老いていくもの。

子を思う、親心に・・ぐっときた。

マイブーム。
私は、飲み物では、ビールが一番好きだが、

(でも、毎日飲まなくとも、OK。)

(そんなに、たくさん・・飲まないですし。)

あとは、サイダー、コーラ、ファンタ、オロナミンCなど、

とにかく、シュワシュワ♪ 炭酸が好き。

だけど、最近、はまってるのが、これ。
001_20090614195119.jpg
バヤリース マンゴー というジュース。

(炭酸入りでは、ありません。)

昔からある、オレンジジュース、バヤリース・オレンジの姉妹品だな。

これが、なんと言うか、フルーツの缶詰の汁みたいな

微妙な味なんだが・・・

私は、今、はまっている。

癖になってしまう味なんだな。
反発。
「世の中、学歴なんかじゃ~ないっすよ。」

・・・と、東大卒の奴が言う。

(おめぇ~、いやみだな~)

「男は、外見じゃないっすよ、やっぱ、なかみでしょ。」

・・・と坂口賢二や、福山雅治が言う。

(おめぇらに言われたくね~よ、俺ら、どうなるの?)

あ~嫌だね~、いじけちゃうわな。

なんか、すねてる、週末のジジイ。(私。)

001_20090613211509.jpg
昨夜の練習より 修道館のイケメン1号 シュン。

003_20090613211619.jpg
今夜の自主トレより イケメン2号 ショウタロウ。

シュンやショウタロウは、背も高いし、顔もいいし

公務員で安定してるし(シュン)、

大学も出て、手に職あるし(ショウタロウ)

さぞかし、モテモテだろうな。

いじけ虫の、今宵は、ふけていく。

チャンチャン。
お気に入り。
001_20090612142934.jpg
ここは・・・? どこ?

答え。

ここは、お花見会場で有名な、上越市の高田公園にある

コンクリート製のすべり台なのだ。

次男の足の両サイドに見えるのが、丸いトンネルのような穴。

私は、この穴が好きでね!

私が小学生の頃、この公園は、ちょうど通学路にあるんで

学校の帰りに、よく友達とこの穴の中に入り、

何をするってわけじゃないんだが・・・

なんか、お話ししたり・・・

すぐ近くに駄菓子屋があって

(確か、タカナミと言ったな、陸上競技場の脇にあった)

(パン屋とお菓子とジュースを売っている、小さな、お店だった)

(13年ほど前に、なくなってしまった・・懐かしい、お店屋さん)

そこで、10円のベビースター・ラーメンを買って、

時に、ボリボリ食べながら、過ごしたこともある。

ハハハ・・・懐かしいな、ちょっとした秘密基地だったね。

まだあるのが、うれしいよ。

今は、この穴に入っていると・・・?

変なオジサン、いや、ホームレスか?って思われるから

さすがに、入らないがね。

たまに、朝、走っている時、このすべり台にのぼって

ふっと・・・もの思いにふけることもある。

たまにだけどね。

あ~・・・あの頃に帰りたい。

なんの、しがらみもなく、毎日、無邪気だった、あの頃に。

・・・なんてね。(苦笑)
パチンコとバッテリー。
パチンコ。

私は、やらないんだな。

そう、私は、賭け事・ギャンブルは、一切やらない。

(ただし、宝くじは買いますが。)

なぜなら、私の人生が、すなわち、ギャンブルだからね。(苦笑)

ここで言う、パチンコとは・・・

子供のおもちゃの、

ゴムに小さな石をセットして、それを引っ張って

遠くの鳥なんかを撃ち落とす、あれだ!

このパチンコ。

力をこめて、ゴムを引っ張り、エネルギーを貯める。

手をはなすことにより、エネルギーを解放して、

その反動で、推進力を得る。

飛躍してしまうが、人生や修行というのは、

このパチンコに似ている。

逆境やどん底、苦労や、つらい経験。

これは、顔をゆがませながら、ぐぐっと、力を入れて

パチンコのゴムを、手前に引っ張っているのと同じ。

この状態が、どん底まで落ち込んだ、人間の心理だと仮定する。

さあ、パチンコのゴムをつかんだ、手をはなすと、どうなるか?

グンと大空に向かって、ピューンと飛んでいく。

つまりだな、より、遠くに飛ぶには

ぐっと力をためる、そんな時が必要なんだな。

逆境や辛いことを知った人間は、

グンと伸びる可能性を秘めている。

そして、バッテリー。

これは、車のエンジンにある、バッテリーのこと。

バッテリーは、車が走ることによって、充電されている。

つまり走り続ければ、バッテリーには

自動的にエネルギーがためられるということ。

何を言いたいか、もうお分かりだね。

そう、止まってはいけない。

苦しくとも、走り続けること。

以上、パチンコとバッテリーから、話が飛躍したが

私は、そう思うんだな。
002_20090611223040.jpg
今夜のこの二人も、身を持って、辛い苦境を味わっている。

だから、強いんだよ。

けっして、うまくはないんだがね。

強いよ。
元気がない(?)
先週土曜日に、サッカー日本代表チームが、

南アフリカでのワールドカップ出場を決めた。

それはいいとして・・?

前回、4年前のジーコ・ジャパンが、

ドイツ・ワールドカップを決めた時は

田舎はともかく、都会の町中には、

ジャパンの青いTシャツを着た若者であふれ

(ほっぺに、日の丸の旗をペイントしたのも、流行ったな。)

東京の繁華街では、たしか、一晩中、若者が騒いで

お祭りさわぎになったような、そんな感じだったはず。

しかし、今回は、比較的、静かだったように感じる。

あれから4年。

どうしたんだろう?

不況のニッポン。

盛りあがらないのが・・・暗い世相を表す。

001_20090611051757.jpg
自衛官のウエキ君。

やっぱり、公務員がええのかな~。

父が公務員だった私は、子供の頃、よく言われたモノだ。

「公務員は、親方・日の丸、つぶれることはないよ」

注:「親方・日の丸」とは、日本という国家が経営者という意味。

収入の大幅なアップ・ダウンがないから

安定していることは、確かだな。

将来は、確実に計算できる。

(まあ、自分のやりたい仕事なのか?)

(こんなジレンマ、自問自答を解決できれば)

(最高の選択かもだな。)

ん~ん、50歳近くなって、そんな思いをつのらせたって

トホホだね。
藍 (あい)。
「青は藍(あい)より出でて(いでて)、藍より青し」

有名な故事成語である。

青色の染料は、藍という草の葉から取るが、

この染料に布や糸を繰り返しつけると、

原料の藍より、一層濃い青色になる。

ここから、弟子が師より、生徒が先生より優ることを意味する。

「師匠を超えて行け!」 こんな思いは、ともかく

私が思うには、10を教えたら、実際の試合では、12の力を出せる。

そう、1たす1が、2でなく、1.5、いや、3になるくらいの

たくましさが欲しい。

もっとも、いざ、本番では、10の力が、8くらいしか出ないのが

普通の子だと思うがね。

これは、実社会でも言えるかな。

これを○〇しなさい。

こう言われたことだけ、完璧に、こなすのは、あくまで普通。

いや、それだけなら、人間は、もう必要ない時代が

まもなく、近未来では来るのだろう。

現在でも、単純作業をする、日本人の正規雇用の正社員は

だんだん少なくなっている。

(派遣社員、または海外からの出稼ぎ労働者が主力だった。)

(しかし、そんな時代も、この不況で、もはや終わった感がある。)

常に、自分に、「なぜ?」と問いかけ

より速く、より正確に、

つまり、より効率的に作業をこなす工夫を

常に考えて、提案できる人。

こんな人材が望まれる時代である。

漫然と、流れ作業をこなす、言われたことだけをする

こんな人は、必要とされない。

だいぶ、話が飛躍したが

教わったことをこなす、具現化するだけでなく

そこに、自分なりの工夫ができるようでないと

なかなか、秀でる力を示せないないだろうな~。

師というのは、常に見ています。感じています。

「おっ!!」

「こいつ・・・なんか、変わってきたな」

こんな一瞬を。

001_20090610065920.jpg
月曜日・善ちゃんに教わる、フク。

001_20090610065943.jpg
火曜日・ユウキコーチに教わる、タクト。

敗戦。
あるラグビー部の顧問の先生の文章を読んで

共感できる事が多く、これを私なりにアレンジして

敗戦について述べたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

じっくり練習計画を立てて、トレーニングを重ねても、

いざ、本番、試合となると、すべてがうまくいくとは限りません。

対人競技は、特に、相手のスタイルに左右されます。

ゆえに、思わぬ勝利、敗戦がつきものです。

体重別の競技ゆえに、身体的成長のタイミングが

思い通りにいかないこともあります。

敗戦から学ぶこと。

ここからは、あるラグビー部の顧問の先生の言葉を

そのまま、引用させてもらいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

敗戦から学ぶこと。

それは、「心の底から悔しいと思う」ということです。

勝負に賭ける気持ちが強ければ強いほど、
負けたときの悔しさは大きいものです。

気持ちが最大限に高ぶっての敗戦は、
冷静に物事を考えるまでに時間がかかるでしょうし、場合によっては
ラグビーそのものに興味を失ってしまうかもしれません。

これは辛く、厳しいことではあるのですが、
それくらいの悔しい思いを持てなくては
強くはなれないということです。

私は、敗戦によってラグビーに対する情熱をなくしてしまった選手や
ラグビーそのものを辞めていった選手を何人も見てきました。

そんな選手を見送るとき、冷静を装ってはみても
私の心は大きく動揺しました。
そこまで追い込まなくても良かったのではないか、と
自分自身を責めることもありました。

なにも悲しむのは選手だけではないのです。
OB会も父母の会もみんな君たちと同じ目線で、一挙一動に注目し、
同じ悔しい涙を流しているのです。

「強く思えば、強く悲しむ」

これは表裏一体のことですが、
どこまで目標を設定し、その結果を求めるのかは、

結局自分で決めるしかないのです。

個人の意識も目標も千差万別、

すべて自分自身が自分自身に命じねばなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・

すみません、勝手にコピーしてしまって。

それほど、良き、お言葉なんで。

勝負事に絶対はありません。

時には、負けることだってある。

そんな時、この文章を思い出してみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の試合結果

新潟県高校ボクシング大会

バンタム級決勝

〇鈴木涼太(高志高校) 判定  ×太田涼介(高田農業高校)
日帰りツアー。
本日は、修道館・キッズクラスの新潟遠征の日。

朝6時50分に集合し、そして、途中、2人の家に寄って

ピックアップして、一路、車で新潟市に向いました。

今日の目的は・・・

①ボクシング・公式試合用のリングの上で、練習すること。

②リング下で生観戦して、試合の雰囲気を味わうこと。

③リョウスケ先輩の応援。

④トイザラス(おもちゃのデパート)、サティ(大型百貨店)に行くこと。

さて、午前9時に、試合会場の新潟南高校・特設リングで、

新潟市内のボクシング・キックボクシング・空手道場である拳心館の

ヒロシ君(小学5年)とお父さん、ケンシロウ・コーチと合流し、

高校生のお兄さん・お姉さん、そして大会関係者の先生方が

見守る中で、シャドーボクシング、ミット打ち、マスボクシング。

約50分間、一生懸命、汗を流しました。

(フクが、いい動きです。基本がちゃんと出来ている。)

(それにしても・・ヒロシ君の小学生離れしたパンチ力に、びっくり。)
001_20090607220557.jpg
練習メンバー全員と会場で、パチリ。

そして、試合観戦&応援。

(リョウスケは、変則タイプの相手に、てこずったが)

(2ラウンドにダウンをとって、判定勝ち。 ほぼ、ワンサイドだった)
002_20090607220723.jpg
試合を終えて挨拶に来たリョウスケと、ヒロシ君・お父さん

そして、ケンシロウコーチとパチリ。

(ケンシロウさんとリョウスケはスパーリングしたこともある!)

さて、試合会場をあとにして、まずは腹ごしらえ。

天気がいいので、マクドナルドで買って、外の駐車場で食べました。
003_20090607221346.jpg

そして、トイザラス・サティで、ブラブラ。

(・・・たいしたこと、なかったね。期待はずれ。)

上越に帰ったのは、3時頃。

みんなは、まだまだ元気いっぱい。

私は、お疲れモードで、もうオネムです。

長い一日だった。

年を感じるな~・・・。(苦笑)
好きな花。
001_20090607045724.jpg
高田公園にも、新緑の季節の、今日この頃から、日を追って、

蓮(はす)の葉が、目につくようになってきた。

夏には、美しいハスの花が、市民の心を癒してくれるのだろう。

(上越市・高田公園のお堀にある蓮は、東洋一の規模を誇るらしい)

ハスの花は泥沼から生じ、そこから清浄な花を開くことから

インドでは古来より珍重され、仏さまの教えそのもののシンボル、

仏教のシンボルとしてとして寺院を始め、

いろいろなところに用いられるそうだ。

私は、このハスの花とひまわりが好き。

泥くさい、日々の練習が、大輪を咲かす・・・。

泥から派生する、美しいハスの花。

ハスの花をスポーツの象徴とは、まあ、いかにも(?)って感じだが

私は、ふと、思うこともある。

ひまわり。

これは、子供の頃の夏休みの象徴。

好きなんだな。

しかしだな~・・・花について語る。

まあ、私のガラじゃ~ないんだがね(苦笑)

追伸:昨日(6月6日)は、リョウスケはシードのため、試合はなし。
ハナキン。
花の金曜日 略して、ハナキン。

若者、いや、ごく、一般に働いている人が・・・

一週間の終わりに、「さあ~飲んで、盛り上がるぞ~!!」

そんな、にぎやかなイメージが、本来のハナキンの意味。

しかし、ただ今のニッポンは・・・

いや、世界中も・・・

そんな雰囲気とは、ほど遠い、不況の真っただ中。

上越いちの繁華街・仲町も、かなり寂しい、夜のネオン街と聞く。

しかし、うちの道場は、金曜日は、混みあっているんだな。

今夜も、キッズクラスは、全員集合・フルメンバー。

005_20090605235238.jpg
シュンタ&ケンイチロウ

今週・日曜日は、キッズクラスと期待の新人中学生フクを連れて

新潟市に遠征です。

リョウスケの応援と、

キッズのみんなを高校ボクシング大会の公式リングに上げて、

練習してきます。

帰りは、新潟市のジャスコかサティに、寄ってこようかと・・・。

ちょっとした、バス遠足だな。(苦笑)

私は、運転手&引率の先生&コーチです。

ぐったり、疲れそ~・・・。
思わぬところで・・・。
修道館の練習は、きつい。

他のスポーツや、別の格闘技で鍛えられた大人でも、

たった一日、うちで練習しただけでも、翌日は筋肉痛で・・・(><)

だから、入門した人が、3日連続で練習に来ることは、

まず、ないんだな。

(社会人は、仕事の都合もあるんだろうが。)

だから、今週の月曜日から連続4日、続けて練習に来ている!

新人・中学生(2年)のフクは、凄い。
002_20090605151000.jpg
右が、新人のフク。(名前が、福と言うんです。)

左は、昨夜で、練習上がりの(土曜から、新潟で試合)リョウスケ。

なんと、この2人は、直接、面識は(?)ないんだが

(いや、会っていたかも)

数年前まで、同じ、アパートに住んでいたんだそうだ。

もちろん、双方の両親は、知り合いだとのこと。

狭いもんだな、世間というのは。

リョウスケは、来春、高校卒業後、上京して、プロボクサーを目指す。

・・・つまり、修道館を離れて行くんだが。

いい後継者に、なれるかもだな、フクは。

(まだ、入門4日目だけどね。)(苦笑)

(左のパンチ、これが、また、いいんだよ、フクは。)

(マジです。)(リョウスケも、うなずく、左ジャブ。)

さて、表題 「思わぬところで・・・」を、もうひとつ。

実は、うちのカミサンは転職して、先週月曜日から、

ここ上越市で一番大きな、C病院で働いているのだ。

20061222183840.jpg
これは、2006年12月の画像。

(パソコンで見ている方、写真をクリックしてくださいね)

(画像が大きくなって、よく見えます♡)

私が、左ヒジの手術で、C病院に入院した時に撮影した写真だ。

次男と写っているのは、うちに通っていた、マリちゃん。

昨日、勤務を終えたカミサンは、

偶然、更衣室でマリと会ったのだそうだ。

そう、マリは、この病院のナースさんなのだ。

青森県八戸市には、

「美しすぎる市議会議員」という

超・有名な、美人の女性議員さんがおられるそうだが

マリも負けていないわ。

まさに、「美しすぎる、ナース」だな。

しかし、男性諸君。

美しいバラには、トゲがあることを、お忘れなく。

マリは、大学時代は4年間、実戦空手をやっていた、ツワモノ。

この私とも、何度もスパーリングしている、凄腕だからね!!

(まあ、鍛えていない、チャラチャラした男の子や)

(スケベ根性丸出しのオヤジどもは・・・)

(1発で、倒しちゃうからね!)

あの、K-1戦士、修道館OBのハクト君も

うちの道場で、マリとスパーリングして

マリのハイキックを顔面に食らって

「やばいっす、あのハイキック♪」

こう、言わしめた実力。

ご用心・ご用心。

(ハクト君は、キック食らって、うれしそうな(?)顔していたのを)

(思いだすよ)(笑)

なんか、わかるけど、その気持ち。

決して、変態じゃないんだけど・・・

蹴りの凄さと、美人のギャップが・・

思わず、不思議に・・笑顔になってしまうんだな。

以上、「思わぬところで」  2つのお話でした。

おわり。

004_20090605160608.jpg
今回、リョウスケは、1階級上げたので、減量は、問題なし。

練習後も、バッチリ食べれる。

月曜日には、結果を報告できるでしょう。
順調。
試合まで、あと3日のリョウスケ。
001_20090603224331.jpg
仕上がったな。

落ち着いた顔つきも、いい。

インターハイ予選を兼ねる、県高校ボクシング大会は、

今週土曜日からです。

新潟市・新潟南高校・ボクシング会場での競技日程は

6月6日(土) PM:2時~

6月7日(日) AM:10時~

6月8日(月) PM:4時30分~


今年は、新潟国体開催の年です。

なんか、盛り上がりに欠けてる気が(?)しますが・・・

まずは、ボクシング王国復活を担う、

若き、初々しいファイターの、熱き戦い。

お時間のある方、会場まで足を運んでいただき

ご覧下さい。
棄権。
昨夜のこと。

試合を数日後に控える(6月5日・後楽園ホール・東日本新人王戦)

修道館の卒業生であり、北海道・札幌市在住のプロボクサー

ヒロミチからメールが来た。

(減量中なので、体調不良なのか?) なんと、立ちくらみをして

鍋の熱湯を左腕にかぶってしまい、大やけど。

残念ながら、試合はキャンセル。

新人王トーナメントは、無念の棄権となってしまった。

前戦が、4月2日、東京・後楽園ホールにて

東日本新人王予選・フェザー級(57キロ)・1回戦で

1ラウンドKO勝ちだったので、上昇気流に乗って、

この5日の、トーナメント・2回戦にのぞみたかったが、残念。

再起に期待しよう。

ひろみち
昨年8月に帰省した時のヒロミチ。

幸い火傷の方は、病院に行き、全治10日から2週間との事。


今夜の練習・・・が終わったあとのオヤツタイム♪
001_20090602213810.jpg
新人・タカシ&ふく (ともに中学生)(体験練習後に、すぐ入門。)

002_20090602213934.jpg
キッズのみんなは、オヤツのあとに、トランプしてた。

ユウキ・コーチのお母さんから、おいしい杏仁豆腐を頂いたんで

みんなで食べました。

これが、また、バカうま♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。