館長日記
格闘技に限らずあらゆるジャンルにズバリ言うわよ!(細木数子風)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェイクスピア
シェクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」より・・・

「何か言っている。だが何も言っていない。
 しかし、目が語っている」

これは、ロミオがジュリエットを密かにのぞきみてつぶやいたセリフ。

ジュリエットの口が動いているのはわかるが
何を言ってるのか聞こえない。

・・・しかし目が語っている。

ある本から引用した文章である。

言葉は大切だ。
はじめに「言葉」ありきである。
しかし、言葉には限界がある。
言葉が発せられたが故に、不幸が起きることも多々あるものだ。

「口は災いのもと」とも言うから。

(目は口ほどに物を言い・・とも言うが)
(表情、雰囲気、そして・・まなざしも大切という意味)

黙っていれば・・何も起こらなかった・・とよく後悔するもんだ。

だが・・「ごめん」のひとことが言えないときもある。

こんな時は、やはり・・携帯電話でのメールだな~!!

言葉で表すのが苦手な人だっている。

(説得力はないんだが・・)しかし・・

距離をおき、文章を発信して・・理解を得ることもある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて・・今夜の説教部屋??は・・こいつだった!!

元・高校ボクシング・インターハイ代表選手・ジョー君
20080228234147.jpg

ちょっと・・わけありで・・ジョーを・・急きょ、呼び出し!!

練習&スパーリング&・・・説教部屋行きだった!!

相手をしたのは・・「弟・弟子」にあたる・・龍介&リョウスケ。
20080228234450.jpg

ジョーは、ウェルター級(66キロ)の階級だったから・・大きい!

館長のお仕事は・・殴って、蹴って!!指導するだけじゃない!!

でも・・もう・・わかったはずだな・・・。
スポンサーサイト
何のために・・・
世界で一番難関と言われ、世界各国から多くの学生が学びに来る・・

米国・ハーバード大学のビジネススクール。

注:ビジネススクールとは、日本でいうところの経営学部の
  大学院のこと。
  ケース・スタディで多くのビジネス手法を学ぶ。 
  私も(挫折したが)かって目指そうと思ったことがある。

そのハーバード大学・ビジネススクールでの講義でこうゆうものが
あるそうだ。

死の床にあり、まさに臨終を迎える、ビジネスで成功した経営者に・・
自分の人生を振り返ってもらった。

すると「もっと仕事をすればよかった」という人はいないそうだ。

誰もが「家族や自分のために、時間を使いたかった」と話すそうだ。

どんなに成功して、「ミリオネラー」つまり億万長者になっても・・

自分なりに「働く意味」を見出せなければ、幸せになれないと・・・

世界一の大学、「ハーバード大学」で教えるそうだ。

日経新聞の取材班が3500人に「働きがい」を聞いたところ・・・

「自分の成長」(46%)
「達成感」  (43%)
「賃金」   (31%)・・・(第7位)

お金では・・なくなってきているんだな~・・・。

私は・・凡人だし・・もう人生の後半戦になっているから・・
ずばり「お金」のために・・働いているのみ。

家計を維持し、好きな格闘技に関わり・・
年に1回海外旅行ができればいい!!(贅沢!)

物質的に豊かになった日本では、働く報酬として何を求めるかは・・
一人ひとりが探すしかない・・

アンケートの結果を社説で、こう書いて結びとしていた。

経済学者ケインズは言った。

「生きるために働く必要がなくなった時、人は人生の目的を
 真剣に考えなければならなくなる」

・・・・・・・・・・・

(訂正だ!)
もう私の人生は後半戦ではない。

サッカーでいう後半のロスタイムみたいなモノ(笑)

この子たちの・・未来は・・?どうなっていくのかな~!!

昨夜のキッズクラス
 20080227060514.jpg


20080227060755.jpg

かつコーチは、昼は不動産の仕事、夜はキャバクラ経営と充実の日々。

だらだらしちゃ・・いかんぜよ!!若者よ!!
その場しのぎ
東北大学の学長だった、西澤潤一氏の言葉に・・・・

例えば、使っているホースに穴があいたら、

アメリカ人ならホースを取り替える。

ヨーロッパ人なら、穴のあかないホースを作ろうとする。

日本人なら、ホースに絆創膏を張る。

こんなことを述べたそうである。

日本人の基礎研究についての例え話だそうである。

つまり、日本人はその場しのぎの技術だということ。

日本人は応用技術にすぐれているのだが
欧米で研究開発された汎用性のある基礎技術の成果をもとにして
極端に言えば、「絆創膏の張り方がうまい」ということを
言っている。

日本人はオリジナリティのある基礎研究の分野が劣っているのは・・

今の教育は知識量を増やすこと重点があり
思考能力、研究能力が衰退してきていると言われている。

「臨機応変」が求められるのは、一瞬のタイミングが求められる

格闘技の常なのだが・・・・

やはり、普段の練習は「基本の反復」が一番大切だ。

「その場しのぎ」が求められるのは・・試合のリング上だけ。

・・・・・・・・・・・・・

「ホースの穴に絆創膏」このテーマでの西澤氏の文章を読んで!!

「なるほど」と思ったが・・・

これを格闘技に結びつけるのは・・・

ちょっと・・無理があったな~!!(苦笑)

龍介の左アッパー!(右のガードがダメ)
20080226063504.jpg

春を待つ・・・人へ。
日本の学校は、大蔵省(現・財務省)の会計年度に合わせているから

4月が新学期だし、日本の企業の多くは、4月が入社式となっている。

春は、もうそこまで来ている・・・。

心の中で・・今の心境が・・「冬」と感じている人は・・

この文章を読んでみたら・・・。

(恋愛の中の・・「心が寒い・・冬」が、テーマではないんだが)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今の生活が・・なぜか充実していない。

「働く」ということが「苦」になっている。

または・・あと一歩が踏み込めない・・・。

こんな人の為に・・・。

・・・・・・・・

好きな職業に就き、行きたかった会社に入社するのは・・難しい。

働く毎日が・・・「辛い」

「苦しい」と感じることに・・思い当たるポイントは、2つ。

1つは・・・その働く場所に・・自分の居場所があるか?

そしてもう1つは、サラリーマンとしての生き様を理解しているか?

最初の・・「居場所」を見つける・・。

これは、組織における、人間関係の中で、自分のポジションを知る
ってことだな。

日本の教育は個性を伸ばすより、平均化を大事にする。

しかし・・実社会の組織は、十人十色。個性のかたまり、集団だな。

いつも主人公のような存在もいれば、脇役の存在もいる。

陽性な性格もあれば、引っ込み思案で人見知りもいる。

優しい先輩もいれば・・意地悪な根性悪のおばさんもいる。(苦笑)

この意地悪が・・昼ドラの意地悪女のはまり役!

女優「小沢真珠」のように・・!!綺麗なら・・まだいいんだが(笑)

たいていは・・・綺麗じゃない・・オバハンなんだな~!!(爆笑)

なかなか・・スムーズに仲間に溶け込めない・・・。

だが努力して・・自分の居場所を見つけなければならない。

まずは・・基本ができているか?

挨拶は、きちんとできるか?

人の目を見ながら、話を聞き、話をするか?

そして・・・大切なのが・・・今、はやりの「KY」

つまり・・空気が読めているか!!

まあ、これさえしっかりできれば・・一生懸命頑張っていると!!

ひょっとしたきっかけから・・・組織になじみ!

上からかわいがられ・・同僚とも溶け込んで・・

ポ~ンと!!自分の位置がわかり、居場所を確保できるもの。

あとは・・ひたすら努力と工夫と・・・

どれだけ経済効果をもたらす人間になれるかで・・評価されるだろう。

(ここが正社員と、パート・バイト・契約社員・派遣社員との違いだ)

(正社員以外は・・企業にとって都合のいい存在にすぎない)

(私は、正社員以外の存在を否定しているのでなく・・・)
(あくまで、企業経営における人件費の削減のメリットのみを!)
(語っているのであるから・・・)

人間関係ほど難しいモノはないのだが・・・

(転職の理由の一番多いのが、人間関係のつまずきだそうだ)

・・・・・・・・・・・・・・・

今、自営業や請負で仕事をしている人、そして企業の経営者と・・

サラリーマンつまり、給与所得者の比率は??
どのくらいなのだろう?

いずれにせよ・・・
一念発起して「社長」となるのは・・さほど難しくないんだが・・

事業を継続し、利益を出し、会社を維持することは、
非常に難しい時代である。

だから・・
人は会社に勤め、「サラリーマン」となり、
毎月給料をもらう存在となる。

残念ながら、私は、ダメなサラリーマンの典型だから・・・

この2番目の「サラリーマン」としての訓戒を語る資格はない!

(会社員は、固定給を得るための手段に過ぎない。)

だから・・今週の日経新聞に「今、若者たちへ」という表題で・・

文章を投稿された、明電舎社長・片岡敬治さんの言葉を紹介しよう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この片岡さんは・・大学卒業後に入社した住友銀行では・・・
入社後8年間は、まったくのダメ社員で・・
何をやっても評価されない時期が続いたそうです。

それが8年目に使えた上司の支店長が「拾う神」となって!!
もの凄く叱咤激励されて・・ひとかわむけて!一生懸命勉強し、
働いたそうだ。

ここからは、片岡氏の言葉です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この時を振り返ると、若い人たちには、
負け組みだ、勝ち組だなどと言って目先のことで一喜一憂するな、
と伝えたい。
世の中には、捨てる神あれば、拾う神もありで、
チャンスは必ず巡ってきます。
あきらめずに目の前の仕事に前向きに取り組んでいれば、
誰かが必ず見てくれるものです。

会社では、やりたい仕事があっても、思い通りに就けないことも
多々あります。しかし、会社にとって不必要な仕事があって
余分な部署などというのは一切ありません。
すべて必要だから存在してるので、与えられた仕事や
任せられた仕事で「その人あり」と言う存在になることが大切です。
「彼にやってもらおう」
「彼女に頼もう」と言われるようになることです。

また、私の経験では、少し荷の重い仕事をすることで、
仕事に面白みが感じられるようになり、自分の成長にもつながります。
30代の頃、大きなプロジェクトの末席に連なる機会が
2度ほどありました。
私には、荷が重いと思えるような仕事でしたが、そのぶん工夫したり
考えるようになるんですね。
そういうチャンスをくれた上司に感謝しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ・・この文章は一部を抜粋したものだが、
非常に、ポイントをとらえた指摘をされている。

まあ・・大企業で生きていくサラリーマンだけでなく・・・
地方で生きる、社会人も一緒。

・・・・・・・・・・・・・・・

どんな人間でも、一生に3度チャンスが来るという。

そのチャンスの意味は・・仕事だったり、恋愛だったり・・・

様々なジャンルにあてはまるそうだ。

「今」を一生懸命生きる奴には、必ず「明日」という「未来」が

・・・訪れる。

「今日」という日を・・いつもと同じように流される奴は・・・

何がチャンスなのか?

今がチャンスのタイミングなのか?

何もわからずに・・・3度のチャンスを逃す奴だろう。

私はチャンスをつかんだかどうかは・・・(微妙だな~!)(苦笑)

社長じゃなくて・・平社員のサラリーマンだし~。

成功者の証・ベンツやフェラーリに乗ってなくて・・・

遠征用の多人数が乗れるミニバンしか・・車はもてない状況だ。

相変わらず・・裕福ではないんだが・・(住宅ローンは残ってる)

しかし・・充実した毎日を送らせてもらっているし・・・

我が子にも・・好奇心を満たす経験はさせてやっているつもりだ。

年をとっても・・若い子と格闘技の練習ができるってのも!!

非常にうれしいし・・(体はガタガタだが・・)

(最近は、かなり・・スパーリングでの衰えが目立ってきた)

今の嫁さんとめぐり合えたのは「吉」だろう。

以上・・長い日記となったな~・・・。


















雪の日曜日。
平日は、ポカポカ陽気。週末になると雪嵐の、今日・この頃。

スノーボーダーの私は、今シーズンは・・いまだに・・

1回も滑りに行ってない。

今朝もモノ凄い吹雪だった。

だが・・雪の日だってロードワークを休んじゃいけない!

何せ・・牛乳パックと食品トレーは、山ほどたまるから!(笑)

それらを捨てに・・!

(いや・・格闘技をやっている者は・・毎日走らなければならない)

私とスズは、スーパーマーケット(原信)まで走らなければならない

高田公園のお堀の周りを走る・・(帰り道!)(朝7時頃)
20080224141626.jpg

右利きの・・・「左」そして「しゅうぞう君」
右利きの人は、本能で右のパンチを打つことができる。

そして、また、右足で蹴ることも・・・また当たり前。

だが・・・

相手に、より近い距離にある「左」を使うことが生命線となる。

ボクサーであれば、「左ジャブ」で試合を組み立てられるか?

キックボクサーであれば、左ミドルキックを強く蹴れるか?

右の練習の・・倍は、練習しなきゃならないのが「左」だな。

世界を制するのは「左」だから。

1970年代後半~1980年代の伝説的な世界チャンピオン!
アレクシス・アルゲリョの左ジャブ。

今をときめく!!ブアカーオの左ミドルが、いい教科書だ!!

・・・・・・・・・・・・・

テニス界に・・またもや新星があらわれた!!

海外トーナメントを制した18歳。

錦織圭(にしこり・けい)選手。

王子系のハンサム顔。

(彼もまた・・・左のバックハンドショットがいい!)

彼を見出した・・元プロテニスプレーヤー松岡修三さんが・・

11歳の錦織選手が参加した「修三チャレンジ」という

2001年に行なわれた、テニスの強化合宿で出会ったという錦織君

(この映像は・・私も覚えている)

錦織選手の優勝についてのインタビューを求めれていて・・・

松岡修三氏は、思わず涙を流し、語った姿が印象的だった。

話がそれるが・・・

今から??もう24年前になるかな~・・・

1984年になるかな・・・

私は大学を卒業して、東京・市ガ谷にある「B」という

英会話学校にて働いていた。

アメリカ人とカナダ人の英会話教師が30人ほど在籍する学校で

学校を運営する職員として働いていたが・・・

当時、高校を中退したばかりの・・・

(たしか高校テニスの名門・柳川高校だったと思うが・・)

16歳の背の高い・・ハンサムな少年!!

松岡修三氏が・・プロテニス界に入る準備のために・・・

私の働いていた英会話学校のプライベートレッスンを受けに・・

週1・2回、半年くらいかな~・・・通っていて!!

私も、受付にて、何度か言葉を交わしたこともある。

(もちろん、彼は覚えていないだろうが・・・(笑)

(私は・・よく覚えている!)

(当時、勤務していた、社長や上司からも・・)

(名前をよく覚えてなさいって言われてたよ・・修三君のこと)

後年・・お~・・あの修三君・・頑張ってるな~!!

よくテレビで見るたびに(心の中で)拍手したもんだ!

まあ・・不完全な・・私から見れば・・・

彼(松岡修三氏)は・・完全男!100%パーフェクトな男だな!

ええとこのお坊ちゃん(確か?東宝の御曹司だっけ?)だが・・

まったく嫌味のない!!礼儀正しいスポーツマン。

背が高くて・顔がよくて・・頭もいい。

そして・・何より清潔感があって・・もう誉め言葉が尽きない。

何か・・悪い所・・いや・・ないんだよな!!

そして・・また・・私のいる格闘技界には??

こんな・・修三君みたいなタイプは・・いないんだよな~(苦笑)

(いや・・1人いた!!)
(新潟拳心館の元プロキックボクサー・・イケメンの坂上さん!)
(右側の選手!)(今でも強く・・かっこいい!)
20080224010219.jpg

(今年の1月:左よりティム選手、レフリーは坂井さん、坂上さん)

土曜日の「朝練」より
20080224004806.jpg

ときおり・・喘息のため・・練習が中断するが・・頑張るヤマト!

(修三クン・・タイプではない)(苦笑)

アドバイス
サクセス・ストーリーを読んで・・成功するだろうか??

ITビジネスで成功し、東京・六本木ヒルズに会社をかまえ・・

ベンツ・フェラーリにのってる優雅なご身分の青年実業家。

成功者となった人の・・・

そこまでの経緯をたまに雑誌などで目にするが・・・

まあ・・(嫉妬も少々!)あまり・・参考にならないものである。

なぜ・・成功したのか?

そこには・・オリジナリティ(独創性)を持ったパイオニアとしての

血のにじむような・・泥臭い努力があってこそのモノ。

そんなノウハウを簡単に公開するものじゃ~ないから。

しかし・・失敗者の体験談は・・きっと役に立つ。

たしか・・「八起き会」という団体があったと思うが・・。

「七転び八起き」から・・名前の由来があるという。

自分の会社を倒産させてしまった、会社社長の会である。

この会から講師が派遣されての講演会が好評だったものだ。

私は、成功者の輝かしいお話より・・・

「こんな過ちをしてはならない」

かって失敗した者の・・・
そんな経験者の・・苦渋を知った訓戒・アドバイスは・・
非常にためになるものだと思う。

現在、私は単なる・・格闘技道場の館主にすぎない。

決して成功者ではないし・・かって会社を潰したこともある。

そんな私のところにも・・相談に来る者は・・決して少なくない。

今、修道館に通う者。

かって通っていた者。

多くの縁故のある者。

(先週・金曜日の夜も・・ある者が練習後に相談に来た。)

(彼にとってプラスになれば・・いいのだが・・・。)

自分の知りえる知識と経験を踏まえた上での・・

助言とアドバイスをさせてもらう。

的確でないかも知れないが、誠意を込めて答えている。

だが・・これもあくまで参考意見。

最後に決断するのは・・あなた・・つまり自分自身。

人生の岐路に立ったとき・・・

果たして・・どの道が正解なのかは・・??

短い時間で、答えはでないモノ。

10年・・いや・・20年。

または・・・臨終の瞬間に・・・

「!」 あ~・・この道を選び、歩んできて良かった・・・。

「我が人生に悔いなし」と思いたいものである。

しかし・・・・

こんな風にいかないのが・・凡人の常。

ま~・・・困ったときには・・語り合おうではないか!!

悩み事を抱え込んで、孤独でいるよりも・・・

そんな時は・・(季節は??だが)

外で焚き火でもしながら・・コーヒーを飲んで・・・

なんとなく・・・ボ~と炎のゆらめきを見ながら!!

夜のひと時を過ごすのが・・いいんだな!

(・・!!・・今年は・・キャンプに行こう!)

(ビリーズ・ブートキャンプではない!)(笑)

(テントも2つ持ってるし、一通り道具は買い揃えてある!!)

(家族だけ、または高校生ボクサーを連れて行ったこともある!)




感動・・・!!
スポーツの感動は勝った・負けたではなく・・・

どれだけ感情移入させられたか?

感情の起伏を揺さぶったかであろう。

古くは・・・柔道の山下選手のロス五輪の金メダルをとった決勝戦。

「ドーハの悲劇」と呼ばれた、サッカー・ワールドカップアジア予選

日本VSイラク戦・ロスタイムでの同点に追いつかれ瞬間。

シドニー五輪・マラソンでキューちゃんこと・高橋選手の圧勝!

そんな国民的関心事にならなくとも・・・

ボクシング・内藤選手が3度目のタイトル挑戦で、

そして、坂田選手が4度目のチャレンジで世界チャンピオン!

(ほとんど・・一部ボクシングファンしか知らないそうだが・・)

(この2試合は小さな後楽園ホールでの試合だったが・・)
(観客だけでなく、放送関係者・雑誌記者なども、涙したという。)

身近な例では、ハクトこと洋平のタイトルマッチ!

プロキックボクシング・NKB日本ウェルター級タイトルマッチ。

ハクトVS瀬尾での・・痛烈・劇的なノックアウト勝ち!

洋平は涙ひとつなく!!明るい性格そのもので!!

まばゆいくらいに・・輝いた笑顔!

そんな選手にならなくたっていいが・・・

キッズクラスのメンバーは・・・いろんなことにチャレンジして!

一生懸命・何かに打ち込む・・熱いハートを持って!!

感動をわかちあう仲間を作り!!

心と体を鍛えて欲しい!!
20080220062941.jpg


20080220063029.jpg


20080220063101.jpg

追っかけ
日経新聞の土曜日には・・・!!

毎回、身近な社会現象を検証・分析する、面白いコーナーがある。

先週の特集は・・・

中高年もロマンと熱狂を求めて、あこがれのスターを追っかける?

・・ずばり「追っかけ」だった。(笑)

ヨン様、イ・ビョンホンをはじめとする韓流スター!
氷川きよし、ジャニーズアイドル!!
ハンカチ王子、ハニカミ王子!!

今なら、ハンドボールの宮崎選手が・・旬なのか。

これらに胸をときめかす・・!!中高年の女性たち!!

各界の権威が分析したこの現象を一部紹介しよう。

精神科医の香山教授は、「追っかけ」を

あわよくば恋愛まで持ち込みたいという「現実恋愛目標型」と
現実の恋愛にならないからこそ追いかける「理想恋愛追求型」の
2つに分ける。

(前者は、一歩間違えば「ストーカー」だな。恐ろしい!)

後者なら空想で完結するから傷つかない。
宝塚の男役、韓流スターにはまるのが、このタイプとのことだ。

フリーライターの島村氏は中高年のミーハー現象を
「ロマンチックウィルス」と命名した!!

「やればできるんだという達成感。この年にして、こんなに!!
 楽しい日々が待っていたとは!」

というロマンチックウィルス感染者に共通するのは・・

「熱狂する自分自身に恋してること」

ちなみに島村氏が、「韓流スター」の追っかけを分析したのは・・
興味深い!!

「文化・言語的な違いという「遠さ」と、
 顔立ちの類似、飛行機ですぐという「近さ」の・・・
 微妙な加減が安心材料になるから」

(我が家の韓国旅行の時には・・あまり?いなかったが・・)
(焼肉グルメと韓国エステが目的の女性が多かった!)

日大医学部の渡辺教授は、

若者の追っかけを・・・「移行=成長の過程」
年配者の追っかけを・・「退行=子供返り」 と考えるそうだ。

移行は、異性とのつき合いに進む前のウオーミングアップ。
退行は、若いときに願っても満たされなかった思いを
今に置き換える作業。
子供返りは・・癒しになるそうだ。

その他もっとたくさんの・・・なるほど!と思う分析があったが
割愛する。

「一番充実するのは、試合に勝って、選手の喜ぶ顔を見る時!」

まるで・・母親気分の独身中年女性!

チームの勝利に貢献しなければ・・・
こんな思いのJリーグや大リーグの熱心なファン。

追っかけの対象は人に限らず、列車を追いかける鉄道マニア。
カメラで流氷、渡り鳥を撮る人。

最後に・・精神科医の斎藤教授は、

ある行為や考えにはまって抜けられない状態を「ハマリズム」と呼ぶ
そこには、衝動的・反復的・強迫的・どん欲という4つの特徴がある
その行為を、自分や周囲に有害となれば「依存症」に近くなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「追っかけ」も理性の一線をちょっと越えたり、戻ったりしながら

「夢中」という感覚を楽しむべきものなのだろう。

私は・・熱心な「追っかけ」ではないが・・・

この5年間・・・

プロボクサー、プロキックボクサーとなった我が弟子の戦いを・・

見届けに・・(時にセコンドスタッフとして)

東京・水道橋・後楽園ホールに通っている!!

あとは・・「スーパーカー」かな~!!

はまりかけているのは・・・。

この2人が・・プロのリングに上がるのが・・楽しみだ・・♪♪
20080219064745.jpg

共に1週間練習を休んだ、ヤマト(喘息)・リョウスケ(風邪)

勝者と敗者だ・・??

手作りの♡ラブラブのチョコをもらった・・ヤマト!!(照れ笑い)

コンビニで・・(チョコを)買うしかない・・・リョウスケ。(泣き)

マス・ボクシングでも・・なぜか??力がはいっていたのは!!

・・・チョコをもらえなかったからか!!リョウスケ君!!(笑)

来年は・・・高校チャンピオンになって・・!!

「追っかけ」られる・・ボクサーになれ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ズバン!とボディが入る!!
20080219065606.jpg

お試し
今朝も、除雪で始まった一日だった。

現在、上越市・高田の降雪量は60センチほどか?
20080217213220.jpg

本来、寝起きの空腹時に走らなければならなのが、
ボクサーのロードワークの鉄則なのだが・・・。

(まあ・・私は、ボクサーじゃないから・・いいっか~!!)

朝食後、いつものようにスズと走りに行く!!

牛乳パックと食品トレーを!スーパーマーケットに捨てに行くのを
兼ねて!!

毎週、親子で走っている!

おや・・?何だ?あれは??(走っている時に見つけた!)
20080217213723.jpg

ズームアップ!
20080217213938.jpg

車が・・雪に・・埋もれている!!

さて・・このところ・・肩の張りがひどく・・!!

が・・しかし・・接骨医に通う時間も・・ない。

カウンター・パンチャーの素質がある・・太郎とのスパーで痛めた

首と・・・原因不明の肩こり。

加えて、連日の除雪作業の疲労もある。

金曜日の練習より・・(左が・・太郎)(俺をいじめてくれる!)
20080217214512.jpg

(まあ・・うれしい・・悲鳴だ!)(微笑)

午後よりは・・・「無料」マッサージに行く。

無料?マッサージ??

それは・・大型電気店の高級マッサージチェアのお試しコーナーだ!

最初に・・ヤ○ダ電器、次は・・ジョー○ン、最後はコ○マ。

3件、マッサージチェアのハシゴだったが(笑)

最後のコ○マ電器では・・1時間ほど・・眠ったらしい!!

「らしい」ってのは・・!!

私が、よだれを垂らして、いびきをかいているんで・・

同行したスズは・・恥ずかしくて・・声をかけなかったからだ。

他人のふりして、ちょと離れた・・
小さなマッサージチェアに座りながら・・・

持参したコンピューターゲーム・「任天堂DS]をやっていたスズ。

私がスズに 「なぜ?起こさないのか」・・尋ねると・・!

スズいわく・・

「みんなジロジロ見ているし・いびきかいてる(屁もこいたらしい)
 
 そんな人は・・あっちオジサンに決まってるじゃん!!」

うちのせがれは・・大馬鹿野郎だ!!

裏切り者~!

しばらく・・コ○マ電器には・・行けない。
 
ゴン
雑誌に・・・(ビッグトモロー)

サッカー選手の「ゴン」こと中山雅史さんの記事があった。

非常に感銘を受けたので、紹介しよう。

現在40歳という・・・
プロサッカー選手では、カズこと三浦選手とともに

異例の高齢者のプレーヤーである・・ゴンこと中山選手!!

・・・・・・・・・・・・・・・・

課題は?と聞かれた時の答えは変わらない。

すべてですよ。
ひとつひとつのプレーをちょっとづつでもレベルアップできたら・・
と思い続けている。
動きの質をはじめ、技術的な部分もね。

(中略)

今も昔も、ただうまくなりたいだけなんですよ。
自分のイメージしてる「こうなりたい」という姿に近づきたいんです
その点、うまい人は理想像に接近できたからケリがつけられるんだと
思うんですよ。
でも、俺は「こうなりたい」という理想像のまだ、だいぶ下だから。
つまり、今も‘のびしろ‘がたくさんあるってことですよ。
欲張りたいね。
一歩でも近づきたいね。

ただ、現実問題として年々フィジカル的な能力が落ちているのは、
数値として出てくる。
じゃあ、そこで何もせずに衰えを受け入れるのか。
鍛えて、維持し、なるべく緩やかな曲線にしていくのか。
当然、常に向上できればいいと思ってトレーニングに励んでいますよ
欲張りだからね。
それに、俺が最後までやっていると若手も手を抜けないでしょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いや~!!私はサッカーファンって訳じゃないが・・・

ゴンは好きなプレーヤーだ。

そのゴンが・・私に・・話しかけてくれるみたいだ!(笑)

(インタビューの記事を続けよう)

まだまだサッカーをやりたい。その気持ちは強いですよ。
とはいえ、チームの戦力なならず、ダラダラとやっているだけでは
意味がない。
若手の刺激になるというのも貢献のひとつかもしれないけど、
やっぱりグランドに立った時、どれだけ結果が出せるか。
出場時間が短くなっていく中で、どれだけ充実したプレーを
見せられるか。
自分に対して、自分自身がいちばん厳しい目を持って見ていくこと。
これは甘くなってきている自分に対しての自戒も込めて。
未熟な部分をもっと成長させたい。
自分に負けたくないんですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

言われたな~・・・。
あ~・・自分は・・まだまだ・・ダメな奴だ。

(ゴンの言葉を続けよう)

一方で、昨年40歳になったこともあって、
周りからは「40代ですね」と感想を聞かれることも増えました。
区切りの年と見られがちなのはわかりますけど、
それをどう感じさせないようにするか、ですよね。
自分も年齢を意識したくないし、
40という数字に寄りかかるような自分がいるのは・・悔しいから。
40歳。
それは40年、生きてきた表れであるけど、
一般常識に、はめ込みたくないな・・・
という気持ちはあります。

この負けず嫌いな性格は、子供の頃からだし、
年齢に屈するのも嫌ですから。
まして、僕より上の人が頑張っている
Jリーグには、カズさんというトップがいますから。
俺としては気楽な立場ですよ。
だってね~
どこかでカズさんが「60歳まで、現役で」とコメントしてましたが
あの人は本気ですから。
まだまだ俺も頑張れるって思いますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだまだ、この素晴らしいインタビューは続くんだが!!

続きを読みたい人は「ビッグトモロー3月号」を読んでください!

ちなみに「ゴン」というのは・・・

中山氏が筑波大学生の頃は、ポッチャリ太っていて・・

当時「オレたちひょうきん族」というテレビ番組が流行っていて!

ビートたけし演じる「鬼瓦ごんぞう」にそっくりだったので・・

「ごんぞう」→「ごん」となったそうだ。

 
ジュビロ磐田:中山雅史選手・通称「ゴン」
09MasashiNAKAYAMA.jpg

誰だって公平に、老いていく。

老いることは・・恥ずかしいことではない。

老いることは・・(自分に)挑戦することでもある。

負けてはいけない。自分に。 BY 館長。

バレンタインの思い出
昨日は・・・「バレンタインデー」。

私が・・マイアミ大学に留学していた時は・・・(1987年)

学生寮に住んでいて、フランス人のパット君との2人部屋だった。

ルームメイトのパットは、交際していたアメリカ人の女性に!!

2月14日に・・バラの花とカードを贈っていたのを思い出す。

(パットは、なかなか・・しゃれた奴だった。)
(クラシックバレーをやっていた奴で・・私も少し習ったが!)

そして・・私も・・せっかくアメリカに来たんだし・・

英会話を身につけるには・・・ガールフレンドを作ればいい!!

その目的のために・・大学のサークルと言うか・・

学生課主催の講習会がたくさんあって・・・

私も・・週1回専門のインストラクターが指導する

「ジャズダンス教室」に通っていた!!

そこで・・知り合ったのが・・

いつも・・私の隣に並んでいた・・ノルウェー人の女の子だった。

「リスパット」という背の高い・・きれいな留学生だった。

バレンタインの翌日だったが・・・

ルームメイトのパットに・・勧められ!!

ジャズダンス教室の練習が終わった時に・・・

思い切って・・

「ウッジューライクゴーテュー・コーヒーショプ?」

コーヒーを飲みに誘い・・

「ノー・プロブレム、レッツ・ゴー!」

(いいわ・行きましょう!!)

コーヒーショップに行き・

・・私がチョコレートを彼女にプレゼントして・・

「日本では・・女性が好きな男にチョコをプレゼントする習慣がある」

こう説明したのを・・思い出す!!

彼女は・・10歳の頃、父親の仕事の関係で東京に2年間
住んでいたことを話してくれ・・・

妙に・・親近感がわき・・つたない英語で・・

一生懸命・・しゃべったな~・・・!!

「バレンタインデー」・・・。

甘く・・せつない・・思い出が・・いっぱいあるが・・・

今年は・・2個のみ。

カミサンにもらった・・明治の「アポロチョコ」。

職場で・・パートのおばちゃんにもらった・・義理チョコ1個。

47歳・・・何と・・トキメキのない・・バレンタインだ(涙)

注:バレンタインデー(インターネットで検索)
ヨーロッパなどでは、男性も女性も、花やケーキ、カードなど様々な贈り物を、恋人に贈ることがある日である。カードには、"From Your Valentine" と書いたり、"Be My Valentine." と書いたりもする。

昨夜は・・練習生のために・・

うちのカミサンがチョコをたくさんを買ってきていたが・・・

龍介のみが・・練習に来ていた。

・・・しばらく・・私のおやつは・・チョコだな~!!

(龍介の写真が・・昨夜デジカメに撮ったんだが?写ってない??)
少女A
中森明菜は・・歌唱力があったな~・・!!

特別、ファンってわけじゃ~ないが・・・

たまにFMラジオで聞くと・・!!魅せられてしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて・・今日のテーマは「不良」

グレてしまった子供に、面と向き合うのは親として非常に難しい。

また知り合いに、そんな人物がいて、関わった場合も・・・

かって「不良」の経験のまったくない人や、家族にそんな存在が
いなかった人には???

どう対峙していいか・・わからないものだろう。

自信をもってアドバイスしたり、明確に過ちをただすことのできる

そんな人は・・少ないだろう。

上からの目線で・・「~はダメ」

まあ・・典型的な「生活指導の教師型」では・・効果なし。

「自助努力、自立」で立ち直るまで待つ・・これもダメ。

(逃げているだけ)

こんな存在を拒絶し、自分とは無関係だと関わらない姿勢もダメ。

そんな存在のまま・・社会に出れば・・

親や大人から見離された・・「不良」が行き着くところは・・・

新聞で見られる犯罪や事件、または・・・

ヤクザ社会や風俗関係に・・かかわってしまう・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

親ならば・・恥も外聞もない。地位や立場、そして仕事よりも
最優先して本気で取り組むしかない。
裸で立ち向かわなければ・・子供は、見抜いてしまうから。

最後の最後まで責任をとるのは・・親である。

ただ・・親にも限界があるから・・その道の「矯正のプロ」に

アドバイスしていただいた方がいいだろう。

この私だって・・そんな存在に・・相談することもある。

新潟市のフリースクール経営者・元トップ・アマボクサーだった
・・・岸本氏である。

まあ・・解決の根本は単純なんだけど・・!!

門限を守らず、夜遊びする子は・・・

自分の家に「居場所」がないし・・心やすらぐ人間関係がないからだ。

ゲームセンター、カラオケ、夜の街には・・

魅力的な楽しい世界がある・・・??

ん~ん、これも・・間違ってはいないが・・・

同じ悩み、同じ楽しみを共有する仲間がいるから・・そこに行くのだ。

だから、門限を守らず、夜な夜な遊び歩く「不良」となってしまう。

不良少年・少女が・・・外に居場所を求めず、

最後には・・家が一番大切な居場所であることに気づくために!!

家族のあり方を・・真剣に親自身が自らを省みることだ。

そして・・こんな「不良」と関わっている・・親以外の大人は・・

まったく・・「対岸の火事」と思わず・・・

自分の思春期の頃を思い出し・・・

何か・・共感できることは・・ないか??

そんな「不良」くんにも・・!!

何か・・ひとつでも・・「いいね~!!」

ほめてあげて・・注目してあげることはないか!!

まあ・・ここからだろうな~・・・・。

けっこう・・「見た目」と「素顔」は違うから・・・!!

まあ・・大人から見れば

「沢○えり○」は・・一見!!何これ??(冷や汗)

・・・しかし・・素顔は・・本当は、素直でいい子!!

親としては・・「長○まさ○」を望むんだろうが・・・

「長○まさ○」タイプは・・実は仮面をかぶった・・性悪おんな!

まあ・・よくあるパターン!!

・・・・・・・・・・・・・・・

私は・・そう・・今から17年前かな~・・!!

以前、「館長日記」に書いたが・・・

30歳の頃・・東京で・・

新しく会社を立ち上げる準備していた頃だが・・・

一日18時間くらい働いていて・・その気晴らしに!!

週末の土曜日の深夜・・・

東京都府中市の某所で・・深夜やっていたのが・・

「ゼロヨングランプリ」

もちろん違法行為だが・・暴走族とは違う・・「走り屋」の集まりに

若い仲間と・・たまに・・行っていた!!

当時乗っていた・・「セフィーロ(ツインカムターボ)」

これで・・たまにレースにも出た!!

これに集まるギャラリーの女の子と・・話をしたり・・・

バイト仲間(運転代行)のガールフレンドが・・・

ヤンキー少女だったので・・深夜のファミレスで!!

よく話をしたことがあったが・・・

・・!!よくよく・・話せば・・ヤンキー少女も!!

素顔はかわいい。

なぜ??そんな風に・・なってしまったか・・。

当時の私は・・30歳、バツいちの・・おっちゃんだったが・・・

不純な動機で・・つきあう大人ではなく・・・

本音をよく・・はなしてくれたもんだ!!

この彼女は・・素顔は・・いい子かしら??
20070911-00000011-oric-ent-view-000.jpg

スイーツ
体調が・・すぐれない。

肩の張り、右ひざの具合が悪い。(アキレス腱も痛む)

3連休明けの・・テンションのさがる・・1日。

(仕事は・・かったるい。)

今日は・・火曜日、かつコーチの来る日なのに・・・

本人は・・休み明けの初日、月曜と勘違いか?・・ド忘れ。

張り切って練習に来ている、龍介の相手をしたが・・

体調バッチリの・・現役ミドル級のプロキックボクサーの・・・

相手をするには・・

ちょっと・・最悪コンディションの私には・・荷が重い。

たいしてパンチやキックは・・もらっちゃいないが・・・

すさまじい威力のキック、パンチの持ち主と!!(龍介のこと)

向かい合っているだけで・・神経は、ピーンと張り詰めているものさ。

神経すり減らして集中しなければ・・彼の勢いは、さばけない。

(ほんの4ラウンドだけだが・・もう限界だった)
(太郎が来たんで・・スパー相手を変わってもらった)

・・今夜は・・ひどく・・疲れた。(ため息)

この前、キッズクラスのカズヤのおばあちゃんに頂いた・・!!

激うまの・・ロールケーキが・・無性に食べたくなった。

明日、買ってこよう!!

「菓心亭かまだ」のロールケーキ
20080213000031.jpg

バカうま!!

プロの味だな・・こいつは!!

クリームのふわふわ感が絶妙だ!!

これ食うしか・・特効薬はないよ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今夜の練習より

キッズクラス全員VS龍介のスパーリング
20080213000858.jpg

ソウル
韓国・ソウルの観光名所「南大門」が放火の疑いで消失したとの

ニュースが流れた。

一昨年の3月下旬に、2泊3日の家族旅行でこの地を訪れたが・・・

「南大門」・・バスで通りすぎただけだったが・・よく覚えている。

確か・・韓国の木造建築で最古の歴史的遺産では?なかったろうか。

昼は、多くの観光客で混みあい、夜は、ライトアップされて・・

幻影的だったとの印象がある。

韓流ブームは・・??まだ続いているのか・・知らないが・・・

当時、ブームだった「冬ソナ」を見た・・私は・・・

ソウルは・・美しく・・日本と変わらぬ都市を想像していたが・・

市内を流れる「漢江」という大きな川のリバーサイドにそびえる

近代的な高層ビル・高層マンションに住む富裕層と・・・

市内の大通りの・・路地裏に一歩行けば・・・

日本で言うと・・戦後すぐの東京の町のような、古く貧弱な家並み。

ソウルオリンピック後のバブル崩壊で・・・

格差社会、貧富の差が激しいと・・我々のガイドさんが説明していた。

韓国では日本より・・受験戦争が激しく、学歴社会が確立され・・

いい学校に行くことが人生のすべてだ・・・とか

お化粧する感覚で「整形手術」をするとか・・・

いまだ・・日本人に対して敵対意識を持つのは??年寄りだけで

若い世代の人は・・あまり抵抗はないそうだ・・・とか・・・

この3日間、我々家族に、つきっきりだった「シンさん」という

親切で日本語ペラペラのツアーガイドさんに・・!!

面白い話をたくさん聞いた。

(あと・・やっぱり・・焼肉ってのは・・)

(韓国が本場なんだな~!!)

(こんなうまい・・お肉を食べたの・・生まれて・・初めて!!)

(衝撃的な・・おいしさ・・)

・・・・・・・・・・・・・・

韓国のプロボクシングの元世界チャンピオンが・・・

もう中年となった現在でも・・「K-1」主催者側のオファーで・・

そのファイトマネーが魅力的なのか・・・

リングで醜態をさらす・・姿は・・悲しく、むなしいものだ。

優れたファイターは・・引き際が大切。

多くのファンを失望させてはいけないと思うが・・・

まあ・・お金のためだけに、リングに上がり続ける、元チャンピオン。

見たくないな~・・・。

ただ・・この2人は・・ちょっと違うかな・・。

リングに復帰という執念だけで・・今だにトレーニングする辰吉選手。

40歳の今も・・世界ランキング上位にいる・・・ウィラポン選手。

戦うのが「お仕事」という・・・

ボクシングジムの隣に・・家族と住む、ウィラポン選手。

彼ら2人は・・ただ「お金」の為に・・

戦うという、モチベーションではないはずだ。

でも・・全盛期を知るだけに・・

早く・・穏やかな日を迎えてもらいたい・・と・・

いちファンとして思うな~・・・・。

WBC世界バンタム級タイトルマッチ:ウィラポンVS辰吉
20080212065846.jpg


イベント
我が家は・・にぎやかな・・うちだ!

平日は、多くの練習生でドッタンバッタンの「夕方から夜」となるが

今日も・・平日と一緒!!

朝からの1日を振り返ろう。

朝食後は・・ムサシが、もうじき定期テストなんで・・・
カミサンがマンツーマンで猛勉強!!

どんどん頭が良くなっていくのは・・?
なぜか?・・・カミサンの方で!!

あいかわらず・・勉強は、低空飛行の・・ムサである。

私も「英語」担当なんで・・「館長」ではなく「塾長」として!!
一生懸命、ムサにイングリッシュを教えたが・・・

さっぱりだな~(苦笑)

午後からは、修道館キッズクラス・カズマ&タクトを連れて

労災病院に入院中の・・「キッズクラスのコーチ」のユウキの
お見舞いに行って来た!

(ユウキは、歯並びと噛み合わせを直す為に・・)
(顎の骨を削る・・大手術だった)
20080210190601.jpg

そのあとは・・病院のすぐ近くの・・修道館ご用達のソバ屋

「つかソバ」で昼食!!
20080210190734.jpg

ここの名物は、「かけ中華」220円だ!!

かけソバ、かけうどんのお汁に、中華ソバを入れてある!!

ちなみに、ムサは家を出発する直前にカップヌードルを1個食べて!

この「つかソバ」では、かけソバ大盛り&かけ中華  
そして・・タクトの残したソバを食う!!

(お前は・・大食い選手権に出れるよ!!)

その後は・・「日本スキー発祥の地」金谷山で開催された

「レルヒ祭」に行って、ソリ遊びだ!!
20080210191540.jpg

20080210191652.jpg

20080210191745.jpg

午後3時半まで雪遊びしたあとは・・歩いて・・うちまで帰る!

(途中・・雨が降って来たので・・車で迎えにきてもらう)

家では・・のんびり・・リラックスタイム♪
20080210192055.jpg

20080210192129.jpg

ゲオで借りたDVD「クレヨンしんちゃん」を見る!!
20080210192240.jpg

夕飯は、かつカレーだ!!
20080210192316.jpg

ご飯を食べたら・・歯の悪いタクトの歯磨き!!
20080210192526.jpg

(うちのカミサンは歯科衛生士だから・・歯磨きは・・プロ!)

「プラバン」?をやっている・・カズマ&スズ
20080210192706.jpg

忙しい・・「イベント」ばっかりの・・館長!!

本当に・・超忙しいんで・・

タフで体力抜群の・・私も・・ちょっと「お疲れモード」。

でも・・まあ・・私の「宝物」だから・・

こいつらは・・!!

修道館・キッズクラスのボクサー!!
20080210193226.jpg

あと・・?年後には・・新潟県のアマチュアボクシング界に!!

「スター誕生」!!・・となるか??

(微妙なんだな~・・・。)

高校生になって・・・

サッカーやバスケに行っちゃたら!!トホホだよ・・(苦笑)
写真館
昨夜の龍介
ローキックを徹底的に!!鍛える!!
20080209225852.jpg

昨夜は・・オオタケVS龍介VS太郎(VS館長)で・・
スパーリングのリーグ戦をやった!!
激しく・・熱いスパーだった!!

私は・・調子が悪い。(肩こりがひどいので・・まったくダメ)

龍介とのキックスパーなら・・タイミングをはずして、さばけるが・・
太郎とのボクシングスパーでは・・どうも相性が悪い!!

(私のカウンターが・・通じないのは・・何年ぶりだろう)
(逆に・・太郎にカウンターを合わされてしまう・・・。)
(悔しい!!)
20080209230959.jpg

朝の高田公園のまわりを走っているスズノスケ!!
20080209225658.jpg

メタボリック対策は・・走るしかない!!

もう・・小学校5年生にて・・バンタム級だ!(53キロ)

喘息の発作が続く・・ヤマトは金曜のお泊りは・・なし。
この写真は・・今日の午前中の特訓!!
20080209230656.jpg

昼飯は・・特製塩ラーメンだ!!
20080209230858.jpg

不屈の魂!
前回は、F1レーサーの「アイルトン・セナ」のお話。

今回は・・・オートバイレーサーのお話。

(日経新聞の記事より、一部抜粋)

現在、会社経営のかたわら、小学生向け交通安全教室を主催する

青木琢磨氏(1974年・東京生まれ)は・・・

1997年オートバイレースの最高峰、世界選手権GP500に参戦!

最高は2位、年間ランキング5位と!世界の頂点に近づいた時・・

1998年、オートバイのテスト走行中に転倒した・・単独事故で

車イスの生活となってしまった。

レースの時は時速200キロでも転ばないのに・・・

わずか・・時速50キロで転倒してしまい・・1カ月半の入院。

そして・・生涯・・車イスの生活となってしまった。

彼は、翌年、ホンダレーシングの助監督に就任。

そして・・昨年8月にタイで開催された、国際ラリーに参戦!!

(2輪車から4輪車に変わったが・・・)

6日間で2300キロ走破の過酷なレースだったそうだが・・

総合7位入賞、ガソリンクラス・準優勝という見事な成績だった。

今度は「パリ・ダカールラリー」に挑戦する予定だそうだ。

青木氏の言葉を紹介しよう

「2輪の世界チャンピオンの夢は閉ざされました。
 でもバイクを嫌いになったことは1度もなく、逆に感謝している
 くらいです。
 僕を強くしてくれたのも、人生を教えてくれたのもバイク。
 だから・・バイクに恩返しがしたい。
 僕は誰よりも、バイクの楽しさ、そして怖さを知っている。
 イベントや安全教室などを通じ、それをしっかり伝えていくことが
 僕の使命だと考えています。」

素晴らしい。

(こういう人には・・勝てないな~・・・。)

たぶん・・想像するに・・青木氏は・・この心境に至るまでは・・

筆舌しがたい・・葛藤があったことと思う。

私が・・車イスの生活になってしまったら・・

絶望の淵から・・はい上がれるだろうか??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、何を隠そう!渡米する・・26歳まではバイク小僧だった。

東京での足は・・大型バイク(400CC)

まあ・・サラリーマンの時は電車通勤だが、

週末は・・彼女と2人乗りで・・湘南の海に行ったり!!

そして・・私は・・大のカワサキ党だった!!

(ここで・・私は「吉原党」です?ってツッコミは・・なしだ!)

(注:カワサキってのは・・オートバイメーカー)

私の愛車は・・不朽の名車:カワサキの「FX400」

そして2代目は、もちろんカワサキの「GPZ400」

3代目は、「GPZ400R」だった。

しかし・・バイクをやめるきっかけは・・

1つは・・渡米する目標があったので・・
バイクを売ってしまって「資金作り」

もう1つは・・これも事故なんだが・・・

私の大学のゼミの後輩が・・そう!モトクロスをやっている奴が!!

その・・モトクロスのレースではなく・・・

東京都内、町の交差点でこけて・・転倒・・そして・・
転んだ際の打ち所が悪く・・・つまり・・・「脊髄損傷」で・・

車イスの生活となってしまった。

その後・・我々のお見舞いも・・かたくなに拒否。

大学を休学してしまったのだ・・・。

その7年後かな~・・・。

大学のゼミの同窓会が・・
東京・赤坂プリンスホテルの最上階のラウンジであって!!

なんと・・その後輩は・・車イスで参加!!

彼は・・弁護士となっていた。

(超難関の国家試験・司法試験に3回目で合格。)

私たちは・・M大学政治経済学部経済学科だから・・

法律は、さらりと民法・商法を学ぶ程度だから・・・

この後輩は・・たしか??法学部に転部したのか?

それとも・・法律研究会のゼミ(ゼミナール)に入りなおしたのか?

ちょっと記憶が・・確かではないんだが・・!!

元気な顔で!!「先輩!!」っ!!・・私に声をかけてきた!!

その彼も・・21歳で・・「自らの足で歩けないと」いう・・

絶望の淵から・・想像を絶する・・葛藤と戦い・・立ち上がり!!

カムバックした!!

法曹界に入るきっかけは??何だったのか・・聞けなかったが・・

地獄を見た男は・・帰ってきた。

しかし・・私は、青木氏、この後輩のように強い人間ではない。

そう・・この転等事故がきっかけで・・バイクから降りてしまった。

今から3年前に・・

うちのハクトこと洋平が、キックで日本チャンピオンになった!

お祝いに・・親からビッグスクーターを買ってもらって!!

(ヤマハ・マグザム・400CC)

それを見たら・・衝動的にバイクかスクーターが欲しくなったが!

この事故のことを思い出し・・家族ある身ってこともあり

わが身を・・振り返り!

断念した・・・。(カタログもそろえて・・買う寸前だったが・・)

私は・・弱い人間だ・・・。

上記2人には・・とうてい・・かなわない。








情報は・・・力なり
孫子の有名な言葉で・・・

「彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」

これは、戦いにおける情報の重要性を表す名言である。

戦国時代の織田信長も「間者」と呼ばれる忍者を各地にはなち!
情報収集に努め、戦を有利に進める為の慎重な事前努力をしたそうだ。

最近読んだ本で・・ブラジルの天才F1ドライバー(故人)のお話

アイルトン・セナは全長6キロのレーシングコースをレース前は
必ず自分の足で歩いてまわったそうだ。

セナの天才的なドライビング・テクニックの裏には・・・
路面を歩いて丹念に観察し、どんなささいなコース状況も見逃さず
正確に記憶していた事実があった。

こんな地道な努力が、天才的な技術を支えたのだろう!!

「情報は力なり」

いかに情報を正確に早く手にいれるか・・・!!

その努力をどこまで徹底できるかで、差が生まれるものである。

勝者は生を、敗者は死を・・厳しい時代を生きた先人の知恵だな!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

格闘技の世界も同じ。

自分のビデオにて、フォームのチェックをして、欠点を知り

対戦相手のビデオを見て、相手の癖を見逃さずチェックする!!

戦いは・・リングに上がる前に・・始まっている。
日記
日記①

派手な言動で人気のあった、プロボクシング世界チャンピオン!!

畑山隆則選手や、(ブームは??)亀田興毅選手は・・・

毎日の練習内容、気づいた事、1日に何を食べたか・・・

これらを毎日、日記に書いていると・・ある雑誌で読んだ。

(ブログ更新ではなく、ノートに、毎日・手書きだとのこと)

派手な外見はマスコミ向け、本当は繊細でマメな性格なんであろう。

日記②

ムサが小学校1年の夏休みから・・(2001年)

修道館・高校生ボクサーの・・
「夏休み&冬休み&春休み」特訓が始まったが・・・。

毎日、午前中9時半から12時まで練習していたが・・・

当番制で!!

ムサ、スズの勉強の!!家庭教師をやってもらっていた!!

確か??当番係りは・・8時半に我が家に来てもらって!!

9時20分まで!!ばっちり勉強を教えてもらったが・・・

その時の「連絡ノート」がある!!

毎日、何を教えてくれたか・・・
ドリルの何ページから何ページまで進んでいったか!!

そして・・ひとことのコメント!!

これを・・竜也、ケンタ、拓也~・・・(高校生ボクサー)

ずっと6年間書き記してくれた・・大切な「財産」だな~!!

本当に「宝物」である。

日記③

私も??小学校4年生の頃かな~・・??
半年くらい日記を書き続けたことがあった。

なんか・・母に怒られて・・好きだったテレビ番組を!!
見せてもらえなかったことや・・・

夕飯が・・嫌いなオカズだった(トビウオの煮物)・・・??

うらみばっか!!書いていた記憶がある!!

ちなみに・・好きだった♡女の子と・・

「交換日記」した・・ことは・・なかった!!

しかし・・交換日記って・・死語だろうな~!!

現代っ子には・・理解できない!!行動だろう!!

10年前は・・ポケットベル!!

今は・・携帯電話で、メール!!

または・・ネットでコミニケーション!!

左が・・うちの卒業生!!プロボクサー・竜也(協栄ジム)
20080207065613.jpg

2005年、網膜はく離で・・引退。

(プロ戦績:5戦5勝。 無敗での・・悲しい引退だった。)
道具
インターネットの普及と共に多くの弊害がでてきている。

それは「匿名性」に起因しているだろう。

つまりは、匿名で発言することの「アンフェア」な部分が

多くの問題提起をしている。

「個人情報の保護」もたしかに大切だが・・・

掲示板・「2チャンネル」に見る、様々な誹謗・中傷、または

自殺サイトや犯罪にかかわる商取引など・・

問題点は多いし、今後も増えるだろう。

ここで大切なのは・・あくまで、インターネットは道具であり

それを使う者によって・・
いい道具にもなれば、悪い道具にもなる・・ということ。

確かに・・こんなに便利なモノはないという反面・・・

若者文化の低レベル化を促すサイトの多いこと。

ユーザーのモラル、マナーを向上させる環境設定など
今後も改善されるだろう。

なにせ、インターネットというのは・・・
大きなビジネスチャンスを生むモノであり、ますま発展、
普及していくだろうから・・・。

昨夜の練習より(かつVSスズ)
20080206070726.jpg

封建社会の崩壊、個人主義。
現代の若者は・・先輩&後輩、上司&部下など・・・

「上下関係」という人間関係の構築が苦手らしい。

会社の飲み会・・これは、よく「ノミニケーション」と言われる!

まあ・・無礼講ってのは、ありえないが(親しきなかにも礼儀あり)

この「飲み会」ってのが・・・
こちら地方都市だけでなく、都会でも少ないらしい。

(今は、「外飲み」より、「宅飲み」又は「家飲み」が多いらしい。)
(親しい友人だけで・・自宅にて、飲み会をする)

社員旅行も・・(今は少なくなってきたと言われるが)

若い社員の参加率は少ないと言うし・・・

週末は・・みんなで集まり・・ワイワイ!!

「飲み会→カラオケ」 ってのも・・かなり少ないらしい。

カラオケも・・大勢より・・2~3人、そして1人で来店ってのも
多いらしい。(日経新聞より)

まあ・・現代社会をあらわす・・・

携帯電話のメール、または、インターネットでコミニケーション!

これが時代の波なんだろうか・・・。

そう言えば・・高校生の「帰宅部」

部活動をしない生徒も・・かなり多いらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひと昔前は・・「ネクラ」って言われるような・・・

自宅で・・大型の高級プラモデルに熱中する、若者や・・・

電車の小型模型・・「ジオラマ」って言うのかな??

駅舎やトンネル、町並みの模型の中をレールに乗った電車が走る!

これの売れ行きも、かなりいいらしい。

自宅でのんびり・・ネットで手に入れたブランド焼酎を飲みながら
週末を過ごす・・若者も多いらしい。

ふた世代前の・・私には・・??考えられないな~・・・。

かつコーチは火曜日のみの出勤だが・・珍しい!
20080205072759.jpg

(経営するキャバクラは・・昨夜は、弟子に任せたそうだ!)

ヤマト復帰!!かつに・・しごかれていた!!
20080205072233.jpg

こいつは(ヤマト)・・いいですね~!!(かつ談)
今年いちおしの・・試合!
グアム島で迎えた・・2008年!
早くも・・1カ月が・・過ぎた。

そして昨夜は・・Kー1マックスがあった。

残念ながら、まだまだ魔裂人選手に変わる日本人スターってのは・・
現れない。

はっきりいって魔裂人選手とは・・2段階、レベルが違うな~。

映像的に・・または、エンターテイメントとして・・・
一般のファン層をより多く集める試合を観れるのが・・

肘、膝攻撃があるキックボクシングではなく、K-1だな。

もっと言えば・・・
今、プロボクシングの世界タイトルマッチよりも・・
魔裂人選手のK-1の方が・・個人的には・・エキサイティングだし
好きだな~!!

(ボクシングは、相性によっては、つまらないダルファイトも多い)

(キックボクシングの首をつかんでの膝攻撃は・・・)
(密着した、こう着状態が・・・)
(一般大衆には、退屈だ!)

私が思うに、今、一番強いのは・・アンディ・サワー。
次が魔裂人か、ブアカーオだろう。

サワーは、バランスが非常にいい。
抜きん出た特長はないが・・攻撃・防御とも・・すべてAランク。

魔裂人は、パンチの技術が素晴らしい。
このテクニックで・・手足の短さと言うハンディを補っている!

この3人のワンマッチによる対決!!

わくわくする試合となるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次は、プロボクシング。

世界タイトルマッチは・・実現するかは・・わからないが・・?

フライ級の・・内藤VS坂田VS亀田選手。

この三つ巴の戦いが・・世間の話題を集めそうだ!!

私は個人的に・・坂田選手が好きだし、応援している!
ファンであるムサ、後輩になるかもの・・リョウスケを連れて
たぶん・・観に行くだろう!!

一般の方には知られてないが・・・
フェザー級の「東洋チャンプ・榎VS日本チャンプ・粟生」
この試合も注目を集めているが・・・

私は・・個人的に注目してるのが・・スーパーバンタム級である。

(・・1昨日、木村選手の怪我でキャンセルとなったが・・)

「日本スーパーバンタム級1位・木村VS2位・瀬籐」

この勝者と日本スーパーバンタム級チャンピオン・下田選手の・・

日本タイトルマッチ。

今まで、いろんなプロボクサーの練習を見て来たが・・・

(スパーリングに限定するが・・)一番うまかったと思うのは・・

たぶん、花形ジムの木村選手だな。

彼には伝説がある。

本人と花形会長から聞いたんだが・・・

まだ・・日本ランカーにもなっていなかった頃・・・

ウィラポンと3回戦った・・N岡選手の公開スパーリングで・・

N岡選手から、ダウンをとった話や・・・

あの坂○選手に勝って、国民的な・・スターボクサーとなった
世界チャンピオン・畑○選手が・・

この木村選手とスパーリングをやっていて・・
・・自分のパンチが、まったく当たらないんで・・!!

途中で・・スパーを・・やめちゃった話。(会長から聞いた)

私も実際、木村選手のスパーリングを3回ほど見たが・・・

フットワーク、ボディワーク・・

美しい動きだった!

瀬籐選手は、ガッツが半端ではない。

センスもいいし・・勘もいい。

しかも・・ノーガードに近い大胆な攻撃もみせる・・危険な動き!

なんたって・・あのロシア人ボクサー・サーシャと、まともに・・
スパーできるのは??

瀬籐選手くらいじゃないの?

そして・・日本チャンピオン下田選手!!

昨年12月のタイトルマッチは、生観戦したが・・・

日本人離れした・・スピード!!

華のある・・魅せるボクサーである・・。

しかも・・スカウトしたアマチュアのスター軍団の帝○ジムにあって

下田選手だけは・・中学卒業してから、ずっとボクシング一筋!!

つまり・・たたき上げの中卒ボクサー!!

(これが・・いい!!)

(アマチュア育ちに・・全然ひけはとらないし!!)
(欠点もあるが・・・・センスも抜群!!)

そして・・もう1人。

元アマチュア全日本王者からプロ入りした・・帝拳ジムの亀海選手。

オーラを感じる・・強打者である。

現在、日本スーパーライト級6位。

日本チャンピオンは絶対王者の木村選手。

こちらの日本タイトルマッチも楽しみだ。

さて・・アマチュアボクシングでは・・・

川内、清水選手が北京オリンピックに出場するが・・・

あまり・・ピンとこないな~・・・。

それより・・関東大学リーグ戦で・・法政大学のイイトモが・・

デビュー戦をかざれるか??

そして・・一番身近な・・新潟市の拳心館の「定例試合」

これは・・何といっても・・ど迫力のヘビー級対決!!

鈴木直也(拳心館)VSティム選手(木村道場)だな~!!

プロキックボクサー、そして運動能力抜群の直也!!

そして、ティム選手は、技術は・・いまいちなんだが・・

なんといっても・・ナチュラルなヘビー級!!

とにかくパワフルなティム選手。

出身はチェチェン共和国。

しかも・・直也の嫌いな・・ガイジン(外人!!)(笑)

まあ・・直也のハンドスピードも、キックの振り抜く速さも・・・

ハンパじゃ~ないから!!

直也の方が・・数ランク・実力は上だろうが・・・

ただ・・ヘビー級は・・1発があるから!!

関係者のご尽力で・・是非・・このマッチメイクを!!

リングサイドで・・このヘビー級対決が見れるだから・・!!

モノ凄い迫力だろう・・・!!

ヘビー級・プロキックボクサー直也(拳心館)
20080204041919.jpg

・・やばいわ・・この肉体!!

何食って??どんなトレーニングすれば??こうなるんだ??

一度、直也のミット打ちにつきあったが・・・

肩が・・脱臼するかと思ったよ(苦笑)

こいつと戦った・・オオタケやタケルは・・アホやな!!

おもちゃのエアガンを持って・・・戦車につっこむようなモノ!!

ん??やれって言ったのは・・私か!!(爆笑)
節分
昨夜は・・・

弟子のタケル一家(本人は不参加)&カズヤを迎えての・・・

久々のお食事会!!

節分なんで(1日前だけど)・・・手巻きで、太巻きを作る!!

「恵方巻き」・・青鬼が・・館長の私。
20080203161225.jpg

私はリョウスケと練習があったから・・途中から参加!!
20080203161541.jpg

リョウスケも・・公式戦初勝利を目指し・・恵方巻き&ちらし寿司!
20080203161717.jpg

女の子は・・かわいい!!(4歳と6歳)

私のことを・・「パンチ、パンチの先生」って言ってくれる!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて・・「苦手の克服」・・・??

なんのこっちゃ??

それは・・女の子!!

我が息子・スズと・・・我が弟子のリョウスケは・・??

女の子が・・苦手らしい!!

スズは同級生の女の子に・・まったく興味は、ないらしく・・・

全国大会に出場する・・新潟県高校生ボクサーのほとんどが・・
「彼女」がいるらしいが・・・(推定)

うちのリョウスケには??気配がまったくない。

さて・・困ったもんだ!!

だから・・サアリ&リアンのかわいい姉妹に・・まずは・・!!

「レディ」に慣れてもらって・・次の・・「接近」を目指すかな!
20080203162723.jpg

こんな笑顔は・・見たことない!!(笑)

いつも・・オオタケにボコられて・・へこんだ顔だし~!!(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恋と格闘技は・・両立します!!

「彼女」ができて・・弱くなるような奴は・・頂上を目指せない。

また「彼女」と、つきあえるような・・精神的に余裕がなければ!!

強くなれない!!

先輩のキックのチャンピオン、ハクト、アッくんは・・!!

いつも・・ハーレム状態の「女好き」だったし(爆笑)

ボクシング国体5位入賞のイ○トモは・・・

高校1年で・・彼女と・・ディズニーランドに!
デートに行って来た!!(暴露)

うちの・・キックのかつコーチのように・・・

毎月・毎週・・いや「日替わり弁当」で・・彼女が変わる!!

ってのも・・・困り者だが・・・。
職人気質
昨夜のタイトル「サンドパン」

この上越市の老舗のパン屋さんの名物パンが・・サンドパン。
20080202073445.jpg

これに・・まつわるエピソードを。

ある雑誌か、新聞のコラムで読んだのだが・・・

東京のある病院で・・
末期ガンの老いた患者が病室のベッドで、一言つぶやいたそうだ。

「死ぬ前に・・あのサンドパンが食べたい・・・。」

そう・・この老人は上越市(旧高田市)の出身で・・・

貧しかった時代を生き抜き・・東京で成功された方なんだが・・
自らの死を悟った時に・・ふと故郷を想い!!

懐かしい・・コッペパンにバタークリームを、はさんだだけの・・

素朴な味が!!忘れられなかったそうだ。

この願いが・・かなえられたかどうか?
話のてん末は・・残念ながら・・忘れてしまったが・・・。

毎日、サンドパンを焼いているパン職人さんは・・・
誇りを持ってもらいたい!!

職人なら・・自分の作品を・・こう思われるのが本望だろう!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の午前中、スズとランニングしてたら・・・!!

高田公園内にあるイベントホール

「上越市厚生会館」の解体現場をちょっと見学。

いつ建てられたかは・・??知らないのだが・・

長い間・・プロレス会場からコンサートまで、市民に親しまれてきた

三角屋根の「厚生会館」。

この解体工事も・・職人技だな!!
20080202154405.jpg

20080202154456.jpg

20080202154540.jpg

今は・・ひと昔前と違い・・解体工事は大変である。

アスベストや産業廃棄物の分別。

まして・・閑静な公園内での作業、環境に配慮した工事を考えると!

まさに・・職人技が要求される工事だろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の午前の朝練は・・とび職人のサトシのみ!!
20080202154944.jpg

いつも週末はお泊りのヤマトは・・喘息の発作のため・・お休み。

さて・・今夜はお客さんを呼んでの・・食事会。

明日が節分なんで・・

太巻きを作って!!「恵方巻き」

さて・・仕込みを始めるか!!

私も・・職人になる!!

雪景色の「南葉山」
20080202155529.jpg


雪が積もらない・・「道」(高田公園内にある)

ロードヒーティングと言うそうだが・・・??

どうなっているのか??そのシステムは??わからない。

職人技だな~!!
20080202155944.jpg

サンドパン。
肩こり・右膝の状態が悪い・・・。

昨夜は太郎、オオタケ、リョウスケと軽くスパーしたが・・・

反応が、ワンテンポ遅れてしまう。

・・・動けない。

タイミングをずらすフェイントで、ごまかすだけ。

このフェイントは・・オオタケには、まったく通じない。

(オオタケは・・今週は・・よく考えて・・動いている。)
(龍介とスパーしてかなり打たれたんで・・今はリズムを考えている)
(現役選手を引退したが・・成長している!)

太郎とボクシングでは・・(今の状態では)かなわないから・・・

キックスパーをやり・・またまた(私が)ごまかすだけ・・・。
でも・・私は納得する動きができない。

体が動かない。

こいつは(太郎)・・(ハートは弱いんだが)・・・
しっかり練習すれば・・強くなるな。

リョウスケは・・・真面目で練習熱心。
ボクシングの基礎がしっかりしているし・・・
そして何より・・ボクシングが大好き。

が・・しかし・・学習能力が・・ない。

昨夜もオオタケに・・怒られていた。

ワンパターンの動きなんで・・リョウスケのパンチは・・
第2ラウンドには・・そのパターンが、全部わかってしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

体調が悪い。

そして・・動けない。

は~・・・あまりにも・・自分が情けない。

こんな時は・・気分転換。

大好物のサンドパンを買ってきて・・ムシャムシャ食べた。

(夜食ったら・・太るんだが・・。)

なぜか無性に食いたくなって・・練習後に・・スーパーに直行!!

このサンドパンは・・・

上越市(高田)の・・古くあるパン屋さん、小竹製菓の名物なんだ。

私が・・幼稚園の頃からあった・・おいしいクリームパン。
20080202073445.jpg

パンの中の・・甘いクリームが・・サイコー!!

東京・後楽園ホールでの試合観戦の際・・・

向こうで合流する・・東京在住の弟子たちに買っていくこともある!!

サンドパン!!

今日も買ってこよう!!

今日も・・忙しいんだ!!

オオタケVS館長(けっこう・・打たれちゃったわ)
20080202152314.jpg

不調・・・(-_-;)
肩こり(?)なのか・・筋肉痛なのか(?)・・・

両肩が非常に重たく感じるので・・・(昨夜は練習に参加せず)

この対策として・・・

湿布薬がいいのか?

ホカロン(使い捨てカイロ)を貼るのがいいのか??

右肩と左肩で・・試しているが????

効果のほどは・・わからない。

まあ・・50歳に近いので・・「五十肩」なのかな。

逆療法のウェイトトレーニングをやろうとしたが・・・

・・・無理できないな~(トホホ・・)

今まで・・肩こり、腰痛になったことがないんで・・・辛い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

黒人演歌歌手の「ジェロ」さんに注目!!

黒人ラッパーのカッコそのままで!!

「海雪」という歌を・・美しい日本語で歌う!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は・・「ついたち」(2月1日)

神棚に「2礼2拍手1礼」のお参りして、今月の無病息災を願おう!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。