館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅立ち
知人が勤めていた会社を辞めて、地元を離れ、上京し!!
長年の夢だった仕事に就くそうだ。

その知人は、30代の独身男性なんだが、
ここ数年は、綿密に計画を立てて、暮らしていたそうだ。

彼は、海外生活も長く、オーストラリアに留学経験したほか
北米、ヨーロッパなどへの旅行経験もあるが・・・
このたび、ツアーコンダクターとして東京の大手旅行代理店で
働くことにしたそうだ。

畑違いのサラリーマン生活をずっとしていたのだが・・・
漠然と・・なにも考えずにいたわけでなく・・・
英会話の勉強や、旅行業界の資格を取得したり、
短期のツアコン(添乗員)のバイトをしたりして、

夢を・・夢で終わらせずに・・第一歩を踏み出すために・・・

じっくりと準備期間を設け、羽ばたいていった!

(結婚うんぬんと言う・・世間体はともかく・・・)

(実際のツアコンの仕事は激務であるとともに・・・)
(収入面でも、厳しいと聞くが・・・)

机上の計画だけで終わらせず、現実を見つめながら

旅立つ、うしろ姿は・・・非常に、たくましく・・たのもしく・・

そして、所帯持ちの私には・・・ときに・・

うらやましく・・・まぶしいくらいだった・・・。

独身=イコール・・なんでも自由!! ってわけではないだろう。

そこには・・・年齢とともに・・ふと感じる孤独感だってあろう。

人生の価値観は多種・多様だから・・・

何がいいとか、悪いとか・・・

また、世間体は・・・とか、親の気持ちを考えれば・・とか・・・

一概に言えない時代だろう、現代社会は。

ただ、ふと感じたことがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鮭という魚は卵を産むと死んでしまう。
夏に咲く、ヒマワリは種子をつけると枯れてしまう。

親というのは、そういう運命なのか??

結婚し、子供に恵まれ、家庭を持つ ということは
自分が責任ある立場であると同時に・・・
ある意味では、自由が奪われるってことでもある。

夢をある程度・・・あきらめ、
現実的な収入と支出を常に考えた毎日がルーティンとなるものである。

だからと言って・・・独身生活への憧れがなくなったか??

と問われても・・・??答えようがない。

子供のいなかった、妻と2人だけの生活も・・・
旅行したり、スキーに行ったりで、けっこう楽しいもんであったし・・・

まあ子供ができてからも・・・子育て中心であったとしても・・・
それは、それでまた・・・楽しかったかな!
(まあ2人とも、男の子だったからでもあるが)

好きな格闘技とも縁を切らず、関われてもいたし・・・

多くの出会いもあったし・・・。

だから、鮭やヒマワリのように・・・

生まれてくる子供にために・・すべてを捨てて

・・てな感じの・・・十数年だったわけではない。

(まあ、趣味人と家庭人とのバランスが大切ということ!!)


「自分だけが良ければいい」

私は、ともすると、傲慢で勝気な人間であったが・・・

家族を持ってからは、多少は・・矯正されたかな??

「自分だけ」って・・・観念は、薄れていった気もする。

何を書いているか??わからなくなってしまった。

まあ・・「館長日記」は、雑記帳なんで・・あしからず。

昨夜の練習より

ユウキ・コーチは苦戦中!

カズマが・・・(><)
しかし・・鬼っ子は、かわいいもんだ!
2 002

独身のオオタケ
2 003

誰か♡・・いい人♡紹介してください!

今夜は、彼女じゃなくて・・・

ムサと映画「ランボー」を観に行く・・・オオタケでした。








スポンサーサイト
名言
新潟県選出の元参議院議員・故・真島一男さんの著書

「心に響く今日の名言」という本がある。

かっての国政選挙の際にもらった本と記憶するが・・・

1年366日、その日その日を明るい気持ちを与え、
励ましてくれる「名言」という視点で、
歴史上の著名人の言葉を編集した本であり!!

非常に好きな本でもある。

(多分・・もう、絶版であろう)

ひとことの名言が、私達を生き返らすこともあるかもしれない。

失意のどん底から、立ち上がるきっかけとなるかもしれない。

真島さんは、著書でこう語っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名言は、読む薬です。
名言は、ときには、人ひとりの人生の重さと
釣り合うことさえあるのです。

その言葉に心をゆさぶられ、勇気づけられる「名言」。

人それぞれ、好きな言葉があろう。

たまに・・これは!!って言葉を紹介します。

昨夜の練習より
2 001

リョウスケはフライ級リミットまで、あと1キロ。

(練習後、52キロ)

距離感、バランスは・・いまひとつだな。






個性
ここのところ、気温の上昇と共に、徐々にだが・・・
ひじの具合がよくなってきたかな。

しかし、今度は右膝の関節の痛みが気になってきた。

「ベストコンディション」

もはや、私にはこの言葉を使うことはできないのかな~・・・。

経験を積み、失敗を重ねて成長していく部分もあるし、
しかし、どうしても直らない部分もあるもの。
それもこれも含めて、その子の個性なんです。

ある教育評論家の言葉だが、これは性格・性癖のことだろう。

身体的欠陥は個性とは言えないのだろう・・・。

個性とは、肯定的なニュアンスが大きいからな・・・。

こう思っていたが・・・しかし、別な考えもあることを知った。

個性とは・・・
本来は存在する上での差異を指して居るだけに、
必ずしも有益であったりするものばかりではない。
近年では、身体障害者の身体的特徴や精神障害者の症状をも、
その人の個性であるという考え方も生まれている。
いずれにせよ、たとえ客観的には不自由を強いる特徴であっても、
それがその人らしさを形成する上で、
必要不可欠な要素と成って居るのであれば
立派に個性の一端と呼ぶ事が出来る。

なるほど・・・と思った。

前向きに・・治療に励むかな。




親子
最近、我が子がだいぶ、大人びた発言をするようになり・・・

(それはそれで、成長の証しとしてちょっぴり、うれしいもんであるが)

自分が親となり、自ら、子育てを経験しなければ、
本当の意味で!!親と子がわかり合えることはないだろう。

極論ではあるが、自分が親になって初めてわかることは多い。

親が子供を思うベクトルと、
子供が子供なりの発想で考えるベクトルは
決して交わることのない、平行線なのかも知れない。

それでいて・・・なぜか一番似てほしくない部分だけが!!

父親(自分)の生き写し!!(うちだけでは・・ないはず!)(笑)

(これは、女性・母親・妻からの目線での意見らしいが!)

男の親子とは・・・不思議な関係なのかもしれない。

さて、最近、相撲は、モンゴル勢が元気がよくて!!

もうだいぶ・・昔の人のような印象がある・・元横綱・貴乃花関!

10年以上も前になるのかな~・・・

若・貴ブームとなって、日本中を熱狂させた人気の貴乃花さん。

彼のお子さんは、相撲をやっているそうなんだが・・・

あまり強くないそうなんだ。(長男は、中学1年生だとのこと)

そして、大相撲の道に進む気は、まったくないらしい。

親である貴乃花(現・二子山親方?じゃなかったかな?)さんも・・

また、長男が相撲の道に進まないことを望んでいるそうだ。

しょっちゅう負けて・・悔しがっている我が子を・・・

微笑ましく・・・見ているだけなんだそうだ。

(確か、貴乃花さんは天才ちびっ子横綱だったと記憶するが。)

彼の言葉に・・!!非常に、いい表現があった。

記しておこう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「親」という漢字は、よ~く見てみると!!

「木」「立つ」「見る」の組み合わせ。

少し離れたところから見守り、助けが必要な時に
すぐに!!手をさしのべる。

そんな父親になりたいと思っている。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

貴乃花さんは、我々の目の前に姿を見せることは・・・

あまりなくなってしまったが

いい親方なのかは??よく知らないが・・・

非常に・・いい父親なんだろうな!!

今夜の練習より
2.jpg

51
今日、5月25日は・・・

私の母の命日であり、そして、私の妻の誕生日でもある。

私の母は、51歳という若さで亡くなった。

心筋梗塞という病名で・・・あまりにも早い、死であった。

気がつけば、私も母が亡くなった年齢に・・・
ずいぶん近ずいてきた。(私は今年48歳となる)

コレステロール値が高く、高脂血症という病気持ちの私は・・

かかりつけの医師より、常々、食生活に気をつけないと・・・・
薬を飲み続けていても・・・

心筋梗塞・脳梗塞で・・・「突然死」 こんな事態もありうる。

2週間に1回の通院時には、いつも聞かされているお話だ。

今日は、新潟市において、拳心館主宰の定例試合があったのだが
私はお休みさせて頂き、家族を連れて母のお墓参りに行ってきた。

私の好きな言葉を記しておこう。

新潟市でフリースクールを経営されている、岸本氏の言葉だ。

以下の文章です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親孝行の反対。

なんだろう?

親孝行は、ストレートに親を喜ばせたいという子心の表れ。

親不孝は、親に気づいてもらうために発するメッセージ。

幸せになって欲しくて気づかせようとしているのです。

世に言う親不孝という現象は、

親孝行の対極ではなく、隣り合わせでもなく、同じもの。

で、親孝行の反対は?

親孝行でない子はいません。

だから、そんな言葉もないはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は親不孝なのかな??

常々、思っていたのだが・・・この岸本氏の文章を読んで・・・

多少、救われた気がする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追伸・本日の拳心館での定例試合の結果です。

<キックボクシング3回戦>
龍介は、ダウンを3回とって判定勝ちだそうです。

詳細は、HPの掲示板に本人からの書き込みがあります。



台風の目。
サイクロンとは、熱帯低気圧のうちインド洋・太平洋南部で
発生するものである。
英語のサイクロン<Cyclone>は、
低気圧、暴風全般を指す語でもある。
(ネット検索より)

ミャンマーでのサイクロンの被害は自然災害の凄まじさ、
恐ろしさを感じるものだな。
日本での台風の被害とは、規模がケタ違いである。

さて・・・台風と言えば・・・・

私は、「台風」の仕掛け人になることにした!!

???

実は、毎年、来賓としての招待状をいただく、ある空手大会に・・・!

(毎年、日程がアマボクシングの県大会と重なるので・・・)
(私は、一度も観戦したことが・・・ないのである。)

うちのプロキックボクサー・龍介&かつコーチを参戦させることにした。

本日、主催者のN先生に直接、電話して!!

参加の意志を伝えたのだ。

昨年の10月のプロデビュー戦以来・・・

なかなか、龍介の次戦が決まらないので・・・
モチベーションの低下を防ぐのが、目的である。

(かつコーチは、おまけ・・・付録みたいなもんだ)
(今夜、練習に来てたんで・・・!)

「おい、かつ、6月8日、空手の試合に出ないか?」
「龍介を出すんで、お前もつきあえよ!」

「はあ・・やったことないけど・・なら、出ますか!」

・・・・・・・・・・・・・・・

(実戦空手ルール)(無差別級)・・体重制限なし

(素手・素足で、殴る・蹴るの試合)
(ただし、顔面を叩いてはいけない)
(基本は、1試合が3分)

・・・・・・・・・・・・・・・

こんな流れとなった次第である!!

N先生との会話より・・・

参加選手の名前、年齢、身長、体重、空手歴だけでも
先に知らせて欲しいとのことなんで・・・

龍介&かつについて、お知らせしたが・・・。

「空手歴・・・いや・・・ないんですわ。」(失笑)
「今夜から、練習します。」

(あと??2週間後なんだが。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プロキックボクサーのハクトこと洋平が、
日本タイトルマッチを控えていた、2005年かな・・・
かって、このN先生に連絡させて頂き

(実現しなかったが)武者修行に伺おうとしたこともあったし・・・

N先生のお弟子さんが、うちに入門したケースもあれば・・・

うちの練習生が、N先生の流派に入門したこともある。

私の所にも・・空手の練習についてのお問い合わせがあった時は・・・

迷わず、N先生の道場を紹介させて頂いている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

空手は日本の武道ですし、生涯スポーツ・社会体育としても
素晴らしい、競技です。

よく、異種格闘技を語るとき・・・

空手が強いだとか??キックが強いだとか??

プロレスが最強だとか??

○○が一番強い!!

私は、こんなくだらないことには興味はないんだ。

みな、各々素晴らしい競技ですし、優劣をつけるものではない。

互いの競技を尊重しあって、
よい動き・稽古方法を学べばよいもの。

今回の参戦は、純粋に龍介の・・・
試合間隔のあきの長さを埋めるため。

真剣に熱く戦う、空手家の気迫を感じられれば・・・。
勝ち負けなど・・・どうでもいいもの。

6月8日(日)上越私立総合体育館柔道場にての大会!!

極真空手、長岡拳心館、新武会、理心館、上地流などの
流派、道場が参加する!!

(上越市木田1-17-33)

お時間のある方!!見に来てください。

なお、同日、新潟市の新潟南高校にて
アマチュアボクシングのインターハイ予選もあります。

うちのリョウスケがフライ級にエントリーしている。

(ノーマークながら・・・私は優勝を確信しているので!!)
(今回は新潟には行かず・・・空手の試合の方に参加します。)

こちらも、是非、見に行ってください!

注目はフライ級の○○リョウスケと

ライト級の高校チャンピオン・戸田選手。

ちなみに、私も若き頃に、メジャーではないが
フルコンタクト空手の試合に出場したことがある。

極真空手ルールに近い、直接打撃の試合だったが・・・

相手選手の顔を殴ってしまって・・・反則負けだった。

昨夜の練習より
1 1246

1 1245

キッズクラスのボクサーも・・・!!
7月に、拳心館の少年ファイターとの試合を計画中である。

ユウキ・コーチの指導のもと、徐々に実戦形式の練習を
増やしていこう。

文才
「いい匂いだよな、」
校門を抜けて、ペダルを漕ぎながら僕は話す。
早退する午前の匂いが今も忘れられない。
それは日曜日では感じることが出来ない。
普段感じることの出来ない得したような太陽の匂い、
平べったい空間、生温い空気を裂いて
僕らは家路に着いた。
もちろん、午後の匂いもある。
干した布団が温まっていない時間の匂い、今となっては
稀にしか感じないこの匂いが心地いい。

この文章は誰が書いたか?ご存知かな??

1990年代に、絶大な人気を誇った!!

カリスマ的なキックボクサー・T嶋篤史さんのブログを

(無断で大変恐縮だが)コピーさせていただいた。

すばらしい表現力だな!

彼は、いじめられっ子だったそうで・・・

よく・・学校を早退したんだろうな・・・。

・・・・・・・・・・・・・・

格闘技に関わる者は、脳まで筋肉でできているんじゃないか!!

こんなふうに思う方もいるだろう。

いわゆる、バランスの悪い・・格闘技バカ。

しかし、みんなが皆、そんなわけではない。

T嶋選手に、こんな繊細な側面があったなんて・・・。

彼の現役時代の熱い戦いぶりからは想像できなかったな~・・・。
立嶋篤史


成長
「自分の成長に自信が持てない」

こんな経験はないだろうか?

このような 「劣等感」「ひけめ」を克服するには・・・

自分の成長の姿をはっきり意識させるのが、いいそうだ!

ある作家が・・・「原稿が書けない。文章が頭に浮かばない。」

こんなスランプを脱出するときは・・・・

自分の過去に書いた日記を読み返すことにしているんだそうだ。

今なら、さしずめ、ブログを読み返すことなんだろうか。

こうすると、過去の自分に比べて、今の自分が・・・!!

いかに成長しているかを知ることができ!!

自信の回復のきっかけをつかめるからだ・・そうだ。

連続した時間の中にいる、我々は、ついつい自分が日夜成長し
年をとっていることを忘れがちである。

そんなとき・・・

家族のアルバムを見ることは!いいことなんだと!!

ある本に書いてあった。

(過去の自分を・・・見ることができるから!)

子育ての本にも・・確か・・!!

年下の子にまぜて遊ばすと・・・
自立心を育て、自分の自信回復に大きな効果がある!!

こんな記事を読んだことがある。

大人になって・・自分の通った小学校に行ってみると!!

なんて??校舎が小さく、グランドが狭く感じるもんだ!!

大人になって、何年かぶりに・・・
生まれ育った、思い出の土地に帰ってくると・・・

描いていたイメージとまるで??違うふうに感じることがある。

(私は、ふと日曜日に・・・)
(自転車で子供の頃に遊んだ場所を訪ねるのが)
(・・・好きなんである!!)

誰にもよくあるのだが・・・

「人間の成長ぶりは、本人にとって意識されないもの」

優秀な指導者とは・・・

この成長ぶりを意識させてあげ!!

自信を持たせてあげることなのかも知れない。

指導者に限らず・・・

親や教師、そして管理者、企業経営者も同じだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて・・・いま一度、自分のダメ指導ぶりを・・・

反省しよう!!

ニューヒーロー!
昨夜、プロボクシング・WBA世界ライト級タイトルマッチで
新たなヒーローが生まれた!

その名は、世界チャンピオン、小堀祐介選手。(26歳)

(辺見えみりと離婚した、男性タレントに似ている!)
小堀祐介

日本人では、なかなか実現しない、ライト級での世界タイトルマッチ。

(軽量級と違って、日本と世界の差が、かなりあるので・・・)

そこに至るまでの道のりには、ドラマティックな物語があったそうだ。

この試合をプロデュースしたのは、ジムや業界の方ではなく・・・

一般の人。

小堀選手を個人的に支援する、いち個人が・・・
お金と情熱をつぎこんで!実現した世界タイトルマッチだそうだ。

今夜、キッズクラスのユウキ・コーチが、この試合の録画ビデオを
持ってきてくれたので、すぐ観戦!

目の離せない、壮絶な打ち合いで見事、KO勝ちした小堀選手!!

第一声が・・・「早く、うち帰って寝たい!」(笑)

高校時代に、なんと!!吹奏楽部に入っていた!!

運動と無縁な、朴訥な男の子が・・・!!

努力の継続で・・・世界チャンピオン!!

ワンチャンスをものにし・・・

時のチャンピオンが、自分との相性が良かったという強運!!

(ボクシングやキックでは・・「かみ合わせ」と言われる、相性が・・・)
(重要な、キーポイントである!)

それにしても見事な勝利。

(このHPの掲示板に、試合の動画映像を貼り付けてあります)

プロ野球やプロゴルフのスターからとって代わり!!

スポーツ新聞の一面をボクサーがかざったのは・・・??

ずいぶん・・・久しいな~(内藤VS亀田戦以来・・・かな~!)

今夜の練習より
1 1244

世界へは・・・毎日の反復練習しかない。





のどかな・・・風景。
棚田(たなだ)とは、傾斜地にある田んぼのこと。

標高の高い、山あいの田んぼで獲れる、お米は!!
ことのほか!うまい!

寒暖の差が激しく、冷たい清流が流れているところの米を・・・

一度食べたら!!まずい、お米は食えないな~。(贅沢)

日曜日の田植えの風景(カミサンの実家である)
1 1241

大型の農業機械が入らない、棚田である。

(この写真の田んぼ1枚のみ、平場にあるのだが・・・)

(ほかの田は、みな、傾斜地にある。)

私は上京して、食事をするときには、たいていラーメン・パスタなど。

つまり、ご飯類は食べない。

(なぜなら・・・お米がまずいんで・・・。)

まあ・・・日本人に生まれて・・よかったな~!!

・・・と実感するほど・・。

白いお米と、海苔があったら、何もいらない!!

昨夜の練習より

龍介のキックは、重い!!受ける奴もたまらない!!
1 1242

頑張る、新人!ユウコリン!!
1 1243

ユウコリンは、チャキチャキの江戸っ子!(浅草の生まれだ!)
少子化
少子化とは、子供を産む親世代の減少や
出生率の低下により、子供の数が減少すること。

晩婚化・未婚化などのが大きな影響を与えているだろうし
男女、家族間などの社会関係や価値観の変化・多様化も
関係している。

先週この現状を、まざまざ感じることがあった。

次男の通う小学校では、少年野球の町内対抗戦のために
毎年ゴールデンウィーク明けから7月まで、毎週土日は
早朝練習があるのだが・・・
(対象は小学3年から6年生)

昨年は、参加者が少ないために!!
うちの町内のみ、チーム編成ができないため・・・
参加しなかった。

(子供の数そのものが少ないのと)
(野球の人気がないのと)(まったく野球ができない子も多い)
(週末は、ほかの習い事と重なるから・・・らしい)

今年は・・・ほかの町内も参加者が極端に少ないそうで!
なんと4つの町内で、1つのチームがやっとできるそうだ。

私も、日曜日は「田植え」のお手伝いに行く前に・・・
早朝野球のボランティアに行って来たが・・・・

一緒に参加していた、お父さん達と話していると・・・

「自分が子供の頃は・・・遊びといったら、原っぱで野球!」
「子ども会や町内会の行事は・・子供であふれていた!」

自然とこんな話題になったもんだ。

少子化問題は、まちがいなく労働人口、消費市場、社会保障費に
大きな問題を生じるだろうし、人口構成のアンバランスを

日本の政府は??どのように考えているのだろうか?

(パソコンの不調で?デジカメ画像がアップできない?)
サウスポー
左利き・・・英語の左 「レフト」からくる言葉「レフティー」よりも!!

「サウスポー」と呼ばれる方が一般的だな。

この語源は、アメリカの野球からきてるのだそうだ。

19世紀後半のお話。

ポー(paw)は動物の前足・手を意味する。

当時、左利きの投手は珍しかったそうだ。
シカゴ球場は、ホームベースが西側にあったから
マウンドでは、左利きの投手の腕は、南側(サウス)から
腕がでてくる。だから、南(サウス)の手(ポー)から

「サウスポー」という言葉が生まれたそうだ。

人口の比率は・・??よくわからないが・・・

いろんなスポーツ競技で、「サウスポー」の強みは・・・!!

ずばり、人口比率からの「希少価値」なのであろう。

つまり、対人競技において
サウスポーは常にオードソックス(右利き)対策の練習をしている。

オードソックス(右利き)の場合は・・・
右利き同士の練習の練習頻度は多いが、
対サウスポーの練習頻度は少ない。

まあ・・慣れているか・いないかの差にすぎない。

ここのところ、「対・サウスポー」の動きがよくなっているリョウスケ。

苦手意識は徐々になくなって来たな。

昨夜の練習より(土曜・自主トレ・デー)
1 1240


練習後は、一緒に夕飯も!!
1 1239
女子プロボクシング
知人から、指摘されたことについて・・さらっと・・
おさらいしよう。

5月9日に後楽園ホールにておこなわれた
JBC主催の女子プロボクシングのことである。

詳細・結果は、ネットのニュースや今後、様々なメディアで
取り上げられるだろうから、割愛する。

ご存知だろと思われるが、この試合で新しいスタートをきったのが

修道館の卒業生、「ともP」である。

「ネット記事より、コピーした写真」
伊藤知子①

伊藤知子②

判定勝ちで、この記念すべき、第一回目の興行でのデビュー戦を
無事に終えることができたそうだ。

私のもとを離れた、ともPに対し、今思うことは、ただひとつ。

競技生活を終えたら、怪我なく、無事に親元に帰って欲しい。

これだけだな。

それほど、過酷な選手生活であるし・・・

歯・鼻・肋骨の骨折はもちろん、網膜はく離の後遺症で悩む人を
知ってるだけに・・・

そして、つい、先日、6回戦のプロボクサーが試合後に倒れ
意識不明の重態であることが報道されていただけに・・・。

もちろん、覚悟があってリングに向かっているのだろうが・・・

都会で自分の目標に向かい!
たくましく生きている!ともP!!

(2つのアルバイトを掛け持ちしながら、ジムに通っているそうだ)

厳しい毎日だろうが、充実した日々を送っていることだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、現在、ブログをリニューアルしようといろいろ試みている。

しかし・・・なかなか??うまくいかない。
(過去のデータが消えてしまった)

パソコンに詳しい人のアドバイスがないと無理かもだな。

木曜日の練習より
1 1238

この2人を見ていると・・この言葉が思い出される!

「平凡な繰り返しが、非凡になる。」

昨夜の練習より
1 1236

1 1237





育ち方と育て方
新聞の記事で見つけたあるカウンセラーのお話で・・・
これは・・・!!気をつけなければという文章があった。

人はストレスが多い時、疲れている時、経済的に苦しんでいる時に
自分が育ってきた時の大嫌いなことをしてしまう。
その結果、している方もされている方も、
互いに辛いことを共有している。
そのことに気づくと、互いに相手の気持ちがわかり、
責めていることを許し、より深い信頼と愛情が回復してくる。

ドメスティックバイオレンスや、かたよった一方的な子育て対する
警鐘の意味でのカウンセリングのお話だが・・・

私も知らず、知らずに・・・そうなっているのだろうか?

自らの歩んできた過程を、振り返ることはないのだが・・・

人に対して、きつい言葉を投げかけたりしてないか?

息子や練習生に対しては・・・あやまった接し方をしていないか?

いま一度、考えなければならない。

「災い転じて、福となす」

こんなカウンセリングの結びだったから・・・

まだ、間に合うのかもしれない。

「3つ子の魂、百までも」

よく言われるが、幼少期での育てられ方が、その後の人格形成に
大きな影響があるというのは、間違いないだろう。

しかし、あやまった方向にいってしまっても・・・・

このカウンセリングのお話のように、人間関係の修正はできるモノ。

それには、いま一度、自分を第三者のように観察し・・・

ストレスや疲労のせいで、人に対してきつくあたっていないか?

自省の念で、わが身を振り返ることが大切だな。



さわやかな・・光景。
朝方、通勤途中で見る光景に・・・集団登校のグループがある。

国道を横切る横断歩道を渡る際の光景を毎日見るのだが・・・。

たぶん小学6年生が先頭と最後列。
間に入っているのが、1年生から5年生なのかな?

先頭と最後の6年生が交通安全の旗を持ち、
横断歩道を渡りきったあと、この6年生は、
信号待ちの車に向かって、深々と頭を下げてお辞儀する。

たぶん、学校の指導によるマニュアルなんだろうが・・・

このお辞儀・・・ピョコンと頭を下げる仕草は・・・

「私たちが横断歩道を渡るまで、止まっててくれてありがとう」

ドライバーに対する、感謝の気持ちなんだろう。

さわやかな、いちシーンであるとともに

安全運転を心がけてハンドルを握らなければ・・・

という思いがおこる。

このお辞儀する、小学生を見ると・・・

「行ってらっしゃい!さあ、今日も一日頑張るか!!」

こんな気持ちになれるから、不思議なもんだ。

昨夜の練習より
1 1235

1 1234
なにわの商人
昨日は、10年前の練習生・カワムラ君が大阪より・・・!

仕事で上越市に来たので、うちに寄っていった。
1 1233

彼の愛車は、1000万円を越える、BMW!!!
1 1232

大阪出身だが、仕事で上越にいたのが、10年前。
当時は、2年ほど、うちに通って練習していたかな。

大阪に帰ってからも・・ふと・・思い出したように・・

ぷらりと・・うちに顔をだし来てくれる。

昔と変わらず、豪快な奴だった。
逆戻り
昨日の最低気温が9.8度。最高気温が13・7度。

ゴールデン・ウィーク中に30度を超えたのが・・・?
うそのような寒さ。

昨日も、買い物やロードワークなど、外出したのだが・・・
どの程度の服装をすればいいのか、もう忘れてしまったな。

なるべく、車を使わない、エコな生活をしていると・・・

自然と・・・「自転車か、走る・歩く」外出となり

風をきる際の空気の冷たさが・・・身にしみる。

10月末頃の晩秋の寒さを思い出す。

Saturday
土曜日は、「Saturday・サタディ」。

連休明けの・・重い空気の中に・・出勤した4日間。

(今日は、久々の土曜出勤日だった)

左ひじの具合が悪く、ここ3週間ほどは激しい運動はせずに
過ごしたが・・・・。

(おかげでだいぶ回復してきた・・・60%ほどかな。)

今日の会社での作業内容が結構きつく・・・

(重いモノを持ち、設置する作業)

再び、悪化したような気がする。

(回復度 20%に逆もどり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし・・・ひじが痛むんで・・たまらない。

今は、湿布の上に、携帯カイロを巻いている。

金曜日の練習より
1 1228

1 1229

キッズクラスのコーチであるユウキが・・!!
ここのところ、熱心に指導しくれるんで・・助かる!

今日は、「土曜・自主トレの日」
1 1231


さて・・再び・・土曜日は、Sturday・サタディ!

土曜日は・・1週間が・・去ったでぇ~!!(サタディ)

というわけで・・自主トレのあとは・・・

新しいショッピングセンター、「バロー」に行った!
1 1230

お目当ては・・・ソフトクリーム!!

日付が変わり、もう、日曜日なんだな~・・・。




ほめる
最近は、「子供をほめて教育する」という考え方が主流だろう。

確かに、やる気を起こさせ、モチベーションを高めるには、

「しかる」ことより、「ほめる」ことなんだろう。

しかし、その反面、親の前でしか、ほめられるために

「いい子」になるが、それ以外、つまり陰ではダメ。

こんな弊害もあるだろう。

何かの本で読んだが・・・

ほめ言葉を、親の口から直接言うのではなく
第三者的な立場である、他人の口から、ほめ言葉があるといい。

こんな文面があった。。

面と向かった時の言葉には、お世辞や気がね、社交辞令があるが

第三者の言葉を引用すると、客観的に言われ評価されている。

こんな思いが強いんではないだろうか。

コーチして、自分がほめてやりたい時は、

「○○会長がいいって言ってたぞ!」

(格上の先輩の)○○が、今日の動き、いいって言ってたよ!

こんなパターンの方がいいのかも知れない。

(霊感商法やインチキ商売の広告塔に、有名芸能人や政治家が・・・)
(使われるのと・・・同じかもだが・・・)

ただ、「子供のお使い」なんかで・・・

一人で買い物してきた、我が子を、直接、親が・・・

「よ~く、できたね!おりこうさん!」

こうほめるより・・・・

あらかじめ、お店の人に頼んで・・・

「お母さんがほめていたよ!」

こんな、ほめ方の方が効果があるんだと・・・聞いたことがある。

怒鳴るだけの、ダメな指導者の私は・・・

もっと、学ばなければならない。

昨夜の練習より
1 1227

私の指導より、龍介やリョウスケが教えるほうが・・・

全然伸びが違う。

見違えるほど・・良くなってきたムサシ。
文学な五月。
このゴールデンウィークに、知人から様々なお土産を頂いたが・・・。

雷おこし(東京)を食べて、前歯がぐらついたところに・・・

おたべ(京都)を食べたら、前歯がくっつき・・・
なんと・・前歯がとれてしまった。

(格闘家の宿命・前歯は、もちろん、折られて、差し歯)

こら、いかん!

私の妻は、歯科衛生士なんで、自宅に歯をくっつける
セメントを常備してるんで、つけてもらった。

今日は、大切な日なんである!!

会社の健康診断日。

私の・・密かに・・好きな、看護士のSさんに・・会えるかな!

昨年の健康診断の日に・・・

(3時くらいかな、暇な時間帯に、医師会館に行ったんだが・・・)

ビビっとくるような、瞳のきれいな27.8歳くらいのナースに・・・

採血してもらったんだが・・・。

「すみません、注射が苦手なんで・・手握ってもらえません?」

スナックの女の子に、ギャグかますノリで言ったんだが・・・

「サービス!」って、一言つぶやいて、ウィンクして・・

手を握ってくれた・・・♡

あのSさんに・・会えるかもなのに・・・。

前歯がなくて、まぬけ面の自分をさらける、勇気はない。

??表題の「文学」とは、全然関係ないな・・・。

・・・・・・・・・・・・

「目に青葉、山ほととぎす、はつ鰹」  山口素堂

「五月雨をあつめて早し、最上川」   松尾芭蕉

「春過ぎて夏きたるらし、白たえの衣ほしたり天の香具山」 持統天皇

・・・・・・・・・・・・

一度は聞いたことのある俳句、和歌だろう。

なんとなく、思い出し、記してみた。

・・・なんか、おかしいな??これが・・恋なのか??




研修生。
今夜は、新潟の拳心館から石山さんが来られて・・・!!

楽しい(?)ひとときとなった・・・。(疑問)

(いや・・楽しかったかな?)
(ダウンもしちゃったような・・・!)

石さんは、拳心館にて、どんな練習内容・形式なのかは・・

計り知れないが・・・。

「郷に入れば郷に従え」の格言どおり、

修道館でのトレーニングならば、私の号令・指示のもと

約1時間30分のミニ合宿となった。

あらかじめ・・竹の子ご飯と竹の子汁を作っておいたので

石さんに、練習後に・・おいしく食べてもらいたいので!!

軽めの練習となったが・・・!!

トレーニングとご飯が??満足いただけたものなのかは??

・・・わからないな~・・・。

今夜の練習より
1 1223

(久々に大勢のメンバーにての練習だった)

中央が石さん(拳心館所属)・キッズクラスとともに!
1 1224


石さん・大人の練習生とともに!
1 1225

練習後は・・みんなでワイワイ食べるのが・・修道館!
アットホームな雰囲気である!
1 1226

ただし・・・これだけは言える。

リングなんかない・・・。

ちっぽけな・・狭い・・田舎の道場から・・!!

7人のプロボクサー、2人のプロキックボクサーが生まれるんだから

うちは・・「本物」しか生き残れない・・・。

(運動不足解消、ダイエット目的、趣味の人もいます。)

ひとは・・うちを・・「地獄道場」と呼ぶ。

ただ・・練習は・・超厳しいんだが・・・

それを・・フォローする??

明るく・・楽しい・・

(よく、はずし、滑るんだが)・・親父ギャグ連発の!!

笑いの絶えない??道場なんだと思うんだが・・・

どうじゃろな・・どうじゃろ・どうじょう・・・道場??

あ~また・・はずしたな。(苦笑)
風向き
このブログの掲示板に報告があるように・・・

昨日のアマチュアボクシングの試合結果より!

竜一が大学・アマリーグ戦で・・・見事!!
1ラウンドRSC勝ちのデビュー戦を飾った!
1 005

(これは2年前のインターハイ予選の写真)

ボクサーは・・・

加齢とともに、階級(体重)を上げて試合をするのが通常だが・・・

竜一は、逆に1階級下げての試合だったそうだ。

(54キロのバンタム級→51キロのフライ級)

広島に遠征中のリュウスケから、メールにて連絡があり・・・

香川県の選手と練習試合をして、ボディブローで倒したそうだ。

どうやら・・・先月のヒロミチのプロ初勝利から流れが変わった!

風向きが・・・確かに変わった!!

昨年は、修道館の現役・OBのプロ・アマ選手は、全戦全敗。

ボクシングでもキックでも勝てなかった。

復活のきっかけを作ったのは、まぎれもない・・・この男だな!

ゴールデンウィークだが、今夜も練習。
兄弟子のオオタケと並んでパチリ・・・ヒロミチ。
1 1221

戦士の成長は、スパーリングで確認だな!!
1 1222

もっともっと・・・強くなれ!!

まだまだ成長の伸びしろはあるから、ヒロミチには。
ランチ・パーティー!
昨日は、4連休の2日目。

(5月4日、最高気温は31.4度の真夏日だった!)

午前中は、飯をうまく食うための 「トレーニングタイム!」

愛知県岡崎市から帰省中のニシカタ君と
札幌から帰省中のプロボクサー・ヒロミチと
キッズクラスのスズと、4人で軽く練習して、汗を流す!
1 1220


たっぷり・・いい汗を流して!!

午後1時には、水泳部の部活から帰ったムサと・・・

7年前の練習生、アキコちゃん御一家も加わり!

(アキコは、現在、新発田市に在住。連休なんで里帰り!)

みんなで、お好み焼きパーティーをした!!
1 1219


「友、遠方よりきたる。また、楽しからずや」

粗食で申し訳ないが、楽しい!ひととき。

(いつも、お土産サンキューです、皆様。)

まあ、これだけですな。

ジム・道場経営をして、幸せを感じるのは!!

金は集められないが、人の情(じょう)だけは集められる。

(中には、いやで離れていく人だっているが・・・)
(これも、人の情。)

「人間」は、「人」の「間」(あいだ)と書く。

「人」は・・・「ノ」という字が、斜め棒で支えられている。

まさしく、人の縁だけには、恵まれているな、私は。

一番辛く、悲しい有様は「孤独」だと・・・

ある大富豪が嘆いたと言う。

ある日本の不動産王と呼ばれる、実業家は・・・

自らの取り巻きと食べる、豪華な食事や高級クラブでの飲食より・・

幼き日に、夏に家族や友と食べた「ウリ」が一番の贅沢と言う。

(ウリとは、マクワ、まあマスクメロンのようなモノ。)

心が寒いんだろうな~!!

お金があっても・・・。

・・・と、貧乏な私は、負け惜しみ半分なり~!

ただ、心貧しき男にだけは、なりたくないものだな。

弾丸トラベラー
ハロー・エブリー・バディ!

デュー・ユー・エンジョイ・ユア・ホリディ?

ヒア・ホノルル・イン・ハワイ・イズ・ビューティフル・ウェザー!

皆さん!お元気ですか?

ハワイ・オアフ島・ホノルルのダウンタウンのネットカフェより・・

ブログ更新中!!

昔、むかし、ハワイを支配していたカメハメハ大王の像の前にて!
1 1213

南国・ハワイの気温は、常夏の30度!!
1 1211

今年の4月1日に・・・
エイプリル・フールに、ウソをついていなかったので!!

遅まきながら・・・おおウソだったな!

私は今、ハワイより帰国して、日本にいる??

・・・・??

私の好きな、テレビ番組に「弾丸トラベラー」というのがある。

毎週、土曜日の11時半に放送される番組なんだが、

飛行機で、最短時間での移動!!

芸能人が自分の行きたい国や観光名所を訪れ!

滞在時間が24時間!!

飛行機でまたまた帰国!

だから、1泊3日とか、時差があると1泊4日なんかの・・・

超・せわしい旅なんだが・・世界の様々な風景が見れて!!

毎週、楽しみな番組なんだ!!

さて、我々家族も、この「弾丸トラベラー」だった!

5月3日、早朝5時に、JR高田駅をバスにて、出発!

福島県いわき市にある、ハワイ!!

「スパ・リゾート・ハワイアン」を目指し、6時間の道のり。

午前11時から、午後4時までの5時間の滞在。

ここは、もと「常磐ハワイアンセンター」と呼ばれ・・・

炭鉱が閉山された、50年ほど前にオープンした

アミューズメント施設である。
1 1214

恐ろしいほどの・・人ごみ!!
1 1215

食事は、いつもバイキング!
1 1212

昨年、お笑いタレントの南海キャンディーズのしずちゃんが・・・
このハワイアンズの映画に出演して話題となったせいか!

あとは、4連休の初日のせいなのか・・たいへんな混雑だった!

(江戸時代の情緒あふれる、露天風呂が良かった!)

帰りの飛行機・・?いや、バスにのって、再び高速道路の旅!!
1 1216

帰りは少し速い、5時間半のバスでの移動。

行きのバスが6時間、ハワイで5時間、帰りのバスが5時間半。

この弾丸ツアーを企画した、ある旅行代理店の方いわく・・・

限定40名の募集だったが、たった1日で、予約受付終了。

日本人は、「限定」って言葉に弱いんだ!!

確かに、激安ツアーだったが・・・。

忙しくも、楽しい1日だった。

セクスィーな、フラダンス!きれいな本場ハワイのお姉さんもいた!!
1 1218



アロハ・・・!!
今夜は、つい先日(4月21日)、東京・後楽園ホールにて!!

初勝利をあげた、プロボクサー、ヒロミチが!!

北海道・札幌から帰省してきて、練習に来た!
1 1208

初勝利で得たモノは、自信と体重(7キロも増えたらしい!)かな?

いや、それだけではないはず。

しかし・・今夜、軽く、5ラウンドほどスパーリングしたが・・・

直さなければならない欠点が見つかり・・・

私のディフェンス技術とピンポイントで急所を狙う、スタイルを・・・
体で経験して、何か感じただろう。

それが自分のモノとなってくれば・・・

たとえ、どんな相手であろうと、簡単には負けない。

単純なスポーツのように見えるが・・・

奥が深いんだ。

ヒロミチのお土産!!
1 1209

馬鹿うまビールだ!!

さて・・・タイトル「アロハ」とは??

もちろん、「ハワイ」のこと!!

我が家は明日より、ハワイ旅行です。

明日の朝の集合が早いので・・もう寝ます!!

アロハ~♪♪
駅伝
この人は、頭がいいな~!!こう思える人の一人が・・・

テレビ、ラジオなどのプロデューサー・演出家の
テリー伊藤さんである。

私と同世代の方なら、「天才たけしの元気が出るテレビ」

このテレビ番組のプロデューサーと言えば、わかるかな?

ある雑誌に、彼の言葉で、こんなのがあった。

「人生はマラソンではない。駅伝である。」

人生は、長い。42・195キロを走る、マラソンに、よく例えられる。

しかし、テリーさんの持論は違う。以下は彼の考えである。

マラソンは、42・195キロを走りきってゴールすると、
すべてのエネルギーを出し切って倒れこんでしまう。

しかし、タスキをつないでいくのが、駅伝のスタイル。

そう、タスキを渡していくことが大切なのであり、それこそが・・・
人生なのである。

人生は、自分だけが主人公ではない。

駅伝の一人のランナーにすぎない。

自分のゴールで次の人にタスキを渡すことだということ。

自分には、親からタスキが回ってきていて、これを!!

妻や子供に渡すもの。

いや、仕事上でも上司から部下へと次の世代につないでいくモノ。

まあ、タスキを次の人が継承してくれるかどうかは??
相手に任せればいい。

少なくとも、自分は次のランナーに渡すタスキを持っているんだと
とらえておかないと・・・

人生、最後が投げやりになってしまうんではないか。

これが、テリー伊藤さんの人生哲学なんだそうだ。

いい言葉を聞いた。

まあ、走っているうちは気がつかないものなのかな!

しかし、人生というマラソンの・・・折り返し地点を通過した!!

47歳の私は・・・

なるほどと!!思える・・今日、このごろである。

昨夜の練習より
1 1206

(新人のユウスケは、東京・浅草の生まれ、江戸っ子だ!)

明日から、広島遠征のリョウスケ。忙しい!
1 1207

しかし、でかい13歳だな!!ムサシは!!


龍介、リョウスケ、ユウスケ。

私が、3人を呼ぶと??

発音が似ているから・・皆が、とまどう!!

だから・・君は・・・
1 1203

ユウコリンと呼ぶ!!新人くんだ!
新緑の季節
今日から五月。

緑豊かに・・花が咲き・・そして田植えの季節である。

スポーツ・行楽にもいい気候だな。

五月は、英語で「May」。

春の女神「Masia]の名をとってつけられたそうだ。

開花したものが、さらに成長するように・・・

こんな意味をこめられているそうだ。

フランスのことわざから、ひとつ。

・・・・・・・・・・・・・・・

花を好かない女と決して結婚してはいけない。
野菜の栽培が好きな娘が見つかったら、なお結構。

<ドンリーヴイ>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。